• ベストアンサー
  • 困ってます

耐震性について

当方、神奈川県南部の海沿に在住です。 昨今、急に話題になっていますが活断層群に関する地震の他、南関東地震 等、数パターンの地震が発生する確率が非常に高くなっていると言われて いる地域で、震度7程度、少なくとも震度6弱程度は、覚悟する必要があ る考えています。 そこで、新築する場合に、耐震性を強く意識したいと考えております。 同時に、小屋的な小さなスペースの居住空間で十分と考えているものです から、ログハウスや2×4なども候補にあげて検討しています。 面積やレイアウト、価格などをざっと見たところ以下のようなものが候補 として考えるようになってきました。必ずしこの製品には固執しませんが。 ログも、2×4も、耐震性に優れており、コンパクトな平屋だけに、さら に、対応力はあるかと思って、候補に入れています。 実際に、耐震性に優れているのは事実なのでしょうか? 耐震性以外にも、さまざま要素はあるのですが、価格や工費、メンテナン ス、面積なども含めて、かなり近い条件だと考えています。 震度6や7程度にも耐えられるほど、耐震性が本当に優れているのかなど も含めて、アドバイスなど頂ければ幸いです。 候補1 レポ 建築面積 約18.5坪 (134mmのラミネートのログ 価格が約620万円~780万円程度) 工費を含めると、やはり1200万円~1500万円程度は必要でしょうね。 http://www.fin-bigbox.com/news/campaign/uni_laminate_log.html#lepo 候補2 サーファーズハウス 建築面積 約16.5坪 キット価格が 約600万円 工費を含めて約1500万円 http://www.ei-publishing.co.jp/add/surfershouse.html#planning どちらも面積の割には、割高な感じはしますが、諸条件を考慮すると 最低限の金額なのかなと思えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数444
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

宮城県仙台市の不動産業者です。丘陵地との事でしたので、仙台での丘陵地での地盤被害状況を簡単に書きます。尚、地盤の影響を受けない新耐震基準以降建物の半壊以上の損壊は、丘陵地ではほとんど無かったと言って良いほどだと思います。 丘陵地の造成時の盛土部分が、元々の地盤から大きくズレる、または沈下するという事でその周辺一体の建物が大きく被害を受けたという事実です。盛土の高さは15mから20m以上程度のところが多いようです。震災後の報告書等で認識したのですが、一般的に盛土と解される造成地の端周辺でなくとも団地中央の平坦部でも造成前は谷地であったりした部分は大きく沈下等しているようです。 また盛土であっても数m程度以下の部分では、個別の沈下や外構などの損壊はあるものの、修復不可能な程度の損壊にはいたっていないのがほとんどです。 現在質問者さんがお建てになる計画地が、造成時どのような形態で盛土の高さがどれぐらいなのか?を良く調査され、判断されるのが良いでしょう。田などの様に軟弱地盤ではありませんから、盛土でないことや、盛土であっても周辺を含め高さが数メートル程度であれば、一般的な地盤調査や地盤改良でそう心配なさることは無いと思います。 また、宅地内で切り盛りがあるような地盤ですと(大概一方は擁壁があります)宅地内で小さな地割れがその、切り盛りの継ぎ目に入りわかる様な感じでした。 上記の様な感じですから、調査されてもし、盛土の高さが15m以上なら、建設地は変更したほうが無難。数メートル程度であれば、通常の改良などで建てるということでそう心配なさることではないと思います。尚、地盤改良が必要になった場合は、建物基礎だけでなくポーチやもしボイラーや給湯器などをすえつけるならば、それらを置く基礎部分も改良してもらいましょう。これは田畑の軟弱地盤で起きたのですが建物本体は地盤改良で軽微な損傷なのですが、エコ給湯の倒壊や灯油タンクの倒壊、玄関ポーチの沈下による傾きなど、建物周辺のやわらかい部分が被害となりました。 建物自体は、基礎は表面のモルタルがひびが入るとか、内装のボードの継ぎ目や開口部の下地で塗り壁やクロスが割れるところがいくつかある、外壁の一部がちょっと浮く、などの程度で構造に損傷を与える被害はあまり聞いていません。 最後にこれは数字的な根拠が無いので、あくまで私見ですが、2×4は丈夫です。が計算以上の力が加わったのか?施工が悪いのか?わかりませんが耐力壁が損傷した場合、ほぼ修復不可能の様です。それに対し軽く自由が利く木造在来で現在主流の構造用合板などを用いての構造は、廉価な建売の一さんでもほぼ被害はありませんでした。非常に軟弱な地盤で基礎に損傷が無いのに、揺れの大きさだけで全壊したお宅なども、在来は修復可能でしたが、他の構造は無理なようで解体しています。(出来るが費用的にかかりすぎるようです)万一損傷があった場合も、修復にどの程度の費用を要するのか?はメーカーさんなどへ良く確認したほうが良いでしょう。 小さな平屋ですから、軽いので地盤さえ問題なければ大丈夫だと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細なご回答ありがとうございました。 非常にわかりやすく参考になりました。 私も、遠い親戚が白石市におり、なんとか大きな被害は免れたと聞いて安堵 していましたが、それでも不便な生活であり、余震など、不安を感じること が多いと聞き及んでいました。 直接的に大きな被害を受けられた皆様は、本当に大変で、いまだに苦労が続 いていらっしゃることと思いますし、何よりも、親しい方が犠牲になられた りと精神的にも心が傷ついていらっしゃることを想像するだけで、心が痛み ます。 なかなか簡単に復旧復興と気安く言い難いですが、何か希望を見いだせるこ があればと思います。 日本全国、どこでも、また、いつ起こってもおかしくはない自然災害ですの で、油断することなく、自分たちでできることは、わずかなことでも何かし て行きたいと考えています。 もちろん、自らの備えも含めてですが…。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

