• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

仮定法 

If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. この英文は明日雨が降ることは現実的なので直説法と説明があるのですが もし雨が降ってもピクニックに行く可能性がある(キャンセルするかもしれない)時は If it rains tomorrow, we would cancel the picnic. のような表現は適切でしょうか? 又、降水量がほとんどないような地域に住んでいて、雨の可能性が低いが、雨が降ったらピクニックは中止なら If it should rains tomorrow, we will cancel the picnic. この英文は仮定法といっていいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数351
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>仮定法現在 直説法現在と2つの例文を示していただきましたが雨の降る可能性で使い分ける >ということでしょうか? ** 雨の降る可能性で使い分けるのではありません。「雨が降るか降らないか分からないが」というところがポイントと申しましたが、仮定法現在 直説法現在の表す意味は全く同じです。動詞の形が"be"か"is"か、もう一つ"rain(原形)"か"rains(現在形)"かだけの違いです。全く同じ意味なのになぜ2つの用法があるかというと、仮定法現在の方は古い用法なのです。最初は主にアメリカで使われていましたが現在では世界各国の交流が深まっているためその用法も世界で通用するようになりました。なぜアメリカで使われていたかというと、17世紀初頭にイギリスからアメリカへの移住が始まりましたが当時の用法(仮定法現在、つまり動詞の原形)が、タイムマシンにでも乗って移動したかのように昔のイギリスの用法がアメリカでそのまま残っていたということです。 ** 全く本題とは関係ありませんが、アメリカ発音の第一の特徴であるすべての"r"という綴りが出てきたら、すべて「巻き舌の"r"」で発音するのは、これも当時17世紀のイギリスの都市部(ロンドン)での発音がアメリカに残ってしまったということです。 >そして雨が降る可能性がさらにひくいなら仮定法未来ということでしょうか? ** 可能性の高さ低さという点ではおっしゃるとおりですね。「絶対雨は降らないとは思うが」という信念にも近い気持ちの上での可能性の低さですね。 >仮定法現在 直説法現在と文法上わかれていても >If it snows a lot tomorrow, we will have a snowball fight. >のような英文の場合 仮定なのか直説なのかはわからないということですよね? ** この場合、if節の中で表されている意味は未来"tomorrow"のことですね。未来には事実は人間には絶対分かりませんから、仮定法現在"snow"を使おうが、直説法現在"snows"を使おうが意味は全く同じです。ですから「・・・のような英文の場合 仮定なのか直説なのかはわからないということですよね?」の中の「仮定なのか直説なのかはわからない」という表現が少し分かりづらいですね。この英文は"snows"と現在形が使われているから直説法です。 ** 一般的に日本語の日常会話で言う「仮定」の意味と、英語で言う「仮定法」の意味は、異なっています。私も初学の頃は訳が分かりませんでした。日本語の日常会話で言う「仮定」とは「想像・推測・仮定」などの意味をそれほど厳密に区別せずけっこういい加減に使われています。なんら英語の文法の「仮定(法)」などの意味はみじんも入っていません。なのに英文法ではその「仮定」という言葉が使われているから最初の頃混同してしまうのです。英文法の「仮定」という言葉は専門用語だと思ってください。 ** さらにもう一度申し上げますが、「仮定法現在」と「直説法現在」は動詞の形が違うだけで意味は全く同一のものです。あえて違いはあるかと問われれば「仮定法現在」のほうが格好つけているとかキザだというくらいの違いがあるくらいですね。わたしもメールなんかでは「直説法現在」ですむところをわざとキザっぽく「仮定法現在」を使います。しかし大学では、ご自分の英作なんかでは「直説法現在」を使われることをお勧めします。社会人になってプライベートの通信をする際に、自分の好みで「仮定法現在」を使われるのはかまいません。 >しかしsをつけるつけないで区別することもあるということでしょうか? ** 何度も申し上げているとおり、意味の区別は全くありません。ただ形の違いだけです。あえて区別する点があるとすれば「キザ」か「ふつう」かという区別だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解決しました。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#202629
noname#202629

If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. If it rains tomorrow, we cancel the picnic. If it rains tomorrow, we could cancel the picnic. If it should rains tomorrow, we will cancel the picnic. If it should rains tomorrow, we cancel the picnic. If it should rains tomorrow, we would cancel the picnic. 違いを考えれば・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#202629
noname#202629

