• 締切済み
  • すぐに回答を!

エンジンチェックランプ点灯について

よろしくお願い致します。97年シボレータホ・ボーテックエンジンです。先月タイコを純正から社外品へ交換しました。一週間程たってエンジンチェックランプが点灯しました。自分が持っている激安診断機でみた所O2センサーサ-キット不良とでました。(1)タイコ交換で点灯するのか?(2)溶接部から若干排気漏れ有り(3)アイドリングや走行には今の所支障は無いです。(4)O2センサーサ-キットとはなにか?(5)このまま走っても問題ないのか? 以上5点が気になります。長文で申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3502
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

タイコ交換のせいで排気ガスが逆流するとかそういう現象が起これば因果関係はあるんだろうけど。。。物理的にあり得ないっすよね。だからタイコはあんま関係ないんじゃねえっすかね。 溶接部って、触媒の???基本触媒より後ろの部分って、O2センサーの管轄外だからそもそもO2センサーに異常を与えるって事が考えにくいんっすよ。GMだとセンターマフラーとかにもO2センサー付いてんのかな。タイコに漏れがあるなら速やかに溶接処理してもらうべきっすけどね。 アメ車でしょ?シボレーでしょ?ブレイザーの後継車のタフなタホでしょ?プラグが2本死んでても「なんかヘンだな」で走っちゃうクルマだからね。異常は感じらんないと思うっすよ? サーキットってそもそもぐるぐる回る円運動と円運動の軌跡を指す言葉だったんっすよ。チョイ突っ込んだ話をするとラテン語由来で、英語で円をcircusっつーでしょ?で、ヨーロッパ圏では通りが集約した所に人が集う場所を作って、そこがたいてい円形だから、で広場。移動テントで見せ物をする芸能集団が、そのテントの形状からサーカスって呼んだし。そもそもレースってのは馬でやる、古代ローマ時代はベン・ハーみたいな剣闘士に戦わせたレースがあって、それがコロッセオの円形競技場で行われてたのが起源とされててそこからcurcusの派生語でcircuitサーキット、なんっすわ。 で、電線で繋いだ配線に擬人化した人間がぐるぐる回ってる、と見なして電気回路なんかもサーキット、っつーんっすわ。もっとも電気回線ができた頃には円形サーキットをぐるぐる回るのはインディ500位で、ル・マンやF1なんかの影響でサーキットは円形より複雑化してたから、こっちが語源っつー説もあるけどね? 話が脱線しちゃったけど、英語圏ではごくごくポピュラーな呼び方で、ザックリ言って配線の事っす。O2センサーサーキットっつったら、センサー部分を含めた配線の事っす。たいていはカプラーやコネクターからセンサー本体までの事を指すんっすけどね。 このまま走って問題ないのかっつったら。。。やっぱ問題っすよ。燃費は悪くなるしこのまま放っとけば排ガスのNOX濃度やO2濃度を検出し切れなくて不完全燃焼で車検に引っかかっちゃう。コレが欧州車ならセーフティ・モード発動して動かなくなっちゃうけど、タホは走っちゃうんだよねぇ。。。タフだから。それにタホ位になると燃費とかあんまり考えないよね?そこら辺の国産車乗り並みに燃費気にしてたら、乗る前に買い物リスト化に絶対入らないからね? 思うにO2センサー問題はタイコ交換とは実は関係ない、たまたまO2センサーの寿命が重なった、って事じゃねえっすかね。それともタイコ外す時チョイと力技でボルト外そうとして揺すった時なんかやっちゃった、って事じゃねえすかね。揺すった時センターマフラーからエンジン側も必要以上に揺すられてO2センサーに何らかの悪影響を与えた。。。みたいな?最近教わったんっすけどね、硬いボルトはバーナーで炙って真っ赤になった所を緩めると楽に緩むんだって。リックがそう言ってたっす。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難う御座います。ちなみに、タイコは触媒後ろにつく部分でタイコ前後パイプを切断し社外タイコにかえるアメ車定番改造です。燃費と故障は覚悟で乗り続けています。まぁアメ車のうえに旧車なんでノ-メンテナンスで乗れるなんて思ってません(笑)ひとつ修理したらひとつ壊れるの繰り返しです。しかし勉強になるご回答本当に有難う御座います。(サ-キット)に関してのモヤモヤがとれました。 再度点検してみます。

