• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

誘電体上の電荷密度

物質表面の電荷密度は表面電場を誘電率で割ることで得ることができます。 導電体の場合には、電気力線が表面に対して垂直なので計算は簡単ですが http://www.f-denshi.com/000TokiwaJPN/32denjk/fig/1602.gif この絵に描かれてあるように、誘電体の場合には電気力線が90°以外の角度でも 入ることができます。 となると、誘電体上の電荷密度を計算するためには 表面に対して90°ではなく電気力線に沿った角度での電場、 すなわち電場の長さを誘電率で割る必要があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数1846
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • el156
  • ベストアンサー率52% (116/220)

>> 球の表面のうち電界の上流側と下流側では「表」が反転しますから、左半球と右半球は分極の向きが同じでも逆極性の分極電荷が生じます。 > ここの意味ももう少し詳しく説明していただけないでしょうか? 例えば電界の向きが左から右向きで分極の向きも左から右向きなら、左に負、右に正の分極電荷を生じます。誘電体球の左半球は外側が左、右半球は外側が右ですから、左半球の表面には負の分極電荷が、右半球の表面 には正の分極電荷が生じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • el156
  • ベストアンサー率52% (116/220)

> ρfというのは3次元的な電荷密度ですよね? 仰る通り、ρfは3次元的な真電荷密度です。 お礼欄リンク先のようなことをお考えなら、求めたいものは表面電荷密度で、真電荷ではなく分極電荷の密度でしょうか。No.3で提示したdiv E = ρf/εは空間のある点で成り立つ式なのでεは一つです。想定されているようなモデルを考えるには積分しなくてはなりません。しかもこの式はMacroscopicなので分極電荷を扱えません。No.2-3の答えは適切でなかったと思います。 説明を簡単にする為に、外側の空間を真空だとします。  誘電体球内の分極Pは誘電体内部では打ち消し合っていて、誘電体の表面だけに分極電荷として現れます。 誘電体球の内側の電界は、この分極によって外側の電界の1/εrに弱まっています。(εrは誘電体球の比誘電率) 分極Pは、外側の電界と内部の電界の差に定数ε0を掛けたものです。 即ち、誘電体球の外側の電界をEx、内側の電界をEiとすれば、 P=ε0(Ex-Ei) Ex=εrEi です。 もしPとExの向きが同じなら、Eiも同じ向きです。この場合εrはスカラーになります。逆に言えば比誘電率をスカラーと考えることができるような場合には、P、Ex、Eiは同じ向きです。 球の表面のうち電界の上流側と下流側では「表」が反転しますから、左半球と右半球は分極の向きが同じでも逆極性の分極電荷が生じます。ということは、真ん中付近には分極電荷は生じないことになります。ですから「面積当たりの電荷」は面と電界が為す角を考慮しなくてはなりません。お礼欄のリンク先で法線ベクトルとの内積を取るのはこのためです。 「左半球と右半球には逆向きの電荷が生じ、真ん中付近には電荷が生じない」 こと自体は球が導体球で導体球表面の真電荷の分布を求めるのだとしても同じことです。 一般にはP、Ex、Eiの向きは夫々違います。ですからεrはスカラーではなくテンソルになります。この場合はPとExがどのような角度を持つかによって表面電荷密度は変わって来ます。 **** 補足説明 **** 誘電体球内の電界をEiとすれば、誘電体球内の分極Pと比誘電率εrの関係は、 P=D-ε0Ei 但し、D=εrε0Ei で定義されます。 電束密度Dは誘電体球の中でも外でも同じですから、誘電体球の外の電界をExとすれば、 D=εrε0Ei=ε0Ex 従って P=ε0(Ex-Ei) 但し、Ex=εrEi となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >球の表面のうち電界の上流側と下流側では「表」が反転しますから、左半球と右半球は分極の向きが同じでも逆極性の分極電荷が生じます。 ここの意味ももう少し詳しく説明していただけないでしょうか? 電気力線が反平行のときには、表面電荷に寄与するけれど 並行のときには打ち消しあって表面電荷を誘起しないということですか?

  • 回答No.3
  • el156
  • ベストアンサー率52% (116/220)

No.2の回答にタイプミスがありました。 div E = ρf/εです。 Eは電界、ρfは真電荷密度、εは誘電率です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ρfというのは3次元的な電荷密度ですよね? 私が行っているのは2次元的な表面電荷密度のことです。 http://maxwell.jp/nakajima/elemag/e-polarization/2-2.html のページには分極ベクトルの物体表面の法線ベクトルの内積になっているため 表面と水平方向の電場は表面電荷密度とは無関係だと思うのですが 合っていますか? それと教えて下さった div E = ρf/ε の式と上記URLの式には誘電率が一つしか含まれていないのですが 物体の誘電率と媒質の誘電率、二つ必要になると思うのですが これはどちらの誘電率を用いれば良いのでしょうか?

