• 締切済み
  • 暇なときにでも

一人称視点と三人称視点を混ぜても良いか

こんばんは 私は秀でた文才があるわけではありませんが、ストーリーを文字にして表現するのが好きで、時々、小説を書いています。そのため、パソコンのワードには今まで書いた作品がかなり多く保存されています。 最近なんですが、友人にワードに保存してある小説を読ませたところ、リップサービスだとは思いますが、「面白いからインターネット小説サイトに投稿してみろよ」と言われました。そう言われますと、私も悪い気はしないものですから投稿しようかと考えるに至りました。 しかし、私の書く多くの作品は、一人称と三人称が混ざっています。 具体的に言えば… 小説の始まりの数ページは一人称。 Aさんの一人称で始まり、Aが「あれは昔のことだ」と言う感じに誰かに過去のことを語り始めます。 そしてその後、三人称、いわゆる神の視点でAが話す過去のこと、つまり物語が語られます。 こういう具合に混ざっているのです。 一人称と三人称を混ぜても大丈夫なのでしょうか?

noname#223577
noname#223577

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1146
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

大丈夫だと思いますよ と、言うより そういう意見を貰う為にネットなんかにアップするんです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 確かにそうなんですが、もしルール違反だと恥かくと思いまして

  • 回答No.4

1人称の強みは「地の文に感情を出せる」&「主人公に感情移入がしやすい」です その中で3人称を混ぜてしまうと、「主人公への感情移入」がリセットされる可能性が高いです そういう意味ではあまり好ましくない方法ですが、 書き方次第でどうにでもなります 例えば、改行(空行)などによって今までの流れを一旦断ち切ってしまう もしくは ==================== Aさんは1度呼吸を整えて口を開いた 「あれは昔の事だ……」 そのあと彼は俺にゆっくりとした口調で長々と話していたが、要するにこういうことだ。 Aさんは~であった。 さすが俺。説明うめぇ。 ==================== のように説明そのものをカットして、のちに要約を入れる でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます そういうデメリットがあるのですか。改行などに気をつけつつ、見直してみます

  • 回答No.3
  • xiansui
  • ベストアンサー率73% (861/1164)

書き始める段階(場合によってはプロットの段階)で、決めておかなければならないのが、人称の選択です。 一般的には「一人称」と「三人称」が用いられますが、一人称と三人称を混在させる、あるいは複数の登場人物が、場面ごとに交替で一人称で語るといった手法もあります。 例えば、ミステリー小説などでは、三人称で進められる物語の中に、突如、謎めいた一人称の章が挿入される、という手法なんかがありますよね? ですから、今回のケースも特に問題はありません。 ただし、人称を固定しないと、叙述方法の変更によって読み手の混乱が起きやすいですし、やりすぎると散漫な印象になるなど、問題点も多々ありますので、用いる際には注意が必要になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 確かに言われてみればミステリー系はありますね。 読者の混乱を防ぐためにもよく考えて見直してみます

  • 回答No.2

> 一人称と三人称を混ぜても大丈夫なのでしょうか? 混ざるのはダメ。混ぜるのはアリです。 「プロ」になりたいのなら、基本的な技術、作法はきちんとできて、その上で、きちんと効果を狙った上で、型を崩しましょう。文章をどの視点で書くかは、基本的な部分です。 素人のママ、同人的に楽しみたいのなら、表現は自由です から、ご自身の一番気に入った方法でよいのでは、と思います。 ただ、大御所と呼ばれるプロの作家の中には、この手のことが不得手で、編集者が直している、という人もいますよ。文章の細々したところができるよりも、売れるストーリーを書ける人が、出版社に取っては正義ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます もちろんプロ志望ではありません、というよりプロになんてなれっこないです(笑) プロでも戸惑うとは驚きです。扱いに気をつけつつ見直してみます

  • 回答No.1

読み手がわかるようになっていれば何ら問題ないでしょうね。 そういう事に決まりはありませんから。 ただ、読み手が混乱するような書き方があればそれは良くないものという形になるでしょう。 小説の手法なんて言うのは、どんな斬新な書き方をしたっていいんです。 中にはストーリーが途中まで進んでいる中で、主役がが死んでしまい、話が進まなくなって作者が小説の中に出てきてしまい、死んだはずのキャラクターまで出てきて、会議を行って、死ぬ前に話を巻き戻してから話を再スタートする。 (すべて小説の中に書かれている内容です。) なんていう小説もあります。 一人称で始めたらすべて一人称で進めなければならない。なんて決まりはありませんからね。 ただ、一人称から三人称に代わる必然性や切り替わるきっかけなどがうまく入っていないと、読むほうが判りにくくなるため、読み手によくない内容となるかもしれません。 だからといってダメなのではなく、わざと読みにくくする理由があれば、それはそれで良いわけです。 ようは何でもありなんです。 ただ、その必然性というのがうまく表現できるかどうかと言う所になるだけだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます ルールはないのですか、安心しました。読者の混乱を防ぐためにも、気をつけて書きたいと思います。 ちなみにその例にあげた斬新な展開が実際にあるとはびっくりです

関連するQ&A

  • 一人称と三人称について

    一人称と三人称について 暇つぶしに携帯小説でも書こうかなと 思っているのですが、そこで困ったことがあります。 一人称は恋愛向け、三人称は戦闘向けと聞いたことがあります。 今、私が書こうとしている携帯小説は恋愛なのですが、 主人公の心理だけでなく、その周りの女の子達(ヒロイン)の心理も書きたいのです。 この場合、一人称か三人称どちらの方が読者にわかりやすい…というか、 書きやすいのでしょうか? 私的には一人称の方が主人公の心理を書きやすいのですが、 でもそれじゃあヒロインの心理が…って。 無知な私にどうか助言を><

  • こんにちは。投稿は一人称? それとも三人称?