  • 回答No.2
noname#178987
noname#178987

ちょっと、解らない部分が多いのですが、 交換は、タイコのみでしょうか? 文面では、タイコのみと判断に致します。 多分タイコ交換と、溶接部の排気漏れから、排気圧が、下がって抜けすぎでは? 一度、業者に見せる方が良いと思います。 私、以前シエンタに乗ってました。 車検対応マフラーの音が静かでたまらずに、タイコの取り付け部に、ワッシャーをかまし、排気音をでかくして乗ってました。 しかし、ランプの、点灯は、無かったです。 一応、タイコ無ででも、ランプには、問題無でした。 参考には、成らないと思います。 トヨタとシボレーでは全く違うため、、、、 回答に成ってない回答ですいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とんでも御座いません。回答して頂けるだけでも感謝しております。有難う御座います。

  • 回答No.1

分かる範囲で書きます。 (2)排気漏れですが、ランプ点灯には関係ありません、が、車検時には、排気漏れがチェックされるので、間違いなく通りません。このまま放置せずに、速やかに直して下さい。 (4)O2センサは、排気ガス中の残存O2(酸素)濃度を測定し、残存酸素量が無いように燃料を制御します。このセンサが故障すると、セーフモードになって、燃料を濃い目に吹くことになって、燃費が悪化する可能性があります。センサそのものが壊れていると思います。 (5)よって、通常の市街地を運転しているときには問題が無いと思いますが、そもそもで異常ですので、速やかにセンサを正常品に交換して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。基本悪い物は直さないと後々後悔しますよね。 回答有難う御座います。

関連するQ&A

  • エンジンチェックランプの点灯

    9年式のワゴンR。走行8万ほどです。 3年ほど前から夏の暑い時期になると、エンジンチェックランプが点灯することがあります。 決まってエアコンをかけ、少し上り坂を上がったとか、少しスピードを出した時とかに起こります。 点灯した時は、エンジンを切り30分ほど置くと元に戻ります。 オイル交換やエレメント交換もマメにしている方です。 やはりもう寿命なのでしょうか? 愛着がある車なので、まだまだ乗りたいのですが… 点灯した状態で乗っているとどういうことになるか、教えて頂きたいのですが…お願いします。

  • エッセ エンジンチェックランプ点灯

    ダイハツエッセL235S 最近エンジンブレーキ使用時にエンジンチェックランプが点灯することがあります 条件は エンジンが十分暖機済み(暖機完了前は全く症状は出ない) スロットル全閉時(速度が高いほど再現しやすい) ゆっくりした減速では点灯しない(アクセル全閉でも) 再始動時はリセットして点灯しない 燃費や加速性能は変化なし 再始動で消灯することからO2センサーは問題ないように思います この症状経験ある方、原因教えてください。

