• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞で疑問があるので教えてください。

関係代名詞を勉強しています This is man ( ) they say stole the car. 選択筋 1.who 2.whoever 3.whom 4.whomever この文なのですが、二つの文 This is the man.とThey say the man stole the car. がひっいたと考えると 二つ目のthe manの部分が関係代名詞に代わると考えたらwhomなのではないのですか? 解説にはthey sayの部分が挿入されているとあります。 この考え方も理解できるのですが、疑問に思い質問してみました。 ( ) there is a difficulty in the plan is quite understandable to me. 選択筋 1.What 2.Whatever 3.That 4.Therefore Whatでも名詞節を作れるのではないですか? What he says is true. など なぜここではThatなのですか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数106
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

This is man ( ) they say stole the car. 選択筋 1.who 2.whoever 3.whom 4.whomever →manはtheまたはaが必要です。 ★この文なのですが、二つの文 This is the man.とThey say the man stole the car. がひっいたと考えると 二つ目のthe manの部分が関係代名詞に代わると考えたらwhomなのではないのですか? →勘違いされているので、関係代名詞を普通の代名詞にして考えてみましょう。 They say (that) he stole the car.はいいですね。 They say (that) him stole the car. はだめです。 つまり、この部分は主格が来るのであって、目的格はだめです。 ちなみに、sayの目的語は基本は文がきます。人に言ったみたいな場合はtoという前置詞が必要です。つまり、sayは普通、単独の名詞を目的語にしない(例外としてthisやthatなどの指示代名詞があります)。何か、sayの目的語だから目的格みたいな勘違いもあるようなので、この点も指摘いたしました。 ( ) there is a difficulty in the plan is quite understandable to me. 選択筋 1.What 2.Whatever 3.That 4.Therefore ★Whatでも名詞節を作れるのではないですか? →できます。上の例ですと What is difficult in the plan is quite obvious to me. 少し苦しいですが What is a difficulty in the plan is ... も一応文法的にはいいでしょう。 みたいなことであればできます。 ★What he says is true.など →これも正しい文です。 ★なぜここではThatなのですか? →thereがあって、文が完結しているからです。 whatは名詞です。whatの節のwhat以外の部分に、whatを埋めるべき「空白」がなければなりません。 X is a difficulty in the plan is ... This is X we want. Xの空白を埋めるのがwhatになります。 There is a difficulty in the plan. には、どこにも空白がありません。 私が示したように X is a difficulty in the plan. なら、主語のところにwhatを入れられます。 ということで、完結した文ですから、その場合はthat節(名詞節)となるわけです。 That [he likes kabuki] is known to everybody. That [I want a new iPad] is true. [ ] の部分か完結しています。ですからwhatを入れる余地がないですね。 What he likes is known to everybody. What I want is this. こういう場合は、likesの目的語がlikesの後にありません。もちろんwhatがその目的語です。2例目も同様にwantの目的語はwhatです。 ちょっとしつこい説明だったかもしれませんが、おわかりいただけたらと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 理解ができました!

関連するQ&A

  • 関係代名詞のwhat

    この書き換えがわかりません。ぜひ教えてください。  He is not what he was.(彼は以前の彼ではない。) ≒He is not the man that he was. また、thatの代わりにwhichはOK.whoやwhomは不可。 (ジーニアス英和辞典より) 先行詞がthe manなのになぜ、関係代名詞にはwhichを使うのでしょうか。 教えてください。

  • 関係代名詞と後置修飾の違いについて

    関係代名詞と後置修飾の違いについて 例 関係代名詞を用いた場合の文 I know that man who is studying English. 後置修飾を用いた場合の文 I know that man studying English. 二つの例文の意味は日本語に略すと一緒ですよね? ですが関係代名詞と後置修飾の違いがよくわかりません 誰か違いのわかる方、違いを教えてください