  • 回答No.2
  • el156
  • ベストアンサー率52% (116/220)

> 物質表面の電荷密度は表面電場を誘電率で割ることで得ることができます。 出典は何処でしょうか? Macroscopicの電磁方程式では、  div E = ρf/E ですから、真電荷密度は電界の発散に誘電率を掛けた物になります。 媒質の中に同量の真電荷があったとしても媒質の誘電率が高ければそれだけ電界が弱くなっています。 逆に同じ電界が観測されたとしても、媒質の誘電率が高ければそれだけ沢山の真電荷がある筈だということになります。 電界の強さから真電荷密度を求めるには少なくとも誘電率を掛けなくてはなりません。 物質が導体なら内部の電界はゼロですから電界の発散は表面外側だけを考えれば済みますが、 物質が絶縁体(=誘電体)の場合には、物質内部の電界も含めて発散を考えなくてはなりません。

参考URL:
http://en.wikipedia.org/wiki/Maxwell's_equations

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

うーん。 テンソルとか必要になりそうな気がする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 誘電体中の導体、分極電荷などについて。

    【導体が誘電率εの誘電体に囲まれているとき、真電荷の面密度ρとすると、 1:導体表面の前方の電場 2:分極電荷の面密度 はいくらか】 という問題があるのですが、真電荷というのは、導体の表面にある電荷のことですよね。その電荷に引き寄せられてマイナスの電荷が全体として導体の方を向いている、そのマイナス分を分極電荷という、と思います。(そういう理解です。) 質問なのですが、この「2」の出し方が分かりません。「1」は導体表面に微小面積dsをとって、電荷ρdsが作る電場…という具合に解いていくと思うのですが、「2」の方はよく分かりせん。解答を見ると、分極による表面密度をpとすると EdS = 1/ε0(ρdS+pdS) と式を立てているのですが…。なぜ「1」で求めたEをそのまま使っているのか分かりません。このEは表面の電荷だけが作ったEだから、分極電荷を式に入れたら、また違うのでは…?という曖昧な感じです。 導体の表面の電荷と分極電荷と電場の関係がよく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 導電体であっても真空の誘電率分は電気力線がありますか?

    通常の金属は少し抵抗をもっていますので 完全に抵抗のない導電体を仮定してここに電圧をかけたとします。 導電体は高校物理の考えからすると、電気力線は全く通さないはずです。 一方で、どんな物質であっても真空の誘電率分電荷を貯めるため、 そのため電気力線が存在するという話を聞きました。 そうすると導電体であっても真空の誘電率分は電気力線があるのでしょうか?

  • 誘電体球の分極電荷密度について

    半径aの誘電体球(線形常誘電体 P = ε0 χ E)の中心に電荷 q (>0)をおいた。この場合の電気分極を求め、分極電荷密度を求めよ。 という問題なんですが ρp = -∇・P=-∇・ε0 χ E=0という誤った答えになってしまいます。 よろしければどこが間違っているのかと詳しい計算式を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 電荷面密度

    誘電率がε1の誘電体のなかに 半径aの導体球が電荷Qを持っているとき。 中心からrの距離での誘電体内での電束密度D の大きさがその距離での電界Eを用いて、 D=ε1・E となる。ところまではわかるのですが、 次に、導体表面の電荷面密度は導体表面上の電束密度の 法線成分に等しいので、導体表面上の電荷面密度は? というところの電荷面密度が求められません。 その前に「導体表面の電荷面密度は導体表面上の電束密度の 法線成分に等しいので」という文章がどういう意味なのか わかりません。 どなたかわかる方いらっしゃいましたらお願いします。

  • 誘電率は非誘電率?

    変な質問ですが、誘電率とは直感的なイメージで言うなれば電気力線をどれだけ密集させることが出来るかの度合いとでも言えるものだと思います。 ところで、ガウスの定理E=q/εを考えた場合、電場、直感的なイメージで言うと電気力線の密集度は電荷に比例し、誘電率に反比例します。 この式を解釈すると、誘電率が大きいと電気力線の密集度が小さくなります。即ち、電気力線を誘導しているのではなく、その逆のように思えます。 実際、誘電率は直感的イメージで考えると電気力線を誘導し密集させる割合と思うのですが、ガウスの法則の解釈のどこに間違いがあるのでしょう? 知識が断片的で繋がりません。お願いします。

