• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

地下鉄の音について

地下鉄に乗っている時に車輛が発する騒音についてお聞きします。壁に反響するゴーッという音は地上を走る電車がトンネルを通過する際にも聞こえるので理解できるのですが、地下鉄の場合、時々もっと高い周波数の音(引きずるような音)が聞こえますよね。地上を走る電車ではあのような音は聞こえないと思うのですが、地下鉄では何故ああいう高い周波数の音が出るのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1427
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

キーン・キーンのように金属を削るような音だと、車輪の軋み音。 キューイーンとかウオーンのように唸るような音だと、チョッパ制御や可変電圧可変周波数制御(VVVF)の電子機器からの発生音。 地下鉄の場合、道路下や公共用地の地下に建設されるため、地上の鉄道より線形が厳しくなります。 車輪は、カーブを曲がる時、円錐踏面で内輪差を解消する仕組みですが、カーブがきついと差動装置が無いため、内輪差が解消されず、一方の車輪がレール上で滑ります。 また、操舵台車は特殊で通常台車では、アタック角が生じ、フランジがレールの内側をこすります。それが車輪とレールの軋み音です。 地下鉄に限らず、最新車両は、供給電力でも交流モータが使われます。 (詳細は割愛) その為、電子制御機器から音が発生するのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門用語も交えたご説明ありがとうございます!片方の車輪がレール上で滑るなんて思いもよりませんでしたが、ちょっと興味深いですね。

関連するQ&A

  • 「地下鉄」漫才とはなんだったのか?

    「地下鉄の電車をどうやって入れるか」 それをはじめて聞いたとき、なぜそんなことがわからないのか逆に不思議でしょうがなかったです。なぜなら、子供のときから、地下鉄の地上車両基地を電車に乗りながら通過していたからです。 そういうものを普通は認識しているものなんじゃないですか?

  • 音 周波数スペクトル 

    以前、騒音測定した際に周波数スペクトルで表すと、4~5【kHz】の成分が他より突出していました。 実際には、「キーン」というような音だったんですが、周波数的に4~5【kHz】というのは、 人間にとって不快に感じるような周波数なのでしょうか? また、そのような周波数ごとに人間がどう感じるかまとめた表などあれば教えて頂きたいです。

  • 聞こえる音と周波数分析結果

    現在、製品の騒音を測るために、無響室で実験しています。 FFT周波数分析できる機器を計測機器として使っています。 実験で、耳に聞こえている耳障りの悪い音が、 何Hzの音なのか判断付きません。 何Hzは、どんな音 ってな感じて調べられるソフトなど 知っている方がいましたら、教えてください。 FFT周波数分析 音圧-周波数データからその騒音を模擬できる ソフトがあれば最高です。 ご協力をお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

金属同士を滑らせたような音ではありませんか。 油の切れた戸車を引いたときにキーって言う感じかもしれません。 おそらく、車輪のフランジとレールが触れて(擦れて)鳴く音だと思います。 地下鉄は地下を縫うように曲がりくねっているので、このような状況が 多いのだと思います。 地上の車両でも同じようにキーン、キーン言ってますよ。 害があるのでこのようなものが付いています。 http://www.lubefutec.co.jp/products/lubricator/car/b-7000.html http://www.jreast.co.jp/development/tech/pdf_17/Tech-17-59-63.pdf http://www.inpit.go.jp/blob/katsuyo/pdf/business/19o2-5.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます!キーンというよりはクァ~ンみたいな音かな?(笑)引きずるような、ホラ貝を吹くような・・・?

  • 回答No.4

誤)地下鉄に限らず、最新車両は、供給電力でも交流モータが使われます。 正)地下鉄に限らず、最新車両は、供給電力が直流でも交流モータが使われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

レールと車輪の間のきしみ音ではないでしょうか。 ある程度スムーズに曲がるように設計できる地上部の線路と異なって 地下鉄は主に道路の下などを通りながら 別の道路に曲がる際には最小限の民地の下を通る形でカーブが設定されるので、 地上部の線路よりも急カーブがはるかに多くなります。 こういったところでは、台車と線路がスムーズに連動しないため、 無理がかかって、騒音や振動を発生します。 さらに周囲を囲まれているので音が反響することも大きいでしょう。 なお、銀座線の新型車両は、 カーブに合わせて台車も連動するため、 騒音や振動の低減が図られています。 http://www.tokyometro.jp/corporate/enterprise/passenger_rail/cars/working/ginza_1000/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご説明ありがとうございました!地下鉄は急カーブが多いというのは知りませんでした。であれば、車輪とレールの摩擦音ということで納得できますね。

  • 回答No.1
noname#211632

それはパンタグラフのある車両(路線)ですか? それともない路線? ど、どちらにせよパンタグラフと言うか、集電装置(架線から電力を取り入れる装置)が発する音(架線との摩擦音の可能性が理ます。 パンタグラフのない車両(路線)では第三軌条と言って、レールの他に電力を流した線路のようなものを設置しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございました!私がよく利用しているのは半蔵門線です。

関連するQ&A

  • 音の高い低いは各国共通なのでしょうか?

