• 締切済み
  • すぐに回答を!

英語学を海外で学びたい(TESOL?)

今大学3回生で留学中です。卒業後は院に進みたいと思っているのですが、英語学(特に音声学や意味論)を専攻したいと思っています。そこで質問です。 1、英語学を海外で学ぶことは可能ですか? 私の今留学している学校にもENGLISH STUDIESはあるのですが、英語が話せることが当たりまえになるため、日本で言われている英語学というより英文学に近いです。海外で日本でいう英語学(文法や意味論、アメリカ英語やイギリス英語の発音の違いなど)を勉強することはできるでしょうか? 2、海外の大学院で学べるTESOLの内容とは? 海外の大学院で学べるTESOLとは具体的にはどういったようなものでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数396
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14720/31325)

    #1です。補足です。アメリカの院で英語学寄りのクラスを取った者です。 >>1、今現在は国際関係学を専攻しています。もともと英語学には興味があったのですが他学部受講で英語学を受けた際にさらに英語学を学んでみたいと思いました。また、たとえ4年間学部で学んでいたとしても、音声学や意味論も十分、院で専攻するに値すると思います。実際に音声学や意味論を集中的に研究されておられる教授もたくさんおります。     この件に関しては、ご希望の大学の案内書をご覧になって、(1)何科に入るか、(2)その科で「音声学」「意味論」はどこに(学部か院か)いくつ講座が出ているか、(3)そのようなクラスを教える人は科に、何人いるか、などをお調べになるといいと思います。     「十分院で専攻するに値する」という「夢」と、英語圏大学の講座種類から読み取れる「現実」の差は、早めにお気づきになるのがいいと思います。     またおっしゃる通り英語圏では「英語が話せることが当たりまえ」ですから、日本では教えても英語圏では要らないことが多いので、 English の科は、勢い文学の科になります。    言い換えれば「英語学」は、英語圏の「外」の方が整っています。需要が無ければ職もないので英語学の未来の教授を作る必要も無い訳です。相当数居た院のクラスメートの中で、「英語学」に興味のあったのは僕一人でした。 2、TESOLは、最新の英語教授法を習得した人に免許を与えて、世界の非英語国に寄与しよう、と英米の大学が助成金などを貰うにはいい口実ですが     教えるのは非英語国になり、それぞれ地の母語と英語との差は異なりますから、○語の国の英語教授法と△語の国の教え方は違います。TESOL屋は八方美人的に張り切っても買い手の方にはそれぞれの伝統があります。     したがって例えば自国の英語免許を持っている人と、何処の馬の骨とも分からないTESOL保持者とでは、どちらが有利かはお分かりでしょう。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語学と英文学の選択・・

    この秋に英語学をとるか英文学をとるかの選択を決めなければいけないのですが、どちらもなんとなくしかわからずどちらを選ぶか迷っています。今までは英語学は「音声学」や「英語の歴史」みたいな堅苦しいものばかりというイメージだったのですが、調べてみると、「なんでもあり」のような印象を受けました。そして英文学でのように一つの作品について書いてある英語学の論文もありました。どういう風に違うのかわかるかた教えてください(>-<)

  • 日本で英語教師になりたい場合はTESOL?TEFL?

    英語科教授法に興味を持っているのですが、疑問点があるのでアドバイスお願いいたします。 私は今年大学の教育学部を卒業し、教育学の大学院に進学します。 将来的には小学校の教員になりたいのですが、自分の勝負できるポイントとして英語科教授法を勉強したいと思っています。 そこで、大学院を休学して留学し、海外の大学院で英語科教授法のコースを卒業したいと思い始めました。 日本に帰ってきて私が働きはじめるころには、小学校での英語教育がもっともっと盛んになっていると思うので、少しでも戦力になるような実力をつけたいと思っています。 TESOLとTEFLの違いは理解したのですが、日本の場合は後者ですよね? そうすると、TESOLのコースよりTEFLのコースをとったほうがいいのでしょうか? ただ、多くの大学院はTESOLとしてコースが存在しており、TEFLはほとんどありません。 これは、TESOLのコースでもTEFLと共通の要素が多いということでしょうか? 私は、日本の小学校で英語を教えるときにベストなコースをとりたいと思っているのですが、TESOLを学べば十分なのでしょうか?? TESOLについてご存知の方、是非アドバイスお願いいたます。

