• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:"the rock music"という表現)

The Rock Musicについての疑問

このQ&Aのポイント
  • 中学生用のワークブックに載っている”He likes listening to the rock music.”という文のtheの使用法に疑問がある。
  • 一般的にはロックが好きと表現する際にはtheはつけないが、この場合はロックミュージック全体を表す総称のtheではないかと考える。
  • もしくは特定の曲を指しているのか、自信がないため質問している。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)
回答No.4

ロック音楽というジャンルに属する特定な楽曲などを指していると解釈するのが自然です。要するに「彼は、そのロック音楽を聴くのが好きだ」という意味です。「彼はロック音楽を聴くのが好きだ」と言いたい時には「the」は絶対に付けません。あまり意識せずに、なんとなく「He likes listening to the rock music.」に「the」をつけてしまうということも、英語圏人にとってはありません。

jet_set
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 >ロック音楽というジャンルに属する特定な楽曲などを指していると解釈するのが自然です 私もそう思います。(少なくとも最初はそう思いました。) >「彼はロック音楽を聴くのが好きだ」と言いたい時には「the」は絶対に付けません。 絶対につけないかどうか、それは自信ないですが(下の方がお答えされているように、総称というような意味合いでつけることがあるかもしれないとも思っています。) このワークブックはとにかく、間違いが多く、日本人によくあるように、冠詞には特に注意を払わない人が書いた(あるいは、中学生のものと見くびって適当に書いた)ものと思われます。 他の英語本でも間違いがないものはまず見当たらないですよね。いつも『こんな間違い、どうして見落とすのだろう…一度もチェックしないのかな?」と不思議に思っています。 中には「あれ、この著者、このこと知らないんだな(-_-))」というようなミステイクもありますね。(例えば、現在完了形の文にはwhen I was in that situationなど、過去の一時点を指す語が入っているものと一緒には使えないなど)」など。 これもそういう単純なミスなのでは、と思ったのですが、一応お聞きしてみた次第です。 なにはともあれ、ありがとうございました。感謝いたします。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

noname#153348
noname#153348
回答No.3

No.1です。 コメントありがとうございます。私の説明が不十分だったと思いますので、補足させてください。 >>the sun(太陽)は、sun(日光)を排除しています。 >これは違うように思います。日光という時にもふつうthe はつきますし、この場合は、月や、太陽(地球も)など「唯一無二のものにはtheが付く」という決まりのtheだと思います。 ここでのポイントは、「theの目的は名詞句が話者の意図するものとは別のものを指す可能性がある場合にそれを排除する」ということです。従って話者が「日光」を意図しているなら、それをthe sunと呼び、「太陽」やその他sunが意味する可能性のあるすべてを排除しているということになります。sunが「唯一無二の太陽」しか表さない語であるならば、はじめから固有名詞ということになると思います。実際、VenusやMarsはそういう使い方になっているように思います。"Men are from Mars and women are from Venus." >>別の言い方をすると、一般名詞(句)を固有名詞として扱っているとも言えます >この部分も?です。 >「一般的には」固有名詞にはthe はつきませんよね。 >確かに”the Internet” のように、固有名詞化されたものにthe が付くこともありますが。 固有名詞にtheがつくのではなく、一般名詞にtheをつけて固有名詞として扱うという意味です。 the Internet the Central Park the Pacific Ocean ここからは個人的な拡張解釈ですが、ごく一般的な用法 I bought a book. The book was interesting. のような場合のthe bookだって一時的な固有名詞と考えることもできなくはないと思っています。(一時的に、唯一無二ですから) >>the earth, the sun.... >ここの部分の説明も??です。 >この部分は、もしかすると、大文字で書かれたthe Earth, the Sunのことを指しているのでしょうか。(それならわかりますが) そのとおりです。 >私が疑問に思うのは、総称としてのtheは、普通名詞or集合名詞と、私の尊敬する英語学者の方の著書に書いてあったのですが、この場合も、それに当てはまるのか?(musicのような単語は、集合名詞になるのでしょうか? なるような気もしますが。)ということと、この文章の場合、”rock music" と、”the rock music"のどちらが適切(あるいは普通か)ということなのですが。。。。 「総称」にはいろいろと難しい点があると思います。述部が個々のメンバーにも当てはまる場合とそうでない場合「総称」意味合いも変わってくる点なども考慮する必要があります。 Sparrows are samll birds.というときのSparrowsとSparrows are ubiquitousというときのSparrwosはともに「総称」と呼ばれますが、個々のsparowはsmall birdであるけれど、ubiquitousではありえなので「総称」の分析が必要ということです。 「総称」のことは、とりあえず横において、the rock musicはジャンルを表す「固有名詞的」なものと考えて良いのではないでしょうか。もちろん、rock musicでも単にrockでもそうです。(ジャンルは唯一無二という観点に立っています。)