  • エンジンチェックランプの点灯について

    サニー(原動機形式QG15)の、エンジンチェックランプ点灯についてお尋ねします。 1 昨年(平成25年)の夏ごろ、走行中にエンジンチェックランプが点灯。 日頃世話になって   いる自動車修理工場で点検したところ、 「リッチ」のシグナルがでているとのこと。   消灯後、再現を確認するが再現せず。スロットルボディ(ISCV)清掃。   8割方の確率でO2センサを交換すればいいと思うが、年末に車検があるので、それまで   様子を見ながら乗車してくれとのこと。   年末まで、同様の事態が数回発生。 2 平成25年末に車検実施。 3 年明け早々、エンジンチェックランプ点灯。   自動車修理工場でO2センサ取り換え。   交換後、半月程度点灯せず。 4 半月程度後、エンジンチェックランプ点灯。   走行には問題なく、原因は特定できず、恐らく走行距離も10万キロを超えていることでも   あり、  どこか関連するパーツが痛んでおり、たまたま「リッチ」になってその情報を取り   こんでしまうと考えられ、関連パーツを次々に取り換えると費用がかさむので、走行に   異常がない現状ではこのまましばらく乗車して様子をみたら、とのこと。 5 その後も数回点灯。   当方より、車をディーラーに持ち込んで、診断機に掛けることを自動車修理工場に提案。   原因の分かる確率は少ないと思うが、その際にはデータモニタを貰ってくるようにとの   アドバイスがあった。 6 ディーラーでの診断結果は次の通り。   システム  部品番号    DTC     詳細情報     時期   エンジン   23710-8N210  P0172  空燃比リッチB1     6    自動車修理工場に、上記の診断結果表を提出。   「やはり、原因は特定出来ていない」という意見と共に、     「平地ではO/Dボタンをoffにし、高速でだけO/Dボタンをonnにして走ってみては」   とのアドバイスあり。「高速では恐らく点灯しないと思う」とのこと。 7 自動車修理工場のアドバイスに従い、平地を2週間(走行距離100km程度)、O/Dボタン   をoffにして走行したが、点灯せず。   2週間後、好調なので、平地でO/Dボタンonで走行した所、走行10km前後で点灯。   (点灯するのは、いつも低速時のように思われる) 質問 基本的には、自動車修理工場のアドバイスに従うつもりでいるが、関連部品の取り換えに よって回復するなら、価格によっては考えてみたい。診断結果の部品番号を見ると、 コンピュータの様に思われるが、コンピュータの交換によって間違いなく解決するトラブル なのかどうか。 中古またはリサイクル品もあるようだが、その使用についてのご意見などもご教示ください。 よろしく。

  • シボレーシルバラード エンジンチェックランプが点灯

    はじめまして、2007年シボレーシルバラードで電圧低下でエンジンチェックランプが点灯して、バッテリー新品、ダイナモ新品に交換したんですが、直りません、もしかしたら、電圧が高くコンピューターで制御してチェックランプ点灯させ制御かけているのかな?とも思い投稿いたしました。どなたかご存知の方おられましたら、ご教授頂きたくお願い致します。また、修理方法を教えて助けて下さい。

  • BMW E66 エンジンチェックランプ

    お車に詳しい方、ご教授お願いします。 BMW E66後期型760LIに乗っているのですが、エンジンチェックランプが点灯し、アイドリングが安定しないのと加速不良の不具合がでました。 輸入車修理のお店に持ち込んだ所、「高圧プレッシャーセンサ」という部品が悪くなっており、2つ交換が必要とのことでした。 片バンクが動いてないような状態で、診断機で両バンク異常を拾っているので、2つみたいです。 質問なのですが、このセンサは具体的にどういったセンサなのでしょうか? 詳しい方教えて下さい。

  • エンジンチェックランプがつきます

    質問させてください。 トヨタのカムリを乗っているのですが、この間から調子が悪いようで 時々起こる事があります。 まずエンジンをかける時に、 普段は2秒くらいかかるのに、短い間でエンジンかかかり(1秒くらい)、エンジンの音が聞こえないくらい静かになります。 そして、何秒後かには足元からすごい振動が伝わってきます。 車が揺れているのを足元から感じます。 そのまま気にしないで車を発進させようとトランスミッションを PからRに切り替え、ブレーキから足を離すと エンジンチェックランプが点灯し、車が動かなくなります。 この現象が起きて、エンジンを1度きってからまた かけ直すと、1~2回試せば普通に走るようになります。 トランスミッションが悪いのでは?と言われトランスミッションオイルを交換しましたが2週間後またこの異変が始まりました。 トランスミッションは動くので他の何かが悪いのではないかと思うのですが車の事が全然わからないのでここで質問させていただきました。 車の知識がないのでまとまりのない説明になってしまってすみません。 もし何が原因かわかる方がおられましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • エンジンチェックランプ

