• ベストアンサー
  • 困ってます

脂肪燃焼のための有酸素運動時の気温について

ダイエットで、脂肪を減らすために有酸素運動を積極的に行っています。そこで質問なのですが、暑い所で有酸素運動を行うのと、涼しい適温の所で有酸素運動を行うのと、冬の外などの寒い所で有酸素運動を行うのでは、脂肪の燃焼量に違いはあるのでしょうか?教えてください、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1090
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • teid7
  • ベストアンサー率34% (13/38)

>脂肪の燃焼量に違いはあるのでしょうか? ありません。 体脂肪がエネルギーとして使われる、ということは、例外なく体内で酸素と結びついて酸化されるということです。寒い場所でも暑い場所でも、同じペースなら運動して酸化される脂肪の量にさほど差はでないでしょう。よく、極端な例として北極基地の人は一日4000kcal摂ってるだとか、寒冷地の軍用携帯食(レーション)の熱量は高い、だから寒いところだと太らない、なんてもっともらしいデマが吹聴されてますけど、体内からエネルギーが出ていくということは、体内で酸素と結びついた脂肪が呼気として吐き出されることです。 体温維持の為の熱量にしても同じです。体温を維持するにも酸素と結びついて酸化しなければ熱は生み出されません。 細胞で酸素と結びついて不要な二酸化炭素を排出する。 基本的にはここは変化しません。 なので、もし本当に寒冷地のほうが消費熱量が高いんだ、ということであれば、ただ座っているだけで心拍数が異常に高くなり、何もしてないのにん息がやたらと荒くならねばウソです。 (わざと呼吸を荒くしても、体内で使われているエネルギー量に変化がないなら、単にガス交換比率の二酸化炭素の割合がかなり減る結果になるだけです。つまり酸素を肺に出し入れしている) しかし、実際には寒い地域に行っても、呼吸が荒くなることは無いし、体温が異常に上昇することもありません。 暑い、寒い、それぞれの環境で運動するのなら、消費熱量がどうだというよりも、安全に運動できる環境を自分で整えること、例えばこれからの季節なら、運動しながらの水分ミネラル補給等、に気を配ったほうが良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

論理的で的確なアドバイスありがとうございました。がんばります。

関連するQ&A

  • 脂肪燃焼

    20分から、30分から、40分から…と言われていますが、実際は有酸素運動を始めてどのくらいから脂肪が燃焼されるのでしょうか?

  • 効率の良い脂肪燃焼とは?

    最近太り気味でジムに通うことにしたのですが、クロスという器具で有酸素運動を20分やって、その後筋トレをするということを3回繰り返しているのですが、効率よく脂肪燃焼するには20分以上有酸素運動したほうがよいとのことですが、1時間継続して有酸素運動するのと有酸素運動を20分やって筋トレを10分、すぐに有酸素運動をまたやるという繰り返しとでは、効果はさほど変わらないものでしょうか?あとスポーツドリンクでヴァームが脂肪燃焼によいと聞いたことがあるのですがどうでしょうか?他にも脂肪燃焼に良いサプリや飲料水、運動方法などがありましたら教えてください。お願いします。

  • 有酸素運動と脂肪燃焼

    こんにちは。 有酸素運動と脂肪燃焼について興味がある者です。 よく、目安として10~20分以上の有酸素運動で脂肪が燃焼し始める と言ったことを聞くのですが、 その有酸素運動で脂肪が燃焼し終わるのはいつぐらいなのでしょうか? 例えば、1時間のジョギングを行い そのジョギングによる脂肪燃焼が終わるのは ジョギング終了後、どれぐらい経ってからなのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#192508
noname#192508

温度の差が関係するのは発汗作用だけなので、 発汗作用と脂肪燃焼には何の因果関係も証明されておりません。 よって、違いはないと言えます。 また、脂肪「燃焼」という言葉を使われておりますが、 ただしくは、脂肪「分解」です。脂肪が栄養素に分解されて、 身体に作用するわけです。 燃焼だから暑ければ燃えるのだろう、と思ったのかもしれませんが、 全く関係がありません。 余談ながら・・・ 汗をかけば痩せると思っている人は多いですが、 体内の1割でも水分を失うと、人は簡単に死にます。 ですので、補給しなければならず、補給すれば相殺されますので、 ±0となります。 一つアイデアとして、夏場に高所でトレーニングすることで、 涼しいながらも肺をよくつかうことで肺活量アップが期待されます。 無論、長く続けなければ意味はありませんが、 週末だけでもトレランしてみるというのもいい方法かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

