ヒッグス粒子について

素粒子の世界では、CERNからヒッグス粒子発見の正式な発表があると思われます。 最後の詰め検証作業が進められていると考え...

alohabeam さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2012/11/20 23:49
  • 回答No.2
  • ベストアンサー
alohabeam

ベストアンサー率 100% (2/2)

難しい話ですよね。。。
この問題のキーワードとなるのは、「仮想粒子」という言葉だと思います。

量子力学の不確定性原理によると、非常に短い時間であれば、エネルギーにはあいまいさが許されます。そのため、何もない真空から、エネルギーの大きなヒッグス粒子が、短時間だけ存在することができます。

このようにエネルギー保存則を破って一時的に存在する粒子を、「仮想粒子」と呼びます。現在もいたるところに存在しているヒッグス粒子というのは、仮想粒子として瞬間的に表れては消えるヒッグス粒子です。仮想粒子はエネルギー保存則を破って非常に短時間のみ存在が許されるため、直接観測されることはありません。

一方CERNで生成させようとしているヒッグス粒子は、ヒッグス粒子の質量に相当する大きなエネルギーを使って生成しています。こちらは「実粒子」としてのヒッグス粒子で、ちゃんと観測することができます。

「仮想粒子」、難しい概念です。
お礼コメント
bnd44995

お礼率 67% (70/104)

仮想粒子と実粒子の違いの説明有難うございました。

真空のエネルギーや、場の考えなどを進めてみます。
投稿日時:2012/11/21 07:50
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • ヒッグス粒子にまつわるいろいろな疑問 物理学

    最近ヒッグス粒子について興味を持っていろいろ調べたりしています。 たぶん、こういった分野では当たり前のことなんでしょうが、調べれば調べるほど新しい疑問が湧いてきます。 質問の前提となる、自分が知識を得た出典はOKWebやヒッグス粒子で検索したサイトなどが主ですが、ちょっと量が多いので一つ一つの出典については省略させていただきます(正確に言うと覚えていない・・)。 スミマセン・・・。 質問1.ヒッグス場は自分たちが住んでいる世界(地球上生活圏)にもあるのか?  テレビで見た解説ではこの世界はヒッグス粒子であふれていてそれに引っかかることで質量が生まれるといった解説がなされていました。ですが、実際にはヒッグス粒子は発生してもすぐに消えてしまうのでヒッグス粒子で満たされているという説明は誤っているといろんなところに書いてあります。  ヒッグス粒子はヒッグス場から生まれると。 じゃぁヒッグス場って何なのかと調べると正直何が書いてるかよくわからず、  とりあえず、「真空」というのがキーワードのような気がします。  ヒッグス場と言うのは真空の中でしか存在しないのですか?  だとすると、僕らが存在する世界は真空ではないのでヒッグス場ではなく、ヒッグス粒子生まれなくないですか?と疑問を感じました。 質問2.ヒッグス粒子より重い素粒子トップクオークはなぜヒッグス粒子より先に探せた?  ヒッグス粒子は重いから見つからなかった、それを発見するにはビッグバンに相当するエネルギーが必要  みたいな説明をどこかで見ました。  それで行くと、ヒッグス粒子より重いトップクオークは何で探せたんでしょうか?  ヒッグス粒子が見つけにくい特性は重さだけではないと言うことでしょうか?すぐに消えちゃうからでしょうか? 質問3.ヒッグス粒子とカイラル対称性の破れについて  ヒッグス粒子が質量に与えている影響は2%程度で残りはカイラル対称性の破れが原因らしいのですが、  ビッグバンとヒッグス粒子に関する説明で ビッグバンによって生み出された大量の素粒子は、当初質量がなく、自由に飛び回っていたが素粒子がヒッグス粒子とぶつかることで次第に動きにくくなり  と言った説明を良く見かけるのですが、2%程度の影響だったらヒッグス粒子が無くても素粒子が自由に動き回った状況は変わったような気がするんですが・・。  標準理論を補完する意味でヒッグス粒子が大切なのはわかるのですが、質量の起源ってのは言いすぎな気がしますがいかがでしょうか? 質問4 重力子とヒッグス粒子について  4つの力のうち重力を媒介する粒子=ヒッグス粒子ではないと思っているのですが、解釈あっていますでしょうか?...

  • ヒッグス粒子出現以前 物理学

    ヒッグス粒子と思われる粒子の発見のニュースが賑わっています そのニュースでは  宇宙は約137億年前、ビッグバンと呼ばれる火の玉状態で誕生した。このとき、すべての素粒子は質量がゼロで、真空中を何の抵抗も受けずに光速で自由に動いていた。 という記述がありました。 ヒッグス粒子が現れる以前の粒子は、質量が無いわけですが、質量が無くても粒子は光速を超えられないのでしょうか? ヒッグス粒子そのものには質量はあるのでしょうか?...

