• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

新築。布基礎にクラック。コンクリートN24温度補正

新築まもなくクラックが2ヶ所入り表面クラックと言われ外側だけ修理して貰いました。内側にはクラックはないので心配しないでと言われる。ひつこく内側を調べてと言いましたが心配ないと何度も言われました。 一年間毎日気になるのでその後床の下に入り基礎を見ましたら内側まで貫通していましたで基礎全体を調べましたら5カ所ぐらいひび割れが有り有名メーカーパ社住宅です。ひび割れ修理専門業者と一緒に来ましたと言われました。その人達が床下に入り調べたら16カ所有、3.4カ所は貫通クラックと言われ手動で注入剤(エポキシ樹脂)と言われました。その他はひび割れが細いので塗りと言われました。 布基礎、土間打ちの前後は大雨で雨上がりでもコンクリート打ちは大丈夫です、もしクラックが入ると当社が責任をとりますと言われました(支社長、部長、所長、現場監督、基礎業者、営業マン、設計士) メモもとられていましたが覚書は貰いませんでした。大手メーカーを信じていたため、疑うと良い事にならないと思ったからです。 コンクリートは強度の強い27を使いますと口契約しました(何度も言われました) コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正と書いてあります。 その後立ち会った社員は転勤になりその人の転勤先を聞き何度も電話しました、以前おられた支社に電話をして貰いましたが代わってこられた人とも、もめごとになりなかなか話がつかず本社へ書類を送ったりで時間がかかりました。 先日話し合いの結果外壁土地下(犬走とか言われた)までは見えないのと内側土間コンクリート打ち下は見えないのでと言われ見える部分を手動で注入剤(エポキシ樹脂)を入れられる。後残りは刷毛塗りで心配ないと言われ仕事されました。 見えない所にはエポキシ樹脂はされませんでした。 大きなひび割れはすべて柱下の横でした。外壁以外の中基礎にも何カ所もひび割れが有りました。 小さなひび割れは1.2メートルぐらいの間に集中していました。 構造クラックとか貫通クラックとか聞いても答えられません。エポキシ樹脂を使えばコンクリートより強いと言われ、この方法しかないと言われるのです。新築ですこのような状態でしたら引き取ってもらえないのでしょうか。瑕疵保険はパ社が入っています。 エポキシ樹脂注入後に完成検査後の資料に基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正と書いて27でないといいましたら温度補正3でプラスN27と言われました。当社はすべての基礎に温度補正プラスは書かないと言われました。 基礎下と内側土間コンクリートハグリもせずにエポキシ樹脂注入されましたその下部分にまで浸透しているのか心配で寝られません(パ社は浸透していますと言われる) 基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正3をプラスするとN27ですと言われました。 温度補正をプラスすると強度N27になるのでしょうか。 柱状杭はしてあります。 ご教授お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4582
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

嘘ばっかりですね その業者・・・ http://www.ads-network.co.jp/zairyo-kouji/con-03.htm  温度補正をプラスすると強度N27になるのでしょうか。  成るわけありません。  FC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正⇒24N以上とコンクリート打たないと行けません。    基礎工事時、下請けさんは、冬季ならば・・囲いを作ってランタンとか炊いてましたね・・・      質問    基礎コンクリートは、いつ打ったのですか 月日 正確に判らない時はおおよその時期  貴方の住所大方の場所です 北海道とか  コンクリートの温度管理は? たぶんしてないね・・・  私が自分の家を発注すると仮定すると・・・  コンクリートの配合書を持ってこさせる   配筋の検査  コンクリートの打設の立ち会い 出荷伝票の確認(時刻と発注と正しいか)   温度管理が正しいかの立ち会い  コンクリート破壊強度  ここまでやります・・・ってこれ大手でもやってない所は多いです。業者任せにするとこうなる  今からならば    後は現場基礎からコンクリート切り出して 強度検査  簡易ならば シュミットハンマーで簡易検査(お薦めはしません)  エポキシ樹脂を使えばコンクリートより強いのは確かなんですが、正しい施工をして相当な圧力を掛けないと奥まで入りません・・・    クラックで一番問題になるが、基礎コンに水が侵入して配筋が錆びることです。鉄が錆びると膨張するので基礎が膨れて剥げ落ちます・・・  剥げ落ちることには・・10年超えてるから保証は無くなってます・・・      

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nekonynan さん有難うございました。 補足にも書いましたが、以上の事を素人ですので分かりやすくお教え下さい。話し合う日が近づいていますので宜しくお願いします。