jet_set
質問者

お礼

貴重なお時間を割き、ご丁寧な回答を2度も、ありがとうございます。 >>確かに”the Internet” のように、固有名詞化されたものにthe が付くこともありますが。 >固有名詞にtheがつくのではなく、一般名詞にtheをつけて固有名詞として扱うという意味です。 >the Internet >the Central Park たしかにthe Internetは、あまり適切な例じゃなかったと、書き込んでから思っていました。 これは、「発明品にはtheがつく」という決まりが固有名詞化されたものですね。 ただ、公園にはふつうtheはつきませんね。ついてあったとすれば、それは「あの有名な」セントラルパークという意味でついていたのだと思います。 (私が尊敬する植田一三さんの「スーパーレベル英文法」によれば。) 私はこの方とは何の関係もなく、ただの一followerにすぎないのですが、この方の著書はこの本もそうですが、上級者(or それを目指す方)には必読の書と思います。ここにお答えの皆様にお勧めします。そうすれば、失礼ですが、theは単に「それと双方が分かっているものにつく」だとか、「固有名詞化されたもの」というただ一つの解釈(大きく言えばということでしょうが)では成り立たないということがお分かりだと思います。例えば、海にはtheが付くけれど、湖には基本的にはつかないなどです。) >「総称」のことは、とりあえず横において、the rock musicはジャンルを表す「固有名詞的」なもの>と考えて良いのではないでしょうか 確かに、そのようにも考えられますね。 何はともあれ、私のためにお時間をいただき、ありがとうございました。 感謝します。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.2

おっしゃるとおり、ジャンルを表す時は、通常定冠詞はつけません。 さらにいえば、rockやjazzやpopの場合、rock/jazz/pop music のようにmusicを付ける事も一般的ではないです。 通常、I'm into rock. のように言います。 classical/classic の場合は、割とmusic をつける傾向にあるようです。絵画等の classical/classic art と混同を避ける意味合いもあるのでしょう。 ただ、それは原則論で、the rock music と、theを付けたくなる場面も容易に想像できます。 そもそも冠詞というのは後に来る名詞が何か、で決まるものではありません。(悲しいことに、未だに日本で出版される参考書にはこのような説明が多いですが) だって、冠詞は名刺の先に置かれるものですからね。 ネイティブさんが、the/a と言った時、彼/彼女の脳裏には具体的な像(絵)がすでに描かれているんです。 theの場合は、(ほら、あれだよ、あれ、あれ)というニュアンスで、その文脈上で、もうたった一つしかないものを言及するときに使います。 (もともとtheはthatが縮まったものです) ここからonlyの意味も出てきます。 例えば、カナダのカントリーシンガーの、Shania Twain に You're Still The One という曲がありますが、 付き合いだしたときに周りの人はあれこれ言ったけど、あなたと一緒になれて本当によかった、という内容で You're still the one I run to/The one that I belong to/You're the one I want for life 私が駆け寄っていく人は今もあなただけ/わたしはあなただけのもの/あなただけ私が生涯を賭ける人なの と続きます。theと言っただけで、もうたった一人の存在である「あなた」の姿が見えてるのです。 じゃあ、the rock music と言いたくなるときはどういう時か? 例えば、病気で寝込んでいるときに、子供がお構いなしに音楽を大音量で聞いていたら Stop it! I don't like "the rock music". なんて言うでしょうね。この場合、(よりによって大変なときに)「その手の」音楽を鳴らすのはやめてよ、ということも有り得るでしょう。(rockは省略されるかもしれませんが) だから、件の参考書の文も、その一文だけでは何ともいえない、とだけ申し上げときます。 (ただ、否定文でもない通常の文でいきなりthe rock musicは少々変かなあ、と思いますが) 冠詞は「文脈で決まる」のです。よく参考書には、何々用法とか列挙してあって「こんなに覚えなきゃいけないのか」という気にさせられますが、 あんなのは、実際(まあ、あんまり)役に立ちません。(そうですよね?) 本来、話の流れで決まるべきものを、前後のストーリーをぶった切って、その文だけであれこれ言ってもあんまり有益ではないからです。 それよりも、(ほら、あれだよ、あれ、あれ)というニュアンス、という核になる意味だけ頭に入れて、実際の英文でそれと照らし合わせて なぜ、ここは定冠詞が使われてるんだろう? そうか、そういうことか と確認していった方がいいですよ。 こういう作業を100か200くらいやってると、冠詞に対する感覚が養われてきます。 で、「ここは無いと変だぞ?」とか「いらないのに付いてる 間違い?」とか、ピン、とくる様になりますよ。 ところで、どうでもいいですが、IDがjet set との事ですが、お金持ちなんですか? (jet setは「飛行機で旅行できるお金持ち」「セレブ」位の意味で、ロックの歌詞にはよく出てきます)