1)If I AM a president, I WILL ~ 2)If I WERE a president, I WOULD ~ 上記は仮定法の三大原則のうちの第一と第二構文となります。 1)と2)の違いは1)は大統領選挙に出馬した人が言う言葉で、もし当選したらと、~をする。現実性のある話をしている。2)は凡人が言う言葉であり得ない、現実性の無い話。 >If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. 1)の構文であるが故に正しい文章。 If it rains tomorrow, we would cancel the picnic.  1)の構文でも2)の構文でもないため、非文となる可能性がある。(実際に非文となる。) If it should rain tomorrow, we will cancel the picnic.  = If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. と同じ構文である。違いは、shouldには"雨の可能性は少ないが万が一”という言うような意味を持つ助動詞であるがために、wouldを代わりに使うことはできないがshouldならば許されるだけ。 雨が降ってもピクニックに行く Even if it rains tomorrow, we will go to picnic. キャンセルする If it rains tomorrow, we will go to picnic. 晴れていたら、子供をつれて公園に行く。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

厳密な意味で仮定法というものを考えるなら、仮定法過去と仮定法過去完了しかありません。その厳密な意味とは「裏に必ず事実が存在する」ということです。 我々人間が事実を確認できるのは「今」と「過去」しかありません。未来はまだ来ていませんから事実の確認はできません。誰が呼んだか知りませんが「仮定法未来」などという呼び名があるのは学習者をいたずらに惑わす原因になっています。本題は未来に関する"if節"の使い方と思いましたが、すべてを理解するために、純粋な仮定法から説明致します。 それでは、仮定法過去と仮定法未来を先に見てみましょう。 1)仮定法過去(意味は現在;形は過去)←形というのは"if節(条件節)"の中の時制という意味です。 事実:(今)雨は降っていないから、(今)ピクニックのキャンセルはしない。 意味:もし(今)雨が降っているならば、我々は(今)ピクニックをキャンセルするだろう。 仮定法1: If it were raining (now), we would cancel the picnic (now). ** ここでは"now"という副詞を使いましたから"were raining"と進行形にしています。もし"now"を含む広い意味の"today"なら、"rained"と使えるでしょう。 仮定法2: If it rained (today), we would cancel the picnic (today). 2)仮定法過去完了(意味は過去;形は過去完了)←形というのは"if節(条件節)"の中の時制 事実:(あの時)雨は降らなかったから、(あの時)ピクニックのキャンセルはしなかった。 意味:(あの時)雨が降っていたら、(あの時)ピクニックをキャンセルしていただろう。 仮定法: If it had rained (then), we would have canceled the picnic (then). 少し、迷わすようですが、if節が仮定法過去完了で、帰結節が仮定法過去という混合型もあるのです。 事実:(昨日)大雨は降らなかったから、(今日)ピクニックのキャンセルはしていない。 意味:(昨日)大雨が降っていたならば、(今日)ピクニックのキャンセルをするだろう。←(ぬかるみのせいで) 仮定法: If it had rained heavily (yesterday), we would cancel the picnic (today). しかしここでの本題は未来に関するものです。人間にとっては未来の事実は確認できません。ですからまだ確認できない事実の予想をif節で表しているのです。その時、意味の上では、直説法と呼ぼうが仮定法と呼ぼうがあまり関係はないのです。特殊な形をとるという意味で仮定法と呼んでいるだけで「仮定」という日本語の表す意味とは関係ありません。 A)直説法現在(意味は未来か現在;形は現在)←形というのは"if節(条件節)"の中の時制 事実: 無し 想像:(明日)雨が降るかどうか分からないが・・・←「分からない」というところがポイントです。 意味:もし降るなら、ピクニックはキャンセルします。 