締切済み

母は強しの秘密

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7294
  • 閲覧数2790
  • ありがとう数33
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

母は強しと言ったことが良く言われますが、
母親になった女性の体内で何らかの生理学的な変化が起っているのでしょうか?
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

「母親」になることが、かなり大きな生理学的変化だと思われます。
男だと絶えられないらしいですからね。

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 37% (54/145)

mizushiです。
いつもながら難しい問題ばかりで、回答するのにもいささか疲労がたまりつつある今日この頃ですが・・・。
私の勉強のためにも大変感謝しております。

母を含むこの世のほとんどのメスには母性本能が存在いたします。脳の愛情神経である「A10神経」については過去に説明しておりますので省略いたしますが、すべての事柄に優先して働くこのA10神経は恐怖や危険というものも無視すかのごとくとても強い意志を発揮します。
同時にA10神経に刺激された前頭葉含む脳細胞すべてが、愛情のために働き、行動を起こすのです。
時には人間の体力の限界を超えたような力も発揮します。
俗にいう火事場の馬鹿力みたいな物で、こんな事例もあります。
自分の子供がマンションの5階から転落するのを見た母親は、すべてを忘れてこの子を救うために走って、転落する子供を抱きかかえました。
この時子供にかかる重さは重力加速度が加わり何百キロにもなるということだったのです。
その力はどこからきたのか?
驚くべきことは子供が落ちるのを見た場所から、落下点まで走った速度はカールルイスより速く、しかも主婦はサンダル履きでした。
これは、瞬時に子供を守るために身体すべてが集中して働いたことになります。この時の母親の聴力、嗅覚、味覚、触覚、すべてが閉じられ子供を守るための力に転じていると専門家は推測しています。
脳の一瞬の判断によって筋肉や神経その他すべてが「この子を守る!」ということに全力(通常の運動を超えた)を出しました。

はっきりとした答えは出ていませんがこの事例は極論であったとしても、子供を守るという意思は何よりも強いという物なのでしょう。

うーーーーん・・・難しい・・・
こんなところで勘弁してください。
お礼コメント
noname#2813


根気比べみたいになってきましたね。
質問する側は結構楽だったりしますが。
mizushiさんのご苦労をお察しします。
ではありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 36% (291/804)

母と言うのは子供の存在が無ければなれません。
その子供に対して、すべてを捨てさる事の出来る存在が母であります。
子供の為なら、何でも出来る精神力を持つと言う事は、並大抵の事ではありません。
鬼にもなれば蛇にもなる。そんな強さを持つ存在。
神にもなれば仏にもなれる。そんな慈愛に満ちた存在。
私には成れない自信はあります。

mizushi坊の回答を簡単にしたような回答ですが、
私の気持ちです。
yodaでした。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