週末にコツコツとやってみます。ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#168366
noname#168366

寒い場所と暑い場所を経験したものです。 世界で一番寒いと云われているロシアの都市ベルホヤンスクでは、氷点下60℃位になります。 世界で一番暑いと云われているイラクのバスラでは、日蔭で45℃を超えます。 どちらも一般人には戸外で運動などできないので比較できません。 因みに、世界の肥満の人口割合については諸説あるようですが、私の経験では酷暑より極寒地域の方が、肥満者が多かったように思います。 お尋ねの件に関しては、あなたが健常者で、且つ、最終目的が脂肪燃焼率ではなく減量(脂肪減少)であるならば、自分にとって強く長く行えることがベターチョイスだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

的確なアドバイスありがとうございます。確かにそのとおりだと思います。

  • 回答No.2
  • rexxam
  • ベストアンサー率35% (430/1203)

はじめまして、ダイエット経験者の男性です。 基本的には、変わらないと思います。それより適温で有酸素運動をした方が、長い時間、無理なく持続出来るのでそちらの方が効率が良いように思います。 あまり知られていませんが、基礎代謝は夏よりも冬の方が高いです。理由は、気温が低いと体温を保つために代謝量が上がります。そのため、やり方次第では、寒い時期の方が、減量しやすいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、と言うことは夏はできるだけ涼しい所ですべきということですね。ありがとうございました。

  • 回答No.1

私は、ダイエットではないですが有酸素運動はよくします。主にプールで長距離泳ですが・・・ さて、ご質問ですが運動をすると当然、発熱をします。発熱をすると汗をかいて体は、温度を下げようと働きます。発熱をするということはエネルギーを消費しているので、当然そこで余分なエネルギーが消費されると思っております。 温度が高いと、当然かく汗の量は多く、低いと少ない。なので、私的には温度が高いほうが、使用エネルギーは高いと思います。しかし、その後に体は水を要求しますので、体重増を嫌がって、水を摂取しないというのは間違いで、水はカロリー0ですから、どんどん飲んでます。 ただ、体温と外気との差が大きければ大きいほど、運動する気にならないですよね。また、気力も長続きしません。 なので、むしろ効率を考えると、長時間持続できる運動を選ぶべきと思ってます。 脂肪の燃焼は、20分以上継続して運動しないと意味がないからです。 なので、ロング、ディスタンス、スロー、、、というLDSで運動することがお勧めです。 効率を考えるより、自らが継続して行えるということに観点を置くべきと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにそれは言えていますね、的確なアドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 有酸素運動の合間に腹筋をしても脂肪燃焼になる

    有酸素運動のビリーズブートキャンプをやっている合間に腹筋を取り入れても脂肪燃焼になりますか?有酸素運動が脂肪燃焼になるらしいですが、それをやっている合間に無酸素運動の腹筋を取り入れても大丈夫なんでしょうか?ビリーズブートキャンプでの脂肪燃焼の効果が落ちますか?

  • 有酸素運動後の脂肪燃焼を妨げる行為について

    有酸素運動後は、しばらく勝手に脂肪が燃焼し続けるそうですね。 でもお風呂に入った時点、食べ物を口にした時点で せっかくの脂肪燃焼がその時点でストップしてしまうという噂を聞きましたが これは本当でしょうか? (なので有酸素運動後1時間は上記の事を控えなさい、との事。) 食べ物のほうは何となく分かるような気がしますが なぜお風呂も?? また、水分を口にしたり、煙草を吸った時点でも 脂肪燃焼がストップしてしまうのですか?

  • 脂肪燃焼と気温について

    脂肪が燃焼するのは良く有酸素運動をはじめてから20分経過して・・と言われています。ところで、同じ20分でも冬の運動と真夏の運動では汗の量も疲労度も全く違います。この場合カロリーの消費量は違ってくるのでしょうか? 知りたいのは運動する際にサウナスーツを着用したほうが効果的なのかどうか(単純に汗の排出量の分だけ体重が落ちる以外の意味において)ご存知の方は教えてください。

  • アミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果ありますか?もちろん有酸素運動の前に取る場合です!