直説法現在: If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. ** 新聞などのジャーナリズムでは、全く同じ意味で、この"rains"を原形"rain"にして書くことがあります。格好いいと言えば格好いいです。これは参考書では仮定法現在と呼んでいます。(くどいようですが真の意味での仮定法は2つしかありません。)最近のセンター、2次なんかでは出ても不思議はありません。 仮定法現在: If it rain tomorrow, we will cancel the picnic. この"rain"を"be + rainy"で表せば、よく分かります。 直説法現在: If it is rainy tomorrow, we will cancel the picnic. 仮定法現在: If it be rainy tomorrow, we will cancel the picnic. B)仮定法未来(意味は未来;形は"should + 原形")←形というのは"if節(条件節)"の中の時制 事実: 無し 想像:(明日)雨が降るということは(天気予報の自信ある発表を聞く限りでは)絶対ないとは思うが・・・ ↑ ここの「絶対ないとは思うが」とうところがポイントです。 意味:(雨が降ることは絶対ないとは思うが)万一(明日)雨が降るなら、ピクニックはキャンセルします。 仮定法未来1: If it should rain (tomorrow), we would(/will) cancel the picnic. ** 帰結節の"would(/will)"は適当でいいと思いますが、受験では"would"の方が無難でしょう。 仮定法未来2: If it were to rain (tomorrow), we would(/will) cancel the picnic. ** "should"="were to"と考えればいいですが、後者は多少固い言い方でしょう。 ------------------------- (それでは本題に取りかかりましょう。) >If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. >この英文は明日雨が降ることは現実的なので直説法と説明があるのですが >もし雨が降ってもピクニックに行く可能性がある(キャンセルするかもしれない)時は >If it rains tomorrow, we would cancel the picnic. >のような表現は適切でしょうか? ** これは"if節"の問題ではなく、帰結節の問題です。 「もし雨が降ってもピクニックに行く可能性がある(キャンセルするかもしれない)時」 色々人の主観によって英語ができます。 "If it rains tomorrow, we haven't made a decision yet whether we will go on a picnic or not." "If it rains tomorrow, it depends on the situation whether we will go on a picnic or not." 誰かが「明日雨が降ったらピクニックはどうなるのですか?」という質問のあとなら、 "That depends."「場合によるよ。」とも言えます。 ** ピクニックに行く者は、その準備をしていると思いますから、そういう意味では少し無責任な言い方ですね。 >又、降水量がほとんどないような地域に住んでいて、雨の可能性が低いが、雨が降ったらピクニックは中止なら >If it should rains tomorrow, we will cancel the picnic. >この英文は仮定法といっていいのでしょうか? ** 仮定法未来ですね。上の文の"should rains"を"should rain"にしなくてはいけませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 仮定法現在 直説法現在と2つの例文を示していただきましたが雨の降る可能性で使い分けるということでしょうか?そして雨が降る可能性がさらにひくいなら仮定法未来ということでしょうか? 仮定法現在 直説法現在と文法上わかれていても If it snows a lot tomorrow, we will have a snowball fight. のような英文の場合 仮定なのか直説なのかはわからないということですよね? しかしsをつけるつけないで区別することもあるということでしょうか? いろいろすいません。よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

