• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

類人猿化石が少ないのは何故?

猿人から人間へ進化した約500万年間のチンパンジーやゴリラの祖先の化石が見つからないのは何故でしょうか? 発見した学者が功を焦って、チンパンジーやゴリラの祖先も強引に人類化石にこじつけているということはないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数997
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 1番回答者です。お礼文を拝見しました。 > 大型類人猿は衰退一途だと述べているのを見たことがあるので  たしかにそうなんですが、衰退の一途をたどってきて現在これだけいるということは、猿人原人の時代には、大型類人猿はもっとたくさんいただろうと言えます。  で、数がたくさんいたなら、それだけ多くの大型類人猿の化石があって当然ですから、数の問題ではないと思います。  言えるのは、人間の祖先は草原が生活の中心だったのに対して、大型類人猿は密林が生活の中心だった(気候変動で密林が移動した場合も、密林とともに移動した)はずです。  ジャングルにはいろんな細菌や菌類などなどがいますので、骨まで消化されて化石には成りにくいということもあるかもしれません。  また気候の変化でジャングルが今は草原になっていたりして、類人猿の骨は多少見つかっていても、大量には見つかりにくい(密林を掘り返せばまだたくさん化石が眠っているかも)という点はあるかもしれませんね。  それはともかく、「これは猿人の化石だ」と言うためには、比較・判別するための「その時代の大型類人猿の祖先の化石」が必要です。  「ここの仕組みが違うから、これは猿人の骨の化石だ」というふうに言わなければならないのですから、大型類人猿の化石もそれなりの数見つかっているのだと思われます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「はじめて発掘されたチンパンジー化石」(50万年前)の記事がありました。 http://www.nature.com/ndigest/journal/v2/n10/pdf/ndigest.2005.051011.pdf

質問者からの補足

「類人猿化石がすくないのは」の質問に対し、 NATUREの「はじめて発掘されたチンパンジー化石」では、 「McBrearty は「死体が残りにくい高温多湿の密林地域にチンパンジーが住んでいたことも、これまでチンパンジーの化石がなかなか見つからなかった一因だ」と語る。一方、ヒトは骨が比較的腐りにくいサバンナに、何千年も住んでいたと考えられている。」 fujic-1990さんは、 「言えるのは、人間の祖先は草原が生活の中心だったのに対して、大型類人猿は密林が生活の中心だった(気候変動で密林が移動した場合も、密林とともに移動した)はずです。ジャングルにはいろんな細菌や菌類などなどがいますので、骨まで消化されて化石には成りにくいということもあるかもしれません。」 と化石が見つかりにくい理由がnature記事と見事にシンクロしていて感心しました。

関連するQ&A

  • ミッシング・リンク(失われた環・鎖)とは

    はじめまして 先日読んだ本で「はて?」と思ったことを 質問させて頂きます。 「ミッシング・リンク」とはWikipediaでは 生物学におけるミッシングリンク 生物を扱う分野において、ミッシングリンク(失われた環/鎖)とは、発見されていない中間形の化石のことをいう。 最も代表的な例は、類人猿の化石である。 人間はサルの祖先から分岐し進化したという考えは現代では広く受け入れられた定説であるが、ダーウィンが進化論を発表した当時は、その進化があったことを裏付けるサルと人類の中間の化石が発見されていなかった。ダーウィンは、1871年に発表した著書の中で「将来、必ずヒトとサルを結ぶミッシングリンクが発見されるに違いない」と述べており、その後の発掘調査により、猿人(アウストラロピテクス)、ジャワ原人やペキン原人(ピテカントロプスやシナントロプス)、旧人(ネアンデルタール人)、新人(クロマニヨン人)などミッシングリンクを埋まる化石が次々と発見された。現在残っているのは猿人アウストラロピテクスとサルをつなぐミッシングリンクである。 とありますが、この「環」と「鎖」では、「わっか」と「1本」のちがいくらい 意味合いが違うように思えます。 進化は枝分かれして真っ直ぐな鎖の様になっています(先端は進行形) しかし「環」だとすると、人類と何かがくっついている(わっか) の様に聞こえます。 何故「失われた・環」なのですか?

  • 化石人類について

    課題レポートで「化石人類」について情報を集めています。 図表を取り入れなければいけないんですが・・・ なかなか良いサイトが見つけられません!(><) 猿人~原人~旧人~新人・・・と言った流れがわかるやすく図があるサイトを教えてください!!! お願いします。

  • 人間の祖先は猿か?