1.活断層の近くには家を建てないことが重要です。基礎を補強しても、地盤改良しても活断層があれば意  味がありません。 2.建物自身の耐震性は基準法どうり建ててあれば崩壊して内部の人間が圧死することは無いという想定  です。基準法の1.5倍くらいの強度を持たせておけば大丈夫でしょう。 3.候補に書かれている住宅にどれほどの耐震性があるかは不明です。唯、在来工法でも、2×4工法でも   基準法に則って強度が確保されていれば問題ありません。 地盤の強度はしっかりとした、地盤調査会社に調査してもらえば、地盤補強、基礎補強を含めアドバイスがあります。 一番良いのは信頼できる設計事務所に設計・監理を任せる事だと思います。 素人が何を言っても結局他のホームページの受け売りにしかすぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 活断層の真上は、怖いですね。 しかし、なかなか詳細な情報は得られにくいのが実態です。 やはり、詳細公表してしまうと当該地の所有者の財産価値を大幅に 低下させてしまうからでしょうか? 大雑把な地図などは入手して調べているんですが…それに、海沿い でありながら急斜面の土地などもあって、安心できる土地は意外に 少ないのが実態ですね。 自分は、以下のようなページで、各地震のパターンによって予想 http://www2.wagamachi-guide.com/pref-kanagawa/index.asp?dtp=11&adl=%2C11&aky=1 される被害などを調べていますが、液状化の被害などは、地震に よって予想結果が異なったり、活断層がありそうなの被害を予想 しても、活断層の存在が反映されないような結果が出たりで、 なかなか信頼できるものではなさそうです。 自分の求める間取りは、ほぼ固まりつつあるし、平屋建ても優先 度の高い希望なので、あとは基礎の強化などの経費も含めた予算 を見直してみることにします。 工法などは、特に考えなくてもよさそうですね。 問題は、アドバイスを頂いた設計事務所ですね。 知人でも設計士や建築関係の方がいますが、やはり利害関係を生 じることで、知人関係を損ねるのも嫌なので、別ルートで探して みたいと思いますが…やはり、設計料や監理費用なども、相当考 える必要はありそうですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#140574
noname#140574

