• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

対称式

x=1-√3,y=1+√3のとき,y/x+x^2+y^2+x/yの値を求めよ。 で、 (1)y/x+x^2+y^2+x/yが,y^2+x^2/xy +x^2+y^2になる理由。なぜ二乗が2つになっているのですか。これが、対称式でyx,xyとx^2+y^2を入れ替えたのなら、なぜx^2+y^2/x^2+y^2 +xyにならないのですか。 (2)(1+ 1/xy){(x+y)^2-2xy}になる理由を教えて下さい。 {(x+y)^2-2xy}は、基本対称式でx^2+y^2だと分かりますが、なぜy^2+x^2/xyが(1+ 1/xy)になるのか分かりません。

noname#145010
noname#145010

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数129
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、数式の書き方について。 y^2+x^2/xy +x^2+y^2 この式は (y^2+x^2)/(xy)+x^2+y^2 と書くように心がけてください。紙に書き込むときはここまでする必要はないのですが、1列で打ち込む際は、どこまでが分子でどこまでが分母であるか明確に書かないと誤解を生みます。 元の式は y^2+(x^2/x)*y+x^2+y^2 と解釈される可能性が高いです。(少なくとも先頭のy^2が分子に入るとは考えられない。"+"よりも"/"のほうが演算子の優先順位が高いのですから当然のことです) ではここからはご質問にお答えします。 (1) y/x+x/y この式を通分すればよい。分母は(xy)となりますので y/x+x/y=(y*y)/(x*y)+(x*x)/(y*x)=(y-2+x-2)/(xy) となります。x^2+y^2は何も変化しません。 (2) これは何か勘違いをしていますね。 (y-2+x^2)/(xy)+x^2+y^2=(x^2+y^2)/(xy)+(x^2+y^2) となります。分数式の分子の順番を並び替えただけですが。 よく見ると(x^2+y^2)が共通になっています。つまり、(x^2+y^2)をくくりだし因数分解できます。 (x^2+y^2)/(xy)+(x^2+y^2)=(x^2+y^2)*(1/(xy))+(x^2+y^2)*1=(x^2+y^2){1/(xy)+1} となります。このように1/(xy)+1が出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難う御座いました。

質問者からの補足

すみません!解いてみたのですが、(x^2+y^2)*(1/(xy))+(x^2+y^2)*1=(x^2+y^2){1/(xy)+1}のやり方が分かりません。 申し訳ありませんが、もう少し詳しく、お願い致します!

関連するQ&A

  • 数学 対称式

    x=1-√3,y=1+√3のとき,y/x+x^2+y^2+x/yの値を求めよ。 という問題でy/x+x^2+y^2+x/y=(y^2+x^2/xy)+x^2+y^2={1+(1/xy)}{( x+y)^2-2xy}という途中式が有りまして、 {(x+y)^2-2xy}この式は基本対称式を利用してx^2+y^2が{(x+y)^2-2xy}に変形したと分かるのですが、(y^2+x^2/xy)が{1+(1/xy)}この式に、どうやって変形したのかが分かりません。詳しく細かく教えて下さい。

  • 数学の対称式について

    現在高校1年生で対称式を学んでいます。 対称式は普通のは解けるんですが、分数になるとまったく理解できなくなります。 式が分かりにくいかもしれませんが教えてください。 分からないのは分数の式の読みかえです。 y/x + x/y = x二乗+y二乗/xy と言う読みかえですが、 これの正しい途中式は y/x + x/y = y二乗/xy + x二乗/xy =  x二乗+y二乗/xy です。この式の ↑ここまでは分かります。 しかし、 y/x + x/y = y二乗/xy + x二乗/xy =  x二乗+y二乗/xy                     →ここから分かりません。 y/x + x/y = y二乗/xy + x二乗/xy =  x二乗+y二乗/xy       ↑分母分子にyを ↑分母分子にxをかけてるのは分かります。 すると、 僕の考えでは、 y二乗/xy + x二乗/xy = x二乗+y二乗/xy+yx になると思うのです。 なぜ y/x + x/y の読みかえは   x二乗+y二乗/xy+yx ではなく、x二乗+y二乗/xyになるんですか?

  • 対称式のテクニック?

    X+Y XY の値が与えられている。 X^2+Y^2= このとき(X+Y)^2-2XYとすれば求められますよね。 それから、X^5+X^5=(X^2+Y^2)(X^3+Y^3)-・・・ って感じにするじゃないですか。 これってX+Y、XYだけであらわせられるようなのですが・・・。この手の問題が来たら、XとYをくくって二乗とか3乗!4乗はY^2+X^2を全体二乗!って形で覚えればいいんでしょうか。 質問書いているうちに、なんとなくパターンが自分でよめてきちゃいましたが、そもそもどういうことが聞きたかったかというと、基本対称式と言われるもの←XとYとか2文字だけのやつでしたっけそれはXY X+Yだけであらわすことが可能らしいです。 X^2Y とかなんで残らず消せるのだろうか・・・と疑問におもったのです。 まぁこれもこういうもんなんだって暗記してもいい気がしますが・・・ 理解が深まったほうが暗記の定着にもつながるから質問させてもらいました、おねがいします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

> すみません!解いてみたのですが、(x^2+y^2)*(1/(xy))+(x^2+y^2)*1=(x^2+y^2){1/(xy)+1}のやり方が分かりません。 > 申し訳ありませんが、もう少し詳しく、お願い致します! AB+AC=A(B+C) これ、わかりますか? A=x^2+y^2 B=1/(xy) C=1 としたものが質問にある式です。 これがわからないようなら因数分解の初歩を確認したほうが良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 対称式に詳しい方おしえてください。