  • TESOL取得について

    私は、去年イギリスの大学を卒業しました。高校は、ニュージーランドの高校を卒業し、そのあとは、イギリスで1年、ファンデーションコースを終了したあと3年間大学に通いました。海外に長いこといるものの自分の英語に自信を持っているわけではありませんが、英語を学ぶことは好きです。その結果、翻訳などの仕事がしたいと思い大学では英語学を専攻していました。今は、イギリスで仕事を見つけようといろいろと探していますが、やはり難しいためなかなか見つからずにいます。 今は、今だからこそできることをしようと思い、前々から興味をもっていた英語講師について調べ始めました。そして、見つけたのがTESOL(英語教授法)なのですが、ネットなどで調べたところ、だいたい4週間でTESOLが取得できるようです。ただ、気になるのは、それが実際どこまで役にたつかということなのですが、これを取得したことにより仕事は見つけやすくなるのでしょうか? もし、日本であれば、英会話などで子供たちに英語を教えたりしたいと思うのですが、私の今までの留学経験(8年間)+TESOLの取得というのは、いい評価を受けるのでしょうか? また、他の国(アメリカや他の英語圏の国、又は、ヨーロッパ)で英語を教えることは可能なのでしょうか? もし同じような経験、又は、実際に海外の大学を卒業した後、TESOLを海外で取得された方で、英語講師をやっているかたなどがいらっしゃるなら、どうかアドバイスをください。

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14720/31325)

1。  今大学3回生で留学中です。      と言うことは今までは何を勉強して来られたのでしょうか。音声学や意味論なら、正規の4年制大学なら1年から勉強でき、院で専攻する規模ではないと思います。 2。   TESOL の内容は下記などでご覧下さい。       http://www.tesol.org/     例えばサンフランシスコ州立大(SFSU)(下記)では、修士レベルでのプログラムがあるようです。     http://matesol.sfsu.edu/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1、今現在は国際関係学を専攻しています。もともと英語学には興味があったのですが他学部受講で英語学を受けた際にさらに英語学を学んでみたいと思いました。また、たとえ4年間学部で学んでいたとしても、音声学や意味論も十分、院で専攻するに値すると思います。実際に音声学や意味論を集中的に研究されておられる教授もたくさんおります。 2、については私の書き方が悪かったようです。できれば、TESOLを実際受講した方、または知り合いのおられる方に体験談のような感じで内容を教えていただけると幸いです。

関連するQ&A

  • 英語学もしくは英語教育学系大学院への進学

    こんにちは。今回初めて投稿させていただきました。お尋ねしたいことはお勧めの大学院についてです。私は只今、某国立大学の教育学部に在籍しており、英語教師を志しているものです。英語の教師になる前に、生徒の手本となる英語力並びに指導力の向上を求めて大学院へと進学しようと考えています。行きたいところは主に英語学でいうところの認知言語学、教育学でいうところ、TESOLやTEFLなどが実践的に学べるところです。自分なりに情報を調べてはいるのですがまだまだ少ない現状です。そこで今回次のような点を踏まえた大学院を紹介していただきたいと思っています。 1、講義が英語で開講されている。 2、英語学もしくは教授法が学べる。 3、日本で有名な大学院。 (できればTOEICなどが選考基準で設けられているところ、試験免除など) 参考程度に今現段階のTOEICスコアは880です。他には英検準一級を所有してます。 長々とすみませんがどうぞよろしくお願いします。

  • イギリスの大学院 TESOL英語教授法

    こんにちは。 私は今学期で大学を卒業するものです。 大学に行きながら、2年程パートとしてですが英語を教えてるのですが、私は英語を教える事が自分のやりたい事だと思い、もっとプロとしてやっていきたいと思い英語教授法、MA in TESOLを取りたいと思いました。 調べたところ、東京でも何校のも海外の大学院の資格がもらえることがわかり驚きました。しかし、地震のため、私の第一志望だったコロンビア大学院が閉校してしまったのです。そしていつ再開するのか不明といわれ、願書を拒否されてしまいました。 なので、今はイギリスの大学院のことについて調べてるのですが...一年で修士号をとれることは、金銭的にアメリカに行くよりも安いと思いったのですが、私はアメリカに住んでいたので、ヨーロッパ、イギリスに関しての知識がまったくありません。 University of Edinburgh や University of York などTESOLに力をいれている学校も多々あるみたいなのですが、実際のところどうなのか、それと学費や経費のことについても知りたいです。 それと、海外大学院留学の奨学金、ローンなどあるのでしょうか?もし良い所を知っていらっしゃるなら教えてください。 もし、実際にTESOLを持ってる方、是非お話を聞きたいです! どうぞ宜しくお願いします!!!