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

what も名詞節です。しかも「~こと」 that も「~こと」的です。 だからこそ問題になる。 what の方は thing 的な「こと」 だから,日本語で不自然であっても「もの」として考える。 that の方は「~ということ」という「こと」です。「もの」じゃない。 ( ) there is a difficulty in the plan ここまでが名詞節で主語です。 その計画には難点がある,ということ は,私には十分理解できることだ。 what であれば,there is a difficulty in the plan のどこかに a thing という名詞を入れることができるはずです。 私はこういうのは好きではないのですが, what の後は不完全,that の後は完全な文。 That he said so is true.「彼がそう言った,ということは本当だ」 What he said is true.「彼が言ったことは本当だ」 ここで「こと」と訳せるから悩む。 この「彼が言ったこと」というのは「言ったということ」ではなく, 「言ったものごと,言った内容」ということ。 この「こと」の違いです。 what の場合,he said の後の目的語がない,不完全。 that なら,he said so と目的語的な so がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 理解できましたm(__)m

  • 回答No.1

>They say the man stole the car. でいいです。 おっしゃるように,普通は「挿入」と説明されますが, the man + They say the man stole the car. で正しい理解です。 じゃあ,この the man は They say him. という関係でしょうか。 They say (that) HE stole the car. ですよね。 「彼がその車を盗んだと人は言っている」こういう彼が the man です。 「みんながその車を盗んだと言っているような,そういう男性」 この「男性」は,盗むに対する主語であって,say him という関係ではありません。 だから,主格の who です。 この関係がどうしても理解できず,目的格にしか考えられない回答者の人がいます。 (実際のところをいうと,ネイティブはここで whom を使う人もいて, 困ったことに日本で一番売れているジーニアスがそれも標準語法としています。 でもそれはネイティブだから許されることで,我々が文法的に理解しようと思うと やはり主格です) もっとも,今では目的格でも who を使うので,こういう問題は出す意味がありません。 目的格 whom が正解というのなら,who も目的格で使えて,答えが出ない。 むろん,主格で whom というのはあり得ないので問題としては成り立ちますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 とてもよくわかりやすい説明でした!

関連するQ&A

  • 関係代名詞の質問です。

    I saw a man whom you had told me before. この文の関係代名詞は目的格のwhomですが、you iad toldがmanにかかっていると考えて所有格と考えることは出来ないのでしょうか? もともとmanはどこに入っていたのでしょうか。 教えてください。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞について質問です。

    The man ( ) used to work for our company. 1. that you were talking 2. you were talking to どちらが適切か?という問題がありました。私は以前、This is the way in which we got to know each other. という文でin whichをthatに書き換えていいと聞きました。そこで、この問題も前置詞+関係代名詞だったので to whomをthatに変えたと考えて1を選びました。 そしたら解答は2でした。解説をよんで、なぜ2になるのかは理解できましたが、なぜ1が間違いなのかはわかりませんでした。 よければ回答よろしくお願いします

  • 関係代名詞?

    「こちらは僕の同じ学校に行っていたときの友達です」 の"学校に行っていた時の友達”というところが関係代名詞になると思うのですが、 This is my friend whom I went to the schoolだと「こちらは私が学校にいっていた友達」になってしまうと思います。この「時」を入れるのにどうしたらいいのでしょうか?This is my friend whom when I went to the schoolじゃおかしいですよね? 訳してくれる方お願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • 関係代名詞について

    「これは10年前に作られたコンピュータです。」は This is a computer which was made ten years ago. となると思います。 が、これは this is a computer made ten years ago. と過去分詞の後置修飾に書き換えることができると思うのですが 上の関係代名詞の文とどう違うのでしょうか? 目的格を関係代名詞にとる文は書き換えられるのですが、これもできるのでしょうか?

  • 関係代名詞の what の使いかた

    What is important is this. という文があったとします。この what のあとに、例えば、 What book is important is this. のようにして、どんな本が大切かというと、これだ、というような意味にできますか? 疑問詞の what は what sport のようにあとに名詞をもってくることができますが、関係代名詞の what は一般的にできるのでしょうか? what money I had のような文は見たことがありますが。

  • 関係代名詞 その時制について

    関係代名詞を用いて、 「これは日本製の車ですか」を英訳します。 Is this the car which is made in Japan ? このときの、 which is made in について、 which was made in とした場合と、 その正誤、理由、違いなどについて、どなたか説明 いただけませんか? よろしくお願いします。

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞what を用いて、次の文の()を英語にしてください。 (1)(重要なこと)は決してあきらめないことです。 ()is never to give up. (2)(彼の言っていること)を注意して聞きなさい。 Listen carefully to (). (3)この図書館は長年(私たちの町が必要としてきたものです)。 This library is()for many years. 解いて頂けたら嬉しいです>< 宜しく御願い致します。