私もNo.1様の意見と同様、土地の地盤や基礎の作り方を気にされたほうがよいと思います。 今時の住宅は、建物自体は建築基準法で震度6強から7でも倒壊しないよう定められています。 今回の東日本大震災で、北関東の私の住んでいる地域は地盤が強固だったのが、震度6強にもかかわらず古い家でも倒壊しているものはなく、瓦が落ちる程度でしたが、ちょっと離れた地盤の緩い地域は、塀や壁、天井が崩れたり、地盤が傾いたりと燦々たる状況でした。 ある住宅のセールスマン曰く、自分も大手ハウスメーカーにいたころ家を建てたが、広告であれほど耐震性を謳っているのにかかわらず、あっさり1階と2階部分の継ぎ目に亀裂が入り、修繕費がかなりかかったと。 名前は挙げませんが、ハウスメーカーでも坪単価は高い部類に入る、CMでもよく見かける大企業の住宅でもこの有様だそうです。 別の不動産屋曰く、前述のその地盤の弱い地域は、震災以降売り出してもぱったりと客が来なくなったそうです。 私の住んでいる地域のように、今回の震災であからさまに地盤の強弱がはっきりしていれば、土地選びの参考になるかもしれませんが、そうではないですから、土地選びも昔その地域はどういう地形だったのかなど、調べたほうがよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。 やはり、地盤が重要ですね。 そこも頭を悩ますところですが。 そうすると、すごく大雑把に言ってしまうと、 現在の建築基準法にのっとって考えると、地盤など同条件で あれば、同じ間取りの家を新築する場合には、工法などでの 差はあまりなく、震度7程度では、倒壊の恐れはないという ことですね。 まあ、倒壊しなければOKとは言えないですが…多少なりの 損傷があっても補強などにより、住めなくなることはないと 考えるのが前提ということになりますね。 もちろん液状化などの影響はないと言うことで…。 少し気が楽になりました。 それ以上に被害が出た場合には、運が悪かったということ ですね。

  • 回答No.1
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1597/6505)

今回の被災地で問題になったのは地盤の貧弱さです。今の基準でも家そのものは殆ど問題無いレベルの耐震性が確保できているとされています。 実際現地入りした設計士にも聞きましたが、この業界ではもうこれ以上耐震性を上げても意味が無いとも話合われているようですね。それだけ今回の災害では地盤が問題になったのです。家はもう箱のような形ですから崩れない。でも地盤が傾いて使い物にならない家ばかりだそうです。 神奈川の海沿いは鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、大磯など砂地が殆ど。よく建物を壊して空き地になっている土地を見ると、砂山のようです。 これは地盤が弱いともいえます。平らな土地でも、道路から1Mぐらいは盛土をして建てる場合が多いので、これからは基礎にお金をかける方が良いと思います。 よく軟弱地盤や傾斜地では深基礎やくい打ち工法などが取られます。もはや平地でもこのくらいの基礎を持った方が良いと云うのが個人的な考えです。 ただ今の基準で云えばこんな高価な基礎は不要とされてしまうでしょう。でも基準なんてあいまいですから、自分で考えて対策を立てた方がよいですね。おそらくこの後数年で基準も見直されると思います。でもそれを待ってたら何時までも建てられないですし、今の基準で建てたら基準が変更になれば資産価値は下がりますし、危ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 神奈川県のHPのe-かなというページで見る限りは、微地形区分図は、「丘陵」で、「液状化の可能性なし」となっていたので、安心しましたが、やはり、それだけでは、安心はできないのですね。 構造物の耐震性よりも地盤が重要というご意見は、よくわかります。 しかし、そうなると、建物の耐震性に費用をかけて高めるか、基礎に費用をかけるかと、また悩みは つきません。結果的には、費用ばかりがかさみ、新築をあきらめるしかない。もしくは、なるべく費用 をかけずに建築し、壊れたら再度立て直すとか、もう持ち家はあきらめて、賃貸に住み続けるという、 夢のない方向に考えが行ってしまいます。 今回の震災を目の当たりにして、ある程度の耐震性と、ライフライン(特に電気とガス)をなんとか したいという思いが募り、太陽光や風力での発電と蓄電、それと発電機での発電を合わせ、ガスは、プロパンとして、できる限りは、自給できるような仕掛けにも費用をかけようと思っていたのですが…。 やはり、とても個人の力でなんとかできることではないのですかね。 少なくとも個々の家庭での発電や蓄電、その範囲内で需要を抑えれば、東電や原発に頼らなくてもよくなるかな、なんていう思いが強くなっています。 すみません。お礼のつもりが脱線してしまいました。

関連するQ&A

  • 耐震性について教えてください。

    今度賃貸物件に引越しをする予定の者です。 建物の耐震性についてお伺いします。 ひとつは 建築年が1983年鉄筋コンクリート、1階/3階建ての物件 もうひとつは 建築年が1993年軽量鉄骨造、2階/2階建ての物件 この場合、やはり築年数的にも後者の物件の方が耐震性は優れているのでしょうか? 防音は前者のほうが優れているでしょうか? また、耐震性の気になる物件(前者の物件)に住む場合、気をつけることはありますか? 実際には耐震性、地震のことを気にしているとどこにも住めないのですが、気になったのでご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

  • 中古戸建ての耐震性を知るにはどうしたらいいですか?