jet_set
質問者

お礼

貴重なお時間を割いて、回答ありがとうございます。 おっしゃること、大体わかります。 殊に >本来、話の流れで決まるべきものを、前後のストーリーをぶった切って、その文だけであれこれ言ってもあんまり有益ではないからです この部分、同感いたします。 ですが、一応つけ方にも決まりがあるので (話の流れ「だけで」決まるというのもあまりにも乱暴ではないでしょうか?)、お聞きしてみた次第です。 舌の方のお礼にも書きましたが、私の尊敬する英語研究者の方の著書に総称のthe は、普通名詞・集合名詞につくと書いてありますが、musicという単語もやはり、集合名詞に入る(入るような気がしますが)のかということがよくわからなかったのと、普通、rock にはthe が付かないように思ったものですから。 ちなみに、私は回答者様が想像されるよりは、英語に慣れ親しんでいるつもりです。 これを言うと、知らない方はみな「冗談でしょ」と思うのですが、今まで何人かのネイティブから、”Your Engish is better than many native speakers." "I believe your English ability is beyond most native speakers." 等驚嘆され、また知らない英単語を教えてあげて、"You know English better than me!"とうなだれてしまった(本当に。もう一人一緒にいたネイティブは知っていた単語だったので)ネイティブもいましたし。TOEICは965点で、企業研修などで英語を教えています。) ちなみにjet_setというIDは、私のページにも書いてありますが、《今はそれにほど遠い状態ですが、少しでも近づきたいので)つけたIDです。私はロックは全くと言っていいくらい、聴きませんが、もちろん初めから、意味は分かってつけています。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#153348
noname#153348
回答No.1

定冠詞theを使用する目的は、名詞句が話者の意図する以外の意味も持ちえるときに、それを排除することです。 もっとも基本的な、いわゆる「その」を表す、the book は、他にいくらでもあるbookを排除しています。 the earth (地球)は、earth(土)を排除しています。 the sun(太陽)は、sun(日光)を排除しています。 the dog(総称の場合)、個別のdogを排除しています。 では、the rock musicはどうでしょうか、rock musicが音楽ジャンルとしての「ロック」以外を意味する可能性があるかどうかを考えてみると、「揺れ動く音楽」でしょうか、それとも「個別の曲」でしょうか。前者もあり得るでしょう。後者も、He is playing rock music.の場合はtheを付け得ないので可能性が高いですね。 別の言い方をすると、一般名詞(句)を固有名詞として扱っているとも言えます。the rock musicを「ロックというジャンル」の固有名詞として扱うために、一般名詞としての解釈を排除している訳です。その点では、the earth, the sun そして the United Statesも一般名詞を固有名詞化したと見ることができます。 ただし、固有名詞化が状況から明らかな場合は、theは慣習により省略されます。Earthだけでも地球を意味することができます。なのでrock musicだけで「ロックのジャンル」を意味することも可能と思います。