If it rains tomorrow, we would cancel the picnic. のような表現は適切でしょうか? →いいえ、だめです。 1. If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. 2. If it rained tomorrow, we would cancel the picnic. 3. If it should rain tomorrow, we would cancel the picnic. 基本はこの3通りです。 1は可能性がある程度ある場合の言い方です。 2は可能性が少ないときの言い方です。 3も可能性がきわめて少ない場合。 しかし、 If it rains tomorrow, we would cancel the picnic. はだめです。 又、降水量がほとんどないような地域に住んでいて、雨の可能性が低いが、雨が降ったらピクニックは中止なら If it should rains tomorrow, we will cancel the picnic. この英文は仮定法といっていいのでしょうか? →まずrainsはrainです。 この場合は、さきほどの3のようにwouldを使うのが基本です。willというのは間違いとまではいえませんが、普通の表現ではないと思って下さい。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • もし明日雨だったら・・・

    (1) If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. (2) If it rained tomorrow, we would cancel the picnic. (3) If it should rain tomorrow, we would cancel the picnic. この3つの違いは、話し手が考える実現可能性の程度が、単純に(1)>(2)>(3)の順で低くなると考えてよいのでしょうか。他に何かニュアンスの違いはあるのでしょうか。

  • 時・条件の副詞節と直説法

    下記は、接続詞の説明で出てくる例文です。 If it is fine tomorrow, let's go swimming.→時・条件の副詞節 I wonder if it will rain tomorrow..→名詞節 下記は、仮定法の説明で出てくる例文です。 If it rains tomorrow, we will cancel the picnic..→直説法 If I had a lot of money, I would buy an island..→仮定法 上記の、時・条件の副詞節との例文は、同じ種類のものでしょうか。 時・条件の副詞節=直説法ということでいいでしょうか。

  • 仮定法について

    (1)If it rains tomorrow, I will not go to the park. (2)If it should rain tomorrow, I will(would) not go to the park. (3)If it were to rain tomorrow, I would not go to the park. この(1)(2)(3)の3つの文のニュアンスの違いを教えて下さい。 (1)は直説法、(2)はshouldを用いた未来の叙想法、(3)はwere toで仮説を 強調するといいますが、実際にどういう場面で使うのかがみえません。 よろしくお願いします。

  • unless it rains はas long as it doesn't rain と同じか

    Unless it rains tomorrow, I'll go on a picnic. の意味は、--ピクニックに行くことになるための唯一の条件は雨が降らないことである。--だと思います。  As long as it doesn't rain, I'll go on a picnic. も全く同じ意味になると思うのですが、どうなのでしょうか。  つまり、Unless it rains tomorrow, I'll go on a picnic.  と As long as it doesn't rain, I'll go on a picnic. が全く同じ内容のものなのかということを知りたいのですが、どなたかよろしくお願いします。

  • 仮定法過去完了を教えてください。

    「雨が降っていなかったらピクニックに行くはずだった」 とアメリカ人の友人は言ってました。 私の聞き取りが間違っていなければ彼は If it didn't rain, we would have gone to the picnic. と言っていました。 もし私がこの文を英作するなら If it hadn't rained,we would have gone to the picnic.とします。 微妙なニュアンスの違いでしょうか?

  • assuming that S V 構文について。

    Assuming it rains tomorrow, what do we do?  ここではなぜ it will rain tomorrow ではないのでしょうか? If との違いは事実と異なることを仮定、想定している面で異なることは知っているのですが、  そうだとしてもなぜ will でなく 現在形を取る必要があるのでしょうか?  ご存知の方、 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • willの有無

    参考書にI hope it rains tomorrow.(明日雨が降れば良いのになあ)という文章があるのですが、 I hope it will rain tomorrow.じゃなくていいの?と思ってしまいました。 どうしてwillが無いのでしょうか?

  • 英文に対する疑問です お願いします

    If it rains tomorrow , I will stay home. (もし明日雨が降れば、私は家にいるでしょう) のif節は未来のことを指しているのに、なぜ will が入っていないのですか。 もしかしたら私が当たり前の、とんでもない質問をしているのかもしれませんが、よろしくおねがいします。

  • 英語の質問

    仮定法の章にif it is fine tomorrow ,we'llgo on picnic.という文があるんですがif tomrrow is fineじゃダメなんでしょうか?このitは形式しゅごだど思うんですが辞書で調べると形式主語のitは後にto不定詞、動名詞、that節、wh--節、whether 節をなどを受けると書いてあります。if it is fine tomorrow ,we'llgo on picnic.の分はtomorrowの後に何か省略されてる?んでしょうか。 if tomrrow is fineであってるかと、if it is fine tomorrow ,we'llgo on picnic.という言い方はどういうことなのか教えてください。

  • 仮定法のifと副詞節のifの違いについて

    仮定法のifと副詞節のifの違いについて 両方「~だったら、~ならば」などの条件を表し、仮定法は現実ではない話をする場合に使い、副詞節の場合は現実で起こりうる話という認識で大丈夫ですか? たとえば If it rains tomorrow,we will cancel the picnic. ←副詞節 If I had a lot of money,I would buy a yacht. ←仮定法 If you haven't shipped our supply order already,there are a few things I'd like to add. ←副詞節 であっていますか? そう考えていくと文の構成が同じになりどちらでも同じことでは?と思えてきました。 いまいち違いがしっくりこないので違いについて教えて頂きたいです。 あと、仮定法とは関係ないですが、3文目there are a few things I'd like to add.この文のthingsとI'dのつながりはどうなっているのでしょうか? 回答よろしくお願いします。