• 締切済み
  • 暇なときにでも

なぜほとんどの歩行者用信号機は押しボタン式でない?

歩行者用信号機で押しボタン式の場所はあまりありません。 主に、歩行者が極端に少ない場所が押しボタン式になっていると思います。 私はもっと多く押しボタン式の信号機になっても良いと思います。 信号機の設備はどんどん変わっています、単純に資金の問題とも思えません。 ボタンを押すのが面倒なほど人通りが耐えない場所でもない限り押ボタン式のほうがみんなにとって良いはずです。 やはり、道路はすべてつながっていて、一定の区間毎の車の量を均等にするためとか、 そういうシステム的な問題なのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数387
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • wakko777
  • ベストアンサー率22% (1067/4682)

みなさんの回答のような理由により、少ないのは事実ですが 多いところもありますよ。 まさに、うちの近くは押しボタン式の信号機が多いのですが、理由は ・小学校の通学路 ・交通量が少ない からです。 なので、資金の問題と言うよりは、交通状態によって信号機の種類を変えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 現状はそうなっていると思います。 しかし、もっと人通りが多いところでも、押しボタン式を増やすことは可能ではないですか。

関連するQ&A

  • 歩行者用押しボタン信号機

    郊外などに、歩行者用押しボタン信号機が設置されている所がありますが、これは、車道側の 信号機が赤にならない限り歩行者用の信号は、赤になっていて「横断禁止」と言う趣旨です。 時間帯によっては、結構、交通の少ない時もあるのですが、歩行者は、そんな時も、わざわざ、 ボタンを押して、歩行者信号が青になるのを持たなければならないのでしょうか? もし、歩行者信号、「赤」で横断して交通事故にあった場合、信号機のない普通の横断歩道の 場合と比べて、過失割合は、どう変わってくるものなのでしょうか。

  • 迷惑?!信号機

    いつもバイクで通勤しているのですが、その途中に押しボタン信号があっていつもそこで止められてしまいます。 「押ボタン信号」と標示されていて、通りを渡る歩行者のために設置された信号機のようですが、歩行者がいなくて、押しボタン作動がなくても動いているようで、おまけに次の信号交差点とのバランスもとれておらず、道路は渋滞とまではいかなくても流れを悪くさせる「迷惑?!信号機」があります。 全国的には同じようなところが、それなりにあると思うのですが、これは警察に連絡すれば直してもらえることでしょうか。 また、他の運転者も同様に不満を持っていると思うのですが、警察等に連絡(苦情を言う)する方はいないのでしょうか。

  • 歩行者用信号機

    歩行者専用信号機しかない交差点の場合 信号機が赤や青の場合は自分の車は 歩行者安全に拝領し他の車がなく安全に走行が出来る場合は 信号機の色に関係ない走行できるのでしょうか? 自転車も同様色に関係なく走行出来るのでしょうか?

  • 回答No.2
  • zxzzxz
  • ベストアンサー率24% (39/161)

>やはり、道路はすべてつながっていて、一定の区間毎の車の量を均等にするためとか、 車の量ではなく、渋滞を避けるために なるべく何度も止まらずにまとめて通れるように一定間隔になっています。 車は初速が遅いので、止まる回数が多いほど渋滞が起きやすいですから。 たとえば一度赤信号で止まると10m進むのに 信号に気付くまで2秒、進み始めて到達するのに5秒はかかります。 それが時速40kmで通過する場合は1秒で通過できるわけです。 信号で止まるというのは思っている以上に時間がかかるものであり、 まとめて1回にしたほうが断然流れがスムーズになるのです。 もし人通りの多いところをすべて押しボタン式にしたら 直線距離の信号2~3回に1回程度の確率で赤信号に捕まる計算になります。 一定間隔なら常に5~6個は通過できますから、どちらが良いかは明白でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ボタンを押した直後に切り替わるような単純なものではないので、それだけで明白といえるでしょうか。 「2~3回に1回程度の確率で赤信号に捕まる計算になる」とまではいえないですよね。 どれだけ連続的、または複数の歩行者用信号機で同時にボタンを押しても、車が一定時間、走り続けられるようなシステムにすることも可能なのではないかとと思います。 車が一定時間に進める距離はほぼ決まっています。それを考慮して、時間制の信号機は設計されています。 だとしたら、同じように仮定し計算したら「ボタンがいつおされるかわからない」という条件を含めて設計する事で十分渋滞が起こらないようにすることが可能では? と思いました。