jet_set
質問者

お礼

ご回答いただき、ありがとうございます。 ですが、 >the sun(太陽)は、sun(日光)を排除しています。 これは違うように思います。日光という時にもふつうthe はつきますし、 この場合は、月や、太陽(地球も)など「唯一無二のものにはtheが付く」という決まりのtheだと思います。 また、 >別の言い方をすると、一般名詞(句)を固有名詞として扱っているとも言えます この部分も?です。 「一般的には」固有名詞にはthe はつきませんよね。 確かに”the Internet” のように、固有名詞化されたものにthe が付くこともありますが。 >the earth, the sun.... ここの部分の説明も??です。 この部分は、もしかすると、大文字で書かれたthe Earth, the Sunのことを指しているのでしょうか。(それならわかりますが) 私が疑問に思うのは、総称としてのtheは、普通名詞or集合名詞と、私の尊敬する英語学者の方の著書に書いてあったのですが、この場合も、それに当てはまるのか?(musicのような単語は、集合名詞になるのでしょうか? なるような気もしますが。)ということと、この文章の場合、”rock music" と、”the rock music"のどちらが適切(あるいは普通か)ということなのですが。。。。 これにお答えできる方、どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 女性の方へ

    恋人にしたい男性の、音楽センスはどれを望みますか? これはちょっと・・ていうのも教えてください 1ポップ 2クラシック 3ジャズ 4ヒーリングミュージック 5イージーリスニング 6ブラックミュージック 7トランス 8ロック 9メタル 0それ以外 00別に決まってない何でも良い

  • この英語の問題の解答を教えてください。

    この英語の問題の解答を教えてください この問題の解答を教えてください。 意味に注意して( )内の動詞を必要に応じて適当な形にしてください。 1,I heard the song (sing) in Chinese. 2,I heard my mother (call) my brother. 3,The actor left quickly, but he had his photograph (take) by some fans. 4,The actor always has his hair (cut) by a famous hairdresser. 日本語の意味に合うように( )内に適当な一語を入れなさい。 1、ブラウン先生はロックが好きなようだ。 Mr.brown ( ) to ( ) rock music. It seems that Mr.Brown ( ) rock music. 2、ブラウン先生はロックが好きだったようだ。 Mr.Brown ( ) to( ) ( ) rock music. It seems that Mr.Brown ( ) rock music. 先生の好きなものについてthat以下を変えて言いなさい。

  • 添削お願いします

    In his early life, he mainly learned composition by self-study, leave a lot of works that a wide range of music from classical music, electric music, stage music, and pop song. 「若い頃、主に独学で作曲を学び、クラシック音楽から電子音楽、舞台音楽、ポップソングまで多岐にわたる作品を数多く残しました。」 こちらの英文を添削して欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 英文で分からないところがあるので教えてください。(3)

    1と3と4と5と7の英文が正しいかどうか教えてくだい。2と6と8の日本語の文章をどのように英文にすればいいのか分からないので教えてください。 1.あなたがご存知のように、大学に行っています。そして両親と住んでいます。 (As you know, I went to university. I live one’s house(my parents’s house).) 2.話は変わるけど、今、ちょうど夏休みです。しかし今、大学で経営について卒業研究をしています。だから今、遊ぶどころでは、ありません。 3.すごく大変です。 (It’s very hard.) 4.テレビでアイスホッケーを見たことがありますが、興味は、ありません。 (I watched ice hockey on TV. But I’m not interesting it.) 5.SARSについて日本人は、とても心配しています。 (Yes, Japanese people are very afraid of SARS.) 6.韓国以外に行った国は、イギリスです。 7.あなたは、私にどんな種類の音楽を聴くか尋ねましたね。私は、クラシックとロックを聴きます ( You asked me, “What kind of music do you listen to nowaday. I listening to classical music rock music. ) 8.あなたを含めてペンパルは8人です。いろいろな国の人と文通できてとても興味深いです。