    動物園で檻の中のゴリラやチンパンジーを見るにつけ、「人間は猿から進化した」と言う学者の説は大ウソだと思う。我々があんな下等な動物の子孫だなんて、侮辱ではないか。人間は猿から進化したと思いますか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • onbase
  • ベストアンサー率38% (1995/5206)

見つかってますよ。 国立科学博物館 日本人はるかな旅展 http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/1/1-02.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご紹介の「日本人はるかな旅展」の分岐年代図でお分かりのように一番新しいので1000万年前のサンプルピテクスのようです。 共通祖先から人間とチンプが分岐した700万年内の化石が見つからないのは何故でしょうか。

  • 回答No.1

 見つかっていると思いますよ。  ただ、「人間の祖先の骨だと思ったら、どう考えてもゴリラの祖先だな」ということで、現場でポイ、引き出しへポイ、なんだと思います。  ポイでなくても、最低限は「人間の祖先と別れた頃のゴリラの祖先」程度には「人間」と絡んだのものでなければ、学者以外は誰も興味を示しませんから、報道はされないと思います。  鑑定したら、その根拠を明示しないといけません。明示したら、他の学者から批判的検証を受ける対象になります。  「間違えるのも無理ないよな」的な微妙な試料ならともかく、強引とか故意とかでばかげた鑑定をしたら学者としての最期ですから、「チンパンジーやゴリラの祖先も強引に人類化石にこじつけているということはない」と思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 たしかに「現場でポイ、引き出しへポイ」かもしれないですね。 ただ、大型類人猿は衰退一途だと述べているのを見たことがあるので生存数が少なすぎて化石に残らない可能性もあるのではと思います。 ゴリラ、チンパンジーに比べ人間の祖先は繁栄の途上にあって数が多かったので見つかりやすいということはないでしょうか。

関連するQ&A

  •  440万年前の猿人『ラミダス』エチオピアで発見。

     440万年前の猿人『ラミダス』エチオピアで発見。    NHKの「ハイビジョン特集」を見て。  ‘人はどこから来たのか’それは人間にとって根源的な問い、であるらしい。  番組のナレーターによると、  人間は他の動物とは最初から大きく違っていた。ダーウィンは、人間も他の動物と同じように自然淘汰を経て進化してきたと考えた。でもその手がかりとなる化石は見つかっていなかった。だがエチオピアで人類の祖先と思われる440万年前の化石が発見された。その一部が最初に発見されたのが1992年。  という内容から始まって、  さらに化石は発掘され、様々な分野の協力の下に『ラミダス猿人』の全容が、明らかになっていくところを紹介しています。  そして腰の骨からこの猿人が二足歩行をしていた、ということまでは分かったのですが、他の哺乳動物との大きな違いである、二足歩行をなぜ人間はするようになったか、という点については解決できないままでいるようです。  そこで私の疑問です。  様々な分野の協力を得て、とありますがその中に精神面を学問する分野が含まれていないように感じます。そうだとすると「科学的研究、学問」には精神的要素は含まなくてもよいと“学者”は考えているのでしょうか。  人間が二足歩行するようになった原因は、生物学的環境に依るというよりも「精神性」に理由があるように思えてなりません。  心理は体に、表情に表れるからです。  気持ちふさげばうつむき加減。心軽ければ背筋は伸びて、顔も晴れやか。  椅子にふんぞり返って足をテーブルに投げ出せば、遊び人の気分を味わい、お習字をする時のように椅子に深く腰をおろし背を伸ばせば、気持ちが引き締まります。  440万年前の『ラミダス猿人』も既に人としての精神を、意志も理性も感情も、持っていたからこそ立ち上がったのではないでしょうか。  ためしに私の狭いお部屋の中で四つ足になって“歩行”してみました。  ☆やっぱり気持ちが違います。  

  • 祖先と先祖の違いは?

    人間は、チンパンジーから進化したと言いますが、 その場合、チンパンジーは(人間の祖先)か(人間の先祖)なのか、どちらの表現が適切でしょうか。

  • 猿人と人類の中間の頭蓋骨は?

    人類が猿から進化したと証明できる、猿人と人類の中間の頭蓋骨は、発見されているのでしょうか?

  • 進化論か創造説か?

