• 締切済み
  • 困ってます

障害年金について

(1)障害年金(2級)を受給しながら会社員として働いている人より、ねんきん定期便をもらったことがな いとの相談を受けました。  定期便は厚生年金に加入している以上、必ず届くと思っていたのですが間違いでしょうか? (2)現在障害年金(2級:障害基礎+障害厚年)を受給している人が、60歳で退職した場合、特別支給の厚生年金の障害特例を選択することができるかと思います。 特別支給の厚生年金を選択すると、報酬比例部分については被保険者期間が増えるため増額するが、定額部分については、被保険者期間が480月未満の場合、障害基礎年金の額より少なくなるという理解でよいでしょうか? また、一度選択した後は、65歳以降に障害基礎年金+老齢厚生年金という受給に変更することはできないのでしょうか? わかりにくい質問で申し訳ありませんが、年金事務所に電話しても中々繋がらず困っています。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数168
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

A1. 何らかの理由によって、届け出ている「年金制度上の現住所」に不整合が生じています。 日本年金機構に住所が正しく登録されていないときには、ねんきん定期便(通常は必ず届きます)が手元に届きません。 例えば、障害年金受給権者としての住所と厚生年金保険被保険者としての住所とが一致しない、というような場合もそうなります。 年金事務所(日本年金機構)に問い合わせて適切に対応するよう、お伝え下さい。 A2(1). 昭和28年4月2日以後生まれの男性(又は昭和33年4月2日以後生まれの女性)は、この4月から、順次、報酬比例部分の支給開始年齢が引き上げられています。 そのため、このような生年月日の人は、60歳から障害者特例が適用されるとは限らなくなりました。 これは、報酬比例部分の支給開始年齢に達しなければ障害者特例(定額部分も同時に出す、という特例)を適用できないためです。 ◯ 参考1 ‥‥ http://www.fujisawa-office.com/shogai35.html ◯ 参考2 ‥‥ http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3748 A2(2). 障害厚生年金に係る報酬比例部分の被保険者月数は、300月未満の場合は300月として計算されています。 特別支給の老齢厚生年金を選択した場合、通常は、障害厚生年金を受けるに至るまでの被保険者月数と比べて老齢厚生年金を受けるに至った被保険者月数のほうが多いわけですから、報酬比例の額としては増えると思っていただいても結構です。 また、定額部分は老齢基礎年金の額に相当しますが、この額(満額の老齢基礎年金に相当する額[480月])は、通常、障害基礎年金2級の額を上回ることはありません。 したがって、厳密には異なる部分も多々ある(法的に、という意味)のですが(細かい説明は割愛)、おおむね質問者様の理解のとおりでOKです。 A2(3). 特別支給の老齢厚生年金は、65歳直前までの特別な年金です(受ける間は、障害年金は支給停止)。 そのため、実は、65歳以降の「本来の老齢厚生年金」とは全くの別物です。 事実、65歳を前にして、65歳以降の老齢厚生年金や老齢基礎年金を受けるための請求が必要です。 したがって、このときに、年金の選択を併せて行ない、「障害基礎年金+老齢厚生年金」という組み合わせにすることができます(過去に向かっての変更[遡及する変更]はできませんが、未来に向かっての変更はいつでもできます)。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害年金の疑問あれこれ

    お世話になります。年金について勉強しているものですが、 障害年金について、こういう場合はどうなるのか?という疑問があり、教えていただきたく、よろしくお願いします。 (1)都道府県によっては、障害者に福祉的給付を行っているかと思いますが、その給付と障害年金は併せて受給することは可能なのでしょうか? 東京都の場合は、重度心身障害者手当ですが、HPを見ても支給制限の記載がないように見えますので、受給できるのかな?と思われますが、いかがでしょうか。 (2)特別支給の老齢厚生年金における「障害者特例」は、申請時に基本的に診断書を添えると思いますが、その後65歳までに診断書を提出することもあるのでしょうか? (3)60歳前から障害年金を受けていて、特別支給の老齢厚生年金をもらえる時点で障害者特例の申請もする際、障害年金における次回の診断書提出月まで1年を切っている時は障害者特例の申請時に診断書を添える、というようなことを聞いたことがあります。 その際、障害年金の診断書は、それとして提出を求められるのでしょうか? (4)障害基礎年金を受給している方がいるとします。その人が、後に厚生年金に加入し、厚生年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害厚生年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級の時→併合改定として、請求月の翌月から障害厚生年金(3級)+障害基礎年金(1級または2級)を受給できる?(障害厚生年金は、3級のままでしょうか?) ・障害等級2級の時→併合認定として、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。 誤りがありましたら、ご指摘いただけますでしょうか。 (5)障害厚生年金(等級2級)を受給している方がいるとします。その人が、後に国民年金に加入し、国民年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害基礎年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級以下→障害基礎には該当しませんが、併合改定されるのでしょうか?それにより、障害基礎も発生するのでしょうか? ・障害等級2級以上→併合認定により、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。あるいは、国民年金加入期間のため、障害基礎年金についてのみ併合認定され、障害厚生ねんきんは等級変わらず、年金額も変わらず。 状況で色々あるかと思いますが、当方混乱気味になっております。。 (6)障害厚生年金は、障害認定日の属する月までの被保険者期間をもとに計算されます。 こういう方が厚生年金に加入し続けた場合は、老齢厚生年金や基礎年金に反映されうると思いますが、障害厚生年金としては、別な傷病で2級以上の障害が発生でもしない限り、変わらない(以後の厚生年金が障害厚生年金に反映されない)という理解で正しいでしょうか?

