• ベストアンサー
  • 困ってます

It's careless of him について

(1)He is careless to make such a mistake. (2)It's careless of him to make such a mistake. 上記の(1)と(2)の文は結果同じようなニュアンスの文と考えて大丈夫でしょうか?ニュアンスの違いがあれば教えて頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数267
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • PC98
  • ベストアンサー率30% (28/91)

基本的には同じですが、 Itを使った構文の方が客観性があるそうです。 つまりは、 彼(の性格)が不注意なのか、 間違いが彼の不注意によるものなのか ということなんでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速解説頂いて有難うございました。主語がHeだと習慣性というか常習性を持つのでしょうか? もう少し他の見解を見てみたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • cbm51901
  • ベストアンサー率67% (2671/3941)

(1) には、"He" が日頃から "careless" で、「ほら見ろ、今回もミスを犯したぞ」というニュアンス、 (2) には、いつもはしっかりしているのに、「今回のミスは彼らしくない」といったニュアンス、 が含まれているように感じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速解説頂いて有難うございました。やはりニュアンスに違いがありそうですね。もう少し他の見解を見てみたいと思います。

関連するQ&A

  • ほぼ同じ意味になるように日本語訳もお願いします

    You were very careless to make such a mistake ()wasu very careless ()() to make such a mistake The water is so warm that you can swim in ti today The water is warm () for you ()() in today The soup was so salty that I couldn't eat it The soup was ()()()()()() It seems that he knew the woman He seems to ()() the woman It was strange that the spoon began to bend by itself ()()() , the spoon began to bend by itself

  • 翻訳お願いします

    It was very careless of you to make such a mistake The water is warm enough for you to swim in today The soup was too salty for me to eat He seems to have known the women Strange to say,the spoon began to bend by itself

  • it~to の感嘆文を教えてください

    You are very careless to have made the same mistake. it~to の感嘆文にするにはどうすればいいですか? 教えていただけませんか。 お願いします

  • marvelous of or for ?

    it is kind of you to do so. it is important for you to do so. 上記の区別は理解できます。 ところが、 it is marvelous for him to do such a thing.(ジーニアス3版) it is marvelous of him to volunteer his time.(同、4版) という例文に頭をかかえました。 たとえば、 it is marvelous for you to visit Kyoto. it is marvelous of you to visit me. というふうに使いわけているのでしょうか。 二番目の例文でもあえて「for」とすることができるのではないかと思えてしまいます。 「wonderful」でも同じ事態になりそうです。 この辺の事情を明快に納得するにはどうしたものでしょう。 宜しくお願いします。

  • toを使うかingを使うかという問題について、お知恵を借りたいと思いま

    toを使うかingを使うかという問題について、お知恵を借りたいと思います。 とあるテキストにHow careless you are to make such a mistake!という文がありました。 文法的に分析するとto以下は不定詞の副詞的用法で「原因」を導いているように思います。 これをto makeではなく makingにした場合、英語としてどうでしょうか? How careless you are making such a mistake!  使える気がするのですが、使えるとして、toのある文との違いは出るでしょうか? たとえば Nice to meet you. Nice meeting you. はどちらも正しいですが、 前者は相手に出会ったとき、後者はその相手と別れるときに用いると言われていますよね。 それと同じように考えるのですかね? わかりやすく説明できる方がいらしたら宜しくお願いいたします。

  • 翻訳お願いします

    You were very careless to make such a mistake. The water is so warm that you can swim in ti today The soup was so salty that I couldn't eat it It seems that he knew the woman It was strange that the spoon began to bend by itself

  • stupid of you to  のあとは動詞が続く?

    英単語を学習する教材のDUO2.0のなかにこういうセンテンスがありました。 (1)It was stupid of you to believing him. 彼を信じたあなたがどうかしてたのよ stupid of you to のあとのbelievingはなぜ動名詞になっているのかがわかりません。 では、 (1) It was stupid of you to believing him. (2) It was stupid of you to believe him. (3) It is stupid of you to believing him. (4) It is stupid of you to believe him. 4つのセンテンスそれぞれのニュアンスの違いや文法的間違いを比較して説明していただけませんか? よろしくお願いいたします。

  • That’s big of him.

    Q: Invalid Marriage: We recently found out that my “husband” is still married to his first wife. I feel like a fraud and want to get an annulment. My “husband” feels like it’s no big deal. It’s a big deal to me. What say you, Prudence? A: Someone who marries his second wife while still married to his first wife is someone who would say bigamy is no big deal. That’s big of him. That’s big of him.はどのような意味でしょうか?よろしくお願いします

  • 動詞の変換&穴埋め問題

    動詞の変換&穴埋め問題 1.You cannnot make a horse (drink) water if it doesn't want to. A.to drink 2.He was seen (hide some money) behind the picture on the wall. A.to hide some money 3.He heard someone (knock) on the door of my room last night. A.to have knocked 4.The Internet enables you (get) information quickly. A.get 5.It is careless (for) you to make such a mistake. 1~4番は()内の単語を書き換える問題です。 5番は前置詞の穴埋め問題です。 どの問題も自信無いです^^; 訂正&アドバイスお願いします。

  • proud of動名詞 proud to不定詞

    (1)be sure ofは「主語が~を確信している」 He is sure of making it. = He is sure that he will make it. (=主語自身が、成功すると確信している) (2)be sure to 「主語が必ず~する」と話し手が確信している。 He is sure to make it.=I'm sure that he will make it. (彼は必ず成功する)と話し手である私が確信している。 という違いがあると教わりました。 (3)be proud of 動名詞 (4)be proud to 不定詞 (3)と(4)にも何か同じような違いがあるのでしょうか? 連続の投稿で失礼致しますm(_ _)m 通ってる学校の英語の先生では解決に至りませんでした。