    特に詳しいわけではないのですが、前々から気になっています。 日本では、周波数が大きい音のことを「高い音」、逆に周波数の小さい音のことを「低い音」と呼びますよね。 これって、各国共通なのでしょうか? 共通だとしたら、なぜこのような関係になっているのでしょうか? 先に周波数の概念が現れているなら、「数値が大きいこと」を「高い」と表す(例えば気圧)のもわかるのですが、音楽の場合は文化的なものが先で、科学的な周波数の概念はだいぶ後から出てきているように思いました。 ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

  • 「声」「音」の高い・低いという表現について

    人の声や音の様子を表現するのに、 「高い声」「低い声」「高音」「低音」 という表現が用いられます。 そして、実際に高い声や音の周波数は高く、低い声や音の周波数は低いものになっています。 そのことから疑問に思ったのですが、 「高い声」「低い声」「高音」「低音」という表現は周波数の概念が出来てから作られた表現なのでしょうか?それとも、もっと以前から使われていた表現なのでしょうか? ご存知のかたがいらしたらご回答お願いします。

  • 音の大きさと高さ…って

    音について、学んでみようと思っています。 周波数が高いと音が高いそうですが、だからといって 大きな音とは限らない、と書籍に書いてありました。 理由は記載されておりませんでしたが。 基本的な質問で大変お恥ずかしいですが、そもそも 音の大きさと高さについて教えていただけませんでしょうか? Wikipediaも参照したのですが、解説自体に不明な用語が 多く理解できませんでした(私のアタマが悪いだけですが)。 よろしくお願いいたします。

  • 音のうなりの回数、振動数について

    物理の問題を解いていてまったく理解できないところがあったので質問させていただきます。 振動数fo[Hz]のブザーを鳴らしながらv m/s の速さで十分に広い壁に近づいたところ、ブザーからの直接音と壁からの反射音によるうなりが聞こえた、音速はV m/sとする。 この問題で、 ブザーを持った人が聞く直接音の振動数、反射音の振動数、うなりの回数を求める問題なのですが、振動数とはつまり周波数と取っていいのでしょうか? 自分の認識では反射しても周波数の変化は無いという考えだったのですが、どうもこの問題からしてそれでは間違っているように感じてなりません。 良ければ教えていただきたいです。

  • 周波数特性について(>_<)(>_<)

    周波数帯の「通過域」と「遮断域」の特徴を教えてください(>_<)! あと周波数が低いと周波数が通らなくて 周波数が高いと周波数が通りやすい理由も教えてください(>_<)! できれば詳しくお願いします(>_<)(>_<)(>_<)

  • 電車が陸橋・鉄橋を通過する際の騒音の周波数

    初めまして。マンション10階に住んでます。 300mくらい離れたところを電車が陸橋・鉄橋を通過するのですが、 騒音が響くので二重サッシを考えてます。 騒音の周波数によりガラスの厚み・種類を検討する必要があるのですが、 このようなケースの場合、おおむねどれくらいの周波数なのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 位相反転時(逆相)の音の打ち消し、ディップについて

    位相反転時(逆相)の音の打ち消し、ディップについて 壁の反響しかり、スピーカーの位置で、音が逆相になり打ち消しあったり、強めあったり が周波数帯域によって起っているということについての質問です。 例えば、こちらのGENELECのHPで解説されていますが http://otaritec.co.jp/products/genelec/faq/acoustical/not-enough-bass/index.html こちらは86センチ壁から離した場合100Hzでディップするという。 気温によると思いますが、 例えば2m1波長の周波数の音が、1m離れた(奥まった)2つのスピーカーから出ると聴こえない。? 逆に2m離すと強まる? 音速が1秒330mということは1mだと0.003秒。 スピーカーを壁から1m離し、スピーカーの1m前で聴くと、 スピーカーから出た音が耳に届くまで0.003秒で、壁に反射した音が届くまで0.009秒? その差は0.006秒。 この誤差以上に音が鳴っているから最初の音が後からきた音にぶつかるということでいんですかね? 上記の条件で、0.005秒間の音を出せば、反射音と原音はぶつからないということですか? (聴こえる聴こえないは別として)

  • 騒音計で測る周波数について

    騒音計というのは、周波数のどのあたりのポイントを計測しているのですか? たとえば生活環境の中では、自動車のアイドリングは数10Hzの低音で、人の声は500&#65374;1kHz、セミの音は4kHzぐらいの高音です。 またそれらの音も、何Hzという狭い周波数のみではなく、実際にはいろいろな周波数が同時に鳴っています。例をあげたのは、周波数分布の中での中心的周波数ということになります。 仮にいちばん音圧が大きな周波数を測るのだとしても、例えば車のアイドリングの70デシベルとセミの音の70デシベルでは、まったく聴こえ方が違うので、測る音によって実際の騒音度は違ってくると思うのですか゛・・・ もしくは全周波数の平均値で計測しているのでしょうか? 専門のサイトの説明を読んでも、あまりに専門的すぎてよくわかりませんでした・・・ わかりやすく説明していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 母音と子音の周波数

    周波数が高いと音も高いんですよね? 母音と子音を比べると子音の方が周波数が高いそうなんですが、私には高い音に聞こえません。感覚的なものと周波数は違うということなのでしょうか?

  • 地下鉄やトンネルの上の土地

    地下鉄やトンネルの上にある土地の地価はやはり下がるのでしょうか? ちなみに (1) 真上ではない。土地はかかっていない。(しかし真上から見て1mしかはなれていない) (2) トンネルの上端まで30m離れている。 (3) 地盤の問題はない しかし建物の作り方によりますが、やはり横になって寝ると通過音がかすかに聞こえるらしいのですが。地下鉄の担当者に問いあわせたら“周りの場所に比べて地価にハンデはない”とのこと。また真上にかかっている土地の場合は掘る場合に僅かにお金がでるとのことでしたが“非常に僅か”という表現でした。 例えば上記のような土地の場合は売る場合にハンデはあるでしょうか? (例えば10%ぐらいとか) 基本的には相場によることは理解していますがいろいろな方の意見なり経験なりお聞かせ願えたらと思います。 (ついでですが不動産関係の方、今は買い時ですか?)