  • 素粒子 物理学

    ヒッグス粒子はスイスで人工実験的に発見されました。 この粒子は、ただちに、W粒子、Z粒子等に変化しました。 この宇宙には、ビッグバン起源のヒッグス粒子が満ち存在して物質に質量を与えてるはずです。 なぜ、このヒッグス粒子は、他の粒子に変化しないで存在しているのでしょうか。...

  • 質問ですが。 天文学・宇宙科学

    このサイトに書いてある記事に、 CERN(欧州原子核研究機構)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)は、空間に高エネルギーを与えると、そこで、どのような素粒子が生成されるのかを測定する。重力の正体とされるヒッグス粒子の発見で、名前を聞いた人も多いだろう。 LHCは物理学の謎を解く強力な装置である一方、ブラックホールの研究で知られるS・ホーキング博士は、LHCによって宇宙の崩壊が始まると警告している。何もないように見える空間には、実は素粒子がびっしり詰まっているのだが、LHCは、その空間から素粒子を叩き出す。その分だけ空間に隙間が空いてしまい、実験を続けると、やがて隙間が致命的に広がり、そこから宇宙が崩壊するというのだ。 他にも問題がある。LHCはブラックホールを作ってしまうのだ。素粒子レベルの極微サイズだが、理論上、LHCはブラックホールを生み出すことができる。非常に小さいため、生まれたブラックホールは瞬時に蒸発するといわれているが、それはあくまで理論。理論を検証するためにLHCを稼働させているわけで、もし理論が間違っていたら? 蒸発せずに周囲の物体を取り込み、成長するとしたら? 書いてありますが、実際の所地球は滅亡してしまうのでしょうか。 どうなのでしょうか。...

  • ヒッグス場が宇宙の空間全てに詰まっている疑問 天文学・宇宙科学

    科学では,ヒッグス粒子が場として空間に詰まっていると言っています。 宇宙全ての空間を埋めていて,今の生活の場にもあるそうです。 これは本当でしょうか? さて素粒子というのがあって,電子とか陽子同士を衝突させる等して出現させています。 そして陽子等を分裂して出した筈なのに,素粒子が空間から現れたとか言ってますが,エネルギー的に元の陽子と同じなら,とても空間から現れたとは言えないと思うのです。 単なる陽子の構造を細かくして見たのに過ぎないと考えてます。 それでヒッグス場ですが,これは宇宙に存在していると言われている16種類という素粒子に重さを与えると言われています。 このヒッグス場から重さを与えるので,これは磁場に似ています。 そこに鉄粉あった場合に,磁場の方に鉄粉は引かれてくっ付いてしまいます。 この鉄粉が素粒子として例えて見られます。 素粒子がヒッグス場に捕まって止まる事で,重さになるのです。 しかしこれでは素粒子がその場で動けないだけかもしれません。 鉄粉が磁場に捕まって動けないようなものです。 これでは素粒子も集まって一つの陽子とかにもなりません。 この辺は可笑しいのですが,ヒッグス場があるから,宇宙で飛び交って止まらなかった素粒子が止まるようになったと言ってます。 ヒッグス場がどうして発見されたかと言いますと,巨大な加速器で電子や陽子を衝突させて,ある光の波長が現れたからだと言われています。 この光の波長は非常に珍しく,何兆回も衝突実験を繰り返してようやく見える程度で,これが見えたからヒッグス場がある証拠とされています。 これは衝突した電子や陽子から現れたものではなくて,ヒッグス場に衝突して弾き出されて出た物で,光の波長というのは言わば,池に石を投げ入れて水面に波が出来たようなものとされています。 ところで池は明らかに水があります。 しかし空間は初めから何もないのです。 光の波長が現れたのは,元の電子や陽子なりが衝突した原因である筈です。 それがなぜ空間が波立つ事になるのでしょうか。 即ちヒッグス場から波長が現れたと言えるのでしょうかという事です。 それから陽子とかの中には,素粒子が16種類とかで言われていて,それぞれが全てヒッグス場と関わっている筈です。 一つでも関わりがないと,それだけが飛び回って決して陽子の要因になりません。 即ちヒッグス場は関わりが多い分,どれよりも多くの光の波長で見える筈なのに,何兆回の実験で本の一寸しか見えません。 このように可笑しい事が並ぶのですが,もっと根本で可笑しいのは,例えば地球が全て海に満たされていると言って,飛行機で石を落として行って,何兆ヶ所もして初めて波立ちました。 それは小さな池だったのです。 しかし地球が全て海である証明になるのでしょうか。 さてヒッグス粒子の実験は地球が動いている空間でされているので,上のように飛行機で石を落とすように,実験で衝突させて行く空間の場所が移動して行くようものです。 地球は太陽を回り,太陽は天の川銀河を回ります。 こういう事で言わば地球は天の川銀河の回りを螺旋状で回りながら動いているようなものです。 決して同じ空間を動いていません。 このように何兆回の実験が起こった事では,絶えず違う空間の場所が何兆もあった事になって,本の一寸の光の波が見えた程度では,微々たる空間で起こったのに過ぎません。 これで宇宙空間が全て,ヒッグスの場で埋められている証明になるのでしょうか。...

ページ先頭へ