質問者からの補足

詳しく説明書き有りましたが私には良くわからない事ばかりです。気候に関係有るとは知りませんでした。 広島県福山市で一年に一回程度雪が降り3cmほど積ります。 2011年4月20日。午前8時過ぎから生コンを入れました。 生コン24と言われていたが気温が低いので生コン27に切り替えたと言われる。 生コンを入れて5日間はこの状態でシートを張る。5日後から土間を鉄筋で組又生コンを入れると言われる。 4月22日夕方から大雨が3日ぐらい続く、簡単にブルーシートがかけられていた。基礎内はビシャコでした。 4月29日基礎枠を外しました(この間も雨が時々降る。天候は悪い) 5月14日。土間コンクリート打ち。 5月16日。上棟式。 ひび割れが出たので基礎図面を調べたらコンクリート、FC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正としか書いてないのでパ社に説明して貰ったら温度補正プラス3なので合計N27と言われたのです。 例えば気温が15℃だったら強度は計算でどのくらいになるのですか。 エポキシ樹脂はコニシと言われ手動(注射器のようになりゴムバンドで押さえるようになっていました)で一晩しましたが。 今でもコンクリートの配合書は生コン会社が保管されておられるでしょうか。 建築費は公庫でないのです。表のような資料は有りません。 設計図の一部に書いてあるのです。 ちなみに現金払いです。  

関連するQ&A

  • 教えて下さい。基礎、生コン温度補正とは

    基礎コンクリートはN27と言われました。 内容。 図面には基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正となっていましたので聞きましたら 温度補正をプラス3にしましたのでN27ですと言われました。 温度補正をプラス3にすると強度N27になるのでしょうか。 ご教授下さい。

  • 住宅の基礎コンクリートのクラックに  Vカット?!

     住宅の基礎コンクリートのクラックについてなんですが、業者に出張下見に来てもらいエポキシ樹脂と行ってきました。  ここまではいいのですが、コンクリートをVカットをしてから注入するとのことなんですが、Vカットなんてして、コンクリートが崩れやすくなったりとか、ちょっとの衝撃で切れ目が広がったりしないものなのでしょうか?  素人が大事な大事な基礎コンクリートをさらにカットするなんて聞いたら、取り返しのつかないことが起きるんではないかと気が気じゃありません。    もし問題ないのでしたら安心できるような解説していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 土間コンクリートのクラック

    皆さんいつもお世話になっています。土間コンクリートのひびについてお尋ねいたします。 竣工後2ヶ月の在来工法の平屋住宅なのですが、床下に潜ってみたところ、土間コンクリートに2カ所、ひびを見つけました。ひとつは、ほぼ中央の人通口の下面で人通口の幅45cm一杯に、幅1mmくらいのクラックが走っています。もうひとつはその近く、浴室の配水管が土間コンクリートに埋まる位置から、部屋と部屋の間の壁の下の基礎立ち上がり部まで、約1mに渡って幅0.5mm程度の細いクラックが走っています。いずれも、基礎立ち上がり部分にはクラックはありません。いずれのクラックからも、水の侵入の痕跡はありません。基礎断熱、床下暖房なので、当然ながら床下はカラリとしています。 仕様は、捨てコンクリート(レベルコンクリート)なしで布基礎を作り、土間に0.2mmの防湿シートを敷いた上にワイヤーメッシュと厚さ70mmの土間コンクリートを施工したということになっています。 床下の防湿という見地から、これらのクラックに何か対処をしておいた方が良いでしょうか。アドバイスをお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>温度補正とはどんな意味なのでしょうか。 No1さんの貼られたリンク先を読まれましたか? 温度補正についてわかりやすく説明されています。 文章を読む限り、HMの方針として設計強度21Nに対し、常に3Nをプラスした24Nのコンクリートを使用しているのでしょう。 4月であれば通常温度補正は必要ないが、昨年は外気温度が上がらず、温度補正として3Nプラスした27Nを使用したという意味だと思います。 その表記が21N+3N(HMが常にプラスしている強度)+温度補正としていると推測します。 温度補正は外気温度(時期)によって数値が変わるので「温度補正」として表記し、数値は特記仕様書等に記載されていると思います。 使用したコンクリート強度の確認は生コンプラントの出荷伝票でしかできません。 設計強度(21N)以上あるかどうかはシュミットハンマーテストで推測はできます。 No2さんも言われていますが、コンクリートにはクラックがつきものです。 クラックのないコンクリートは皆無といっても良いでしょう。 そのクラックの中で一般的に0.5~1mm以上の隙間のあるものは構造的に問題のある可能性があると言われています。 対策として、今回行われたエポキシ樹脂注入は一般的で、ゴムで注射器を押しこむ形式はよく使われています。 樹脂の注入は圧力によるものでなく、毛細管現象によるものです。ゴムは途切れないよう補助しているにすぎません。 構造的に影響がなくても雨水等の影響を受ける恐れがある場合はV字カットしてコーキング等で保護する場合はあります。 基礎に塗られているモルタルの刷毛引きは化粧以外に保護の意味も持ちます。 打設後の大雨は一切問題ありません。 シート養生もしていたようですし、脱型まで養生期間も置かれています。 話だけでは真っ当な仕事をしてると思いますよ? お気持ちはわからなくもないですが、クラックに対し必要以上に過敏になっているのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授有難う御座いました。 クラック、0.3~0.5mmが4カ所。0.2mm以下と思いますが11カ所も有ります。 >必要以上に過敏になっているのではないでしょうか< 新築です。すぐに買える商品ではないです。 16カ所も有れば誰もが過敏になると思いますが。 ご教授お願いします。

