御伽草子について

 京の都に、猫の綱を解き放つべき御沙汰あり。ねずみども、いろいろ評定したりけり。 は御伽草子の何の話でしょうか。

dayone さんからの 回答

  • 2012/09/12 01:32
  • 回答No.1
dayone

ベストアンサー率 79% (360/452)

『御伽草子』であれば…

・猫の草子【ねこのそうし】
http://kotobank.jp/word/%E7%8C%AB%E3%81%AE%E8%8D%89%E5%AD%90

・『御伽草子 後/著者今泉定介・畠山健校定/出版者吉川半七/1891』
「第十六 猫の草子」猫のさうし(猫の草紙) <60~67/130>
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992892/60

・まちこの香箱(かおりばこ)
まちこ訳「猫の草子」 1
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/1-13ff.html
まちこ訳「猫の草子」 2
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/2-06ea.html
まちこ訳「猫の草子」 3
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/3-9835.html
まちこ訳「猫の草子」 4
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/4-53af.html

ほか参考URL

・『奈良県立大学研究季報 14(2・3)/2003-12-10』(9-18頁)
「歴史家の見た御伽草子『猫のさうし』と禁制/上田穰」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004688378

・『帝塚山大学現代生活学部紀要 6/2010-02』(9-18頁)
「『東勝寺鼠物語』等にみる室町期僧房の食生活-その1/小林美和・冨安郁子」
1.鼠のいる風景 <1~3/10>(9~11頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007494911

以上 解決に繋がれば幸いです^^
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 猫と鼠(ネズミ)は、結構顔とか似ている感じがしますね。エトセトラ。 生物学

    鼻の赤い部分とか、口横に髭が生えているところとか、体勢や走り方等。 (童話で言えば)ズルそうなところも?? 同じ哺乳類でも、別ですが、そら似しているところもありますね。 また、猫の座っている体勢や目の形も、蛙と似ていませんか?? 雑談カテゴリーとかあれば、そちらでしても良いところですが、まあ気休めとして御聞き下さればと思いましたので。 結構似通ってますよね。 蜂(ハチ)と蠅(ハエ)の関係は、交差してますね。 刺すと言う面では、蜂と虻が共通するのに、虻は、蜂よりは寧ろ、蠅の親戚であるらしいと。 便所蜂は、刺さないそうですけどね。 ザリガニは、名前と、鋏を持つところだけ、蟹と似ていますが、ザリガニは、蟹よりは海老に近い種類だそうですね。匂いも味も、海老そっくりだそうです。食べた事はありませんが…………食べたいとも思いません。はい。 では失礼します。 思う事あればどうぞ。...

  • 御伽草子の諸本の調べ方 文学・古典

    御伽草子の諸本を調べたいのですが、調べ方が分かりません。 どなたか教えていただけないでしょうか。...

  • 泣ける絵本・・・ アンケート

    小学1年生の甥っ子が、絵本を見て爆泣きしたそうです。  「ねずみくんのチョッキ」 この絵本は、かなり有名だと思いますし、私も見たことがありますが、どうしてこのお話で嗚咽(!)するくらい泣いたのか、不思議でした。 どうも、せっかくおかあさんが編んでくれたねずみくんのチョッキが、人から・・・否、動物からどんどん大きな動物へまた貸しに次ぐまた貸しされてしまい、とうとう最後はゾウさんが借りて着たために、紐のようになってしまったというのが、とっても悲しかったようなんです。 とにかく、ライオンに着られてしまうあたりから、「やだーーーー!」と言って見たがらなくなってしまったくらいで、その後は涙々で読んでいたそうです。 ふむ。。。 とてもうらやましい気がします。 皆さんは、この「ねずみくんのチョッキ」で泣ける心を持っていますか? また、他にも泣ける絵本や童話にはどんなものがありますか? 教えて下さい。...

  • 鯨統一郎の「九つの殺人メルヘン」で 書籍・文庫

    鯨統一郎の「九つの殺人メルヘン」で、9つの話の最後に必ず 「なんだか表にねずみの鳴き声が聞こえたぜ」 というマスターのせりふが出てきます。 これ、いったい何でしょうか? ・何かのメルヘン・物語から? ・どこかのミステリーから? ・なにかの暗示? 推測や感想ではなく「正解」をご存知の方、あるいは推測でも説得力があり「これが正解だろう」と自信を持っていえる方、教えてください。...

  • 童話のタイトル教えてください。 書籍・文庫

     子どもの頃読んだ童話を探しています。題名がわかりません。内容はこうです。 ある美しい惑星に動物が住んでいます。この動物はオリジナルな動物でネズミみたいなんですが足が細くて長かったような気がします。(アヒルチックな足です)でその動物達は草食で慎ましく牧歌的な暮らしをしているんです。  でもその内、空から宇宙船に乗った者達が勝手に移住してきます。(姿は人間だったような気がします。)彼らは宇宙船を操るくらいの文明をもっているのでその惑星を開発し始めます。  当然最初からいた動物達は住処を追われて地下などに逃げていきます。しかし乱開発を連発する移住者達の文明は公害などで破綻してしまいます。惑星自体の空や海なども汚れてしまいニッチもサッチも行かなくなった彼らは結局その惑星を捨て宇宙船で何処かへ行ってしまいます。  地上が急に静かになったので恐る恐る穴倉から出てきた動物達の眼前には変わり果てた地上があります。でも彼らのそばに何とか残っていた湧水と一本の植物の芽があります。  というような内容です。長くなってしまってすみません。補足ですが絵のタッチが外国風だった記憶があります。ピンと来た方、題名を教えてください。...

ページ先頭へ