• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

わたしのご先祖様

 わたしの生家は、父の代で20代以上(おそらく22代くらい)になります。  一番初めのご先祖が、何時代くらいの人か知りたいです。  ちなみに父の年齢は50代半ば。祖父母の間に遅く出来た子供(?)で、祖父の産まれは明治の末年、祖母は大正です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

だいたい昔と今との違い、兄弟何番目かによっても変わりますが、 25歳で生まれた子供、と平均して仮定すると 25才×20代=500年 ということで500年前くらいでしょうか・・・ となると1500年なので室町時代ですね。 すごい!歴史のある生家なんですねえ。 あくまで推測ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 む・・・室町ですか。我が生まれの家ながら、驚きです 正直言って、せいぜい江戸時代初期か中期だろうと思っていました。  ありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • kotoko
  • ベストアンサー率33% (1142/3363)

こんばんは。 それだけ何代も続いたお家でしたら、菩提寺に過去帳というものが残っているはずですから、調べてもらえばわかりますよ。 故人のお名前と、何時、何才で亡くなったかの記録書みたいな物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございます

  • 回答No.1

1代を30年と考えると、600~700年位前ではないでしょうか? 何時代??? 歴史に弱いので、私にはよくわかりませんが・・・。 でも、すごく歴史のある家なんですね! こういう話って結構好きです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  うちは田舎ですので、そこそこの歴史はあるかなとは思っていたのですが・・・20代以上と聞いたときには驚きました。このような家に生まれ育ったことを、誇りに思っています。けど・・・あんまり、たいした家ではないんです(^^A

関連するQ&A

  • 先祖がなにをしていたか

    自分の先祖が、地主か自作農か小作かを知りたいのですがどうしたらいいのでしょう 知っていること 800年以上前に、今の地にやってきて開拓をした (近所の1200年前に始まった小さな神社に記録あり) 祖父母が言うには「大地主」だったらしい 父が言うには「豪農」だったらしい 母が祖母からきいたはなしだと、明治~大正時代には「村長」をしていた 母が祖父から聞いたはなしでは、江戸時代に庄屋をしていた 大戦後の農地改革で、根こそぎ没収され、土地は1割しか残らなかった。 その1割を曾祖父が亡き後に祖父の兄弟5人で5:1:1:1:1でわけ、さらに祖父亡きあと父の兄弟4人で5:1:1:1でわけた。 父が継いだ遺産を父の亡き後にわたしたち3姉妹が(母が離別しているので相続権あなし)が1:1:1でわけると、土地の価値を金に換算すると、ひとりあたり1億3000万ほどになる) 土地の面積はもともとは13丁で、農地改革の後1丁と少し わたしは子供の頃から、祖父母や両親の話を信じで、先祖は大地主だったと思っていました。でも最近祖父母の話が大ボラだったのではないか?と思うようになりました 理由をあげます ・小作をどれくらいやとっていたとか、そもそも小作をやとっていたという話をきいたことがない ・奉公人や下男、女中などを使っていたという話をきいたことがない ・長男である祖父が、小学校へもいけずに農作業をさせられていた(地主なら、農作業は小作にやらせて長男はそれこそ高等教育まで受けさせるのでは?) ・たとえ地主だったとしても10丁の土地は大地主とはいえないのでは? ・庄屋をしたいたというのは本当なのか? ・大地主をしていたというわりには、家がしょぼい(5DKの母屋と2K+トイレの離れ、母屋の3分の2ほどの大きさの2階建ての木造の蔵、12畳の物置があるでけで庭をあわせた敷地面積は150坪ほどしかない) 昔のことなんかどうでもいいじゃん、という声が聞こえてきそうですが とっても気になるんです。昔どうだったからどうだというわけではないのですが 興味本位でかなりかなり気になるんです。 なにか少しでも事実を知る方法はないでしょうか?

