• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

銀河系ハビタブルゾーン、太陽系ハビタブルゾーンは

太陽系ハビタブルゾーンは、なんとなくわかりました 銀河系ハビタブルゾーンを噛み砕いて説明してもらえませんか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1070
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 銀河系ハビタブルゾーンという言葉はあまり聞きませんね。  確かに、銀河系中心に近づき過ぎると輻射エネルギーが大き過ぎて生命環境に適しませんし、銀河系中心から遠過ぎると、赤色矮星のような小さな恒星ばかりになり、惑星系のハビタブルゾーンが恒星に近過ぎて惑星の自転が潮汐力で止まるという問題があるようです。  銀河系中心に近い領域は古い恒星が多いのですが、中心に近づいたり遠ざかったりする楕円軌道を描いて公転する恒星が多く、恒星間距離が詰まっているので、地球がある付近と比べると、遥かに星の数が多くなり、夜空が明るくなる傾向があります。活動が活発な恒星が多く、不安定な領域です。  ところが、銀河系中心に近い領域では、超新星爆発が多いので星間ガスの重元素比率が大きくなり、地球型惑星を持つ恒星の数も多くなると考えられています。  太陽系が公転している領域が銀河系ハビタブルゾーンだとすると、この付近の軌道を公転している恒星のほとんど全てが、惑星系のハビタブルゾーンに地球型惑星がありません。ミスマッチが多いのです。  ハビタブルゾーンに関しては以下のリンクを参照してください。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました 参考になりました

質問者からの補足

天の川銀河の構造を観察しようとする場合は 銀河系中心よりも 太陽系が公転している領域位(銀河系ハビタブルゾーン)のほうが 観察しやすいように思えます

関連するQ&A

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7313/9002)

>太陽系ハビタブルゾーンは、なんとなくわかりました >銀河系ハビタブルゾーンを噛み砕いて説明してもらえませんか ⇒我々の住む銀河、すなわち、天の川銀河について、最近の天文学が教えることは次のとおりである。 1.天の川銀河は、直径約十万光年くらいの渦巻き銀河である。 2.中心にブラックホールがあり、銀河全体が1億数千万年の周期で回転している。 3.天の川銀河の中には、1千億個以上の恒星がある。 4.その恒星のほとんどは、太陽質量の0.1~100倍の範囲に入るらしい。 5.多くの恒星が、惑星を伴っているものと想像できる。 6.しかし、惑星は自ら輝かないし、太陽から最も近い恒星(ケンタウルス座のプロキシマ)でも4.3光年もの距離にある。 7.ゆえに、観測されている惑星数は数十~数百個と、まだあまり多くはない。 8.太陽系は、銀河中心から2~3万光年の位置にあり、その公転速度は秒速数百kmくらいだろう。 9.太陽系のハビタブルゾーンは、せいぜい0.7~7天文単位の範囲に入るだろう。(1天文単位とは太陽・地球間の距離で約1億5000万km。) 以上から、銀河系内のハビタブルゾーンを推測すると、およそ次のようになる。 (1)中心の恒星の大きさが、太陽の数分の1~数十倍の範囲に入ること。 (2)惑星の大きさが、地球の数十分の1~数倍の範囲に入ること。 (3)上の条件を満たすなら、惑星だけでなくその衛星でも考えられる。事実、木星の衛星などには、生命存在の可能性が考えられている。 (4)今のところ我々は地球の生命しか知らない。したがって、当然ながら、この推測も「地球原理」で考えるしかない。 (5)けれども、新しい発見によって、この原理の普遍性が否定されることもあり得る。 (6)天文学その他科学のハイテクや新しい観測技術によって、上記(1)~(3)の妥当性や範囲の絞り込みが成されることを期待する。 (7)さらには、(4)に述べたような「新しい発見」が成されることを大いに期待したい。 白状すると、個人的には、(7)に述べたことに対する関心や好奇心がとても大きいです。 以上、箇条書きにてご回答申しあげます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました 参考になりました

関連するQ&A

  • 銀河系における太陽系の位置について

    よく宇宙の解説をしたイラスト入り解説書で銀河系の中の太陽系の位置を紹介したものがありますが、あれはどのように測定しているのでしょうか。以前から気になっていたので教えてください。

  • 我々の太陽系がある銀河の名前は?