    DHCの方に有酸素運動の前に飲むとよりいい脂肪燃焼系サプリについて聞きました。 わたしは25歳なので、コエンザイムQ10やカルチニン、αリポ酸は十分作られてる、必要ないと言われました。 20代の有酸素運動前に飲む、脂肪燃焼にいいのは、アミノ酸ということでした。 そこで、質問なんですが、コーヒーなどに含まれるカフェインも、運動の20~30前に飲むといいとよく聞きますが、アミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果が高いのでしょうか? 、

  • 脂肪燃焼に関する疑問点(1)

    タイトルの件、いくつか疑問が生じています。 ◎前提 A.ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動 の流れで、ウエイトトレで血中遊離脂肪酸濃度を高め、効率の良い有酸素運動での消費を考えています。 B.筋肉を動かすときの運動エネルギー源は、アミノ酸、グルコース、そして、脂肪酸。このうち、アミノ酸が運動エネルギーとして使われる割合は常に15%程度。 残りの85%は脂肪酸とグルコース(糖)が競合して用いられ、  (1)トレーニング状態  (2)運動の強度や時間  (3)運動前・運動中に摂取する飲食物 等の影響を受けて、それぞれの割合が大きく変動する (疑問1)運動前・運動中に摂取する飲食物 運動の前後に糖質を摂ると脂肪燃焼が止まってしまう。ただし、例外として、果糖(フルクトース)は、脂肪燃焼を止める作用が著しく小さい。だから、ウエイトトレから有酸素へのインターバルでは果糖(フルクトース)を摂取しなければ、却って有酸素運動の脂肪燃焼効率が下がる結果になりかねない。果糖(フルクトース)はネットで1200円/kg程度で販売しているようだ。 ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動という流れの中で、筋肉を維持し、効率よく脂肪燃焼を行うためには、それぞれの運動中になすべき水分と栄養の補給は? また、やってはならない補給は? 例えば、ジョグ中のアミノバイタルなどを飲むことは脂肪燃焼を妨げるか? (疑問2) 安静時に消費されるエネルギーは、凡そ糖質:脂質=1:1か? 最大心拍数の60~75%程度の有酸素運動が最も効率よく脂肪燃焼をする。それを超えると糖質に依存する割合が増える。 ウエイトトレではほぼ100%糖質。 最も効率よく脂肪燃焼をした場合、エネルギーの何%くらいまで期待可能か?そういった研究データはありますか? 言い換えれば、ランとジョグの消費エネルギーが拮抗するのは、凡そ7.5km/hというデータがあるようですが、ここからファットバーンゾーンの最大心拍数×60~75%までの、脂質と糖質の消費割合を示すような数式またはグラフなどはありますか? 質問項目が多いので、とりあえず2つ。 仕事の合間で文章を推敲せず、ぶっきらぼうでごめんなさい。m(__)m

  • 「脂肪が燃焼する」とは、詳しく言うと?

    有酸素運動を中心にダイエットしています。 よく、「脂肪が燃焼して痩せる」といいますが、 「脂肪が燃焼する」とは、詳しく言うとどういうことなのでしょうか。 有酸素運動を開始してしばらくすると、体についた脂肪が分解され、 血中に溶け出し、エネルギーとして使われるので燃焼する… まではわかるのですが、そこから先がわかりません。 脂肪は、どうやって体からなくなっていくのでしょうか。 脂肪燃焼のメカニズムが知りたいです。

  • 脂肪燃焼タイムについて(有酸素運動)

