• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

読みやすい万葉集の本

  • 質問No.7674970
  • 閲覧数510
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 41% (129/313)

質問させていただきます。


先日JRの新幹線で移動中、座席にイヤホンをさして聞けるラジオ?
のようなものを聞いていたのですがおそらく万葉集の歌を読んだ後
これはこういうような意味で、この人はこういう思い出書いたのでしょう
というような事を説明する放送?がありました。


当方、恥ずかしながら中学校以降まともに授業を受けずにいた為
古事記だとか万葉集だとかそういうものが全然わかりません。
そもそも、それもなんの文献のものだったのか正確ではありません…。


内容としては、想い人を待ち続ける女性の歌だった気がします。
こういうものが乗っている歌集は万葉集でしょうか?
とても綺麗な内容の歌でした。


こういった類の歌が乗っていて、注釈?有りのわかりやすく説明してある本はないでしょうか?
それこそ小学生や中学生のレベルでもわかるような勉学の為ではないわかりやすい本がよいです。


上手く説明できませんでしたかよろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 21% (467/2143)

hozukiさん、こんにちは。

防人歌の返歌のようですね。
>万葉集は膨大です。恋歌に絞ってみるのもいいでしょう。
「万葉集の恋うた」清川 妙 中経文庫
これが著者も良く御質問の趣旨に合いそうです。


来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩(もしお)の 身もこがれつつ (百人一首 詠み人忘れました 汗)

青柳の はろろ川門(かわど)に 汝(な)を待つと 清水は汲まず 立処(たちど)ならずも (東歌 万葉集)
 柳の芽吹いた渡し場で、あんたを待って、水も汲まずにそわそわしてるの(すみません、拙訳です) 
  水汲みは女の仕事 また好きな男との逢瀬の場所でもあったそうです

君が目を 見まく欲(ほ)りして この二夜 千歳(ちとせ)のごとく 吾(わ)は恋ふるかな (柿本人麻呂 万葉集)
お礼コメント
hozuki

お礼率 41% (129/313)

ご回答ありがとうございます。


万葉集といったも沢山の歌があるのですね。
青柳の…で始まる歌が気になっていたものに近いです。
恋歌だったり、辞世の句のような儚げだったりする歌が好みです。


>>「万葉集の恋うた」清川 妙 中経文庫
ですね、今度本屋で探してみます!ありがとうございました。
投稿日時:2012/09/01 16:42
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