• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ワインの蒸留・アルコールについて

こんにちは 学校の研究でワインの蒸留をまとめます。調べてみましたが情報量が多く、また内容が薄い気がしたので質問しました。もし私の内容とかぶる質問があったら申し訳ないのですがアドレスを教えて下さい。 蒸留後の液とエタノールのにおい・味が違うのですが、性質が異なっているのでしょうか。 蒸留液はヨーグルトのような発酵したにおいがし、味は甘いような苦い様な舌がしびれるような……。エタノールは刺激臭とスースーする味です。これらの違いはなぜ起きるのでしょう。同じアルコールなのに一緒でない理由はなんなのでしょうか。 甘苦い味はアルコール特有の何かなのでしょうか。なんとなくそんな感じがしますが詳しくはわからないのでそれに関してもお願いします。 参考元も教えて下さい。アドレスなど。 大変焦っているため言葉の荒さが目立ちますがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数728
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

前の回答の通りです。蒸留の方法にもよりますが、蒸留しても純粋なアルコール(エタノール)にはならず、エタノールの濃度はせいぜい40~50%くらいでしょう。当然、純粋なエタノールとは成分が全く違います。 ワインには、エタノールの他、様々な香りの成分や味の成分が含まれており、これらのうち沸点がアルコールに近いものは、蒸留したときにエタノールと一緒に留出します。ですから、そうした成分の香りや味がするのです。 ちなみに、ブランデーは、ワインを蒸留して作ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ブランデーに近いものなのですね。

関連するQ&A

  • 化学 蒸留 ワイン実験で…

    学校の実験の授業でワインを使った蒸留の実験をしました。 その実験はヒーターでワインを温め、沸騰させてその水蒸気を3回に分けてフラスコに抽出し、味やにおいなどを観察するというものです。 本来ならば3回に分けて抽出したワインの水蒸気の液体はだんだんと味やにおいが薄くなっていくものなのですが、私たちが実験をしたところ、だんだんと味が濃くなっていってしまったのです。 原因をレポートに記入しなければならないのですが、なかなかわかりません。どうかわかる方がいらっしゃいましたら、至急ご回答していただきたいのです。 どうぞよろしく御願いします。

  • アルコール水溶液はシリカゲルで濃縮できますか。

    以前テレビで見たと記憶しているのですが、ワインや日本酒をシリカゲルの入ったカラムを通すと、アルコール度数が上がるというのをやっていました。これは本当ですか。また、これが出来るのなら、蒸留法では共沸してしまうエタノール濃度のものを更に濃縮できますか(95%→100%)。

  • ワインの味の違い

    ワインの味が年産であれほど変わるのはなぜですか?気候や土壌が影響するのは漠然とわかるのですが、それがブドウの内容成分、ひいてはワインの味にまで影響するものでしょうか。品種間でも同じ植物なのに、全然違いますよね。その多様性が何に起因するのかどなたか教えてください。 そういえば、花のにおいなども多様性ですね…。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

蒸留したからと言って、エタノールだけになるわけではない。 いろいろな成分が溶け込んでいるのだから、味やにおいが違うのは当たり前。 「学校の研究で」とのことですが、基本中の基本ですよ。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 魚のワイン?

    ネットのニュースで呼んだんですが中国では魚のワインが存在するそうです。しかし、生物学を専攻している身としてはこのニュースに矛盾があるように思えます。酒造りは普通、生物を用いて炭水化物・糖・エタノールの順に変化させていきますよね。炭水化物から糖への変化は麦芽や麹、唾液などを用います。糖からアルコールの変化は酵母菌ですよね。魚はほとんどがタンパク質なのにどうやって酒にするんですか?始めはマムシ酒のように酒の中に入れるだけと思っておりましたがニュースを見た限り魚を発酵させるようなのです。これでは魚醤になるんではないですか?詳しい方どうか情報をお願いします。ニュースのアドレスはhttp://www.excite.co.jp/News/odd/00081107220610.htmlです。

  • 化学の問題。教えてください。

    グルコースの液をメタン発酵でメタンとしてエネルギー回収する場合とエタノール発酵(C6H12O6 → 2C2H5OH+2CO2)でエネルギーを回収する場合とでは、どちらの方法が何倍高くエネルギー量を回収できるか? なお、エタノールの蒸留は考慮しないとする。メタンのエネルギー(燃焼熱)は8570kcal/Nm3、エタノールのエネルギー(燃焼熱)は6400kcal/kgとする。 分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • エタノール沸点の違い

    ジャガイモデンプンを使い、水を加え糊状になるまで加熱し、米麹を加え60℃前後で1時間加温し、糖化させドライイーストを加え30℃恒温器で発酵させます。その後この培養液をろ過し、蒸留を行いました。蒸留した液が始めて一滴落ちた時の温度をはかっていたのですが、蒸留液はエタノールのはずなのに、沸点78℃付近ではなく、60℃と言う低い温度で蒸留液が落ちました。水の沸点は100℃なので、この蒸留液が水であるとは考えがたいです。何故60℃で蒸留液は出てきたのでしょうか?  よろしくお願いします。

  • アルコールで寒くなる体質

    私はタイトル通りの体質です。基本的にお酒は弱く、でもビール・日本酒・ワインの味は好きという厄介な舌を持っています。(ウイスキー・焼酎などは味からしてダメ)。この「寒くなる」というのは丁度風邪を引いたような状態で顔は赤いのに身体の芯から寒気がくる感じです。お酒の温度とは無関係で(熱燗でもホットワインでも寒い)強いて言えばアルコール度数が高いほど寒気が増します。体調が良ければビール中ジョッキ1杯飲んでもさほど寒くないですが、ワイン2杯・日本酒2合以上程度を摂取すると今度は頭痛などの症状も現れます。(これはまぁ普通の弱めの人と同じでしょう。)周囲にはこのような人がおらず飲み会の場でもなかなか理解を得られません。(なので勝手にカイロを持参したり上着を羽織ったりしてますが。)同じような体質の方はいらっしゃいますか?どうしてこうなるのかご存知の方がいらしたら教えて下さい。このような体質の人間はお酒は飲むべきではないのでしょうか?