    小説の投稿を何年もしている者ですが、新人賞の投稿には一人称がいいのでしょうか?それとも三人称がいいのでしょうか? 私の好みは三人称なのですが、どうでしょうか?  どちらが確立が高いのでしょうか?

  • 三人称一視点と一人称

    一人称で、主人公が眠っているシーンがあるとします。その時、他の誰かが会話している場面を描写するのはおかしいですよね。 ただ、三人称一視点の場合はどうなんでしょうか? 主人公が眠っていて、それを俯瞰する形で描写するのはダメですか?

  • 一人称と二人称と三人称

    一人称と二人称と三人称について例を出してて教えてください

  • 小説の人称について質問です。

    今私は小説を書いているのですが、 それは章ごとに分かれて、色々な人の視点で書いています。 そこで人称が問題なのですが、今の私の小説は 一章 一人称でAの話 二章 三人称でB視点からの話 三章 一人称でCの…… という風に、一人称と三人称が入り混じっています。 その章の中では人称、視点は固定しているのですが、 この様に各章で一人称、三人称がかわるのはよくないでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 小説の一人称、三人称

    全くの無名ですが、小説を書いています。 さて質問ですが、一人称が有利な小説のジャンルは何ですか? 同じように三人称が有利なのは何ですか? お願いします。 ※今言う「ジャンル」は恋愛、純文学、ライトノベルなどのことです。 わかりづらくてすみません。

  • 小説を書く際の三人称の視点について教えて下さい。

    視点は、 一人称の場合…語り手である「私」が見たもの、感じたことだけを描写出来る。 二人称の場合…語り手の心理描写はなしで、「あなた」に伝えたいことだけが描写出来る。 ……だと思うのですが、三人称だとイマイチ明確な分類が出来ません。 三人称の場合… (1)カメラの視点:登場人物の心理描写はなく、ただ状況などを淡々と書くことしか出来ない。 (2)カメラ+一人の視点:カメラで追い掛けるように状況を説明すると同時に、登場人物一人の心理描写が出来る。 (3)神の視点:状況・登場人物全員の心理描写などあらゆることが書ける。 一般的にこの三つの視点があると説明されていますが、(1)と(3)はわかります。 でも(2)については、自分で書いていても他人の小説を読む時にも、疑問に思うことがあります。 仮に主人公をA(男)とし、彼視点で小説を書くとします。 その場合、 ・Aは眉間に皺を寄せて黙り込んだ。 という表現は正しいのでしょうか? とあるサイトでこのような表現は、A視点であるのにAの表情を表現出来るはずがないので 間違いであると言われていました。でも、カメラ視点でもあるのなら、この表現は正しいですよね? それから、Aについて説明したい時に、カメラ視点なら、 ・そんな夢を見たのは彼だけではなかった。 A視点なら、 ・そんな夢を見たのは自分だけではなかった。 と表現出来ると思うのですが、カメラ+一人の視点の場合は、どちらも有効なのでしょうか? 又、極端な話ですが、一つの段落の中でこの両方の表現を用いた場合、 なんとなくおかしな感じがするのですが、これも文章的に間違ってはないのでしょうか? つまり、カメラ+一人視点の場合、Aのことまで「彼」と突き放して書くべきなのか、 Aのことは「自分」や「己」のように若干一人称のようなニュアンスで書くべきなのかがわからないのです。 更に三人称の小説中に「自分は~」などという主観的(一人称的)な表現を 用いてはならないと書かれている文献もあり、混乱しています。 単純に情景描写はカメラ、心理描写は一人だけというふうに分けて考えれば楽ですが、 それでもAを「自分」と表現していいのかどうかはわかりません…。 カメラ+一人の視点とは、どのように書くべきものなのでしょうか? どうか詳しく教えて下さい。

  • 三人称で書かれた小説

    こんにちは。突然ですが、僕は今、趣味で友人と小説を書いています。 (共同制作ではなく、別々です) ですが、僕は小説なんて書いたこともなく、はっきり言うと初心者というレベルですらありません。そこで質問です。 とりあえず、一人称と三人称の勉強でもしとこう… ってことになったので、上記のことが詳しく書かれた指導書、ホームページなどがありましたら 教えてほしいです。一応、自分でも調べてみたのですが、納得のいく説明がなされてるものが無かったので… あと、贅沢を言わせてもらうと、一人称で書かれた小説が多いじゃないですか。 なので、三人称で書かれて、かつ面白い小説があれば教えてほしいです。 完全に僕の私事で恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • 小説の一人称、三人称の使い方。改行?

    (1) 小説を読んでいて疑問に思ったのですが、一人称表記していて、句読点の丸(。)で締めた後、三人称表記で文章を続けている事にです。 これは普通、改行するのではないでしょうか? それとも、”あり”、なのでしょうか? (2) また、一人称の文章で一人称代名詞を表記する時、”私”を使わず、固有名詞で表記してしている事に、です。 これは、”作家さん次第”、なのでしょうか? やはり、”あり”、なのでしょうか?

  • 最初は一人称、徐々に三人称を使いたがる小説家って…

    なぜ、小説家は若い頃、あるいは新人の頃は一人称で書き、段々と三人称で書くようになるのですか? 詳しく説明できる方いませんでしょうか? 最初から三人称で書いている有名な作家はいませんか? (エンタメ系、歴史小説等では最初から三人称で書いている作家を知っています。純文系で三人称から書き始めて途中で一人称で書き出すという作家を知りません)