• 締切済み
  • すぐに回答を!

原付の下り坂での速度低下について

他にも、登坂力、加速力、最高速の低下について質問させていただいております。 そちらも併せて回答いただけると助かります。 上記の質問をさせていただいてから、よくよく異音や加速の仕方を気にしてみたのですが、下り坂でも速度の低下があるように思われました。 かなり長い下り坂で、アクセルを全閉すると、みるみる速度が下がって40キロくらいになってしまいます。 今まで気にしてなかったのですが、原付はこれが普通なんでしょうか? 下り坂なら惰性でそんなに速度は落ちないような気がするのですが。 ブレーキの引きずりなんてことも考えられますか? もしブレーキの場合、どこをチェックすれば良いのでしょうか? 前の前の質問で、クランクケースあたりからカツンと音がしますと書きましたが、カツンというよりは、カツ、カツといった感じです。 皆様のお知恵をお貸しいただければ助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1212
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#181719
noname#181719

はじめまして 下りだろうと平地だろうと上りだろうと アクセル全閉にしたらエンジンブレーキかかって最後に止まるのはあたりまえです ギヤチェンジ(減速)して速度に合ったギヤ比にしなければノッキング起こして カッッカッッカッカって音がするのも、あたりまえです 原付だろうとリッターバイクだろうと乗用車だろうと戦車だろうと マニュアル変速機の乗り物なら全部そうなりますヨ。 下りでアクセル全閉にしてスピードおとしたくなければクラッチレバー握れば エンジンブレーキかからないので、急な下り坂ならどんどん加速していくよ? で、いきなりクラッチつないだらリアタイヤロック状態に近くなってバランス崩して 死んじゃうよ? 地球には重力と摩擦が存在し、動けば遠心力が生まれます、 先ずそこから勉強して乗り物理解して乗ってください、 まあ原付は講習受けずに試験受かれば乗れてしまう事自体が間違ってるんだけどネ 巻き込まれた人は、たまったもんじゃないよ、君も親御さんも相手も人生破滅するよ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

下り坂で速度の低下があることを気にしているのなら、その下り坂の一番上からアクセルを開かずに足で地面を蹴って下ってみな グングン速度が上がっていくから エンブレが全く効いてない状態だから、下り坂が長ければ長いほどドンドン速度は上がっていく 自転車で坂を下ってるのと同じ これがエンブレが効いてない状態 この下り方だと、エンブレがまったく効かないからブレーキに頼るしかなく、ブレーキの使いすぎでブレーキに熱がたまり、ブレーキが効かなくなり非常に危険な状態になる これが他の回答者さんが言ってるように、フェード現象 でもアクセルを開いた状態で下り坂に進入した場合、途中でアクセルを閉じてもグングン速度は下がっていく これがエンブレが効いてる状態 こんな簡単なことも知らずによく免許が取れたな 近いうちに事故る可能性大だから一から勉強しなさい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>かなり長い下り坂で、アクセルを全閉すると、みるみる速度が下がって40キロくらいになってしまいます。 エンジンブレーキってご存知なかったのでしょうか? >今まで気にしてなかったのですが、原付はこれが普通なんでしょうか? ぜひ、気にしてください。とても危険ですので。 そして、エンジンブレーキについてしっかりと勉強して欲しいです。 今のまま、バイクに限らず車も運転されているのでしたら、早急に勉強しなおしてから運転して欲しいです。 フェード現象で他者も巻き込む事故を起こしかねないですし、自身も怪我をされる可能性がありますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

あなたの原付は、極めて正常です。 何の問題もありません。 エンジンブレーキ・・・・・知ってますか? 世界中のすべてのバイクとすべての車が、あなたの原付と同じ挙動を示します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

それは単純にエンブレが効いてるからでしょ 下り坂でアクセル全閉で40キロも出てたらむしろ速いよ 前回の質問を読んでないけど、まずはあれこれ質問する前にエンジンについて最低限の知識を持たないと何を聞いても分からないよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 原付の加速力、登坂力低下について

    ヤマハのギアCに乗っています。 最近著しく加速と登坂力が低下してきました。 最高速も60キロから55キロに低下しています。 加速は他の原付置いていかれます。 登り坂は、少し急になると30キロくらいしか出ません。 色んなサイトで自分なりに調べ、下記の部品を交換、清掃しました。 ・Vベルト ・ドライブフェイス ・クラッチシューアッセンブリ ・センタースプリング ・スパークプラグ ・エアフィルター ・キャブレター分解清掃 ・クランクケース内清掃、グリスアップ ・トルクカム脱脂、グリスアップ ここまでやりましたが、若干改善されたものの、全盛期には程遠いです。 ウェイトローラーは少し前に交換したので換えませんでした。 トルクカムも、溝は正常で変形していなかったので交換していません。 これ以上、何をどうしまらいいのかわからず困っています。 特に異音があるとすれば、段差やブレーキをかけた時や発進時に後輪かクランクケースあたりから『カツン』と音がします。 エンジンが温まってくると音はほとんどしなくなります。 どこか改善点はあるのでしょうか? 皆様の知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。