    昭和45年築の中古戸建てを購入予定です。 10年ほど前に1000万ほどかけてリフォームしたお宅で、 築年数の割には綺麗です。 2階は30平米程度増築してあります。 前向きに購入を考えているのですが、 この建物の耐震性が気になっています。 10年ほどで建て直す予定なので、地震の時に死なないよう潰れなければいいと思っています。 (地震後に住めなくなってもかまわない) 不動産屋に「耐震性が知りたい」旨伝えたら、 建築家を紹介して下さり、 次回の内覧の時に建築家の人が同行してくれる事になりました。 同行料は1万5千円ほどです。 同行料を払うのはまったくもってかまわないのですが、 同行する事によって何が分かるのかが不明です。 こちらとしては何を聞けばいいのかも分かりません。 不動産屋いわく、「潰れるか潰れないかは家の壁をはがしたり、超音波の検査をしたりしないと分からないと建築家に言われた」そうです。(費用は数十万) 耐震性が悪かったら購入しない物件に数十万はかけられませんし、 壁を壊したりもできません。 中古戸建ての購入前の耐震性は一体どうやって知ればいいのでしょうか。 ご存じの方、詳しい手順をお教え頂けたらありがたいです。

  • 海を埋め立てた土地に建てるマンションの耐震性

    海を埋め立てて、タワーマンションがにょきにょき建てられています。横浜ですと、みなとみらいのあたりがそうです。 私は、地震の発生を考えますと、支持層もない、この間まで海だった上に建てられた建物に住む気にはなれません。でも、あれほど多くのマンションが大手業者により建てられ、堂々販売されているのですから、法的にも建築技術的にも耐震問題はクリアしているのだろうとは思います。 実際、ああいう海の埋め立て地に建てるマンションは、どのような工法で耐震性を確保しているのでしょうか。残念ながら、当方、建築の専門家ではありませんので、わかりやすい言葉でお教えいただけましたら大変ありがたいです。

  • 住宅の耐震性について

     現在、私は新築住宅をハウスメーカーに依頼して、建設中です。 軽量鉄骨の3階建てで、一階にビルドインガレージを作る予定にしています。 建築面積は約35m2で、延床面積約105m2(ただし、約10m2のガレージを含む)です。  建設中の場所は、過去に大震災の影響をもろに受け、その大震災で死者ワースト10に入るような場所です。従って、耐震性は非常に重視しています。  木造住宅のメーカーにもいろいろと相談したのですが、ビルドインガレージを確保した上で耐震等級3を確保できるメーカーがなく、結局軽量鉄骨のメーカーにお願いしました。このメーカーでは耐震等級3を確保できるとのことで、また説明を聞いた限りでは、耐震性が非常に高い建物を扱っておる印象を受けました。  しかし、昨日、過去の図面等を見返しているなかで、非常に気になる点に気付いてしまったのです。このハウスメーカーの営業さんは非常に熱心で、特に昨年の決算時期には毎週のように打ち合わせの依頼がありました。しかし、私は別に急ぐ必要もなく、決算時期だからと言ってすぐに決める気もありませんでした。月末までに決めてもらえれば、大幅に値引きするとの話しもあったのですが、話しを聞いて見ると、別にすぐに決めたいを思うような値段ではないと思ったので、その時は契約はせずにいました。もちろんコストも重要なので・・・。  新しい期に入ったところで、もう少し無駄な部分を減らせば少しは値段も安くなるのではないかと思い、私なりにいろいろと考えてみました。そのメーカーのプランでは、4つのベランダがついており、また屋根が段違い屋根になっていました。私としては、ベランダは4つもいらないし、また、屋根についてもそれほどこだわりはなかったので、ベランダを1つ減らして、屋根を通常の切妻屋根にすれば、コストが安くなるのではないかと提案したところ、かなり安くできるとのことだったので、そのプランの作成をお願いしました。  そしてそのプランが出てきたのですが、値段としては、110万円ぐらい低減出来ていました。あとで分かったこのとなのですが、このメーカーでは、ベランダはおおよそ1畳で20万円ぐらいなので、ベランダを減らした(4畳分)ことで単純に80万円がコストダウンでき、屋根の形状を変えたことによって30万円ぐらいのコストダウンできたんだと思っていました。  しかし、昨日、何気に過去にもらった図面を眺めていると、柱の数がかなり減っていることに気づきました。そこで正確に柱の数を数えてみると、なんと11本も柱が少なくなっていることに気づきました。1階部分2本、2階部分4本、3階部分6本です。  はたしてベランダを1つなくし、屋根の形状を変えただけで、こんなに柱を抜けるものなんでしょうか?それに柱11本抜いて、さらに屋根の形状を変えて30万円の価格低減はものすごくぼられた気分です。どうなんでしょう?  なお、このプランを持ってくる前に、あえて筋違を減らしたプランを見せて筋違を減らすと耐震等級がガタ落ちになるということを刷り込まれていたことから、筋違の数はよくチェックしていたのですが、まさかその直後に耐震等級を同じにして柱をこれほど減らすようなことをするとは想像もしていませんでした。こんなことして、問題にならないのでしょうか?テレビ等でCMも行っているメーカーですよ。  構造計算等の資料では、このプランでも耐震等級3であるとの資料をもらっているのですが、なにせ場所が場所だけに非常に不安です。  なお、地盤調査では、この土地は非常にしっかりしており、特に地盤調査等必要なしとの結果でした。  どんなことでも結構ですので、色々とアドバイス頂ければ幸いです。  