  • 誘電体の中に誘電体がある場合について

    比誘電率ε_2の大きな誘電体の中に比誘電率ε_1の誘電体の球(半径R)が埋め込まれていて,全体に対して外から+x方向を向いた一様な電場E_0がかかっている.このときの誘電体球の内部の電場を求めよう. 2種類の誘電体の内部での電荷密度はゼロなので,各誘電体の内部での電位(r)はラプラス方程式△V(r)=0の解である.境界面に分極電荷が現れるが,分極電荷の作る電場は遠方ではゼロになる.そこで,前節の例を参考にすると,電位はV(r)=-(E_0)rcosθ+acosθ/r^2 (r>R) a:定数 , V(r)=-E_1rcosθ (r<R)という形をしていることがわかる.(ここでは電位がこのようになるとしておいてください,この式が成立するというのはわかります) cosθ/r^2という形の項は球の中心で無限大になるので,誘電体球の内部の解には含まれていない.したがって,誘電体球の内部の電場E_1は外部からかけた電場E_0に平行で一様であることがわかる. まず一つ目の質問なのですが,なぜここでE_1とE_0が平行で一様であるということがわかるのでしょうか? 式が成立するのはわかりますが,なぜこの事実が言えるのかということがわかりません. また本の続きですが,2種類の誘電体の境界面(r=R)に分極電荷が存在するので,境界面で電場は不連続であるが,電位は連続なのでa=(E_0-E_1)R^3という関係が得られる. 2種類の誘電体の境界面で電束密度の外向きの法線方向成分D_n=(ε_r)(ε_0)E_n=-(ε_r)(ε_0)∂V/∂r・・・(1)は連続なので(ε_1)E_1=ε_2(3E_0-2E_1)・・・(2)という式が導かれる. E=-gradVというのはわかるのですが,なぜE_n=-∂V/∂rというようにr方向のみに依存しているということがわかるのですか? この場合,電場はθ方向などにも依存するのでは・・・. また,(1)が成り立つと認めた場合に(2)をどのようにして導いたのかがよくわかりません. 分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけると本当に助かります. よろしくお願いいたします.

  • 分極電荷密度について

    分極電荷密度を求めるときに使う式は -σ=-p =ε0(εr-1)E|r=a なのですが、問題でもし真空でなくて誘電体中側の導体表面に表れる分極電荷密度を求めるときは、どうしたらいいですか?

  • 誘電体を挿入したコンデンサーの問題

    極板間の電位差をV0、極板面積をSとします。 極板の間には誘電体1・2が挿入されていて、それぞれ誘電率ε1・ε2、厚みd1・d2、面積Sです。誘電体1と2の境界には、面密度σの真電荷が与えられています。 まず、誘電体1・2中の電場の大きさをそれぞれE1・E2とすると、境界では電荷密度が等しいので、σ=ε1E1=ε2E2となりますよね? 次に、電極に蓄えられる電荷を求めたいのですが、問題によるとガウスの“定理”を用いて解くと書いてあります。 この解法がよくわからないので、教えてください。 よろしくお願いします。

  • コンデンサーに挿入された誘電体内の電場の大きさについて。

    誘電体内の電場の大きさは、 E = (σ-σp)/ε0 σ:コンデンサーの極板にある電荷の面密度 σp:誘電体にある電荷の面密度 ε0:真空の誘電率 とあります。で、この式の理由が真空中のE = σ/ε0に対して、誘電体中ではσのかわりにσ-σpとなるから、とあるのですが、なぜ誘電率は真空のものを使うのでしょうか? 誘電体内を考えるのですから、変わってくるのではないでしょうか?

  • 導体の誘電率

     導体の内部静電場が0になる事は、ふつう最小エネルギー定理からかな?、と思うのですが、この解法は電荷移動の過渡過程を考えていません。それで自由電子モデルを使って、少しだけ過渡過程を考えてみました。  孤立した導体に外部電場がかかるとOhmの法則から、自由電子が移動を始めますが、誘電体のイメージと重ねると、誘電体では原子や分子から出て来ない電子が自由電子として飛び出してきて、外部電荷を完全に打ち消すような表面電荷になると思えます。 (実際には飛び出さずに、電子軌道を乗り換えるだけですが)  よって導体は電気感受率∞の誘電体ですが、逆にそうなると、電荷分極が起こるより先に内部電場が消えてしまって、表面に移動した自由電子を除き、残りの部分は電子軌道のランダム乗り換えで拡散し、結局分極はほとんど起こらないような気がします。  という訳で理想化すれば、導体の誘電率は真空の誘電率ε0に等しいという話になります。この意味は、電束に関する微分形のガウスの法則を表面電荷に対して、導体表面の法線方向のデルタ関数を使って、強引に電場で書いてやった場合、そこに登場する物質の誘電率が、ε=ε0という意味です。  しかしこのサイトのいくつかのQ&A(金属の誘電率)を読むと、周波数0の直流に対応するような電場の場合(まさにいま考えている外部電場)、誘電率は「-」という記述が見られます。上記のようなモデルは、やっぱり粗すぎるのでしょうか?。  それとも誘電率は「-」とは、電磁場の方程式系を正直に解いた場合に、結局定常状態では電場は導体内部に侵入できないという事を表す記述なのでしょうか?。適切に誘電率「-」ならば、導体内電場なしと解釈できるので。  よろしくお願いします。