  • 下り坂でNを使うこと

    AT車で長い下り坂でニュートラル走行はメリット、デメリットありますか? この前チョッと試したのですがNで下り坂を惰性走行したとき回転数が約1000rpmでAT4速でアクセル踏まずの惰性走行でも1000rpmでどちらも回転数は変りませんでした。 しかし速度は4速ATはエンジンブレーキがかかるため加速はしない、一方Nのはどんどん加速していく(当たり前ですが) 燃費は変るのでしょうか?N走行は車に悪影響ありますか? ※N走行は充分注意して運転しております

  • 下り坂のエンスト?

    下り坂のエンスト? 教習所に通っていて上り坂は何とか出来るのですが、下り坂になったらクラッチつないでアクセル踏まずにエンブレをかけながら下るみたいなんです。 自分はいつも下り坂になるとエンストしそうに(ガタガタしそうに)なり、クラッチを切ってブレーキで調節してしまいます…。 勾配な下り坂でエンストすることってないのですか?? エンブレを使わずに下ると、仮免の時に減点になるみたいなので… ちなみに上り坂で速度を少しあげ、登った平坦な道はアクセル踏まずにクラッチを切って惰力走行で行き、下り坂になってもアクセル踏まずに徐々にクラッチをつなぐ方法でいけますか?? 分かりにくいかもしれませんが、上り坂を登ったら一切アクセルを使わないというやり方ですが…

  • エンジンブレーキの効きすぎ

    2004年式ホンダライフJB7オートマ車ですが、他の車に比較して下り坂で異様にエンジンブレーキが効きます。 例)Dレンジ60kmで下り坂にさしかかりアクセルを緩めると、60・・50・・40と速度が落ち、下り坂なのにアクセルを踏まざるを得ません。 ある程度の傾斜(登坂車線が必要な程の坂道)以上だと加速が勝るが、通常の道路だとアクセルが必要。 ブレーキを引きずっている、もしくはタイヤに問題があるのかと思い、ギアをニュートラルにすると速度が落ちないのでブレーキが原因ではない。 エンジンオイルは3~4ヵ月毎に交換していますし、燃費もそんなに悪くありません。 上記内容で他にどんな原因が考えられるでしょうか?

  • 下り坂の下り方

    先日、ついにCB750が納車されました(新車)。 乗り始めてまだ数日なのですが、運転の仕方で気になったことを質問します。 タイトルのように下り坂の下り方ですが、マニュアル車なのでエンジンブレーキが非常によく利きます。山道のようにある程度長い下り坂なら、3速か2速くらいに入れとけば、ブレーキをほとんど使わなくても大丈夫だなと思いました。しかし、この下り方だと結構エンジンの音が大きくなります。これはエンジンに悪影響を及ぼすのでしょうか? また、50Km/h(4速とします)くらいで走っているとき、ギヤを3速に丁寧に入れると、当然エンジンブレーキで速度が落ちますが、同時にエンジンからブオーと大きな音がします。これもエンジンにはよくないのでしょうか?やはり、ブレーキで各ギヤの適切な速度に落としてから変速したほうがいいのでしょうか??

  • 原付の異音と上り坂での急激な減速について

    質問NO.8114461でも質問させていただいています。 加速と登坂力ですが、マフラーが今のところ一番疑わしそうです。 それとは別に、今日このような症状が出ました。 (1)急な上り坂の下の信号で停止 (2)青信号で発進した時は正常に加速 (3)30キロくらいに差し掛かった時に急にエンジンの回転数が低下 (4)20キロくらいまで速度が下がってしまいました。 今まで、30キロから40キロくらいしかでないことはありましたが、いきなり回転数が下がったことはなかったので、かなりビックリしました。 やはりこれもマフラーの詰まりが原因なのでしょうか? 異音についてですが、信号で停止中アイドリングに併せて「ジッジッジッジッジッジッ」や「ジーッジーッジーッジーッジーッ」と音がします。 そんなに大きな音ではありません。 発進しようとすると、回転数に併せて「ジーーッジーーーッジーーーーッ」 と変化します。 30キロを越えたあたりから音は聞こえなくなります。 風切り音に負けて聞こえなくなっているだけかもしれませんが。 これはいったいなんの音なのでしょうか? 最近色々純正部品を交換したり、清掃やグリスアップをしているので、それ以外の場所でしょうか? スタータークラッチが怪しいのかな?と勝手に考えたりしているのですがどうでしょうか? 以下が最近メンテナンスした部分です。 ・Vベルト ・ドライブフェイス ・クラッチシューアッセンブリ ・センタースプリング ・スパークプラグ ・エアフィルター ・キャブレター分解清掃 ・クランクケース内清掃(スタータークラッチ分解清掃含む)、グリスアップ ・トルクカム脱脂、グリスアップ どなたか知恵をお貸しください。 どうぞよろしくお願いします。