  • 回答No.1
  • xso
  • ベストアンサー率55% (64/115)

そもそも歩行者用信号機は押しボタンが特殊で普通は一定時間で変わるものですよ 車から見た場合、 押しボタンの付いていない信号機で人があまり通らない所だと 誰も渡る人が居ないのに車が止まらないといけないからです また、車の交差点の場合、車の交通量によって信号機の時間は調整されています 国道と交差する1本道で信号機の時間が同じだと大渋滞になります… 交通量の調整と言う意味合いもあるのかと思います あとは勘違いをされているようですが、押しボタンを押してもすぐに変わるわけではありませんよ? 歩行者から見た場合、 前回青信号になってから決まった時間が経過しないと 押しボタンを押しても、決まった時間まで待たされます なので、ある程度人が通る道の場合歩行者から見たら押しボタンがあっても無くても変わらないんです 上みたいな訳で信号機にあまり押しボタンがないんですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

押しボタンを押したら、いつでもすぐに青になる信号機もあります。 たまたまタイミングよく変わったとかいうものでなく、そう調整されているのだと思います。 ただし、歩行者用信号が青から赤に代わりその直後にもう一度押すと、数分待たされます。 もちろん、いつでも待たされるような押しボタン式信号もある。 どちらのタイプも経験があります。 やはり、渋滞がおきないようなシステムにするためなんですね。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 歩行者専用信号機

    横断歩道を歩いて渡る時に見る信号機は、赤と青の2つの光でその中に歩いているマークと立ち止まっているマークがありますよね? あれは歩行者や自転車に乗っている人用の信号で、その信号機しか設置していない場合、車や原付きを運転している人は赤でもつっきればいいのでしょうか? 私の家の前の交差点では歩行者専用信号機と普通の信号機(赤・黄・青の3つ)の2つの信号がついてあり、青になる時は2つとも同時に変わります。 これは原付きや車、歩行者や自転車も一緒に渡ればいいと私は解釈しています。 しかし、私が大学へ行く時に遭遇する信号機は、歩行者専用信号機しか設置していません。 大学へ行く時に近道として少し細い路地へ入り、そこから一般道に出るところに短い横断歩道があり歩行者専用信号機があります。 その車があまり通っていない横断歩道で歩行者が青になるのを待っていて、そこへ原付きの私が登場し、車が来てないのを確認し赤の歩行者専用信号機を堂々と無視し右折します。 これは信号無視になるのでしょうか? いつも罪悪感がありますが、毎日実行しています。

  • 歩行者信号の夜間押しボタン式

    歩行者信号の夜間押しボタン式の 夜間っていったい何時から、何時なのでしょう いつもその信号を渡るたびに、疑問に思います。

  • 時間表示のある歩行者信号機を探してます

    知的障害児のための交通信号機を調べています。 青(または赤)信号の時間を表示する仕掛けのついた歩行者信号機を探しています。首都圏近郊でこのような歩行者信号機のある交差点をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。青信号の持続時間、または、青になるまでの待ち時間(赤信号の持続時間)が表示されるもので、できれば、数字ではなく、複数のランプの列等で状態表示するものを探しています。

  • 歩行者用信号機

    添付図のような交差点で歩行者用信号機が青の時、当然ですが緑の車の側の信号は赤です。 この時に黄色の車の側から進行する車の殆どが一時停止をせずに何の安全確認もしないで通過するようです。 なぜ一時停止と安全確認をしないドライバーが多いのでしょうか?

