• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

惑星、衛星の軌道について・・。

太陽系の惑星は、太陽の周りを長い間、回っていますが、これは、単に、偶然に太陽系が 誕生する時に軌道に乗ったものが、惑星となっているのでしょうか? 地球を回る人工衛星は、かなり綿密な計算の上で軌道に乗せているのだと思うのですが、 偶然にも、太陽を回る軌道に惑星が乗る言う事は、奇跡に近いほど確率が小さいものなの でしょうか? 地球の衛星である月は、毎年、約4センチずつ地球から離れていると聞きましたが、 これは、単に、お互いの距離に見合う引力より、月の公転速度による遠心力の方が、 わずかに強い、と言う事でしょうか? ご回答ありがとう、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数340
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15359)

 軌道って、そこに道があるわけでもないですよ。ただ、惑星誕生の時に円盤状に濃い部分が出来たようです。そこに集まった物がぶつかったりしてひっついて大きな固まりとなり、それがそれぞれ引き寄せられたりして惑星が誕生。其れ以外に成らなかったものが小惑星だったり彗星だったりします。これらは惑星と同じ軌道は通るとは限りません、360°自由に太陽を中心として回っています。  ただ誕生から随分と経っていますので、外的要因とかで軌道が変わったりもする可能性はありますよ。  月と地球の距離ですが、潮の満ち引きが原因でというのは聞いた事がありますが、詳しくは忘れてしまった。 http://www12.plala.or.jp/m-light/Distance.htm  参考になるかなぁ。検索してみると見つかるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 惑星の公転の不思議

    前々から疑問に思っている事があるのですが、 例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、 これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか? 地球と太陽は、引力で引き合って距離を保っていると思うのですが、 少しでも距離が変われば、加速的に引き合うか、遠心力で何処かにとばされるという事が起きそうなのですが、現実には何億年以上も 遠心力と引力のバランスを保ちながら、公転しています。 そんな惑星や月みたいな星が、太陽系だけでも20以上あると思います。 これってとても不思議です。 例えば人工衛星等は、制御が利かなくなった時点で短期間に、地球に落ちるか宇宙に飛び出す事なりますよね。 憶測でもいいです。ご意見等お聞かせ下さい。 宜しく御願い致します。

  • 人口衛星は、なぜ回り続けることが出来る?

    人工衛星って、遠心力と重力のバランスが取れているところで回っているのですよね。 物理の法則どおり、ちゃんと回っています。 人工衛星を地球から○○m離れた軌道に乗せようと考えていたのに、そこから1mmずれるとどうなるのですか? 物理の法則に従うとすると、1mmでもずれたら、地球に落ちるか宇宙に飛んで行ってしまわないのですか?

  • 太陽系の惑星

    太陽系の惑星は常に人工衛星によって監視されてるんですか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#176957

天文専門の回答ではなく、方法論的なものですが、 >奇跡に近いほど確率が小さいものなの でしょうか? 自然状態で確率が低そうな事が成立している場合、 ランダムで無数の候補 → 淘汰 → 現在の状態 というプロセスを想定します(事後確率1)。 無数の惑星候補 → 軌道が安定しないものは太陽に飲み込まれたり太陽系外に出てしまったり → 現在の安定した軌道の惑星

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

太陽系というのは約50億年前に今の太陽系の果て(エッジワースカイパーベルトより先)の大きさのもや(星間物質)がありました それがだんだん中心に重力が働き、もやが中心を軸に回転していきます もちろんもやは全て均一ではなく不均一です。 そしてその不均一のおかげでもやがところどころで中心を軸に固まっていきます これが太陽系の惑星、準惑星です 月についてですが 月は地球の自転の力をわずかに奪ってますので地球から離れていきます と回答してみましたがあってるかな(;_;) 間違ってたら他の回答者さま訂正お願いします!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

惑星は太陽系が誕生した時、1つの材料から太陽と一緒にできたので、必然的に太陽の周りを回っています。 月が離れる原因のひとつは、潮の満ち引きの摩擦(海水と海底)によるエネルギーの消費だったような気が。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 恒星と惑星と衛星のバランス。

    以前からおぼろ気には考えていましたが、『恒星(太陽)と惑星(地球)と衛星(月)』について、お聞きします。太陽系を例に挙げた場合、地球というのは、生物が連続して生存可能な区域内にあるそうです。おそらく地球と太陽の距離が近ければ、今のように春夏秋冬も無く、『住めるには住めるが、暑くて仕方が無い』と言った事や、逆に離れていれば、それこそ惑星中南極または北極のようなもので、寒くて表にも出られないと言った事になったかも知れません。また、太陽と月のバランスも素晴らしく、ほぼ同じ大きさに感じ、月食に感動し、日食にも感動出来ます。さて、当方は、今までこの月と太陽の距離というか?大きさというか?もし、他に同じように、連続生物生存可能領域内に惑星を持つ恒星が存在したとして、その惑星が衛星を付き従えていた場合、やはり、その惑星から見た、太陽のような恒星と、月のような惑星の、見た目の大きさは、地球のそれと、ほぼ似たようなものになるのでしょうか?仮に月が、もっと大きかったり、近くにあれば、衝突の危険もあるでしょうし、それより遠ければ、引力が働かず、離れて行ってしまう等はあり得る事なのでしょうか?偶然に偶然が重なった、宇宙の中でも、他に例がないほどの絶妙のバランスにより、起きた奇跡なのでしょうか?