  • エンジンブレーキ

    (1)ATが下り坂でエンジンブレーキのききが弱くなるのは何故でしょうか? (極端な話になりますが、MTは下り坂でブレーキ、アクセル、クラッチをいじってなくても、速度が落ちていく、もしくは一定で走行。ATは下り坂ではブレーキを踏まないと速度が落ちないむしろ加速していく) (2)登り坂でMT車と同じ分だけアクセルを踏んでるにも関わらずAT車が失速しやすくなるのは何故でしょうか?(登りの手前の平坦な道である程度助走をつけてもAT車が失速しやすくなるのは何故でしょうか?) (3)最近、ATには2やLレンジがない車種が増えてきていますが、何故でしょうか? とくに、多段変則のATでは見かけないようなきはします。

  • 急な下り坂 クラッチ接続

      この度、仕事の関係で急勾配の下り坂をマニュアル車で通る必要が生じました。 ただ、日頃はATばかりでMTは免許取得以来10年以上ぶりになります。 そこで質問なのですが、以下の場合の考え方は正しいのでしょうか、 危険ならば適切な手法をご教授いただければと思います。 外していく=足を上げていく という意味で使ってます。  (環境) 急勾配の下り坂の途中で一度停車しなければならない。 その後再発進すると先はすぐカーブしているので加速できない。   (考え) 道が直線であれば、ブレーキを徐々に外し、それを追うようにクラッチを外す。 ブレーキ、クラッチ 共に外し終われば、変速動作 (クラッチを踏みギアを変える) に移行する。   で良いと思うのですが、 この一連の流れを終わらせる前にカーブが目の前にあります。 この時は、 ブレーキを少し外す(かなり踏んだまま) そのまま車が転がり出すとすぐ変速する。 ブレーキを少し外した状態のまま、クラッチを完全に外す。 道路形状に合わせてブレーキを操作し、進行する。   という足操作をしても問題ないのでしょうか??

  • 惰性走行。(長文&非常に読みにくいです。)

    こん○○は。 友達の運転についてなんですが、60制限の道(例えば)で60キロまで加速してクラッチを切って惰性で走ってある程度速度が落ちたらまた再加速してクラッチを切って惰性・・・、の繰り返しの運転をするんですけどこれって走法的にどうなんでしょう? 普通はアクセルのコントロールで一定の速度をキープして走りますよね? それで、そいつは惰性で走ったほうが燃費がイイ!エンジンブレーキをかけると燃料を消費する(回転数が上がるため)というんですよ。 オレ的理論(?)では惰性→再加速の繰り返しだと再加速の際に燃料を消費しさらには100%ブレーキに頼り切った減速をするのでブレーキに負荷がかかりすぎる。一定の速度で走りさらにエンジンブレーキを多用したほうが燃費が良くなる。(今の車はアクセルオフで燃料カットされる・・・はずなので) 最終的に何がいいたいか分からなくなりましたが、“クラッチを切って走るのはどうかということです” 参考までに、オレの車H16年式 ハイゼット(S200型 MT) 友達の車H9年式 ワゴンR(CT-51S型 MT) 皆さんのご意見お待ちしています。

  • cvtとmt

    現在H23年式mrワゴンを運転しています たまに、mt車に乗る機会があり少し気になる点や困ってる事があります mrワゴンはギアがcvtになります。 加速時や再加速時にアクセルを踏み込んだ時に加速がもたつく感じがするのです(踏み込んだらしばらくしてから加速しだし、加速時のラグがあります)。 また、平坦な道や少し坂のある場所では発進時にブレーキから足をはなしアクセルを踏む時若干後退する時があります。 そして、急な下り坂や停止の際にはmt車の場合、ブレーキかけつつエンジンブレーキ→シフトダウンの操作を行います。この時にエンジンブレーキが強くかかるのであまりブレーキを踏み込まずにすむのですが、cvtの場合エンジンブレーキがききにくくどうしても通常のブレーキを多用してしまいブレーキを奥まで踏み込んでしまいがちになります。(急ブレーキになってしまいがちです) そうならないためにはどのような注意をすればよろしいのでしょうか? 又、上述したような特性の違いがmtとcvtでなぜ起こるのでしょうか?