  • 定冠詞は「全体」を指し示すか

    以前、<定冠詞は「全体」を表すか>という質問をした者です。質問の趣旨は、定冠詞の機能として、唯一のものを指すだけでなく、あるものやある集団の全体を指すこともあるかということでした。もっと言えば、<指し示す対象が全体である>という言い方が<指し示す対象が唯一のものである>という言い方に還元可能なのではないかということです。今回はこの件での再質問です。まず、私の説明を提示します。おかしなところがあればご指摘下さい。 まず大前提として示すべきことがあります。定冠詞の使用原則は、コミュニケーションの場において、話し手が提示したあるものを聞き手がどれなのか特定できると、そのように話し手が判断した時、話し手は定冠詞を使わなければならないとする約束事です。 定冠詞の指示範囲についての議論はもともとRussellが始めたものです。彼は、定冠詞は唯一のものを指し示すと主張しましたが、その主張が有効なのは単数普通名詞においてのみでした。単数普通名詞のみならず物質名詞・抽象名詞・複数可算名詞に対しても成り立つ包括的な考えを提唱したのがHawkinsです。彼は、それらに付与された定冠詞の指示対象は、それらの語の総体であると主張しました。the waterやthe booksはその場で話題になったwaterのすべて(総量)を、及びbooksの総数を表すとするわけです。-ここまでの記述は複数の冠詞の解説書・研究書に書かれていることの要約です。 それに対して、the+複数名詞が必ずしも全体を表すとは限らないといった指摘をする人もいます。私もその一人です。例文を挙げます。 A: Would you come to New York with me? No thank you. The people are unfriendly, and talk too fast for me. B: In autumn the leaves turn yellow and red. Aにおいて、the peopleがその国の人たち全員を表すとは思えません。また、Bにおいてもthe leavesが全部の葉々を意味することはありません。 でも、the+複数名詞が実際に全体を表す場合があることも確かです。 C: The water dried up. D: I gave back the CDs I borrowed from my friend. これらの文中ではthe+複数名詞が確かに全体を指しています。A, Bと違って、Cにおいてはupによって全体が含意されています。Dにおいては、借りたものを返す時は普通は全部返すものだという一般常識が働いていると思います。このように、全体を表すかどうかは語用論的状況と関わると言えそうです。ただし、語用論では決め手になりません。文法的に詰めてゆこうと思います。 単数可算名詞の場合も考えてみます。 The book is on the table. においてthe bookは全体という意味を持ちません。I read the book, but it wasn't interesting. はその本を全部読み終えていなくても成り立ちますが、 E: I read the book through. は全部読み終えた時の発言です。この時、全体の意味が出ます。finish readingやhave read を使っても完了の意味が出て本全体を表します。このように、あることが完了する、といった文脈が全体性と関わっているように思います。  状況・文脈と無関係に、もともと分離不可能なものとして作られている名詞句もあります。 F: The United States was against the proposal. において、The United States はアメリカの各州の結束力の強さを前提とした表現です。空間的な認知において分離不可能あるいは結束性ということが全体性と関わっているように思います。 結局、C, D, E, Fの例から推定できることですが、the+名詞が何かの全体を表すのは、文脈の要請によって、そのものの部分を全体から空間的・時間的に切り離して扱うことが困難な場合だと言えそうです。だとすれば、全体を表すことをもって定冠詞の働きであるとするのは無理があるように思います。 ここで確認しなければならないことがあります。A~Fにおいてなぜ名詞にtheがついたのかということです。  