• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

一眼レフ

  • 質問No.70711
  • 閲覧数52
  • ありがとう数5
  • 回答数4

お礼率 18% (4/22)

昔からよくこの言葉を聞きますが、意味がよくわかりません。どなたか、教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 75% (3/4)

参考として使い捨てカメラと比較すると、
使い捨てカメラはフィルムに焼きつける光学レンズと、画角(被写体)を確認するファインダーとが別になっていますよね?
これが、いわゆる「二眼」状態です。
「一眼」は、被写体を確認する光学と、フィルムに焼きつける光学が一緒になっています。ただ、それだとフィルムが邪魔して撮影者の目まで画角が到達しないので、光学の画角を普段は内部の鏡で反射(レフレクト)させ、撮影時だけ反射鏡とシャッターを連動させ、フィルムに画角を焼きつけるのが「一眼レフ」なのです。
こうすることによって、撮影者の確認した画角とフィルムに焼きつけられる画角の範囲が一致するという利点があります。
逆にいうと、コンパクトカメラや使い捨てカメラは、どうしても撮影者が確認した被写体の範囲と実際に撮影される画角の範囲がずれてしまうという欠点があります。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (22/136)

reflex というのは「反射」ですね。被写体を鏡で反射させて見えるようにしているカメラです。(一眼レフはプリズムも使います)

まず、レンジファインダーカメラと、レフレックスカメラとに分けましょう。

レンジファインダーカメラは、レンズとファインダーが別になっています。高級品のライカなんかのすごく値段が高いものから、レンズ付フィルムみたいな安いものまで色々あります。

レフレックスカメラの中でレンズを一つしか使わないものを一眼レフ、撮影用と観察用?の二つのレンズを持つものを二眼レフといいます。二眼レフはもうないかもしれません(ローライフレックスなんか有名でした)

たいていの一眼レフはレンズの上にピラミッド型のでっぱり(ペンタプリズム)があるので、すぐにわかります。(たまにないものもあります)
  • 回答No.2
ちょっと難しいけど、
一眼レフの仕組みです。…URL
  • 回答No.1
例えば使い捨てカメラだと、
目でのぞくところと、実際に映る「レンズ」から見た
画像はずれていますよね。

一眼レフは、目で見るもの=レンズから見えるもの
なんですよ。
だから、焦点を合わせたりするのも、より正確に出来ますし、
光の具合とかもわかりやすいというわけです。

あれは鏡とかで反射させてるんだったかな?
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