• 締切済み
  • 暇なときにでも

「静寂」は形容動詞(語幹)か?

Yahoo answers で外国人の方が「せいじゃくなまち」 と表現しているのに違和感をおぼえました。 「静寂」は名詞でしかなく,「形容動詞(の語幹)」などではないから, 「静寂な町」とは言わない(と思いました)。 しかし,辞書を見ますと,「静寂」で「名・形動」とあります。 「静寂な森」「静寂な夜」と言われるとなんとなくそうかな,とも感じます。 「静寂な町」はいいんでしょうか。 「とても静寂だ」はいいんでしょうか。 そもそも,こういう形容動詞というのは名詞から拡張したように思うのですが, 「静寂」はどの程度,形容動詞として定着しているのでしょう。 最近は昔ほど使われないということはあるでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数581
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#227653

「静寂だ」という形容動詞が存在することは確かですが、あまり使われないので違和感がありますよね。「静寂な街」「とても静寂だ」も間違いではないでしょうが、あまりそういう表現は見かけません。「静寂だ」を使う表現として「静寂な雰囲気」なら耳や目にした記憶があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 形容動詞の語幹の用法について

    形容動詞の語幹の用法のうちに、 「語幹だけを名詞として用いる」というものがある。 例えば、 この国には自由がある。 …ここまでは分かります。 で、問題。 次の形容動詞のうち、語幹を名詞として用いることができるものを見つけなさい。 朗らかだ きれいな 必要なら 正直に すこやかに 親切な 健康だ 穏やかだ 答えは、必要、正直、親切、健康。 名詞ということは、格助詞がつけられればいいのでしょうが、分かりません。 熟語が答えになるのだろうけれど、説明になりません。 ご説明お願いします。

  • 形容動詞の語幹の見分け方について

    形容動詞の語幹を選べと言う問題で何を選んで良いかわからずそもそも見分けかたもわからないのでどなたか教えて下さい

  • 形容動詞の語幹になる名詞の見分け方

    こんにちは! 中学口語文法の問題で、解き方が分からないので教えていただけないでしょうか。 私は形容動詞の語幹になる名詞の見分ける時に「~な」をその後ろにつけてみて自然なものがそうだと考えて解いていました。(例)最高、温暖 しかし、「年少」は「年少な○○」にはつながらないのです。 言われてみればなんとなく分かるのですが、しっくりきません。 どなたか教えてください。

  • 回答No.5

名詞か形容動詞語幹かの識別にはいくつか方法があります。 その幾つかの方法で識別結果が揺れる境界領域の語もあります。 ◯△(チェック)は私個人の語感です。 名詞の判別法の第一は主語になるかどうか。 形容動詞語幹なら「~さ」をつけることでより自然になります。 △静寂は~だ。 ◯静寂さは~だ。 連体修飾の場合「~の」になるか「~な」になるか。 △静寂の時 △静寂な時 △にしましたが、どちらも用例はかなりあるようです。 このあたり、名詞的な性質と形容動詞的な性質の両方を持っているという証拠になりそうです。 連体修飾を受けるか連用修飾を受けるか。 (チェック)すごい静寂だ。 ◯すごく静寂だ。 ◯長い静寂だ。 (チェック)長く静寂だ。 これも判断が揺れます。 同様に副詞をによって修飾されるか(連用修飾を受けるか) ◯とても静寂だ。 (チェック)とても人間だ。(名詞なら受けない) ◯とても人間的だ。(形容動詞なら受ける) いくつか例を挙げて考えてみましたが、 形態的(文法的)性質からは名詞とも形容詞とも言えるという結論になるようです。 意味的に見ると、 静かだ 寂しい とどちらの文字も形容的な意味ですから、本来的には形容動詞ととらえるのがよいと私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

単に、外来語のうち(漢字も元々は外来語)、ものの程度や性質を表す名詞には、だろ、だっ、で、に、だ、な、ならの語尾をつけて形容動詞として扱えるのです。ある意味、このような名詞は全て、形容動詞の語幹となりうる。 重大、辛辣、静寂、これらは名詞ですが、だろだっでに…をつけることによって、形容動詞になります。重大な問題、辛辣な意見、静寂な町。 日本語は、膠着語です。外来語をそのまま輸入して、語尾などをつけることによって、日本語に取り込んでしまう。ホットな意見。 しかし、だ、という終止形で使われるのは、限られてくるようですね。重大な問題→その問題は重大だ、とは言いますが、辛辣な意見→その意見は辛辣だ、とはあまり言いません。静寂な町→この町は静寂だ、は、その中間ってところでしょうか。つまり、使いそうだけど…ということです。外来語を取り込むわけですから、当然、使い慣れているかにより、使用の是非は決まります。ホットな意見は許されるが、の意見はホットだ、とは言いませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

