• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ弱酸性は肌に優しいの?

素肌に優しい弱酸性、というコピーを見るんですが、 どうして弱酸性は肌に優しいんでしょう。 酸は肌を溶かすから肌に良くない、っていうイメージがありますが、 それなら酸の入っていない、中性やアルカリ性の方が良い気がします。

noname#190383
noname#190383

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数615
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#175206
noname#175206

 皮膚といえども、タンパク質であることに変わりはありません。強い酸性やアルカリ性では破壊されます。ただ、pHとして4~10なら、おおむね大丈夫ですから、肌に使う物で「肌に優しい弱酸性」を説明できるわけではありません。  皮膚は外界から人体を保護しています。毛穴などはかなり皮膚の奥深くまでありますから、皮膚自体も守る仕組みが備わっています。  それが、皮脂です。脂質ですね。これは、脂肪酸と呼ばれるものです。脂肪酸が皮膚を覆い、皮膚、特に毛穴などへの有害なものの侵入を防いでいます。  脂肪酸という名前の通り、酸性です。弱い酸性ですね。皮膚へ弱酸性のものが触れても、脂肪酸にはあまり影響しません。脂肪酸が皮膚を保護する働きは、そのままです。  しかし、タンパク質としては安全な範囲の弱アルカリ性であっても、それが肌に触れると脂肪酸を中和し、脂肪酸は失われます。つまり、脂肪酸の保護を受けない肌が露出してしまうわけです。  そうなると、肌はダメージを受けやすくなります。弱酸性を謳う商品があるのは、そのためです。 P.S.  脂肪酸は、細菌の栄養にもなります。ニキビの原因になるアクネ菌も皮脂の脂肪酸を栄養として、顔などの皮膚に住みついています。頭皮にはフケ症の原因となる種類が決まった細菌がいます。  こういう細菌を常在菌と言います。繁殖し過ぎて、ときどき困り者になるんですが、それでも実は、人体の保護に役に立っています。常在菌は小さな害はあっても、命に係わる病気と言った、大きな害はありません。  常在菌が皮膚にくまなく存在しているため、皮膚は細菌で満員状態です。新たな雑菌が皮膚に付着しても、たいていは先住者の常在菌に勝てず、繁殖しません。そうして、空気中や他の物にある、もっと有害な細菌から人体を守っています。  常在菌を減らし過ぎると、たとえば皮膚の奥まである毛穴に有害な細菌が入ると、そのまま繁殖してしまい、危険です。清潔は大事ですが、あまりに潔癖なのは危ないわけですね。  皮膚上の脂肪酸、つまり皮脂にはそういう常在菌を適度に養って、人体を守る働きもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、肌を守るためには、皮膚よりも、皮脂に優しいのが大切なんですね。 そして、皮膚と皮脂とでは、受け入れられるアルカリ性の強さが違うんですね。 常在菌の事も知れて、勉強になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 弱酸性ビオレはなぜ肌に良い?

    健康な肌は弱酸性・・・・だから弱酸性ビオレ・・・・肌によい? 質問1:健康な肌はなぜ弱酸性なのか。 質問2:不健康な肌はどうなのか(中性、弱アルカリ性)。 自分なりに酸性(極端な考え方で)とは。 金属=酸化(腐食=さび)、有機物=酸化(腐食=腐敗)というイメージです。 肌は新陳代謝により汚れ(酸化)し弱酸性になるのではないかな~。 できれば科学的、医学的な根拠が知りたい。

  • 弱酸性って

    スキンケア用品は弱酸性がよいというイメージがあります。 テレビCMも弱酸性を強調しているものが多いですね。 私が使用している皮膚科が販売している クリームは弱アルカリ性です。 皮膚科が販売しているし 弱アルカリ性と明記しているので 問題ないのかと思ったりもするのですが なぜ弱酸性だといいのですか?

  • 酸性、アルカリ性について

    酸性、アルカリ性について 「水素イオンを生じる物質を酸、水酸化物イオンを生じる物質をアルカリ」と習いました。 質問1. ここで、どちらも生じないものが中性なのでしょうか? コーヒーや醤油が弱酸性ということは、水素イオンが生じているのですか? 二酸化炭素が溶けた雨水が弱酸性なのは、なぜですか? CO2には、HもOHも含まれないのに。 質問2. 酸性、アルカリ性の強さの原因は、何ですか? 水素イオン、水酸化物イオンの量ですか? 教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

肌はそもそもアルカリより酸への耐性のほうが強いものです。 また、酸では角質はほとんど溶かせません。 しかし、アルカリはタンパク質に作用し溶かしてしまいます。 重曹の水溶液など、ややぬるぬるするのはそのせいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

アルカリ性のほうが皮膚を強く溶かしますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 皮膚や皮脂は弱酸性だから、そこを基準に考えなくてはいけないんですね。

  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

表皮の状態が弱酸性だから。 じゃ表皮がなぜ弱酸性なのか? それは、ある酸性に保つことで外来の菌などが繁殖するのを抑制するから かと言ってメチャクチャ強い酸性では、自分自身が保てないので程よい酸性度になる 固形石鹸は、アルカリ性の性質がある。 その為に、表皮の酸性を中和してより強力に汚れを落とすことが出来る。 でも汚れと一緒に、皮脂や酸性バリアも一切合財流してしまうので、限度を越えると肌荒れの原因になる。 必要以上に肌を荒れさせない為に、酸性度合いは肌と同じ感じで洗浄成分で汚れだけ洗い流すよ~ という意図だと思う。 実際は、謳い文句のようにはいかないけどね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、アルカリ性では、皮脂なども一緒に落としてしまって、 限度を超えると、肌に悪い影響を与えてしまうんですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 弱酸性が肌に合わないことってありますか?(ニキビ肌)

