解決済み

上司

  • 困ってます
  • 質問No.7583616
  • 閲覧数390
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (4/4)

接客の仕事をしています。

上司は細やかでよく気が付く方です。
先日ミスをし怒られ、お詫びを申した時に上司に「思ってないのに謝らなくて良い」と言われてしまいました。
本当に申し訳ない気持ちだったのですが、その時はショックで何も言え
ませんでした。
上司から見れば私の態度、言葉が悪かったんだな、と思いました。
それからは上司が雑務をされているときに「ありがとうございます。私が代わってやります」と言ったりするのですが、タイミングが悪かったり私の言動が気にくわないらしく「なんでもっと早く言わないの?本当に思ってたらもっと早く言うはずですよね」「なんで上から目線なの?」と注意されたり、無視される時があります。

だんだん方法も分からなくなり、また同じような事を繰り返しております。
ミスも沢山しており、その度に言われてしまいます。
こんなダメな私に何か助言を頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 34% (2876/8338)

相手の個性ですから、余り気にしなくて良いんじゃないですか?
それよりは、その個性などを把握することに努めるべきでは?と思います。

まず「思ってないのに謝らなくて良い」って言うのは、事実じゃないワケですよね?
質問者さんの「思い」は、上司には判らないことであり、質問者さんの思いは「本当に申し訳ない気持ちだった」ですから。

従い、「この言葉は上司の間違いである」と言う真実を知っているのは、質問者さんだけということで、それだけで良いのではないですか?

真実を知る質問者さんは、モチロン上司に「その発言は正確では無い」なんて言い返しても良いですけど、それは事実・真実に照らして極めて正確な発言ではあっても、必ずしも賢明な発言とは言えません。

違う言い方をしますと、この会話で、「上司は勝手な憶測や仮定で、誤った判断・指示をする」と言う事実が、質問者さんは把握出来たわけです。

「ありがとうございます。私が代わってやります」については、「代わってやります」と言う断定的な言い方が「なんで上から目線なの?」なんでしょうね・・。
ここでも神経質的な個性などが判りますけど、まあ指摘が的ハズレと言うワケでもないので、「スミマセン。以後は気を付けます」とでも言っておけば良いんじゃないですか?

「なんでもっと早く言わないの?本当に思ってたらもっと早く言うはずですよね」は、上述の2つを足して2で割った感じですね。
引き続き細かいなぁ・・と思いますし、「本当に思ってた」は、質問者さんにしか判らないことです。
こういう難癖になってくれば、これまで把握した個性を踏まえて、多少は反論しても良いかと思いますよ。


> だんだん方法も分からなくなり、また同じような事を繰り返しております。

結局のところ上司は、質問者さんの「思い」などを一方的に憶測し、その上で不正確な指示や指導を断定的に行うから、質問者さんが混乱・困惑するのでしょう。

そういう指示や指導までを気にして、萎縮するから、更にミスの原因になるんじゃないですかね?
それって早い話「メチャクチャな間違い」だから、大筋は無視しておけば良いですよ。

ただ、ミスがあるうちは、余り反論出来ないですね。
それがそもそも、上司とのギャップの原因でしょうし。

余り気にせず萎縮せずで、その結果ミスが減れば、質問者さんと上司の距離は縮まります。
距離が縮まれば、「すみませんけど、私の思いを憶測して、その憶測に基づく指示は、正確とは言えないので、やめてもらえないですか?」的なコトを言えば良いと思いますよ。

下っ端の間は、上司には逆らえないモノで、そういう時点で逆らえば、まず失敗します。
そういう時期には、細かい点にこだわらず、大雑把に相手の個性や傾向の把握に努めたら良いですよ。

文句を言いつつも、手伝いなどを申し入れない方が、機嫌を損ねたり根に持ったりしそうですから、「宜しければお手伝いしましょうか?」的に尋ねたら良いと思います。
お礼コメント
nico__

お礼率 100% (4/4)

納得しました!