  • 回答No.2
  • nsan007
  • ベストアンサー率30% (914/3023)

建築士ですが、昔から「コンクリートやモルタルは割れる物と思え」と教えられてきました。 ある程度の間隔で目地切り等をするのはその為です。 クラックにも2種類が有りますから、専門家が見ればすぐにわかります。 怖いのは構造クラックで地盤の不動沈下などにより大きなクラックが入り、それが増加していくと怖いですからやりかえる方が良いかもしれません。 もうひとつは伸縮クラックでコンクリートは乾燥すれば縮まりますから、どこかで割れが生じます。 前述の伸縮目地もそこにクラックを集中させて目立ちにくく、補修し易くするためです。 しかし大邸宅でも基礎にまで目地切りをする事はほとんどありません。 仮に内側まで貫通したクラックでも、1mm以上とかの大きな物でない限り構造的な心配はありません。 あまり大きくなると水が入り鉄筋を錆びさせるので、コーキングなどの処置をすると良いですが、ヘアークラックと呼ばれる程度の物は放置しても問題ありません。 ちなみに温度補正なとで強度を上げるのはセメント量等を増やしますが、セメントの多い良いコンクリートほど伸縮のクラックは入りにくいのです。 逆に強度の無いいい加減なコンクリートならクラックは殆どは入りませんから、へアークラックがある程度は入るのはコンクリートの強度が十分ある証拠です。 お宅の場合は構造的な心配は全くないと思われますので、クラックは・・・とあまりおおげさに考えない方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました 補足に書いていますが再度ご教授お願いします。

質問者からの補足

nsan007 さん教えて下さい。 基礎図面にはコンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正としか書かれていないので聞きました。その後の返答は 温度補正3をプラスしたので強度はN27ですと言われました。 温度補正をプラスすると強度N27になるのでしょうか。 温度補正とはどんな意味なのでしょうか。 ご教授下さい。お願いします。

関連するQ&A

  • 基礎のクラック

    築2年目の木造住宅2階建です。 一週間ほど前に築2年目の点検があり、その際に基礎にひびがあることが分かりました。 メンテナンス会社(HMのグループ会社)の担当の方が私の家を建てた下請け工務店の方に連絡をとり 改めて翌々日ぐらいに再度の確認が行われました。 妻が対応し、その際にはコンクリートの収縮によるクラックで軽微なものなので構造上は問題がないとの事でした。 ひび割れは全部で5~6箇所ぐらいあります。 問題ないとの事だったのですが、気になったので昨日床下にもぐりました。 外にひび割れがあった5箇所のうち3箇所で内側でも同様のひびが確認できました。 その内の一箇所でクラックの途中から白っぽい筋が下へ向いてあり、底面で白く円形になっていました。 よくよく考えてみたのですが、もしかするとその筋とは雨水が流れた後なのではないかと疑っています。 家の外で確認できたクラックは、内側まで到達していると思います。 クラックスケールを持っていないので(近くのホームセンターに行きましたが売ってませんでした(T-T))、 ひび割れの大きさが正確には分かりませんが、0.3mmは超えていると思います。 過去の質問の中で、0.3mm以上のクラックで内外まで貫通しているものは放置できないとの回答を読みました。 今朝、メンテナンスの担当の方に連絡を入れましたが、構造上は問題ないと言うので、もう一度見に来いと言いました。 今週末辺りに再度担当の方が来ることになると思います。 そこで質問なのですが、補修をすると言う方向に話が進むと思われるのですが(もしかすると、大丈夫の一点張りでくるかもしれません)、 補修方法など具体的な対応はどのようにすれば良いでしょうか。 素人相手だからと補修まで適当にされて誤魔化されてしまうのは非常に困ります。 長文ですみませんが、回答よろしくお願いします。