  • 留学:1年制の大学院でTESOLを学ぶ

    ご閲覧ありがとうございます。 私は現在大学3回生で、卒業後は留学をしようと思っています。 留学先はまだ決めていません。 TESOLを学びたいのですが、1年制の大学院で、TESOLを学べて、教員経験がなくても入学できるところはあるでしょうか? 調べていると、南カリフォルニア大学(http://www.fie.or.jp/tefl/top.htm)など、1年制で学位がとれる大学院はあるようなのですが、南カルフォルニア大学では1年の教員経験が必要だというのです。 私は現在大学生ですので、教育実習2ヶ月だけの教員(?)経験しかありません。 そこで、みなさんもしも、1年制で、TESOLを学べて、教員経験がなくても入学できる大学院を知っていらしたら、教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

  • イギリス英語か、アメリカ英語か

    30代前半男です。 私は今、国内企業に勤務するごく普通のサラリーマンですが、会社の留学制度を使って海外の大学院に留学したいと思っています。 ※会社の成績連動の制度なので、すでに内定をもらっています。 ただ一つ大きな問題が・・・ これまで留学経験もなく、海外旅行もほとんど行ったことがないため、当然英語も全然わかりません。 要するに、これから英語の勉強をほぼゼロからしなければならないのですが、イギリス英語とアメリカ英語のどちらを学ぼうか考えています。 留学先は、たぶんアメリカですけどね(笑) ただ、アメリカ英語を話す同僚はイギリス英語が聞き取りづらくていつも苦労する、とこぼしていますが、イギリス英語を話すマンチェスター出身の帰国子女の友人は、特にアメリカ英語が聞き取りづらいということはないようです。※ご多分に漏れず、アメリカ英語は嫌い、というやつですが(笑) この話だけを聞くと、単純にイギリス英語の方が汎用性があるように感じてしまうのですが、いかがでしょうか。 メリット、デメリット、お聞かせください。

  • 他学部から英語学関係の学部に院進学

    こんにちは。 私は現在3回生で関関同立の中の1つの大学に通っています。 私の通っている学部は国際関係系の学部なのですが、英語学関係の院(特に意味論をやりたいと思っています。)に進学したいと思っています。 まだはっきりきまっていませんが、東京外語大学や神戸大学、京都大学などの国立を受験したいと思っています。 国際関係学なので、英語をすると思われがちですが、やるのは歴史や外交関係や文化についてで英語での授業などはあるものの英語事態が研究対象になった授業は受けたことがないです(英文学科にたまにもぐったくらい)。なので、アメリカの歴史、文化についての知識はありますが、英語事態の知識は高校英文法で止まっています。 学部が違うことと院試について無知なことでなにをしたらいいかさっぱりです。。。。 こんな無知な状態で質問してしまってすみません。 院試経験者の方、国立大学の英語学関係の院に進学された方、院試はどのようなながれなのか、またどのような勉強をどの時期にされたかなど、体験談をお聞かせください。アドバイスまっています。 また、私は今、今年の8月からアメリカに留学中で来年の5月帰国予定です。

  • 英語が話せるようになりたいです。

    こないだから、英語の勉強を始めた、社会人(男)です。 自分が使っている教材は、イギリス英語です。 なぜイギリス英語にしたかというと、イギリス英語の響きが好きだったからなんです。 アメリカ英語の響きはラフな感じで、どうも好きになれないのですが、 それを克服するため、アメリカ英語も学ぼうと思うんです。 日本で、英語の教材は、圧倒的にアメリカ英語が優勢ですよね。 好き嫌いは別にして、英語を学ぶのに、あまりイギリス英語とアメリカ英語は混ぜない方が良いのでしょうか? イギリスならイギリス、アメリカならアメリカとした方が良いのでしょうか?

