• ベストアンサー
  • 困ってます

マラソンで、上り坂コースの走り方。

  • 質問No.7048756
  • 閲覧数1726
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 97% (1781/1834)

二週間後にマラソン大会があります。

おそらく、最後尾を走るのではないかと思われる、体力のない中年オバさんです。

マラソン自体も初めてなのですが、コースの下見に行ったら結構なアップダウンがありました。

上り坂の走り方は、どのようなコツがありますか。
短い急坂と、だらだらした、なだらかに長く続く坂があります。

下り坂は、相変わらずゆっくり走る人と、早く足を動かす人でスピードにかなり差がつくのでしょうか。
誰でも早く走れるのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 24% (29/120)

私の場合、上り坂では以下に気をつけて走っています。
1.前を見て(実際には進む先の道路を見ている)、胸から前に出るような感じで走る。足元を見ない。
2.しっかりと「すっすっはっはっ」という感じで呼吸をする。

その日の体調や坂の具合にもよりますが、平坦な道を走っているときのながれのまま、ちょっとだけ頑張るという感じで走っています。あとは「上りもあれば下りもある。」「頑張れば頑張るほど、早く上り坂が終わる。」と自分に言い聞かせて(笑)

下り坂を勢いにのって速く走ると、足を痛めたり、その後とてもつらくなったりするので、私は慎重に走っています。
お礼コメント
morino-kon

お礼率 97% (1781/1834)

ご回答ありがとうございます。

下りも慎重に、ですか。
木登り名人の教訓のようですね。

自分に言い聞かせる言葉を考えてみます、参考になりました。
投稿日時:2011/10/06 00:43

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
上り坂は急ぐと心肺機能に負担をかけて、
後半にばてやすく、

下り坂はペースを落とさないと、
特に普段走り慣れていない人は
転倒やひざや足首に負担がかかって、
故障やトラブルの原因になりがちです。

急坂はしっかりとペースを落とし、
なだらかな長い坂はややペースを落とす。
特に下りは意識を強く落とすことで、
最後までしっかりと走りきることができます。

もちろん、普段からかなりトレーニングしている人は、
落とすペースも少しで済みます。
お礼コメント
morino-kon

お礼率 97% (1781/1834)

ご回答ありがとうございます。

ごもっともですね。
富士山の見えるところで、景色を楽しみながら…のはずなのですが、坂道が気になって楽しめそうもありません。
投稿日時:2011/10/06 00:41
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