  • 親しい先祖がいない場合の先祖供養って・・・

    どうしたらいいんでしょうか? うちの父は満州生まれ。祖父&父&母が、満州に渡りました。引き揚げ時、祖父さんが自殺行為で行方不明で死んでます。それが原因&貧しい一家な為、本家から絶縁されてる様です。 父は祖父が死んだ時、満州に遺体がある妹2人も墓に名前入れたんですが、なぜか祖父の名前は入れずです。 母の実家は祖母が創価に入ってる関係で、普段付き合いが有りません。こういう場合、ご先祖供養って、誰に対して拝めば良いんでしょうか?ご先祖様から絶縁されてる子孫な場合、誰に対して拝めば良いの? 父のメニエルが心配なんで、私に出来る事はしたいんですが・・・ 父は意外なんですが、迎え火炊きます。 多分、父母(妹)を供養してるみたいなんですが・・・ ちなみに父は、満州時代の話、全くしてくれません。 肝心の私から見て曾祖父さんの供養は、どうしたら良いんでしょうか?父がしないなら、しないべきなんでしょうか?引き揚げ時については、祖母が自費出版してて、一応最近知ったんですが、曾お祖父さんの供養、しなくて良いのかなあ・・・って、私は思うんですが・・・ 正しい先祖供養、皆様はどうなさってますか?

  • 戸籍以外に先祖について調べるには

    こんばんは。 質問させてください。 昨年のお盆に過去帳を見たところ、祖父と曽祖父の名しか 記されていませんでした。 それを機会に自分の先祖について調べることになり 遡れるだけ遡り、すべての除籍謄本・改正原戸籍などを 取得してきました。 現在住んでいるところには明治時代に移住したため 昔の菩提寺にも問い合わせてみましたが、 火事で昭和より以前の過去帳が焼けてしまったため 明治時代の先祖についてはわからないとのことでした。 今後先祖についてどのような手段で調べていくべきか 悩んでいます。 もしご先祖についてお調べになったことある方がいらっしゃいましたら ご教示くださいませ。

  • 嫁ぎ先の先祖の墓場所不明 供養はどのように??

    主人は長男で、主人の父、その父(主人の祖父)も長男です。 主人の祖父の墓が最近建てられました。他に誰も入っておらず、祖母に聞いたところ、祖父の先祖の墓はどこのあるか知らないとのことでした。 今は祖母が墓の管理をしているので余計な口や手はは出さずにいようと思うのですが、先々、先祖の供養はどのようにすべきなのでしょうか。先祖のお墓がどこかで放置されているのではと気になります。 また、先々もし私たちがお墓を管理することになった場合(祖母が再婚などいろいろ複雑で3人で建立してるので別な方になるかもしれないのですが)、どのようにすべきなのでしょうか?

  • 先祖代々の墓について

    お世話になります。 我が家の先祖代々の墓について教えて欲しいのですが、 父か祖父の時代に、それまで有った先祖代々の墓を管理せずに 無縁仏としてしまいました。 父は、現在末期ガンで余命もわずかとなっているのですが、無縁仏としてしまった先祖の墓を再び建てるにはどうすればよいのでしょうか? 墓があったお寺もはっきりとしておらず、困っております。

  • 新潟のご先祖様

    私は札幌市在住ですが祖父が明治時代に新潟から移住して来ました。 どういう繋がりか分かりませんがご先祖に三條屋徳四郎と言う方がいたそうです。 三條屋と書いた古文書も実家にあるので実在したと思われます。 もし分かる方がいましたらどんな歴史があるのか教えてください。