    私は30代の男性です。 ある日、いくら食べても太らない友人Aにどうしたら体型保てるか聞いたら 「食べたらその分動けばいいじゃない」と言われ、 それからはダイエットの為に1年半前から有酸素運動(ウォーキングや水泳)を45分~1時間 くらい毎日続けています。そしてテレビなどで20分以上続ければそこからは 脂肪燃焼タイムに入ると聞いてからそれからはノンストップで運動するように心がけています。 ですが最初の内はすんなり落ちた体重も今ではあまり落ちずに定着している感じです。 私の勝手な解釈では、 ・最初は内臓脂肪から減るから簡単に体重が落ちた。 ・今は落ちやすい内蔵脂肪が減った為、落ちにくい皮下脂肪にターゲットがうつったので減りにくい。 ・体が運動に慣れてしまって前より脈拍が上がりにくいので脂肪が燃えにくい。 ・もしかしたら停滞期に入ったかも。 この見解あってますでしょうか?(汗) 上記に書いた事をある友人Bに話したら、「いくら有酸素運動しても摂取カロリーが 一日の消費エネルギーを超えてしまったのでは一向に痩せない」と聞きました。 そこで頭が混乱してわからなくなってしまったので教えてください。(ここから本題です) 成人男性の平均消費カロリー2,200kcalだと言われています。 だとしたら摂取カロリーと消費カロリーを全く一緒にしたら痩せも太りもしないはず。 そこで以下に2つの例を出しますので結果は同じか教えてください。 I・運動を全くしないが一日の摂取カロリー2,200kcalを保っている人 II・一日の摂取カロリーが2,500kcalで30分以上の有酸素運動で300kcalを消費して 2,200kcalを保っている人。 上記2つのケースは理論的には同じだと思うのですがどうですか? ただ私が一番聞きたいのは“脂肪燃焼タイム”の事です。 Iの人とIIの人は摂取カロリーこそ一緒だけど、IIの人は20分以上の有酸素運動 で“脂肪燃焼タイム”を実行しています。これはIの人に比べてプラスαでカロリーを消費しているのでしょうか? つまり結果IIの人は痩身効果があるか聞きたいです。 私がひたすらノンストップで20分以上運動していたのは“脂肪燃焼タイム”がある と聞いていたから。もし結果がIの人もIIの人全く変わらないのであればがむしゃらにノ ンストップで20分以上運動しなくても一日の中で細かく振り分けても良いのかな? って思ってしまいました。誰に聞いても良い回答が得られません。 どなたかどうぞご教授願います。

  • お腹の脂肪燃焼について

    高校2年でバスケ部に入っています。 僕はお腹の脂肪にいつも悩んでいます。 腹筋はできなくなるまでやって、背筋はキツイなぁと思うぐらいにやってます。 大体3セットぐらいしてます。 なるべく腹筋が割れるようにいろんな体幹トレーニングをしています。 トレーニングは2日に一回のペースです。 ですが、何日何ヶ月と経ってもなかなか割れないです。 僕は水分の摂り過ぎか脂肪のせいで隠れているのでは?と考えました。 水分はこれから撮り過ぎないように制限をするつもりなのですが、脂肪燃焼に悩んでいます。 少し調べたのですが、有酸素運動がイイと分かりました。 朝の有酸素運動や、有酸素運動のあとに腹筋をすると効果があるとわかったのですが、気になる点を見つけました。 朝の有酸素運動は脂肪がエネルギーとなって燃焼してくれると分かったのですが、栄養士の講演会でお腹を空かした状態で運動をすると筋肉がエネルギーとなって筋肉量が減ると言っていました。 朝の有酸素運動はどっちがエネルギーとなるのでしょうか? あと、筋肉量が減らない、かつ脂肪燃焼できるトレーニングを教えて欲しいです! 長文になって申し訳ないですが、よろしくお願いします。

  • 脂肪燃焼に効果的なのはどちらでしょうか?

    先ほどの質問で脂肪燃焼に効果的なのは、 二酸化炭素の排出と知りました。 そこで思ったのですが、 1 マスクをして有酸素運動をおこなう 2 酸素ボンベを吸入して運動を行う 3 酸素含有量が多いと表示してる水を補いながら運動をおこなう いずれの方法が効果的でしょうか、 また全く間違っているトレーニング方法はありますか? 具体的なアドバイスをいただきたいです。 例えば、 (かってな憶測です→)マスク運動は脂肪燃焼には悪いがスタミナをつけるには効果的などといったようなコメント (スタミナの点では「○」脂肪燃焼の点では「×」といったようなものをお待ちしています。)

  • 脂肪燃焼と心拍数

    はじめまして 24才、学生、女,身長160cm,体重51kg、体脂肪率22%くらいです。 体脂肪率19%めざしてダイエットとウオーキング/ジョギングを最近はじめました。インターネットや雑誌、本などで調べたところ脂肪を燃焼させるには最低20分の有酸素運動が必要とのことですが、心拍数のほうは120-130/分でないといけないのでしょうか。例えば心拍数100/分くらいでは一時間歩いたり自転車をこいだりしても脂肪を燃やせることはできないのでしょうか。 回答よろしくお願いします。