また失礼します。 >「静寂な町」で相当ヒットするとはいえ,「静かな町」とは3ケタ差があります。 >(この質問がトップに出るくらい) "閑古鳥が鳴く町"だと、もっともっと少ないですよ。 "閑古鳥が鳴く町"には私は違和感がないのですが、質問者様はいかがですか。 >「学生な」「春な」レベルな感じもするのですが。 >あっ「レベルな」も使ってますね。 なんか、新しいですね。 「学生な感じ」は若者が使ってるのをちょっとだけ耳にしたことはありますが、「春な」と「レベルな」は私は全く知りません。 「静寂な」がそれらと比較されては、かわいそうな感じです。 「ハイレベルな」なら知っています。広辞苑にも載っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません,「学生な」「春な」レベルな 単なる「レベルな」ではないので,これは「ハイレベルな」と同じだと思います。

  • 回答No.2

「静寂」は、呉音では「ジョウジャク」、漢音「セイセキ」ですが、一般には漢音・呉音で「セイジャク」で、片や「寂静」は、漢音の「セキセイ」、呉音での「ジャクジョウ」で読まれてます。 それは、この「静寂」の持つ意味の多様性や両極乖離性が、過去から引き摺っている事情を物語っているのではないでしょうか。 もともと古文においては、形容動詞としては、「静か」の意味が勝った場合は「静寂タリ」活用で、「寂しさ」の色が濃い場合には「静寂ナリ」活用と見てはいかがでしょう。 静寂たる森、静寂たる夜 ⇔ 静寂なる町、静寂なる港 これが現代語になったことで、タリ活用は名詞「ノ」として、ナリ活用は形容動詞「ナ」として、 静寂の森、静寂の夜 ⇔ 静寂な町、静寂な港 このことはあくまでも検討のためのアプローチとしての思考実験でしかありませんが、このご質問の趣は、根底において、この辺の違いに敏感に反応されていらっしゃるのでないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 >「静寂な町」はいいんでしょうか。 正しいです。 >「とても静寂だ」はいいんでしょうか。 正しいです。 >「静寂」はどの程度,形容動詞として定着しているのでしょう。 >最近は昔ほど使われないということはあるでしょうか。 今でも結構使われているようです。 http://www.google.co.jp/#hl=ja&q=%22%E9%9D%99%E5%AF%82%E3%81%AA%22&oq=%22%E9%9D%99%E5%AF%82%E3%81%AA%22&gs_l=serp.3..0i4i37l5j0i5i4i37.1186578.1196703.0.1197406.8.5.0.0.0.0.1516.4437.3-1j0j1j0j2j1.5.0...0.0...1c.5TGS1WTmJ6k&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.&fp=388be1cbce0925ed&biw=1246&bih=733

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 辞書にあるくらいだから間違いないんでしょうが, どれほど一般的なんでしょう。 小説などで使われている例はあるでしょうか。 Google なんかだと,時代までわからないですよね。 ちょっとリンク先が単なる Google にしか表示されないのですが, 「静寂な町」で相当ヒットするとはいえ,「静かな町」とは3ケタ差があります。 (この質問がトップに出るくらい) 「学生な」「春な」レベルな感じもするのですが。 あっ「レベルな」も使ってますね。 でも「とてもレベルだ」はさすがに言わないですよね。

関連するQ&A

  • 自由はなぜ形容動詞

    『自由』という単語が辞書では名詞と形容動詞と出てきました。 名詞なのは分かるのですが、形容動詞な意味が分かりませんどなたかわかりやすくなぜ形容動詞なのか教えていただけないでしょうか http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%87%AA%E7%94%B1&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=08917908570700

  • 口語文法(形容動詞)の質問

    「きれい」の品詞について考えています。一番自然なのは形容動詞「きれいだ」の語幹と考えることだと思うのですが、「それってとてもきれいね」などという日本語もあるような気がします。形容動詞の活用表をみると必ず活用語尾がついてくるので、こう考えると「きれい」は活用語ではなくて、名詞扱いになるような気もします。形容詞でないのは自分でもわかるのですが、詳しくはどう解釈すべきなのか教えてください。 それともあまり文法的にはよくないことだけど、形容動詞の「だ」抜き言葉、なんていうものがあるのでしょうか。

  • 品詞に形容動詞は必要か否か

    ア)形容動詞を品詞の一つとして認めず、体言に助動詞などが接続したものとして扱う説があるそうです。この説は形容動詞を認めると何か不都合があると主張しているのですか。それとも形容動詞を認めなくても説明の付かない現象はないから認めまいと主張しているのですか。前者のとき、不都合な例を幾つか挙げて頂けますか。  なお、形容動詞を認めると同じ単語が用法によって名詞になったり形容動詞の語幹になったりする(煩わしさがある)のは承知しています。 イ)形容動詞を品詞の一つとして認めず、形容詞の一つとして扱う学説があります。この説は形容動詞を認めると何か不都合があると主張しているのですか。それとも形容動詞を認めなくても説明の付かない現象はないから認めまいと主張しているのですか。前者のとき、不都合な例を幾つか挙げて頂けますか。  なお、この説は母国語に形容動詞がない外国人が日本語を学ぶ際には有効な気がしています。 ウ)形容動詞を品詞の一つとして認めるか否かは議論があるのだと推測しています。文法の歴史を省みるとき、形容動詞の認知度は拡大しつつあるのですか、縮小しつつあるのですか。縮小しつつあるとき、ア)が有力なのですか、イ)が有力なのですか、何れでもないのですか。 宜しくお願いします。