  • 押しボタン信号の違い

    押しボタン信号機についての素朴な疑問です。 現在私が住んでいる西日本では、押しボタン信号は普段黄色の点滅信号がチカチカしております。歩行者がボタンを押した時点で信号機が青色に変わり、その後黄色→赤色となり、自動車を停めることによって歩行者信号が青になるという仕掛です。(「西日本方式」と私が勝手に呼びます)一方東日本にある押しボタン信号は、普段から青信号となっており、歩行者がボタンを押しても何も変化が起きず、しばらくして黄色→赤色の順で信号が変わり歩行者信号が青となります。(「東日本方式」とこれまた私が勝手に呼びます) 免許を取って以来、信号というのは形状を除けば(雪国の縦型信号機がその例です)、全国一律の仕組みだと思っておりましたが、引っ越しをして地方によって違いがあることを知り驚いております。 それ以来旅行で各地を訪れる度に、ついつい押しボタン信号がどうなっているのか気になってチェックしてしまいます。本当は47都道府県全てを調べたいのですが、時間もお金もないので未だに全国の状況を知るには至っておりません。 さてここで質問です。上記で私は大雑把に西日本・東日本と分けましたが、実際のところはどうなのでしょうか? なお私が知っている少ない範囲ですが、東京都・宮城県・新潟県・山形県・神奈川県では「東日本方式」だったと思います。他方、静岡県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・島根県・鳥取県は「西日本方式」です。 それと、このように各地方で信号機の方式が異なるのは、道路交通法か何かに明記されていることなのでしょうか?また私が勝手に名付けた「東日本・西日本方式」に正確な名称があるのでしょうか?

  • 信号機で

    一般道路で歩行者用信号機が信号が青から赤に変わり車道の信号が青から赤に変わるタイミングが 場所によって違うのはなぜですか? 詳しい方いましたら 教えてください

  • 自転車は車道を走れ!信号機は歩行者用を守れ!って矛

    自転車は車道を走れ!信号機は歩行者用を守れ!って矛盾してませんか? 車道を自転車に走れって言うのなら、信号機は自動車のものに従うべきでは? いきなり車道で先頭を走ってる自転車が、歩行者用の信号が赤で、自動車用の信号は青だったとして自動車が急に車道の停止線で止まったら追突するのでは? 法律自体が矛盾しているのでこういう意味不明なことになるのでは?

  • 車両は歩行者信号を守る?

    いつも使っている道に十字路があります。         ↑ ------   ------      信号 車道路 ------   ------         ↑自分、歩行者など そこは車の信号が赤になると歩行者が渡れるように歩行者信号が赤になります。 自分は矢印方向からきてその道路を渡るときに、歩行者信号が赤になってから 渡らなくてはいけないのかな、とつい考えてしまうのですが、 歩行者信号には車両は従わなくていいですよね? とすると、実際、車が来てなかったらわたっても違反にはならないでしょうか?

  • 信号機のしくみ

    自転車で通学してます。通学途中に信号機を5つほど通ります。そのうちで大きな道路の信号機につかまって待っていた時、とある発見をしました。 ・歩行者信号が点滅し、赤になる。自動車用信号が青から黄色になり、さらに赤になる。それから渡る信号が青になるという一連の動作は一定の間隔で行われていました。 ・さらに、歩行者信号が点滅するのも、となりの信号(次の交差点の信号)が赤になった瞬間に点滅し始めました。 この二つの発見から疑問がわいてきました。 ・信号って誰が管理しているんだろう。   (交通管制センターがしていることを知りました) ・信号の変わる情報はどのように伝わってきているのだろう。 ・そのようなインフラが破壊されることはないのだろうか。 最終的に知りたいのは あらかじめ信号の変わる時刻を知ることはできないのでしょうか。

  • 押しボタン式信号機の「夜間」っていつから?

    歩行者用の押ボタン式の信号機の中には、「夜間押ボタン式」というのがありますが、ここでいう「夜間」って、どういう基準で決められているのでしょうか。もし明確な基準が分かる方がいれば教えて下さい。