  • 牛乳を口にすると

    舌に少し固まって嫌なにおいの口臭になります。ヨーグルトのように少し発酵した感じになります。なんか対策とかできるんでしょうか?他の乳製品や、歯磨きのペーストの少し残ったやつでもそんな口臭になるんです。舌苔はたまに掃除をしています。

  • 発酵と腐敗について

    高校時代、化学の先生に 「発酵と腐敗、同じ細菌繁殖なのに何が違うのですか?」 と質問したところ、 「食っておいしければ発酵、まずくて腹壊したら腐敗だ」 と回答されました。まあ、結果みてモノ言ってるような回答ではありますが。 そこで質問です。 新しい発酵食物を発見したとき、先人たちはどうやって発酵と腐敗を見分けたのでしょうか?  たとえて言えば、ヨーグルト。発酵してすっぱいにおいがします。普通、すっぱいにおいがした場合、”食べると危険!”なわけですが、最初に食った人はどうやって 「これは腐敗ではなく、発酵である」 と断定したのでしょうか?  勇気を出して食べてみたのでしょうか? 犬に食わせて様子をみたのでしょうか? 納豆とかクサヤもそうですね。最初のひとはどうして 「これ、変なにおいだけど、食ったら美味しい!」 ってわかったんでしょうか? 時代は変わって現代では、まったく新しい発酵食品を作った場合、それが腐敗なのか、発酵なのかはどうやって見分けるのでしょうか? 顕微鏡とかで見分けているのでしょうか? それから、酒を作る際も酵母を繁殖させてアルコールを発酵させるわけですが、酵母ってなぜアルコールで死なないのですか? 河豚が体内に毒をもっていても死なないようなモノですか?

  • ワインの価値、値段?

    ワインの擬似コルク栓を質問した者です。 このごろワインは面白い飲み物だと思い始めています。 ビールのように(地ビールではない大メーカー製)大量生産はできない、ウイスキーや他の蒸留酒のように人工的にアルコール抽出はしない、生産量はブドウを栽培している畑の広さに拘束、しかも天候に左右され、でき不出来が年度ごとに異なる。ヌーボーは別として、保存状態で品質が変わる。 さらに、開栓直後、室温で放置後、も味が変化していく...... さて、表題に戻ります。 ワインの値段は、基本的には「希少価値」の「値段」であって、「美味さ」の値段ではない?と思い始めました。ロマネ・コンテなんて一本数十万もするワインがありますが、栽培している耕作地がとても小さいと聞きます。 その他、「値段」に反映されるのは、「味・美味しさ」ではなく、ブランド、伝統、「薀蓄代?」、「虚栄心?」などと斜視に観察しています。体調が良く、美味しい食事であれば、一本1,000円でロマネ・コンテに匹敵、などと嘯いています。 皆さんの、ワインの値段に対する、薀蓄やコメントをお願いします。

  • 焼酎とウォッカの違いを教えてくだされ

    (1)ウォッカ と 焼酎 はどちらも穀物等を原料として醗酵させたもろみを蒸留して精製する酒ですが、同じものではないのでしょうか、違いがわかりません。味や香りの違うのは飲めばわかります。 (2)体には影響は同じでしょうか?アルコール度数が同じならば? (3)またウォッカはエタノールの純度の高い酒ですがエタノール臭いがしないのはなぜ? 化学実験用の純エタノール試薬液はビン開けるとすごく臭うけど。

  • ビーフシチューにワインを入れたら酸味が・・・

    ビーフシチューを昨日作りました。 肉を柔らかくするには、赤ワインで肉をことこと煮ると良いとこのサイトで知ったので、赤ワイン半分水半分で煮ました。 ところが赤ワインが酸味が強いものだったのか、出来上がったものは、酸味が強く、舌にワインのえぐ味がすごく残るものでした。 また塩分も非常に強く感じました。(これは水分8000mlに対して、フォンドボー2個とルーについていた粉状のブーケガルニを入れたからでしょうか?) 酸味を消すにはどうしたらよかったのか教えて下さい。 また、ことこと煮込むときは、基本的にはなべは蓋をした良いのでしょうか?それとも蓋はしないほうが良いのでしょうか?(蓋をすると赤ワインのアルコール分が蒸発しないような気がして、はじめの1時間くらいは蓋をあけていました。) あと、ルーでおすすめがあったら教えて下さい。 ちなみに、ルーと缶のドミグラソースでは味が違うのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 酢酸エチルの合成

    A:酢酸とエタノールをとり,さらに濃硫酸加えてよく振り混ぜる。液のにおいが変わったら,蒸留水を加え,生成した酢酸エチルを分離する。 B:Aの実験を濃硫酸ぬきで行う。 という実験をやったのですが、実験Aの反応式は、 CH3COOH+C2H5OH→CH3COOC2H5+H2O であっていますか? また、実験Bの反応式が分かりません。。。 教えてください!よろしくお願いします。