• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

緩衝液に塩基を加えた際に起こること

「設問 以下の空欄に当てはまるイオン反応式をいれなさい。 同物質量の酢酸と酢酸ナトリウムを含む混合水溶液に少量の塩酸を加えると (ア)の反応が起こり、水素イオン濃度はほぼ一定に保たれる。 また、少量の水酸化ナトリウム水溶液を加えても(イ)の反応が起こり 水酸化物イオン濃度はほぼ一定に保たれる。」 「回答 アCH3COO- + H+ → CH3COOH イCH3COOH + OH- → CH3COO- + H2O」 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ この問題のアは分かったのですが、イが分からないのです。 自分はこう考えました。 酢酸+酢酸ナトリウム+水酸化ナトリウム+水という系には CH3COOH(電離していない酢酸) CH3COO-(酢酸由来の酢酸イオン) H+(酢酸由来の水素イオン) CH3COONa(電離していない酢酸ナトリウム) (完全電離するかも?これは無いかも?) CH3COO-(酢酸ナトリウム由来の酢酸イオン) Na+(酢酸ナトリウム由来のナトリウムイオン) Na+(水酸化ナトリウム由来のナトリウムイオン) OH-(水酸化ナトリウム由来の水酸化物イオン) H2O(電離していない水) H+(水由来の水素イオン) OH-(水由来の水酸化物イオン) があります。 先ほどここでご教授いただいた水溶液中での酸と塩基の振る舞いから考えて (http://okwave.jp/qa/q7633169.html) 反応するものはおそらく OH-(水酸化ナトリウム由来の水酸化物イオン) H+(どこ由来かはよく分かりませんでした) 反応はH+ + OH- → H2O よってイの答えは H+ + OH- → H2O ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ しかしイの答えとは違っています。 なぜでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数366
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Saturn5
  • ベストアンサー率45% (2270/4952)

No.1の解説の趣旨はよく理解しているようです。 H+はどこからきたものですか? 化学反応式のルールは左辺は反応前にある者、右辺は反応でできるものです。 H+が水溶液中に存在しないことは明白でしょう。 >H+(酢酸由来の水素イオン) これは存在しないのです。 酢酸の電離は通常でもほぼ分子状態で存在します。 CH3COOH ←→ CH3COO- + H+  ここに酢酸ナトリウムを加えると、CH3COO-イオンの増加によって 平衡が左側に移動します。 よって、H+はほとんど水中には存在できないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど、酢酸ナトリウム由来の酢酸イオンによって 酢酸は殆ど電離できなくなるますね。 そうすると酢酸+水酸化ナトリウム+水の時と反応の事情が違ってくるのですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (372/610)

緩衝溶液のpHを考えれば、加えた OH^- と反応するのに十分な量の H^+ が溶液中に存在しない事が分かるだろう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ん~なるほど、すぐにH+が無くなり、CH3COOHがH+を供給することになりますね。 だから「CH3COOH + OH- → CH3COO- + H2O」という表記が正しいと。 しかし、一つ疑問なのですが、H+がすぐに無くなりCH3COOHがH+を供給しだしますが 起こっている反応はあくまで水素イオンと水酸化物イオンとの反応ですよね? ですからH+ + OH- → H2Oという表記も正解で、なおかつこちらのほうがより正しいのでは?

関連するQ&A

  • 酢酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の混合物 pH

    大学受験範囲です 「0.10mol/Lの酢酸水溶液10mLに0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液5.0mLを加えて 緩衝液を作った。この溶液のpHはいくらか。 ただし酢酸の電離定数をK=2.7×10^-5mol/L log10 2.7=0.43とする」  という問題を、自分はこう考えました。 酢酸と水酸化ナトリウムは反応するわけだから、最初にその反応を考え その反応の結果生じた物質と残った酢酸を考えれば溶液のpHがわかる。 混合直後の水溶液には 酢酸は10×10^-4molある 水酸化ナトリウムは5×10^-4molある これがCH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2Oと中和反応する。 よって中和反応後は 酢酸5×10^-4mol  酢酸ナトリウム5×10^-4mol  水 たくさん ということになる。 酢酸          CH3COOH⇔CH3COO- + H+ 酢酸ナトリウム  CH3COONa⇔CH3COO- + Na+ 水               H2O⇔H+ + OH-      と電離している。 CH3COOH⇔CH3COO- + H+ が平衡に達するまでに電離した酢酸の物質量をXmolとすると 平衡時  酢酸(5×10^-4 -X)mol 酢酸由来の酢酸イオンXmol 酢酸由来の水素イオンXmolとなる。 ここで酢酸ナトリウム由来の酢酸イオン、水由来の水素イオンを無視できると仮定する。 そうすると2.7×10^-5=X^2/5×10^-4 -X が成り立つ。 5×10^-4 >> X と仮定すると 2.7×10^-5=X^2/5×10^-4 計算して X^2=2.7×10^-5 × 5×10^-4 X^2=13.0×10^-9 までできたのですが、ここから先解けなくなってしまいました。 どこで間違っているのか教えてください。       

  • 酢酸イオンの加水分解

    酢酸ナトリウムが電離して生じた酢酸イオンCH3COO^- が加水分解するとき、 CH3COO^-+H2O ⇔ CH3COOH + OH^- の平衡が成り立ちます。このとき、平衡がかなり左に寄っているらしいのですが、それはなぜなのでしょうか?むしろ酢酸は弱酸(電離度<<1)で、 H^+ を出しづらいから右に寄ると思うんですが・・・ ご解説お願いします。

  • 酢酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の混合について

    酢酸水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えて中和反応させる場合、 A・・・もとの酢酸水溶液では、実際には、CH3COO^- と H^+ にわずかに電離していると考えてよろしいでしようか? B・・・生成したCH3COONaは、実際には、CH3COO^- と Na^+ に完全電離していると考えてよろしいでしょうか?

