• ベストアンサー
  • 困ってます

これはどういう不定詞ですか?

The sites are often difficult to look after. これらの遺跡を管理するのは大変であることが多い。 to不定詞を後置(そんな形ありうるのでしょうか?)して the sites を修飾する形容詞用法なのかなぁと思えます。 しかし、その場合だと「~の遺跡は大変であることが多い。」のように訳さねばなりません。 私の知識では「遺跡を管理することは~」の訳にたどり着くことができません。 どういう文法でこの訳になるのか教えていただけないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数86
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

It is often difficult to look after the sites.と書き換えることができるので、名詞的用法ですね。 名詞を前に持ってくると、あなたが持ってきたような例文になります。 他に例文を上げれば、It is easy to deceive him. が he is easy to deceiveと書き換えれます。注意することは、名詞を前に持ってきた時は、後ろの文の目的語が消えることです(持っていたのだから当然ですが、、)。deceiveは他動詞で、本来後ろに目的語を伴いますが、名詞を前に持っていったので、他動詞でも目的語を引き連れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あ、なるほど~♪ he is easy to deceive. も非常に簡単に見えてこれを知らなかったらチンプンカンプンですね(^_^; わかりやすい解答まことにありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15294/33008)

This book is hard to read.「この本は難しい」 That bug is hard to kill.「あの虫は殺すのが難しい」 English is easy to learn.「英語を習うのは易しい」 That teacher is difficult to understand.「あの先生は分かりにくい」    いくらでも類例は出て来ますが、この辺りで、、、     look after は、下記の様に「世話をする」「管理する」という成句です。     http://eow.alc.co.jp/look+after/UTF-8/ さてご質問ですが 1。to不定詞を後置(そんな形ありうるのでしょうか?)して the sites を修飾する形容詞用法なのかなぁと思えます。     おっしゃる通り。  例えば下記にある  Room to Let  「貸間」など。     http://eow.alc.co.jp/%E8%B2%B8%E9%96%93/UTF-8/ 2。しかし、その場合だと「~の遺跡は大変であることが多い。」のように訳さねばなりません。     そんなに窮屈に考えなくてもいいような気がします。まとにかく、こんな遺跡は、何らかの理由で(例えば谷底にあって雨がちょっと降れば池の底になるとか)メンテがしんどいことが多いんでしょうよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

類例まことにありがとうございます。 不定詞の目的語が主語になる例が掲載されている文法書がほとんど無さそうなので助かりました。

関連するQ&A

  • 英語●不定詞の見分け方を教えてください

    英語の不定詞で 副詞的用法と形容詞的用法の違いが全く分かりません。 先生には動詞を修飾するのが副詞的用法で 名詞を修飾するのが形容詞的用法と教わりました。 ですが副詞的用法の文の中にも形容詞的用法の文の中にも 動詞と名詞はあるわけで。。 I visited Nara to see my aunt .  I have a lot of homework to do . どっちにも visit と have で動詞はあるし Nara と homework があって、その後に to がきています。 この2つが副詞的用法と形容詞的用法で違う理由が 理解できません。訳してみる分には  なんとなくでいけますが、英文を書くとなると難しいです。 見分けるコツとか、あったら教えてください。 あと英語苦手なので分かりやすく教えてくれると嬉しいです。

  • 不定詞の用法

    A good speaker uses logic to convince the audience.  このtoの用法はどれか。 という問いです。 正解は副詞的用法で私も納得です。和訳:『よい話し手は聴衆を納得させるために論理を使う。』 しかし、『友人は“納得させるための論理”と訳はできないのか。そうなるとこの不定詞は文全体を修飾してるのではなく、logicを説明していることになり、形容詞的用法でもいいのではと言います。』 そう言われると自信がありませんし、その訳は不自然な感じだとしか言えません。どなたかわかりやすく解説していただけないでしょうか。 私はこの文の不定詞は何用法かという質問は愚問だと思うのですが、問題集に載っていたので仕方ありません(>_<) どうぞよろしくお願い致します。

  • 不定詞について

    不定詞で副詞みたいに使われてるのが副詞用法 不定詞で名詞みたいに使われてるのが名詞用法 不定詞で形容詞みたいに使われてるの形容詞用法 というのがありますが、副詞みたいに使われてるとか、名詞みたいに使われてるということを聞いたのですが、そう言われてもよくわかりません。 どなたか名詞用法、形容詞用法、副詞用法を丁寧に教えて下さい