  • 太陽の引力vs地球の遠心力

    地球が太陽の引力に吸い寄せられていかないのは、 地球が公転する時の遠心力のせいですか? もしそうなら、太陽の引力は、地球の公転する時の遠心力には勝てないということですか?

  • 月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

    月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか? 同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか? また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

  • 天動説の惑星軌道

    天動説に立った場合、つまり地球を中心に据えて考えた場合に、太陽系の各惑星の軌道はどのようになるのでしょうか? 教えてください。

  • 推進エンジンを搭載した宇宙機とケプラー軌道について

     たとえばアメリカのオリオン計画にあるような核動力宇宙機を太陽系の惑星まで飛ばすとすれば、それでもやはり人工衛星と同じようにケプラー軌道に支配されてしまうのでしょうか?  それともある程度の推力さえあれば無視することができるのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 放浪してる惑星や恒星って有るのでしょうか?

    星は銀河の中をぐるぐる回っていて、銀河と銀河の間には何もない そんな印象が有るのですが、 銀河の遠心力から放り出されて銀河の外に行ってる惑星や恒星や太陽系そのものなんて有るのでしょうか? それと別に、 中心の太陽が寿命を迎えて公転軌道の中心が無くなって銀河の中をさ迷い初めてしまった惑星とか恒星(木星型惑星が恒星化してれば・・?) なんてあるんでしょうか? (惑星は光ってないから見えないと言いますし、ありえるかありえないか位で構わないです。) よろしくお願いします。

  • 墓場軌道って正確に、判りやすくいうと??

    1、人工衛星が飛んでいるというか地球の周りを回っている静止軌道(?)から人工衛星を墓場軌道に移動させるのは難しいとのことですが、最初から地球から、地球の保存しておくと危険な物質(地球上で無害化するのが難しい核廃棄物、原子力発電、プルサーマル等での残存廃棄物、ダイオキシン等など)を墓場軌道に廃棄するのは難しいのでしょうか? 2、墓場軌道とは正確に、判りやすく云うとどうなりますか? 3、墓場軌道とは、人工衛星が飛んでいるもっと上空の、地球の引力圏外といべき「宇宙」ということでしょうか? 『ウィキペディア(Wikipedia)』以上に判りやすい専門的な説明出来る方がおられれば、ご教授頂きたいのですが。 最近、ロシアとアメリカの人工衛星がぶつかったことに関連してでも説明していただければ、あり難いのですが。

  • 新しい惑星の発見

    地球の公転軌道のわずか内側を回る惑星が発見されたそうですが、これは天文学的にどのような意味がありますか(例えば、太陽系の生成過程が分かるとか)。

  • 惑星の運動

    人工衛星がちょうど地球の表面に沿って回っているとしたとき、人工衛星の周期Tは、月の公転周期Tmの何倍か。ケプラーの第3法則から求めよ。 また月の周期Tm=27.3日としたとき、人工衛星の周期は何時間何分か。ただし、月と地球の中心間の距離は地球の半径の60倍である。 ということは 人工衛星 T^2=(4(π^2)(a^3))/GM    =5.9×(10^11)×a^3/M よってT=√(5.9×(10^11)×a^3/M) 月 T^2=(4(π^2)(60a^3))/GM    =1.2×(10^17)×a^3/M よってT=√(1.2×(10^17)×a^3/M) ∴{√(5.9×(10^11))}/{√(1.2×(10^17))}  =0.0022・・・ ∴2.2×10^-3倍 であってますか? また 27.3日=24時間×27.3日(時間) =655.2(時間)=655.2時間×60分(分) =39312分 よって 人工衛星の周期=39312×2.2×10^-3         =86.・・・・   ∴1時間26分でいいですか?

  • 人工衛星はなぜ落ちない?

    初歩的な質問で申し訳ございません。 人工衛星は、引力により、常に地球に向かって落ちているという説明がありますが、どうして地球とぶつからないのですか。つまり、静止軌道上にある通信衛星等を逆噴射により速度をゼロにすれば、働く力は引力だけになるので、地球にぶつかるはずです。こうすれば、静止軌道にある寿命のきた衛星を簡単に処分できると思いますが。