  • 形容動詞「きれい」「有名」「嫌い」について

    形容動詞を名詞と接続する際に「な」を付加するかと思います。 私の印象では、英語などの外来語を形容する場合、形容動詞の使い方をするという認識があります。 例えば、エネルギッシュな人、ゴージャスな家、スマートな振る舞い等です。 カタカナですと外来語であることがすぐにわかるのでいいのですが 「綺麗(きれい)」と「有名」の語尾に「い」が付いても、形容詞ではなく形容動詞とされるのは、漢語が語源だからでしょうか。 そうであれば、以下も漢語と解釈していいでしょうか。 例)横柄・寛大・奇異・公正・尊大・多大・著名・不明・法外・優位 もしそれが正しいとすれば、わかりやすいのですが 「嫌い」も形容動詞であることから、その仮説は間違いなのかなという気もします。 「嫌い」は和語であろうと思うからです。 もちろん「嫌い」は「嫌かった」「嫌くない」などと活用しないですし 私自身は日本人ですので、それ自体の使い方を誤ることはありませんが、その定義が知りたいのです。 その他にも「桁違い」「ぞんざい(粗雑と書くという説もあるようですが)」が思い浮かびます。 長くなりましたが、私の質問は以下の通りです。 1. 外来語を形容する場合は形容動詞とする、という考えは正しいですか。 2. 語尾に「い」と付いても漢字に含まれる場合は漢語であり、ゆえに形容動詞となるという考えは正しいですか。 もし上記の2つが正しくないとすれば「嫌い」「桁違い」「ぞんざい」の語尾の「い」は偶然に過ぎず、単純に形容動詞として受け入れるしかない、ということで正しいでしょうか。 造詣の深い方にご教示いただけますと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 形容動詞「同じ」について

    形容動詞の「同じ」について、理解が足りませんのでご教示ください。 例えば名詞の「服」を修飾する場合、通常の形容動詞でしたら「きれいな服」「素敵な服」などのように「な」を付加するかと思います。 一方で「同じ」の場合は「同じな服」とならずに「同じ服」となり「な」が脱落しているのでは、どうしてでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 二重形容動詞について

    皆さん、 こんにちは、ゼタン003です。 最近形容動詞の接続について、ちょっとわからなくなった。 「好きなように生きます」という言葉は、「好き」と「ようだ」両方も形容動詞でしょうか、 ですからなぜ「好き」のあとに、「な」を使いますか。「な」を使う場合は、形容動詞が名詞に接続する時ではないでしょうか。 そうしたら、「ように」は名詞なってしまうという感じが強い。 あの、日本語は下手ので、おかしい問題をしまったかもしれませんが、皆さん是非お願いします。

  • 身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

    身近な形容動詞について。どんなものがありますか? 現在外国人に日本語を教えています。 「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、 他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか) 同じような活用をするかが知りたいです。 簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。 また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

  • 形容詞、形容動詞の語幹と活用語尾

    中2です。 形容詞、形容動詞で語幹と活用語尾の区別が出来るものと、出来ないものの区別がわかりません。 見分け方など教えてください。

  • 日本語に形容動詞という品詞はないのでしょうか?

    「きれいだ」「あわれだ」「立派だ」などは、形容動詞だと思っていたのですが、改めて広辞苑で調べてみると、このような単語は載っておらず、「きれい」「あわれ」「立派」という名詞だけが載っていることがわかりました。 それで、疑問に思ったのですが、形容動詞というのは、正式に認知された品詞ではなく、構造的には、<「名詞(体言)」+断定の「だ」>であり、その中から、物事の性質や状況を説明するものを便宜上「形容動詞」と呼んでいるだけなのでしょうか?  もし、そうだとすると、ある単語が形容動詞か、そうでないかの判断は、かなり恣意的になると思うのですが、そういうものなのでしょうか?

  • 形容動詞の区別がつきません!

    形容動詞の区別がつきません! 形容動詞かそうでないかの区別がイマイチよく分かりません。 A「元気が なかったのが心配だ」 B「元気で なかったのが心配だ」 これはAが名詞であるということは分かります。 A「あの羽はきっと やわらいだろ う」 B「あの羽はきっと やわらかだろ う」 これはAが形容詞であることも分かります。 では A「今日ぐらい 暖かかっ たらよかったのに。」 B「今日ぐらい 暖かだっ たらよかったのに。」 A「とても 楽しそうに 笑った」 B「とても 楽しげに 笑った」 など、どんどんこんがらがってきて、困っています。 区別のしかたの「これだ!」というものがあれば教えてください。