Aのthe peopleは話者がNew Yorkで出会った人たちです。状況による限定があります。  Bのthe leavesは秋の風物としての葉々です。ここでも状況による限定があります。  Cのthe waterはすでに話題に出ているはずです。  Dのthe CDs の場合は、既に話題に出ているか、そうでないとすれば関係詞節によって限定されているからです。後者の可能性の方が大きいと思います。  Eのthe bookはすでに話題に出ているはずです。  Fは固有名詞だからそうした存在が言語共同体によって承認されているという説明が可能ですが、別の説明も可能です。The United Statesはアメリカ国籍所持者という特定の属性を共有する集団です。このことが定冠詞の使用を要請するものと考えます。同じことはthe Japaneseやthe youngにも言えます。ある集団が全体を表すからではなく、一つの属性を共有するから定冠詞がつけられるということだと思われます。 以上、全体を表す名詞句に定冠詞がつくことが定冠詞の本来の機能から説明可能であることを示しました。 ところで、theがつく理由が定冠詞の本来の機能から説明されるのでなく、全体を表すからだという言い方が成立するのであれば、全体を表すものには必ずtheがつきますよ、という約束事が言語共同体によって共有されていなければなりません。そのような約束事は存在しません。全体だからtheがつくとは言えないことになります。 ここで、全体を表す名詞句には必ず定冠詞がつくのかという問題をさらに考えてみます。 G: Yesterday one / 5 of teachers of the school came here. He' s Mr. Nakamura.  文中のone of teachers は教員全体のうちの1、5人を表していますが、teachersにtheはついていません。ある大きな集団のうちの部分を表す時は、大きな集団の方は全体を含意しているなのにtheがついていません。このことからもわかるように、全体を表す名詞句に必ずしも定冠詞がつくとは言えません。 以上、全体を表すことと定冠詞の使用とが無関係であることを示しました。 では、総称表現ではどうなのでしょうか。 H: The dinosaurs died out long ago. においては、確かに全体を表していますが、died out という語句から全体の意味が出たと思われます。先ほどのThe United Statesと同じく、文脈から集合的な意味合いが出ているように思います。 I: Hey, the dinosaurs are rushing towards us. Let's run away. においては眼や耳で確認できる特定の恐竜集団を指しています。集合的な意味合いが出ていないと思います。  J: The dinosaur is a large reptile that lived in prehistoric times. においては、恐竜という種族全体に及ぶ属性が示されていますが、これは定義を表す一般的な文だからです。  総称表現においても、定冠詞は文脈次第で全体を表すとしか言えないと思います。  そもそも、定冠詞が使われる原理は<聞き手がこれだと同定できるはずだと話し手が考える時にtheを使う>です。 Jにおいて、聞き手はこの文が恐竜という種族を表していると考え、種族は一つしかいないから、あるいはThe dinosaur が種族の代表を表すから定冠詞がつくと判断するのではないでしょうか。聞き手がJの文を聞いた時、思い浮かべるのは種族の代表であって種族の全体ではないと思います。is a large reptile と単数形が使われているわけだから単数のものを想起するのが自然だと思います。 定冠詞の指示範囲についてのHawkins説(定冠詞がついた物質名詞・抽象名詞・複数可算名詞はその総体を指し示す)は成立しないと思います。だとすれば、Russellの唯一説をそれら3つの名詞に適用するやり方を考えつけばよいことになります。  すなわち、物質名詞又は抽象名詞にtheがつくとき、指し示されるものは話し手と聞き手の共有知識内の唯一の物質又は抽象観念である、あるいは共有知識内で話題になった物質又は抽象観念の特定の唯一的な部分だと言えばよいはずです。  以上、定冠詞が全体をも示すという考えに反証めいたものをあげました。いかがでしょうか。