    Fxyz=x^3+z^3+(x+z)yとするとき (1)x、y、zの置換を行って得られるすべての相異なる整式をおしえてください。 (2)それらの和を基本対称式Si(i=0,1,...,n)の整式で表しかたをおしえてください。

  • 対称式について

    対称式について、以下の式もx,yの対称式と呼んでいいのでしょうか。 x^3-y^3-x+y=0 xとyを入れ替え、移項または両辺を-1倍することで、元の式と同じになりますが、このような操作をした結果、同じ式になるのですが、それでもいいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 基本対称式をべき和対称式で表したい

    任意の対称式は基本対称式で表すことができる、というのは基本的ですが、基本対称式をべき和対称式で表すことができることを証明するにはどうしたらよいでしょうか。具体的なnについてはもちろん求められますが(たとえばx_1x_2={(x_1+x_2)^2-(x_1^2+x_2^2)}/2)、うまい数学的帰納法か何かアイデアがないと一般の場合の証明ができず困っています。 べき和対称式というのは、x_1^k+x_2^k+…+x_n^kのタイプの対称式のことです。

  • 対称式の値

    対称式の問題で、 x=√5+2,y=√5-2のとき、x+yの値が2√5になる意味が分かりません。 普通に計算すると、 x+y=(√5+2)+(√5-2) =√5+2+√5-2 =√10 になります。 何が間違っているのでしょうか教えて下さい。

  • 対称式について

    今高校一年の数学の勉強をしているのですが(数1) その過程で対称式というのがほんの少し出てきました。解説も {式に含まれるどの文字を交換しても同じ式になる}また{対称式は基本対称式であらわせる}といった程度の簡素な解説のみでした。 そこで質問なのですが(質問1)対称式とはいったいいつ本格的に習うものなのでしょう?大学の数学で習うのでしょうか?はたまた高校2年、3年でならうのでしょうか?(質問2)また上記の解説だけでは情報が足りずかなりの疑問が出てしまい、いまいちわからないのですが高校レベルでは{式に含まれるどの文字を交換しても同じ式になるものが対称式}程度に覚えておけばいいのでしょうか??

  • 3次の対称式について

    高校数学を勉強しております。 対称式に関連して、 x^3+y^3+z^3=(x+y+z){x^2+y^2+z^2-(xy+yz+zx)}+3xyz という公式がどのようにして導かれたものなのか知りたいのですが、どなたかヒントいただけないでしょうか? (x+y+z)^3を展開してみるなどして試行錯誤してみたのですが、どうもうまくいきません。 よろしくお願いいたします。

  • [数検1級1次]基本対称式の記述

    対称式kx^4+y^4+z^4を基本対称式で表したいのですが、模範解答ではs(1)などのように問題文や答案に断りのない文字が加わっています。 ちなみに()内は添え字です。 問題集の要点整理のページには、 s(1)=x+y+z s(2)=xy+yz+zx s(3)=xyz と書いてありますが…。

  • 対称式の性質を用いた因数分解

    x,y,zに関する3次の同次の対称式で分からない点があるので質問します。 問題は、次の対称式を因数に分解せよ、 (x+y+z)^3-(y+z-x)^3-(z+x-y)^3-(x+y-z)^3 というものです。 (与式)={(x+y+z)^3-(y+z-x)^3}-{(z+x-y)^3+(x+y-z)^3}とすると2つの括弧内はともに2xなる因数をもつ。与式はx,y,zに関する3次の同次の対称式だから、それが2xなる因数をもてば、2y,2zなる因数を持ち、結局xyzなる因数をもつ。この1文が分からないところです。 自分の考えでは、2つの対称式の和差積商は対称式より、与式は因数分解しても、(1次の対称式)*(2次の対称式)か3次の対称式になる。 (与式)=2x(A+B+C・・・)となっていて、第2因数にyという共通因数があっても、括りだすとき2x+yにはならずに、2xy(A'+B'+C'・・・)となる。このように共通因数を括りだすとき、()のそとにある因数に+でつながらないので、3文字の1次の同次対称式(2x+2y+2z)を与式は因数に持たない。同様にして3文字の2次の同次対称式2x^2+2y^2+2z^2や、2xy+2xz+2yzを与式は因数に持たない。よって3文字の3次の同次対称式である、xyzを因数にもつ。自分の考えがまちがっていたら訂正してください。そしてまったくわからないのが、2xyzも3次の対称式なのに、2x2y2zが因数になっていることです。どなたかこの理由を教えてください。お願いします。因数分解の答えは24xyzです。

  • 対称式の不等式

    対称式の不等式 『0≦2xy(x+y)+(x+y)(1-x-y)-xy≦7/27』 の証明です。 私はx+y=s, xy=t と置き、 中辺=-s^2+2ts-t=k ・・・(1)として、 x, yの実数条件:s^2-4t≧0 ・・・(2)とし、 (1)、(2)を連立して、kの範囲を求めればよいと考えたのですが、 (1)が思いの外扱いづらくて行き詰っています。 どなたか解ける方、方針だけでも良いので教えてください。 よろしくお願いします。

  • 対称式による条件付最大最小問題のある疑問

    例えば、x+y=1のとき、 xyの最大値は、x=y=1/2のときで、xy=1/4 xyの下限は、(x,y)=(t,1-t)でt→±∞のときで、xy→-∞ このように、対称式による条件付最大最小問題では、最大や最小、もしくは上限や下限になるのは、x、yが等しいときや極限のときや境界のときが多いです。 対称式による条件付最大最小問題で、最大や最小になるときが、x、yが等しいときや極限のときや境界のときでない場合の「具体例」がありましたらどうか教えてください。