  • FPとSWの耐震性、断熱性について

    現在、FP工法とSW工法で新築を検討しています。私の住んでいる地域は南海地震の確率が高いので耐震性の高い家を建てたいと考えて検討しています。FPは耐震の認定を取ったFPパネルに面材をプラスした特製のパネルらしく、これだけで断熱と耐震を兼ね備えた家ができるといった売り込みをされていますが、坪単価が85万と破格に高いです。SWと競合が多いとのことだったので見積りを取って見ましたが、やはり300万ほどFPが高くなりました。それでも、値引きで対抗しなくても最終的にFPを選ぶ方が多いとの説明で値引きはしない雰囲気でした。とはいえ余りにも高いのでSE工法をやっている一級建築士の工務店にも相談してみましたが、安価なロックウールでも十分な性能が確保できるのに断熱にそこまでお金をかけなければならない理由もないし、FPやSWが構造的に特別に強いとも思ってないし、FPやSWは営業の人が売り込みがしやすく施工の管理もしやすい上に金額が高く取れるので増えてるかもしれないけど、住み心地と耐震性を考えてもそんなに高い家にする必要はないと思いますとのことで、提案された図面としては一番雰囲気がよく、金額も一番安価でした。地震のことを考えたら高くてもと考えてしまいがちでもあり、熊本地震でもあまり揺れなかった実績ありみたいな話もありますが、FPやSWの実際の評価とかご存知であれば教えてください。

  • 耐震基準について

    私は建築は門外漢の素人であります。その素人から 見て思ったのですが、建物の設計時の耐震性って どうやって計算してるんですか?今は法律で ある程度の耐震性を要求されています。 例えばこれが車なら簡単です。同じものを 量産するわけですから、一台だけ試験してみたら 衝突時の安全性などわかります。しかし 大工さんが造る家なんかは一軒一軒違う構造 ですよね。まさか地震を起こすわけにもいかないし。 それでも大手ゼネコンだったらパソコンなどで シュミレーションできるでしょうが、大工さんに そこまで本格的な設備などないでしょうし。 そうやって考えると大工さんが木造の家を 建てる時、耐震性なんかはどうやって計算し 耐震基準に合致させているか気になります。 まさか長年の勘とかじゃないですよね。それ ではあまりに大工さんのキャリアによって 違いが出ると思いますが。