  • 関係代名詞について

    例えば次の文です。 The man who phoned is my lawyer. この文では whoをthatに置き換えられますよね。それでは次の文です。 The car, which was invented by a German engineer, changed the twentieth century. 最初の文では who phonedがmanを限定しているので省略できませんが、2番目の文では which was invented by a German engineerの部分が 情報を補足しているだけなので 取り除いても文は成り立ちますよね。そこで質問です。この場合の whichはthatに置き換えることは可能でしょうか? また、carの前の定冠詞ですが、英語の定冠詞は 総称は表さないはずですよね。そして、特定のものを指しているわけでもありませんが、なぜ定冠詞が用いられているのでしょうか?

  • すべての可算名詞はtheを使った総称表現に使えるか

    the 名詞を使った総称表現についてご意見を聞かせていただければありがたいです。  まず、私の考えを示しますから、それについて賛否なり、修正なりをお願いしたいと思います。 The lion is a wild animal. は総称文です。the lionは個々のa lionが持つ差異を捨象して共通項を取り出した結果得られたもので、典型または代表とも言うべきものです。 では、いかなる可算名詞でも総称表現の文に使えるのかということですが、そのものの上位カテゴリーさえ明示すれば問題なく使えるように思えます。というのは、以前の投稿<in the summerは総称表現か>でも述べましたが、総称表現のthe名詞は特定のカテゴリーを表し、同時に上位カテゴリーの成員でもあることを表します。もっと言うと、獲得した知識の効率的な運用のためにも概念間の階層構造を作るために必要とされたものだと思います。ちなみにthe lionの上位カテゴリーはa wild animalです。 ところで、the+名詞を使った総称表現に使われやすいものと使われにくいものがあります。解説書などには動植物とか発明品とか楽器とか職業などだと使われやすいと書いてあったりします。それ以外の名詞だと使われにくいとのことです。  ネイティブスピーカー達も同じようなことを言います。なぜそうなのかを述べた人が少数ながら日本の研究者の中にいました。動植物とか発明品とか楽器とか職業とかは中身が単純なものではなく、複雑で高度な仕組みや枢要部分を持っているからだと言います。そうしたものは、個々の差異を捨象することが容易なのでカテゴリーの中の典型・代表を表すことができるからだというわけです。たしかに一理あります。 ここで問題が一つあります。 the lionの典型・代表たるゆえんは差異を捨象して後に残った共通点を持つことにあります。だったら、共通点は複雑で高度な仕組みや枢要部分といったような大げさなものだけでなく、速く走れることとか、どう猛であることとか鋭い爪や牙を持っていることなども当てはまります。  The lion is a wild animal. と言う時、この文からイメージされるのは、高度で複雑な機能より野生的な外見だと思います。よって、典型・代表であるための絶対条件として複雑で高度な仕組みや枢要部分が特に言及されることには違和感があります。いかがでしょうか?  次の問題点に移ります。動植物とか発明品とか楽器とか職業のような名詞以外のものは総称表現に使えない、あるいは使いにくいということですが、本当にそうなのでしょうか。 そう言う人たちの一人が、theを使った総称表現に使わない名詞としてbookをあげていました。個別の差異を捨象して共通項を取り出そうにも差異がどこにあるのか判断しにくいと主張しています。  ところがbookの場合でも文脈さえ整えれば、つまり上位概念さえ明示すれば難なく使えます。  例えば、When it comes to tools for developing culture, enlightening people and bringing entertainment to life, the book is more easily accessible one than the play and the cinema. といったふうに、上位カテゴリーをa tool for developing culture, enlightening people and bringing entertainment to lifeだと明示して、おまけにbookと同レベルのカテゴリーの他の要素まで並べてしまえば、この文を容認しない人はいないと思います。 the bookを使った総称表現の文を実際に作ることができたということは、booksが持つ個別の差異が捨象されて共通部分が取り出されたことになります。 総称表現のthe 名詞は特定のカテゴリーを表し、同時に上位カテゴリーの成員でもあることを表すためのものであるとすれば、上位概念さえ明示すれば問題なく総称表現として使えるはずです。非常に単純なアメーバやチリや埃などについても上位概念さえ明示すればOKということになります。この考えでよいのでしょうか? 3つ目の問題点に移ります。 なぜ動植物とか発明品とか楽器とか職業のような名詞以外のものが総称表現に使えないのかということですが、動植物はもともと生物学や分類学などにおいて上位概念と下位概念に区分されやすいものなので、上位概念さえ明示すれば問題ないと思われます。  楽器とか職業はその性質上、特定の具体物と混同されるおそれが少ないのではないかと思います。The doctor must always be patient. と言う文において、特定の医者だと受け取る人はいないでしょう。 ところがthe bookの場合、例えばThe book has enlightened and enriched our life long since. といったような文は総称表現としてはなかなか容認されません。the bookに「その本」の読みがありうるからだと思われます(「その~」の読みが可能な場合はそちらが優先されるものと思われます。その方が総称表現より普通の言い方だからだと思います)。 書物(特に古典)の中には何世紀もあるいは(聖書のように)もっと古くから読み継がれるものがあります。楽器の場合は、よほど名の通ったストラディバリウスでなければまずありえません。 例えば、The violin has been used for about 4 centuries to be used in orchestras, and has shaken people's heart. と言う時、楽器として総称的に述べられているとも言えるし、特定のストラディバリウスの名器なのかも知れません。この世には長い歴史に耐える優秀なものがありますから。おそらく、特定のヴァイオリンの読みが優先されると思います。 というわけで、私の結論は、動植物とか発明品とか楽器とか職業のようなものが総称表現に使われやすいのは、それらが複雑な仕組みや統合的機能を持っているからではなくて、単に、具体的や特定物「その~」と解釈されるおそれが少ないからではないかと思います。いかがでしょうか? 4つ目の問題提起に移ります。 先ほど、可算名詞の場合、上位概念さえ明示すれば問題なく総称表現として使えるはずだと述べましたが、たしかに数えられるものであればどんなものでも、原則的に総称表現として使うことができるはずです。それができないのは、原理的に上位カテゴリーを想定できないものの場合です。例えば、objectやthingやcreatureです。 Objects exist in time and space. はOKでもThe object exists in time and space. とは言えません。実際、様々なobjectやthingやcreatureは漠然としすぎて、個別の差異がどこにあるのかわかりづらいように思います。おそらくそれらのものは全体で一つの統一的なものなので差異に言及することに意味がないのだと思われます。この考えでいいのでしょうか? 5つ目の問題提起に移ります。4つ目と関連しています。 objectやthingやcreatureに上位概念を想定できないということは、これら自らが上位概念であって、これ以上の上位カテゴリーが存在しないということだと思いますが、そもそも最上位の概念は何なのでしょうか。ひとつだけ存在するのでしょうか。それとも複数の基幹上位概念が存在すると考えるべきなのでしょうか。ご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