おっしゃる通りきっと把握ができていないんだと思います。
これまで関わってきた上司と全く違うタイプなので…
相手を知ることって大事ですね

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-07-12 13:28:19

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 17% (561/3167)

まずあなたがミスをしたわけでしょ。それで怒られた。怒られて謝ったのに、優しく許してもらえなかったことがショックですか・・・。ミスをしておいて、謝れば当然に許されると思っていることがまず甘いし、上司の言葉がショックで何も言えなかった、なんて恨みがましく思ってる感じも、自分のミスを棚に上げてるでしょ。そういうところが伝わって、「思ってないのに謝らなくて良い」って言われちゃったんじゃないですかね。

それと、あなたがきちんとした言葉を使おうとしているのはわかるけど、「お詫びを申した時」って言葉もおかしいし、上司が雑務をしているところに、「ありがとうございます。私が代わってやります。」って言うのも、不適切だし、おかしいんですね。

ちゃんとしようとしているけれど、正しくないんですね。敬語は使い方を間違うと、普通に丁寧語で喋るより失礼になることもあるので、その上司があなたに、「なんで上から目線なの?」って言いたくなったり、無視したくなる気持ち、私は少しわかります。

そもそも何でミスを沢山するんです?怒られたらまず、二度とミスをしないように気を付けなきゃいけないし、今後もミスをし続ける前提で、上司があなたに優しくしてくれる方法なんかありません。

今後絶対にミスをしないと決意することと、あと、せっかくきちんとした言葉を使おうとしているんだから、もうちょっと勉強して、正しい言葉を使えるようになってください。

ちなみに私は、ちゃんとした言葉を使おうとしている若者が好きです。そうじゃない人の100倍ぐらい将来性があると思ってます。あなたはきっと、その上司から怒られることがなくなって、毎日褒められるようになった時、明るい未来がパーっと開けると思いますよ。頑張って。
お礼コメント
nico__

お礼率 100% (4/4)

ありがとうございます。
考えが甘かったです。
言葉で許してもらおうなんて思わず行動していきます。
言葉遣いに関しては勉強します。
投稿日時 - 2012-07-11 14:41:21
  • 回答No.2

ベストアンサー率 11% (30/251)

上司と相性が悪いのかもしれないし、挨拶はしてなるべくミスはしないようにしてゴタゴタはなるべく気にしないようにしたらいいのではないかと思います。
お礼コメント
nico__

お礼率 100% (4/4)

少し心が軽くなりました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-07-11 14:30:57
  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/4)

可哀相・・

その上司、かなりヒステリックな方ですよね。
と~っても昔、そういう上司の下で働いた経験がありますよ(笑)
本当に口を開くと、なんで愚痴っぽい言葉しか出てこないんでしょうね。

たぶん、ウマが合わないのかな・・そういう人とは、永遠にそういう仲でしかないでしょうね。
例えば、職場をあなたが先に辞めてしまって、ふと、なつかしいな・・と思う瞬間があっても、実際に会えば、あ・・この人はこういう人だったんだわ・・という感じにしか思えないタイプの人です。

普通なら、気にせずに頑張って!とか言うべきなのかも知れませんが、私も経験しているので、そんな感じには先ず言えません(T.T)
もし、どうしても我慢できなくなって、それが自分から辞めるしか無いとしても、そういう上司の下に長くいれば、余程打たれ強くもない限り、あなた自身がくさってしまいます。

可能であれば、その方からいろんな方向で離れて、ミスをしても活き活きと活躍できる場にいて欲しいです。たぶん、あなた自身萎縮してしまっている事によって、ミスが増えている可能性もありますよ。
その方から離れれば、ミスの数もきっと減ってくるでしょう・・

あなたの明るい未来の為に、その方から離れて欲しいですね。
お礼コメント
nico__

お礼率 100% (4/4)

ご回答ありがとうございます。

確かにウマが合わないのかもしれないです。上司にも私たち噛み合わないよねと呆れながら言われた事があります(>_<)

異動でない限り上司と離れるのは難しいです。私にも非がありますので異動希望なんて言える立場でもないですし…

萎縮してますますミスをしてしまう…
そうですね。その上司がいない時はミスなく生き生きと働ける気がします。

とにかく円滑に仕事がしたいです。
もう少し頑張ってみます。
投稿日時 - 2012-07-11 08:52:16
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