  • 不定詞の修飾する対象について

    手元の文法の本には載っておらず、困っています。 (1)不定詞の形容詞的用法で、 We are to spend summer vacation in Hokkaido. となったとき、to以下はWeの補語になりますか? (2)副詞は名詞以外を修飾するといいますが、不定詞の副詞的用法でどのように『副詞』と『文全体』を修飾すればよいのかわかりません。例文などをあげていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 不定詞のコツ

    英語を勉強をしている者です。 わからない所があるので教えて下さい。 不定詞に関してはある程度は頭では理解できているつもりです。 基本の 名詞的用法の ~こと 形容詞的用法の 名詞を修飾される時に使う ~するための ~すべき 副詞的用法の 動詞修飾であれば ~するために 副詞修飾であれば ~して ですよね。 それを踏まえて2つの例文を書かせて頂きます。 ひとつは   Employees go there to relax 社員がリラックスするための部屋です。 これはマッサージルームの説明とお考え下さい。 これって何用法なのでしょうか。 多分 goを修飾しているはずなので 副詞的用法ですよね。 社員がリラックスするために行く部屋です。 が完全な文ですよね。 訳し方が違うので(意味は一緒ですが)中々、難しい所です。 細かい所まで考えるのは無粋なのでしょうか? 英語を勉強中の身であれば、どうも公式通りにあてはめてしまいがちです。 自分で瞬時に(まったくできませんが)英作する時にいつも苦労します。 もうひとつは Please come to the reception desk to get a key 鍵を取りにフロントデスクまで来てください。 これもcomeを修飾なので 鍵を手に入れるためにフロントに来て下さい。 ですよね。意味は同じなのでわかります。 ただ、私はこれを見て真っ先に to 不定詞の前は名詞(desk)があるので 形容詞的用法は前の名詞を修飾する場合が多いとされているので  ~するための ~すべき が真っ先に浮かんでしまいます。 確かにそれだと意味がわからなくなるのでそれも理解できます。 そこでお聞きしたいのは、どうすればこのような文を瞬時に適した用法で理解できるのでしょうか。 いつもこのto 不定詞はどこの単語(名詞or形容詞or 動詞or副詞)にかかっているのかが わからなくなり、訳すのに時間がかかるのはもちろん。自分で英作なんて夢のまた夢なのです。 英作しても自分は形容詞的用法で作ったつもりが副詞的用法になってたりしてそうで不安です。 そうなると意味が変わってきますので・・・ 長文になりましたが詳しい解説をよろしくお願いします。

  • 不定詞用法についてお尋ねします。day16

    1The music was complex and difficult, but challenging and fun to play. 2There is firece competition among international companies to increase market share. 3Meaningful progress has been made to narrow diffrences during the preparatory meetings. 1のchallenging and fun to playの部分の不定詞はどこを修飾しているのでしょうか?和訳に「演奏するやる気をそそって楽しかった。」とあるのですがいまいちい英語のまま掴めずにいるのですが説明して頂ければ幸いです。 2to increase~はcompaniesをお修飾する不定詞用法との理解でよろしいでしょうか? 3to narrow~以降が不定詞の形容詞用法でMeaningful progressを修飾すると棒サイトにあったのですが、明らかに副詞用法だと考えるのですがよろしいでしょうか? 稚拙な質問ですが解説お願い致します。

  • 不定詞(結果用法)

    It is discouraging to tell the truth only to find that it is not believed. これは俗に言う不定詞の副詞用法(結果)ですが、なぜonly to~副詞用法なのですか?副詞は動詞・形容詞・副詞を修飾すると思いますが、only to~どの語を修飾しているのですか?あと、only to~のto不定詞はitを指すのですか?

  • 不定詞について

    It is not known when and why the handshake changed from a simple clasping of hands to include a shaking movement. 「いつ、どういう理由で握手が単に手を握ることから変化して、手を振る動作を含むようになったのかは知られていない。」 という英文ですが、不定詞to include~の用法が何か分かりません。 形容詞的または副詞的用法であればどこを修飾しているのでしょうか? 「…から変化して、~する」と訳せませんでしたが、不定詞云々ではなくて慣用表現なのでしょうか? 教えて頂ければ有難いです、宜しくお願いします。

  • 英文法、to不定詞の用法に関する質問

    英文法、to不定詞の用法に関する質問です。 例文 : He decided to found his own company    to create a new computer. この場合の"to create"のto不定詞は 文全体を修飾する副詞的用法でしょうか? またはcompanyを修飾する形容詞的用法でしょうか? どちらとも解釈できるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 不定詞の用法について

    Twenty miles is a long distance to run. (20マイルは走るには長い距離だ) a long distanceはto runの目的語の働きをしているという関係の形容詞用法の不定詞なのか、longを修飾して「走るということならば」みたいな条件を設定する副詞用法なのか、どちらでも良いということなのでしょうか。