  • 不定詞の問題

    問1:次の英文を日本語にしましょう (1)High school students have a lot of things to learn. (2)I have something to give you. 問2:次の日本語に合うように[ ]内の語を適切に並び替え文を完成させよう。 (1)この図書館には読むべき本がたくさんあります。 There are[to/many/read/books] in this library. (2)彼は一人でそこへ行こうとしました。 He[go/to/there/tried] alone. (3)マイクはロック音楽を聴くことが好きです。 Mike [listen/likes/to/to] rock music. 教えてください!

  • A cat is a vigilant animal の不定冠詞「総称のa」?

    「ネコは用心深い動物だ」に対応する文章として (1) A cat is a cautious animal. (2) The cat is a cautious animal. の両方ともOKと書いてあるのを読みました(「冠詞マスター教本」)。 a も the も「総称(~というもの)」の用法があるようです。 質問ですが ●上の(1)(2)にニュアンスの違いはないのでしょうか?(ネイティブが上の(1)(2)を同じと感じるか、ということです) ●例えば  「A person is known by the company he keeps.    (人は、その人が付き合う仲間によって知ることが出来る)」 の A person は The person に置き換えてよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 適当な形に変えて日本語訳もお願いします

    The guest__________________a speech is the mayor <make> This blue ball is the earth ____________from the moon.<see> The_____________bull rushed at the red cloth.<excite> I saw a worm _________on the floor<crawl> He got his leg ____________in the accident <injure> I found the man _________________on the floor.<lie> The iron door remained______________all day long.<close> She went out ,________________the door____________________.<leave,unlock> Frankly___________________,she is a little selfish.<speak> She likes listening to music with her eyes________________.<close>