  • 先祖の調べ方

    先祖の調べ方を教えてください。 わかっていることは ・豪農で地主だった (父が祖父母から聞かされていた話だと、「大」地主ということなのですが それが本当だとしたら、江戸時代には名字帯刀が許されていたはずなのですが、 刀を持っていたという話は聞いたことがない=それほどたいしたものではなかった) ・800年以上前から続いている家系で、わたしの実家が本家筋で周辺には同じ名字の家々があるが、それらはわたしの家からの代々の分家 (800年以上前からというのは、お宮の記録にありました。ここら辺の歴史を調べている某大学の研究員さんが、お宮の記録からこのことをつきとめたそうです) ・庄屋さんをしていた ・村長をしていた (この2つはチラっと聞いただけで本当かどうか定かではありません) ・戦後の農地改革で根こそぎもっていかれた (その残った土地を、祖父の代で祖父の兄弟衆で遺産分配して、さらに父の代で父と父の兄弟で分配しました。その父の受け取った遺産というのは、父の死後わたしたち子供が分配して受け取るとなると、ひとりあたり億は下らんというのが、実家の土地や資産の管理を任されていた 母の言い分(某大手金融務め)です) ・わたしの母の実家の本家筋は武家の家で、旗本でその家のおじいちゃんが、戦時中は このえへい?だか、このえしだん?だかに入っていたらしい。 祖父はわたしの母を父の嫁にもらったことを「家に箔がついた」と喜んでいたらしい ・家紋は、わたしの名字だと大きくわけて2種類あり、菱紋と名字の一部になっている植物をかたどったものに大別され、わたしの実家は菱紋になっています。まあいってしまえば、三階菱にちょっとつけくわえたようなものです。これはいつからのものなのか。どういったルーツがあるのか わたしがしりたいのは ・実家の名字はいつからのものなのか (同じ名字で戦国時代に某武将が、隣県の地から、わたしの実家のある地にやってきました。 その人の俗姓を使わせてもらったのだとしたら、どうして?豪農って小作や貧農ではないものの 要は農民です。身分不相応だったのではないか?あるいは明治になって庶民も名字をもてるようになってからのものなのか ・豪農で地主だったというが、戦前にはどれくらいの土地を所有していたのか ・地主だったり庄屋だったりしたら、奉公人や下人を雇っていたはずだが、そういった話は聞いたことがない ・豪農、大地主の身分であったなら、明治~昭和初期まで、なんていうんでしたっけ?多額納税者がなれる議員・・・あれになっているかと思うのですが、そういった話も聞かなかった。 (地主というのは本当であったとしても、弱小地主だったのでは?) ・地主であったことはたしかだと思うのですが、庄屋とかで農民とはいえそこそこのものだったとしたら、なんらかの遺物が残っていてもおかしくはないのではないか? こういうことってどうやったら調べられますか?

  • わたしの先祖、どれくらいのレベルの家?