  • 学校で習う英語

    学校で習う英語はアメリカ英語と言われていますが疑問があります。 私は非英語圏の国に留学中、イギリス英語をメインにアメリカ英語も習ったことがあるんですが、 どちらの英語も日本の学校で習った英語とは少し違いましたが、むしろ アメリカ英語の方が日本の学校で習った英語からかけ離れていた印象を受けました。 単語レベルでは アメリカ英語では 「弁護士」は attorneyで、lawyerはむしろ「法律家」を指す といった具合です。 もう一つは、日本の学校では 「I have to (do)&#65374;.」という表現は嫌というほど繰り返し教わりますが、ネーティブの子供は誰も使いません。 そこで質問です。なぜ、アメリカ英語の方が日本の学校で習う英語からは かけ離れているように感じると思いますか?

  • TESOL留学(一か月)は有意義なものですか?

    こんにちは。 現在大学四年生で、卒業前に春休みを利用してTESOL(英語教授法)留学をしようかと考えている者です。目的は、以前から日本人の英語力の低さへの問題意識から英語教育に興味があり、いつか関わりたいと考えていること、また卒業後就職する教育会社において英語教材の作成に関われる可能性を少しでも学生のうちに広げておきたいと思ったからです。 しかし、いざインターネットで調べてみると様々な疑問が出てきました… TESOLについて調べていると、一か月で学べる短期のコースもあれば、 大学院に進学してTESOLの修士を取得するコースもあり、一か月で本当に十分TESOL(英語教授法)が学べるのか、果たして疑問です。もし一か月もの時間を割いて全体の一部しか学べないのであれば、今回の短期留学は意味のないものになってしまうのではないかと思っています。 滞在期間は一か月のみを考えているのですが、一か月でどの程度TESOLが学べるのか、また短期集中講座なだけに授業がハードでついていくのが大変ではないか、課題はどの程度出されるのか不安です。せっかく一か月滞在するのですから、現地の生活や現地の人との交流を楽しむ時間も儲けたいと考えていますが、一か月のコースでそれだけの余裕はできるのでしょうか。 また、私はTOEFLを受験したことがなく、TOEIC(スコア840)しか持っていません。この位の英語力の場合、申し込むことはできるのでしょうか?今からTOEFLやIELTSの受験対策をする時間はないので、TOEICで代用可能か知りたいと考えています。 さいごに留学先はイギリスを考えているのですが、ロンドンは日本人が多いうえに物価が高いため、郊外のブライトン・ブリストル辺りを考えています。 一か月でTESOLが受講できるコースを設けていて、受講者からも定評のある語学学校を知っている方がいらっしゃれば教えていただきたいです。もちろんブライトン・ブリストルにこだわるわけではありませんが、週末を使って気軽にロンドンに遊びに行ける程度の郊外で学びたいと考えています。 質問したい内容をまとめると (1)一か月のコースは修士とどのように違い、どの程度学べるのか?実用性はあるのか? (2)一か月コースの授業はどの程度ハードなのか?プライベートの時間はどの程度持てるのか? (3)申込要件に必要な英語資格の証明書はTOEICで代用可能か? (4)ブライトン・ブリストル辺り(ロンドン周辺)でお勧めの語学学校はあるか? 以上の4つです。 長くなりましたが、そろそろ学校への申し込みや航空券の手配をしなければならない時期も迫っており、未だに情報不足で判断がつかずとても困っています。 少しでも情報を提供していただけると幸いです。 どうかみなさん、よろしくお願いします。

  • TESOL大学院留学について

    現在大学4年生の者です。 先日教育実習を終え、今まで考えてもみなかった教員という道を考え始めました。 そこで英語教授法を学ぶためにイギリスの大学院への留学を考えています。 調べてみて分かったことが、大学院に入るためにはGPAが3.0や3.5以上必要とか・・ わたしは大学で学部の勉強を怠ってしまったためにGPAが1.5あるかないかのところです。 この成績で院留学は不可能でしょうか? それとも大学のレベルを下げてこのGPAでも入れるところはあるでしょうか? まだ調べ始めたばかりで知識が不足しているので TESOLに力を入れている大学またそのレベルやコースなども教えて頂けると幸いです。

  • 英語の語学留学について

    英語を学ぶために1年ほど語学留学をしたいと考えています。自分はアメリカ英語よりもイギリス英語の発音の方が好きなので、イギリス英語を学びたいです。そこでイギリスかアイルランドが良いかなと思っています。 アイルランド英語はアメリカともイギリスとも違う独特の発音や文法があるみたいなのですが、アイルランドではイギリス英語を学べるのでしょうか? また、アイルランドとイギリスに留学する際のメリットデメリットがあれば教えてください&#8252;&#65038;