    以前、世界史の授業で、アウストラロピテクスやクロマニョン人などの化石や発見された場所、発見者などについて学びました。 そして、類人猿→原人→新人→現代人と言う風に進化していったと教わりましたが、アウストラロピテクスはただのチンパンジー(もしくはその祖先か絶滅種)でその真下から人間の(祖先の)骨が見つかった。という話を、テレビか本か忘れましたが、聞いた事があります。 同じように、ジャワ原人や北京原人もただのサルだと言う事でした。って事は、それらの時代には既に、サルと人間は共通の祖先から分化しており、共存していたと言う事ですよね? 何故授業で嘘を教えるのか?それはともかく、ではヒトの進化の過程はどこまで解明されているのでしょうか? サルと人間が分かれる寸前の化石とか、分かれた直後の化石とかはないのでしょうか?または、サルが今の形以前はどんな形をしていたのか。私が知らないだけかもしれませんが。古すぎて、下の方の地層にあるため、発掘が困難なのでしょうか?DNAレベルでは解明されていますか? ダーウィンの進化論は20年以上も前に学会で(正式に?)否定され、それにかわる新たな進化論も疑問だらけという話を聞いた事があります。 私は高校生で、別にキリスト教信者ではないのですが、このようなミッシングリンクがあり、それを説明できない以上、仮に信者ではない、良識ある一般の人でも創造説を信じる気持ちも分かります。私自身はどっちを信じようか、それとも有神論的進化論とか、その他にもいろいろ説はあると思いますので、迷っています。 全くの無知なもので、見当違いのことを言っているかもしれませんが、何でもいいのでご解答・アドバイス下さい。

  • チンパージーと人間の境目は??

    チンパンジーと人間の境目をしりたいです。 1、何が原因で、人間とチンパンジーやゴリラ、サルに分かれたのか? 2、どのような過程で進化したのか? 教えてください。

  • 人間の化石ってないのですか?

    アンモナイトや恐竜の化石はよく見ますが、人間の化石というものはあるのですか?  発掘される何万年も前の人類の骨そのものが化石なのですか? 石の中にできた骨の形をしたものもあるのでしょうか? そもそも化石というのは最短で何年くらいでできるものなのでしょうか? 常識的な質問だったらすみません。教えてください。

  • 人類は16万年も何をしていたの?医療、科学、文明

    人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていった。 そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうで。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。 で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができるようになったのがここ200~300年ということです。 医療、科学、文化の発展も近代に発展し現代の豊かな暮らしを支えるベースになり、今も発展し続けています。 不思議です。 人類は16万年以上前から今と同じレベルの知能の素養を持っていたにも関わらず、16万年以上今より格段に貧しい生活をしてきたという話になります。 16万年以上人類は何をしていたのでしょう?なぜ現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかったのでしょうか?また逆にたった200年ほど(人類史上0.001%ほどの時間)でこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展しているのでしょうか?

  • 人類は16万年も何をしていたの?医療、科学、文明

    人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていったそうです。 そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうです。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。 で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができるようになったのがここ2~300年ということです。 医療、科学、文化の発展も近代に発展し現代の豊かな暮らしを支えるベースになり、今も発展し続けています。 不思議です。 人類は16万年以上前から今と同じレベルの知能の素養を持っていたにも関わらず16万年以上今より格段に貧しい生活をしてきたという話になります。 16万年以上人類は何をしていたのでしょう?なぜ現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかったのでしょうか?また逆にたった200年ほどでこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展しているのでしょうか? (なんか超古代文明系のものが存在していても不思議ではないのでは?って気がしてきます。)  

  • ヒトは今も進化していると思いますか?

    類人猿の進化は結構複雑で、単純に猿から進化したのがヒトと思ってましたが、ヒトの関連でいうと、類人猿の祖先ホミノイドという種から、小型類人猿(テナガザル)と大型類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー)、そしてヒトに分けられて、それぞれに進化していったということです。 さて、そんなことはともかく、ヒトは今も進化していると思いますか? どういうことから、そう思いますか? これからヒトは、どこがどういう風に進化していくと思いますか?

  • 現生人類と猿人

    何百年前の猿人の化石が発見されたと新聞によく掲載されてますよね。 そして、人類に進化の過程で様々な種類の原人が存在していたそうですね。 私は、我々の祖先はオーストラロピテクスや北京原人、ジャワ原人、 ネアンデルタール人など「直系」だと思ってました。違うのですね。 アフリカ東部でいろんな種類の人類が進化し、一番繁殖力のある人類 が生き残り世界に渡ったのがホモサピエンス。これも違う。 どうもいろんな人類が世界に渡り、いろんな地域で共存したり、 敵対したりして、淘汰され残ったのがホモサピエンスだと。 これが正解ですよね? さて質問! 1.共存の場合、交配はあったのですか?雑種が出来て遺伝的に   さらに強くなったとか? 2.いろんな種が世界に拡がった・・・であると、   決してホモサピエンスだけが生き残るのか?   ある隔離された、島とか谷などで、一部の種は生き残るのか?   雪男とか狼少年、小人、河童とかは、大昔の先祖が経験、記憶   から来る言い伝えだと聞いたこともあります。 3.生物学知識がないからこんな質問するのですが、   この場合の種はどのくらい違いがあるのか?   犬の種類くらい? 遺伝的に全く違うのか?