  • 築14年の住宅の基礎に耐震性がなく、建て直しや補強など費用がかかるので困っています。

     築14年の2世帯住宅ですが、同居の母が亡くなったので1世帯用に改修をしようと思い、知り合いの建築士さんに見ていただいたところ、基礎がブロックで2m積んであり、耐震性がないので、大がかりな補修か立て替えが必要と言われました。設計図だと鉄筋コンクリートの基礎のようですが、狭い土地にむりやり2世帯にしたため、地下も作っておいたら便利と工務店にいわれ、2mほどの高さで総堀の地下室を作りました。当時は建坪率など違反していました。でも、耐震性のない基礎(接合部分も)になっているとは、まったく知りませんでした。工務店も悪意があったようではなく、地下室を活用していくために、ブロックのほうが便利との考えだったのかもしれませんが、多額の経費がかかるので腑に落ちません。このような場合、工務店に責任はないのでしょうか。責任を問えないのでしょうか。また、耐震補修は平成6年当時の基準程度まであげてもらう程度では、大きな地震に耐えられないのでしょうか。

  • 賃貸 建物 耐震性 強度 暑さ

    近々賃貸住宅を借りる予定で今物件を探しています。 心配なのが、地盤が弱く近々大地震が来ると甚大な被害があるかもといわれている土地がらだということです。 他に条件面で重視したいのは、暑さ対策です。 夏には40度を超えるくらいの暑い土地です。 冬に寒いのは耐えられます。 建築のことはまったくわからないので教えてください。 鉄骨とコンクリート、どちらが耐震性においていいのでしょう?? 今ピックアップしているのが、下記です。 ・RCコンクリートマンション(築25年)の二階の部屋   古いのが心配。耐震性で大丈夫なのかな?と。   二階なので下に響くかもしれないのが心配。 ・鉄骨三階建(築19年)の最上階の部屋  不動産屋さんいわく、最上階は暑いとのこと。  難点は北側の子供部屋にする予定の部屋にエアコンをとりつける場合、  窓枠につけるしかないこと(いまどきこういうタイプのエアコンってありますか??)   明日物件を見に行き、もう決めないといけません。 よろしくお願いいたします。

  • 2階部分のオーバーハングと耐震性

    このたび新築するにあたり間取りを検討中です。 30坪弱の狭い家なのですが、2階の寝室部分がどうしても狭くなってしまい1メートルオーバーハングさせることになりました。巾は2.5mです。 建物は縦7m×横8mの四角形から駐車場スペースのため縦3.5m×横2.5mの四角を切り取った形です。(Lを左右反転させた形) この切り取った一辺の部分を1メートル出っ張らすのです。 下の階はリビングでボゥウインドゥがついています。 オーバーハングしないとかなり狭くなってしまい工務店の提案で当初から計画に入れていましたが、地震の時に倒壊しやすそうですし、また外観上の問題からも考えてしまっています。 1m×2.5mのオーバーハングというのは実際のところ地震時に問題になるのでしょうか? せめて0.5メートルに出っ張りを減らそうかとも思っていますが、0.5メートルでも耐震性を考えると問題でしょうか? もし採用したとして建築時の注意点などのアドバイスもいただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • ピロティ形式の耐震性に不安があります

    こんばんは。 過去の質問を検索しましたが、同一内容が見当たらなかったので質問させて下さい。 タイムリミットがあと2日しか無いので、お早めにアドバイスいただけますと助かります。 現在引っ越しの為、東京都内で賃貸物件を探しています。 本日とても気になる物件を見つけたのですが、1階がピロティ形式の駐車場で、素人目に耐震性に不安が残りました。 不安ならやめるべきと思いますが、昭和55年の建築法改正後の建物ならとりあえず大丈夫という話しも目にすること、 木造は鉄筋構造に比べ地震時における建物自体へのストレスが少ないとのことから、借りるかどうかをとても迷っています。 建物の概要は以下の通りです。 実際に地震が来てみないと大丈夫かどうかは分かりませんが、些細なことでも構いませんので、これに対しコメント・アドバイス等を戴けないでしょうか。 不足の点は適宜補足させていただきます。 ・平成2年築 ・3階建てコーポ。居住部分(2階&3階)は木造。 ・1Fはピロティ形式の駐車場。建物は剥き出しの鉄骨の柱数本に支えられている。 ・2Fは普通の住居が2棟。 ・3Fは大きめの住居が1棟。元々大家さんがここに住んでいた。今回、ここへの入居を検討中。大変綺麗でメンテナンスの行き届いた部屋でした。 ・物件情報には「鉄骨造一部木造3階建て」とあります。(1階部分が鉄骨造?) 以上です。 宜しくお願いします。