    いつもお世話になっております。 20代半ばの女です。脂性肌です。 5月頃から肌が荒れ、ニキビが大量発生してます。 元々ニキビがちょくちょくできる肌で、ニキビ肌用の緑茶エキス?入りの化粧水を使っていましたが、 荒れ始めて少しした頃に、アロエ・ラベンダー・はちみつ入りの手作り化粧水に切り替えました。 ところが、治らないどころか悪化しました。。 以前、20歳の頃にもニキビがひどかったのですが、 そのとき、弱酸性の化粧水(市販品/今は売ってない)を使って悪化させたことがあります。 今回切り替えた手作り化粧水も、弱酸性です。 弱酸性は肌と同じ弱酸性=お肌に優しいイメージだったので、 20歳のときは「たまたま悪化する時期と弱酸性に切り替えた時期が 重なっただけかな?」と思っていたんですが。 今回のことがあり、少し弱酸性に疑いの目を持ってしまいます。。 弱酸性が肌に合わない場合ってあるのでしょうか? もし、弱酸性が肌に合わないこともあるのならば、 化粧水は元のものに戻すか、ビタミンC誘導体入りの別のものに変えるかし、 洗顔も今の弱酸性の洗顔料から、洗顔石鹸に変えようと思います。 一昨日皮膚科を受診し、塗り薬と飲み薬を処方してもらいましたが、 薬以外でも直す努力をしたいです。 何かニキビに対するアドバイス等があれば、どうかお願いします。 お客様と直接顔を合わせる仕事なので、真剣に悩んでいます。。 よろしくお願い致します。

  • 弱酸性はホントにいい?

    弱酸性って最近よく聞きますよね。 以前使っていた、アルソアはアルカリ性なんだけど 弱酸性のもののことを「肌と同じで生ぬるいお風呂に使っている状態。トラブルが起きても自分で治す事が出来ない肌になる。」といっていました。 アルカリ性は「トラブルが起きたときに対処できる強い肌にすることが出来る」そうです。 これって、ホントですか? 販売文句?   本当のところ、アルカリ性と弱酸性とどちらがいいのでしょうか?

  • 肌は弱酸性に、でも酸性体質は不健康

    「肌の状態は弱酸性に保つのがよいが、酸性体質は不健康」と聞いています。  酸性度はpH(水素イオン指数)で表されるものだと思いますが、具体的にそれが、皮膚や体内でどのような影響を及ぼすのでしょうか。  どなたか分りやすく教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 酸性とアルカリ性どちらが肌によい?

    ビ〇レなど洗顔料は弱酸性といい 健康のために、アルカリイオン水 アトピーには酸性水を・・ などなど情報が氾濫しすぎて、 わからなくなっています。 もし中性といわれても、何をどれだけ とれば中和されるのかもわからないし・・ 部分的にアトピーやストレス湿疹が あり、化粧品も合わないと痒くなる 過敏肌です。 一般人の個人的に私はこっちがいい とか好きだとかでなく 肌の専門家の方 教えて下さい!  

  • 肌に良いのはアルカリ性?酸性?

    題名の通り、肌によいのは弱アルカリ性なのか弱酸性なのかどちらなのでしょうか? 実際にボディソープや化粧水などは「弱酸性」と記載されていますが、 温泉成分は「弱アルカリ性」で肌に良いといわれています。 実際に、ある水の電気分解をさせる機械で弱酸性にした水を洗顔の最後に使うと良いと 言われて使用しているのですが、重曹について調べると、お風呂に量入れると肌に良いと言われています。 いったいどちらが良いのでしょうか。

  • 弱酸性というのはPH値でいうといくらになりますか?

    弱酸性という言葉をよく聞きますが、弱酸性のPHの数値はいくらからいくらでしょうか?温泉ではPH3以上6未満が弱酸性温泉との定義があるようですが。また弱アルカリ性のPH数値も教えてください。

  • 洗顔料・・・弱酸性のものと、無添加石鹸と、どちらが肌に良いのでしょう

    こんにちは、よろしくお願いします。 タイトル通りです・・・洗顔料の売り場では、どちらも肌によさそうな宣伝をしているのですが、石鹸であればアルカリ性であって、「弱酸性で肌に良い」事を売りにしている商品とは、液性のうえでは真反対ですよね。 私は、無添加の洗顔石鹸を利用して、今のところトラブルはないのですが・・・本当は、弱酸性の洗顔料に変えたほうが、肌への負担は少ないのでしょうか。

  • 飼育水を弱酸性にしたい

    飼育水を弱酸性にしたいのですが底床は大磯です。酸処理を怠ってしまいました。これから弱酸性にするのは無理でしょうか。酢などを加えてもだめ?PHダウン液などは効果がありますでしょうか? ご教示お願いいたします。

  • 重曹水は何性?

    掃除用に重曹水を作り床拭きしようと思いますが、 これは、アルカリ性、弱アルカリ性、中性、酸性、弱酸性のどれでしょう?

  • 台所用合成洗剤を中性から弱酸性に切り替える時

    今までは、台所用洗剤は中性でしたが、家族が次に買ったものは弱酸性でした。 そこで質問なのですが、弱酸性に切り替える時に、食器を洗うのに使っていたスポンジは、今まで中性洗剤に使っていたスポンジを使ってもいいのでしょうか? また、メガネのレンズ(プラスチック製)を洗うのに、台所用の中性洗剤を使っていたのですが、弱酸性でメガネを洗ってもいいのですか?