  • コンクリート基礎の補修を勧められたのですが

    築13年の木造住宅のコンクリート基礎補修をリフォーム業者に勧められました。 この業者さんとは数年前からの付合いで、シロアリ予防をお願いしてから毎年、点検の傍ら、コンクリート基礎も見ていただいているのですが、コンクリート基礎の数箇所で年々、ひび割れが大きくなっているようです。 いつも写真で確認さしてもらうのですが、確かに大きくなっており、大きい所では指が入りそうな位です。 そこでエポキシ樹脂とアラミド繊維を使用する工法を勧められたのですが、実際、この工法は有効なのでしょうか?単なるひび割れの穴埋めで、気休め程度のことなのでしょうか? すみませんが回答をよろしくお願いします。

  • 木造住宅の基礎のコンクリート

    ベタ基礎なんですが、このHPやいろいろなサイトを見ると コンクリートの強度は18N/mm2で大丈夫と言うところと 公庫などの基準が変わって24N/mm2となっているところと いろいろあって困ってます。 建築学会の小規模建築部部の基礎設計を見ると、180kgで 標準の配筋とかの表が載ってました。 実際において、小規模の住宅では構造計算屋に出さず、何かしらの 本の基準で基礎を設計する場合もあると思います。 温度補正や品質補正?など関係無く建築基準法上では最低18N/mm2で 基礎のコンクリートを考えておけば、基礎において違法とならないのでしょうか?(配筋や立ち上がりのスパンを表のとおりにやったとして) 設計として設計強度を提示して、冬場などは温度補正を指示。 後の品質補正?については請け負い業者の管轄になってくるのでしょうか?

  • 住宅新築中の基礎のクラック

    現在大手住宅メーカーで新築中です。 最初に基礎にクラック(1本)が入ったのは、工場から資材が運び込まれ、2階までの外壁パネルが組み立てられた時でした。場所は布基礎がT字(平面図上で)になっている角の所で、丁度アンカーボルトの所でした。 現場監督及びその上司は、「この場所は配筋が集中している場所だからかも知れない」と判断し、エポキシ注入、補強工事を行いました。 この時点でこの基礎の将来に不安を感じてきたので、住宅メーカーに誓約書を書かせ工事を再開させましたが、工事が約90%進捗した先日、新たに3ヶ所クラック(4本)を発見しました。(今回もアンカーボルトの所が2ヶ所、計5本のクラックの内4本が裏まで貫通) 住宅メーカーは地盤の再調査、基礎上端レベル測定、メーカーの研究所へ基礎データ照会、生コン工場の出荷伝票確認等誠意を持って対処して頂いています。 当方としては上屋部を取り壊してでも基礎の作り直しを要求したいので、住宅メーカーに言い包められないよう理論武装をしたいと思っております。私自身建築に関する知識が乏しいものですから、第三者(建築士等)による検査を受けたいのですが、今回のようなケースでも検査していただける機関をご存知であれば、教えて頂きたいのですが。 またこのようなクラックが発生する原因としてどのようなことが想定されるでしょうか?(地盤は3t基礎でも十分な所に5t基礎を施工しています)

  • 基礎コンひび割れクラックの補修費用

    家の床下基礎コンクリート部分にひび割れクラックが見つかったのですが、 これをしっかり補強するにはどれくらいの金額がかかるのでしょうか? 補修の程度にもよるかと思いますが、 簡単補修としっかり補修別でわかりますでしょうか?