  • 水溶液中での酸と塩基の反応について 実際は

    水溶液中での酸と塩基の反応についての質問です。 例えば水溶液中での酢酸と水酸化ナトリウムの反応は、普通 CH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2O  と表しますよね。 この式は反応の量的関係を表しているわけですが では実際の反応はどういうことが起こっているのでしょう? 酢酸粒子と水酸化ナトリウム粒子が直接反応しているのでしょうか? それとも電離してから反応しているのでしょうか?

  • 化学II 電離平衡

    化学II 電離平衡 たとえば酢酸で、電離定数Kaが2.8×10^-5mol/Lと与えられていたとします。 温度を変えなければ一定と書いてあるので、温度は一定とします。 この酢酸水溶液は、もちろん [CH3COOH] ←→ [CH3COO-] + [H+] の平衡を保っているから Ka=2.8×10^-5 を満たしていると思います。 それはわかるんですが、最近習った緩衝液や加水分解のところで 0.3mol/Lの酢酸100mlに0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mlを加えた。混合液のpHを求めよ。 のような問題があり 反応式は [CH3COOH] + [NaOH] → [CH3COONa] + [H2O] で 与えられた情報と反応式の係数から計算すると 反応した後は 酢酸が0.02mol 酢酸ナトリウムが0.01mol 水が0.01mol できたことがわかりますが このときでも電離定数Ka=2.8×10^-5 は成り立っているのですか? 電離定数を習ったのは、酢酸がただ電離するだけの場合だったので このように、ほかの物質なんかと反応したときでも成り立つのかがわかりません。 また、成り立つとすれば Ka=[CH3COO-][H+] / [CH3COOH] の、酢酸が減り、酢酸イオンが増えるからKaがかなり大きくなるが 逆に水素イオンがおおきく減り、結局同じ値におさまるということでいいのでしょうか? (ここでは高校化学のレベルの話です。) 平衡、電離定数についての説明をお願いします。

  • 緩衝溶液の問い

    酢酸はCH3COOH⇔CH3COO-+ H+ とでんりするが濃度Cモル電離度αとして 電離定数をKaであらわす。 この酢酸溶液に対し水酸化ナトリウム水溶液0.5Cモル同僚加えると(αは1より十分小さいとして)PH=? ここでC=0.4のときPH=? また、この溶液100mlに80mgの水酸化ナトリウムを加えたときPH=? Ka=1.75×10(-5乗)モル毎リットる ログはそのままでいいです。

  • 高校化学(電離平衡、緩衝溶液について)

    25℃において、濃度0.10mol/Lの酢酸水溶液、15mLに、濃度0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液mLを加えた。得られた溶液のpHを小数点第一位まで求めよ。ただし、25℃における酢酸の電離定数Ka=1.5×10^(-5)mol/Lとする。(log2=0.3 log3=0.48) この問題で、 まず水酸化ナトリウムとの反応で残った酢酸イオンの物質量が1.0×10^(-3)mol 生成した酢酸イオンの物質量が5.0×10^(-4)mol であるというところまでは分かりました しかしこれを使って水素イオン濃度を出す方法がイマイチ納得できません 解説にはこれらの値を直接電離平衡定数の定義式(Ka=[H+][CH3COO-]/[CH3COOH])に代入して水素イオン濃度を計算していました。 なんでこのようにして良いのでしょうか? [H+]=-log(√CKa)ではダメなのですか?

  • 中和反応

    (1)酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの中和反応は下のであっているでしょうか? CH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2O CH3COONa→CH3COO-+Na+ CH3COO-+H2O→CH3COOH+OH- ・・・よって塩基性となる。 (2)また、↑と同様にして、硫酸とアンモニア水の中和反応の式を記していただければありがたいです。どうしても分からなかったので。

  • 酢酸イオンについて

    0.1mol/L酢酸水溶液10mLを同濃度の水酸化ナトリウム水溶液で滴定した時の酢酸イオンの化学種のグラフを書きなさい、(縦軸mol,横軸NaOHのmL) というものですが、 答えによれば、CH3COOH+NaOH→CH3COO^(+)Na^(-)+H2O より、CH3COOHは減っていき、NaOH10mL以上で0molになる、とあるのですが、 CH3COOHは弱酸だから、CH3COO^(-)+H2O→CH3COOH+OH^(-) という変化を起こして、初めから0molではないかと私は思ったのですが、 なにが間違っているのでしょうか。

  • 加水分解について

    酢酸ナトリウムの加水分解についてなんですが、教科書には次のように説明されていました。 酢酸ナトリウムはイオン結合の物質であるから水中ではほぼ完全に電離する ここでCH3COO-は弱酸のイオンであるから一部は水分子からH+を奪ってCH3COOHになる。 その結果、OH-がH+より多く存在するので塩基性となる。 ほぼ理解できるのですが、一つだけ良く分からないところがあって、酢酸ナトリウムが電離することによって現れるNa+は新しくできたOH-とは反応することは無いのでしょうか? 友人に聞いてみてもそもそもそんなところを気にする人すらおらず、よくわかりません。 どなたか教えていただけないでしょうか。お願いします。