  • どちらの障害年金になるのでしょうか?

    精神科に通院している者です。 障害年金の受給を考えているのですが、障害年金って、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」がありますよね?自分がどちらに当てはまるかわかりません。 というのも、初診日には会社勤めをしていたので、厚生年金に加入していたのですが、その後、すぐに退職したため、加入期間はたったの1ヶ月のみ。その後は、ずっと国民年金加入中です。 そこで質問なんですが、給付条件で、初診日が厚生年金か国民年金かで、「障害基礎年金」か「障害厚生年金」か、もらえる障害年金が変わってくるとのことですが、たまたま初診日に厚生年金に加入していたので、たった1ヵ月しか厚生年金に加入していないにもかかわらず、もらえる種類は「障害厚生年金」になるのでしょうか?

  • 障害年金額について

    小生は、現在、障害年金(厚生年金、基礎年金)を受給しております。 が、会社勤めもしており、給与から厚生年金保険料を徴収されております。 そこで、質問ですが、 (1)障害年金受給後も年金保険料を支払い続けていますが、年金受給金額は今後増額されることはないのでしょうか? (2)年金保険料を支払い続けることで、障害年金受給額の増額に寄与しないとすれば、年金保険料の支払を止めたいのですが、止めることは出来ますか?止めるとどのような不利がありますか? 以上、ご回答ください。お願いします。

  • 障害年金について

    現在、社員として厚生年金に加入しつつ、障害厚生年金、基礎年金を受給しています。 障害を負った後遺症で、常勤として勤務することが難しくなり、パートとして新たに国民年金に切り替えようと思っています。 厚生年金加入の年月は13年ほどですが、厚生年金を脱退した場合に、障害年金は今まで通り支給されるのでしょうか?

  • 障害年金

    現在、障害基礎年金を受給しています。 初診日が国民年金だったため、障害基礎年金になりました。 そして初診日から、数か月後に厚生年金を約7年、支払いました。 今は障害者枠でアルバイトをしているため、年金は法定免除の状態です。 今年が障害年金の更新月です。 次の更新が認定されても、国民基礎年金なのでしょうか? もし、認定されて国民基礎年金の場合は、支払っていた厚生年金は掛け捨ての状態になるのでしょうか? 知っている方、教えていただけないでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 障害年金について教えてください

    昭和26年1月生まれの夫は今月60歳の誕生日に定年退職しますが、昨年眼科で緑内障で視野が1/3かけているといわれました。定期健診で通院していて来月にはもう一度視野検査を受ける予定ですが、そばで見ていてもかなり視力は衰え、視野の減少も進んでいるかもしれません。夫は退職後失業保険を受給したのちに特別支給老齢厚生年金を64歳まで受け取ったのち65歳から老齢厚生年金と老齢基礎年金を受給できると社会保険事務所の人に言われています。この特別支給老齢厚生年金を受け取ることは「年金の繰り上げ受給」ではないようなのですが、65歳までに障害者と認定された場合、退職してもう年金保険を払わなくなった夫が障害年金を受け取ることができるのでしょうか?教えてください。

  • 障害年金

    法律の改正で「障害年金」と」「厚生年金」が併給出来る様になったのですね  最迄知りした  今現在は厚生年金のみを貰っています  5年前迄は障害年金でした  障害年金を貰うのに抵抗があり厚生年金 を選択しました  質問です 1:厚生年金と障害年金を併給した場合の受給見込み額を試算出来るサ イトがあれば教えて下さい(障害の為社会保険事務所に行くのが大変 です 2:受給額は今現在と大きく変わるのでしょうか? 64歳 男性 既婚 

  • 老齢厚生年金と障害年金どちらを選んだらいいのでしょうか?

    障害年金受給者です。60歳になり、仕事をやめました。38年勤めました。社会保険庁から老齢厚生年金と老齢基礎年金の申込書が送られてきました。厚生年金の加入期間が障害年金の方は190月、老齢年金の方は440月です。ちなみに私は、身体障害者手帳は2級です。どちらを選べばいいのか? よくわかりません。教えてください。

  • 障害年金更新

    現在障害基礎年金と障害厚生年金を受給しています。障害は2級です。今年障害年金見直しになりますが、最近年金見直しで障害年金見直しも大分厳しいと聞いております。 今年の見直しで等級が落ちた場合、障害厚生年金の基本額と加給年額を加算した金額が支給されるのでしょうか? 厚生年金は380ヶ月支払していました。ザックリした質問ですが、仕組みが難しく詳しく教えて下さい。

  • 障害年金

    主人の母は現在74歳。「聴覚障害2級」+「下肢障害4級」です。 今日、初めて知ったのですが、年金をいただいているのが、一ヶ月約「25,000円」です。 父は厚生年金に40年以上加入していて、現在は厚生年金を受給しています。  母は専業主婦だったため「第3種被保険者」にあたると思います。 障害年金は受給できないのでしょうか? 障害手帳があるということは、この金額で受給しているということでしょうか?