    わたしの先祖です。上・中・下をさらに上・中・下にわけてどれくらいのレベルの家だと思いますか?わたしとしては「下の上」くらいかなと思っています。 ・場所は尾張 ・お寺や神社の記録では860年以上前から続いている家(それより古い記録はいまのところ わからない) ・その860年前のころからの本家 ・江戸時代には豪農家 ・江戸以前の身分は不明(武家出会った可能性は低いと思われる) ・市の郷土史に名前が載っている(1600年代頃、水田開発事業の筆頭) ・江戸時代には名主をしていた ・農地改革前は10丁だったか20丁だったか持っていた(うろ覚え) ・現在の家の敷地面積は100坪(決して広いとはいえない) ・明治以降は村長をしていた ・母の実家は旗本。 ・祖母の実家も武家だが武士のなかでもどれくらいの身分だったかはわからない。敷地面積200坪ほど ・父と母が結婚するときの結納金が300万(けっこう少ないんだなーと思いました) ・地元の慣習で花嫁の家は結納金の10倍返しで、母の花嫁支度(花嫁道具)は3000万 =家具、宝石、貴金属、着物など ・挙式、披露宴、新婚旅行、衣装などの資金にいくらかかったかは不明 地主だったとかいうわりには、じゃあ「小作は何件くらい抱えていたのか」という話は祖父からも祖母からも聞いたことがない。また「多額納税者だった」「家で下人・奉公人を使っていた」 「江戸時代に名字帯刀を許されていた」話を聞いたことがない。名字は代々のもので父がいうには「そんなもんこの家が始まってからずっとだわさ」と言っていました。 祖父は長男だという理由で、百姓をやらされ小学校も4年生で終わらされたと聞いています。 本当に地主の身分なら、そんな百姓なんて小作にやらせるのでは?地主の長男という身分が学校にも行けず、汗水たらして畑を耕すだの、田んぼの草むしりだのするでしょうか? また父の話では、祖父母が新婚の頃に祖父母と層祖母が一緒に畑仕事にいって、その帰りに 祖父と層祖母が重たくてひいこらいって担いでいた農具を(自分も持っているの)ひょいひょいと担いで「おっかさん、(祖父)さん、ほらシャンとしやーか!もたもたしとったらおいてくでね!」といってさっさと先に言ったのだとか。これも上記の話と同じく本当に地主だったなら畑仕事くらい小作にやらせたのでは?と思ってしまいます。 ちなみに祖母の実家は元武家といってもどれくらいの身分だったかわかりませんが 「おかいこさまのおかげで女学校に通わせてもらえた」「女工さんたちが働いてくれとる工場には脚を向けて寝れんかった(うっかり脚向けようなら、祖母の父親から叱られたそうです)」 祖母の実家は製糸工場の経営をしていました。わたしの憶測ですが規模はそれほど大きくはな勝手のでは?と思っています。またいわゆる「いいとこ」の家なら女学校くらい余裕で行かせてあげられたと思いますし、大正末期当時もっと上の学校にも行かせれたと思います。 なのでわたしの見解としては ・わたしの実家=下の上あたり ・母の実家=中の中あたり ・祖母、層祖母の実家=中の下あたり かなと思うのですが、どうでしょう

  • 明治初期の先祖名義のお墓の相続について

     明治初期の先祖名義のお墓(場所はお寺ではなく山にある)の相続についてですが、旧民法上家督相続したのが祖父で私が直系に当たるわけですが相続手続きについてはどうなるのでしょうか? 1、現状のまま放って置く 2、相続手続きをする場合祖父の時代までは家督相続というのがあり財産は全て祖父に来てるわけですが明治初期の先祖名義の場合祖父の兄弟又曽祖父の兄弟など子孫の方の了承は必要なんでしょうか?

  • 先祖供養について・・・どの程度必要でしょうか?

     こんにちは。 最近、弟が再婚した相手のお父さんがなくなり、お寺へ行く機会があった時に、「眼鏡をかけた男性が憑いています。このままだと人生の事有るごとに失敗を繰り返すから先祖供養をきちんとしてください」と言われたそうです。(しかし、それが弟の先祖かどうかわからなかったらしいのですが・・・。)  私の実家は、祖父母の家庭環境が複雑で義兄弟なども多かった為、祖父母以外の親戚関係はほどんど知らされていません。  その上、祖母(祖父は養子に来ていた)が再婚だった事もあり、本家は九州に住んでいる子供(父の義兄弟)の親戚が代々引き続き供養しているそうです。  なので、実質的に判る範囲の先祖は、祖父母と父(他界)だけなので、その3人の供養しかしていません。弟に憑いてるという男性にも心当たりがないのですが・・・お寺の方ってそういう事おっしゃるものなんでしょうか?(現時点では怪我・病気などの問題はありません)  こういった場合、浄土真宗(西本願寺派)では、どんな供養が必要でしょうか? ○母は、離婚しているので、父の親戚とは付き合いが全くありません。 ○祖父母・父は、京都の西本願寺にて永代供養をしているのでお墓はありません。(母も、永代供養を希望しているので墓を建てる予定は、ありません) ○2~3ヶ月に一度、家族で西本願寺へお参りしています。 ○日頃は、般若心経を唱えたりしていますが、母が離婚していた後で父が亡くなっているので、仏壇などが無い為、それ以上はしていません。 ○弟がお墓を建てた場合、次長男となると離婚した前の嫁の息子になるのですが、どういう風にお墓をつないでいくのでしょうか?  アドバイス下さいませんか?どうすればいいのかわかりません?