  • 勝手口の外踏み段コンクリートのクラックについて

    大和ハウスで2年前に注文住宅を建てましたが、勝手口外コンクリート踏み段(ステップ)に築後4~6か月後からクラックが入り始め、一年の点検でも指摘しましたが、もう少し様子を見てからという事で、今回2年目のメンテナンス点検でも徐々に全体近くひび割れ状広がっていますが、どうにかならないかと、点検担当者に云ったところ持ち帰って検討となりましたが、クラックは表面だけで、何ら問題ないとの返事ですが、 この勝手口は住宅基礎を完成させた後、勝手口の踏み段コンクリートを別に打設したこと。及び、にわか仕立て(二日間)の木枠のみで鉄筋が使われていないかもしれないのが原因かもと、知人建築専門家に見てもらって聞きました。 その様な数mmのクラック(ひび割れ)が入ったところで、構造的に問題がないところですから、別にどうということはありませんが、クラックというものは、見栄えが悪いという話がよく問題点となっているとも聞きました。 PS: 2年目メンテナンス担当者、曰く細かい作業等は、 左官屋さんの裁量に任せ何のマニアル的指導書は 無いとのことですが、本当でしょうか???・・・ウソだとは思いますが! こういう問題について何か良きアドバイス等をお聞かせください。 (二年補償期限は9月28日迄です)

  • 基礎クラック: 国交省ガイドラインは分離発注では無効?

    新築木造住宅のベタ基礎の立ち上がり部分(2回打ち)が、竣工約半年で外側23カ所(ほとんど基礎の上部からベース部分まで)最大幅0.4 mm程度ひび割れました。地盤はボーリングにて良好で、基礎パッキンならひび割れは少ないはずと思っていました。内側にも錆びたボルト頭の上下にもう少し幅の大きな「ひび割れ」が10カ所程度あります。外側は建築士さん(設計監理を依頼)も確認済み、内側は施主が写真を撮っただけで建築士さんからは観察は断られました(床下はたっぷりとるという話でしたが実際には潜り難いそうです)。曰く、経験上「貫通性の収縮クラック」で「何カ所あっても問題ない」とのこと。それから約半年観察し、更に数カ所 (3カ所以上) 同様のひび割れが生じました(1カ所は建物の角から数センチの所)。 建築士さんの説明では「基礎の収縮クラックは分離発注の建物性能の長期保証の対象除外。瑕疵があったとは判断していないので補修については有償」とのことです。けれども、国土交通省のデータベースシステムによれば、木造住宅の基礎のひび割れの「疵が存する可能性」については、「さび汁を伴うひび割れ」では「高い」となっており、幅0.3mm以上のひび割れにも「一定程度存する」となっています。これを根拠に、分離発注にお金を払った会社にも相談した所、「品確法や国交省の規定は、どのような施工を行ったのか分からないときに、クラックなどの現象が現れていたらその現象を元に、施工ミスの可能性を断定する目安を示しているもので、xxxxxxxxのように、施工者と立場を異にする専門家の監理者が付いている施工とは、土台が違います」と、やはり責任は負えないようです。ただ、本当にそうなのでしょうか? もしこれ以上反論する方法が無いなら仕方ないのですが、施主の側に分がある可能性はないでしょうか? 根拠をご存知の方、どうすべきかアイデアのある方、何か教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 布基礎のクラックについて

    新築一戸建てに住んで約一ヶ月経ちます。 たまたま外回りを見ていたら、一箇所に布基礎の立ち上がりの天端付近から下側にクラックが発生しているのを発見しました(画像参照)。 このクラックはヘアクラック範囲内で構造体には影響ないのでしょうか? ご教示の程、よろしくお願いします。 以上、よろしくお願いします。

  • べた基礎の亀裂について

    お世話になります。1年前に新築で購入した二階建て木造住宅のべた基礎について質問いたします。 このほど、基礎の4カ所に垂直のひび割れが見つかりました。4カ所は基礎の同一辺(東側)上で、ひび割れは外側だけでなく内側も同じ場所にあります。施工業者に見てもらい、「ひび割れの幅は2ミリ程度。モルタルの乾燥収縮が原因だから問題ない」と説明を受けました。 素人なりに建築関連団体のHPなどで調べたところ、基礎のひび割れの大半が構造上問題のない「ヘアクラック」であることは理解できました。しかし、ヘアクラックが外側と内側の両側の同じ場所ににできること(しかも4カ所)はあり得るのでしょうか。構造上支障のある「貫通クラック」ではないかと心配で、ここに質問させていただいた次第です。よろしくお願いいたします。

  • リフォーム工事が仕様書通り実施されたかの確認

    コンクリート壁に出来たらひび割れの補修工事を行いました。 当初、ウレタンを注入したと説明していた施工業者が、後に「ウレタン注入ではなく、エポキシ樹脂を浸透させました。」と訂正してきました。 既にコンクリート壁にはビニールクロスが貼られています。 壁クロスを剥がせば、充填されたのがエポキシ樹脂という確認が取れますか? クロスを剥がさないで調査(非破壊検査)する事は可能でしょうか?