    我々の住む地球は太陽系の中にありますが、その太陽系は大きな銀河の中に存在しますよね。その銀河に名前はあるのでしょうか? それから銀河とは、太陽系のある銀河系の中にも外にも存在するのですか?(例…大きな銀河の中にある→たくさんの小さな銀河→○○ みたいな) 宇宙が広すぎてよくわからないので教えて下さい。

  • 太陽系もしくは銀河系の速さ

    太陽系もしくは銀河系の速さを教えてください

  • 宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---こ

    宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---この宇宙の隣または宇宙が属している処は何というところですか>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

  • 太陽系は銀河の中を回っている?

    ある人の発言の中に、次のようなものがありました。 1:太陽系は銀河の中心から3万光年離れている。 2:2万6千年周期の楕円軌道で銀河の中を回っている 3:1万3千年ごとに、銀河の中心に最接近する 4:そのため”フォトン”という”放射性物質”が大量に降り注ぐことになる。 5:その時期は2013年である。 6:地球には固有の振動数というものがあり、それが狂う。 と、まあこういう話なんですが、科学的に事実なのはどこまでなんでしょうか?”地球の固有振動数”てなんの事なんでしょうか?

  • なぜ太陽系の軌道面が銀河面と傾いているのでしょうか。

     最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)   http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/  その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d3d6d6c994e004658a)  そこでお尋ねしたいのですが、太陽系の軌道面が銀河面に対して傾きを持っているのは何故なのでしょうか。  また、銀河内の他の恒星系の軌道面は、銀河面に対してどのような傾きを持っているのでしょうか。  これまでは漠然と傾きがないようなイメージを抱いていて、銀河の回転運動が太陽系の軌道面に直接影響を与えたのではないかと思っていました。  参考になるURLでも結構ですので、ご紹介いただけると助かります。

  • 太陽系のある銀河系より外に小惑星は存在しますか?

    隕石は小惑星の一部ということで、主に火星と木星の間にある小惑星帯からやって来ますよね。確か太陽系外にも小惑星が存在するのは聞いたことがあります。 そこで質問ですが、(1)遠い銀河の中にも小惑星は存在するのでしょうか?もし存在するなら、(2)我々の銀河系外から未知なる新しい物質でできた小惑星が、我々の銀河の太陽系の中に飛んできて、それが地球に落ちて隕石となる?ということは考えられるでしょうか? (広い宇宙で確率的にはものすごい低いかもしれませんが…)そしたら超珍しい隕石も存在するのかな… 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • なぜ「銀河」がみえるんですか?

    天の川が見える銀河なんだと、小さい頃教えられた気がします。 でも太陽系も銀河系の中にあるわけですよね。 なぜ中に居ながら、銀河系全体がみえるんですか? 地球から空を見た時、見える光がすべて銀河系内の光ではなくて、銀河系外の星や星雲のほうが、 明るく見えるケース、はあるとはおもいますが、「銀河系の姿」がそのなかの一部にすぎない地球からみえる。という感覚がピンとこないのですが・・・。

  • 第2の地球 太陽系の領域

    SF小説などで地球に住めなくなり人類は別の惑星へ移住・・・みたいな ものがよくあります。とても興味があります。 (1)現実問題、地球と似たような条件の惑星って確認されているのでしょうか?このまま温暖化問題やその他の障害が続くと単純計算で地球はどのくらい年月で生物が住めなくなりますか? (2)銀河系の中に太陽系がありますよね?どこまでが太陽系の領域でそこから先はどうなっているんですか?同じような恒星系が確認されているのでしょうか?太陽系のお隣さんから銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を教えて下さい!

  • 銀河系の構造

    銀河系に関する説明なんですが、ちょっとわからない表現があります。 銀河系の星々が密集している方向には、濃い星間物質があって光をさえぎり、銀河系の中心近くまでを観察することはできない。しかし、星間物質の主要元素である水素ガスが出す21cmの波長の電磁波(電波)の強度の観測から、銀河系の渦巻状になった腕(1)の部分として分布していることがわかった。この事実から銀河系の構造を推定すると、銀河系は平面的には渦巻状で、断面的には凸レンズ状の構造をしていて、銀河系の中心は太陽から約3万光年離れた、いて座の方向にある。われわれは銀河系の内部にいるため、この縁辺(2)の方向には恒星が特に密集しているように見える。これが天の川である。 文章中に(1)(2)と番号をつけました。 (1)腕っていう言葉がいきなり出てくるんですが・・・どういう意味なんでしょうか。 (2)縁辺とは、どこのことでしょうか。銀河系の内部にいるという我々の居場所と、縁辺方向に密集しているように見えるという見え方とは、どのようにつながるんでしょうか?