    H9年式の三菱シャリオグランディスですが、昨日の朝出勤しようとすると回転数は上がるのにスピードが出ず、オートマの1速のままのろのろ状態でエンジンチェックランプが点灯。 近くのコンビニに駐車してディーラーに問い合わせたところ見てみないと解らないということだったので、 30分程して再びエンジン始動 すると通常通りに走りディーラーにつくと 直ってしまったのでコンピューターに入れても すごく過去にAPSセンサーにエラーが出ていますが、現在症状が出ていないため原因の特定はできません。 心配ならばその部分の部品交換をお勧めしますが本当の原因が他にあった場合無駄な修理となります。 といわれました。 年末は少し遠出を考えていたので修理するか迷っています。 どなたか詳しい方アドバイスお願いします。

  • ER34 エンジンチェックランプの件追記

    回答をしていただいた方本当にありがとうございます。 申し訳ないですが、追記させてください。 >ちょうど2ヵ月前、ER34を洗車し帰ろうとエンジンをかけたところ突然「エンジンチェック、TCS、 SLIP」のランプが点灯し、エンジンの振動がいつもより激しくなりました。 エンジンを切ってもう一度エンジンをかけても全く同じ症状・・・(*_*) すぐディーラーへ持っていき、自己診断をかけてみると「イグニッションコイル」が原因らしくイグニッションコイルが6個入ってるみたいで、そのうち「1,2,4」が異常の数値が出てて新品と交換しました。 交換してから約1週間は正常だったのですが走行中また「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプが点灯し振動も全く同じ症状がでたので再びディーラーへ・・・ しかし自己診断をすると、異常なし・・・ ディーラー側は「もしかすると残りの3つのイグニッションコイルに原因がある可能性がある」ということでディーラー側から別のイグニッションコイル3つ(中古)とスパークプラグを交換し、様子を見たが、現象は変わらりませんでした・・・ そしてディーラー側に1週間預けて点検してもらうことにしたのですが、ディーラー側では現象がでないとのこと・・・・ 自分が運転している時だけに現象がでる状態 ※追記です。 実際にディーラーで現象が出ないため現象が出た状態でディーラーへ車を持っていきアイドリング状態で放置しておくと約30分後に自然に「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプが消えます… そのとき自己診断をかけると点火系に異常があるみたいなのですがディーラー側では点火系は交換済みとのことです… それと仕事に向かう途中坂道で必ず「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプがついていたのですが、スパークプラグを交換したあとからはでなくなりました。。。 だれか有力な改善情報がありましたら是非教えてください。

  • 1996年ダッジラムバンのエンジン不調の事で質問致します。

    1996年ダッジラムバンのエンジン不調の事で質問致します。 96のダッジラムバンに乗っているのですが、最近調子が悪くて困っているので、投稿させて頂きました。 症状としては、最初は走り出しや、60キロぐらいで低速走行時にアクセルを踏んだ時、カブるような症状でしたが、最近エンジンをかける時、クランキング時間が長く、かかってもアイドリングが少し不安定で、ふかすとカブるような感じでフケが悪く、バババン、パンッとミスファイヤーを起こし、そうこうしているとエンジンチェックランプが点灯してしまい、何発か死んでしまい、その内しばらくするとにアイドリングでも止まってしまいます。 そこで、プラグコード、デスビキャップ、ローター、プラグを交換したのですが、症状が変わらず、困ってしまいました。 水温センサー、O2センサー、クランクポジションセンサー等がダメなのでしょうか? ご経験がある方や、詳しい方、宜しくお願いします。

  • エンジン警告灯 修理後に点灯

    19年式の日産車に乗ってます。 走行状態は良好でしたがエンジン警告灯がついてしまい 迷わずディーラーに持ち込みました。 コンピューターで診断してもらったところ、オーツーセンサーの故障だそうで 新車保障もあって無料で交換となりました。 交換後はランプが消えで安心したのですが、 2日後、走っているとまた点灯してしまいました。 再びディーラに持ち込み、詳しく調べてもらうことになり 現在連絡を待つ状態です。 最初の診断でオーツーセンサーの故障と出たのに 結局別に原因があるのでしょうか。 そうなるとディーラーで原因究明できるのか。 このままなんとなく点灯におびえながら使うことになるのか。 とても不安です。 整備関係に詳しい方 何卒ご意見を聞かせてください。