• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

月は地球の衛星か?

衛星とは、惑星などの回りを公転する天然の天体のことらしいですが、地球と月の関係は少し違うのではないかと思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F 太陽の質量は地球の約33万倍、月と地球の距離に比べて月と太陽の距離は約400倍なので、概算すると33万÷400^2となり、 およそ2で、月は地球の2倍の力で太陽に引かれていることになって、月は地球の衛星と言うより、太陽の回りを公転しており、 半分の力で地球と相互作用によって近くにいるというように思うのですがどうでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数979
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • come2
  • ベストアンサー率32% (594/1810)

こんにちは No2の方の話もご自身が最初にURLを張られたところに記述あって その先にリンクがありますよ 小惑星「月」になるのではなく「二重惑星」という定義がありえるのか? という話ですね http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%87%8D%E6%83%91%E6%98%9F 二つの天体が二重惑星を形成しているかどうかを判断する指針としてよく利用されるのは、二つの天体の共通重心が、どちらかの天体の表面より外側、すなわち宇宙空間にあるかどうかによって判断する方法である。重心が天体内部にある場合、その系は惑星と衛星であり、重心が宇宙空間にあれば二重惑星ということになる。 でも、これを読む限りでは、今のところ月が衛星ではなくなり 地球との二重惑星になりそうな感じではないですね おっしゃる通り、地球と月の関係はよくわからないですよね おそらく同じ物質体として存在している時期があり なんらかの衝突により分離したと見るのが良いんだと思いますけどね その結果として潮汐力が生まれ、マントルが対流し、火山活動が活発化し 地球内部が冷えるのを防ぎ、海を対流させ 生命が発生するきっかけとなった・・ みたいな説はおもしろいと思いますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  2009.10.20 17:48

質問者からの補足

アイザック・アシモフ流の定義なら二重惑星だが一般的でなく、共通重心から見ると惑星と衛星という関係になるのでしょうか。 No.1様の回答にもありましたが、地球生命の誕生と月の存在には密接な関係があるようですね。

関連するQ&A

  • 惑星、衛星の軌道について・・。

    太陽系の惑星は、太陽の周りを長い間、回っていますが、これは、単に、偶然に太陽系が 誕生する時に軌道に乗ったものが、惑星となっているのでしょうか? 地球を回る人工衛星は、かなり綿密な計算の上で軌道に乗せているのだと思うのですが、 偶然にも、太陽を回る軌道に惑星が乗る言う事は、奇跡に近いほど確率が小さいものなの でしょうか? 地球の衛星である月は、毎年、約4センチずつ地球から離れていると聞きましたが、 これは、単に、お互いの距離に見合う引力より、月の公転速度による遠心力の方が、 わずかに強い、と言う事でしょうか? ご回答ありがとう、よろしくお願いいたします。

  • 陽子と電子との相互作用、地球と月との相互作用の根本の力は・・?

    陽子と電子が永遠性を持って回転していますが、 その力は、相互作用により生じるのだと思いますが、 その相互作用により生じる回転力を、生じさせている 元々の力はどこから生じるのでしょうか?つまり、 絶えず、お互いが、関わり合いを持とうとする動機・目的・方向性 を持つ根本のエンルギーがどこからか絶えず生じない限り、 お互いに、相互作用を持とうとも思わないはずです・・・ その大本の力はどこから絶えず来ているのか?? どうか専門家の方、アドバイス願います。 地球と月との関係も御願いします。 地球の位置エネルギーは、運動エネルギーとして、 月との相互作用として使われているのでしょうか? だとすれば、保存の法則に従い、位置エネルギーは、 運動エネルギーへと変質するので、地球は、その太陽との 公転軌道を維持できなくなるのではないでしょうか?? 月との相互作用に「力」がとられてしまい、へたってしまい 千鳥足になるのではないか・・・?と・・・??

  • 地球と月、太陽が絶妙な位置で配置されている理由

    先日の金環日食を見て、ふと疑問に思いました。 なぜ、これほど絶妙な位置で地球と月、太陽が配置されているのか、と・・・ 教えていただきたいのは、以下の3点ですが、いずれのことがらも、絶妙な位置関係や公転・自転周期の調和がなければ成り立ちません。 (1)なぜ、地球から見た月と太陽はほぼ同じ大きさになっているのでしょうか。 (2)月が地球に対して常に同じ面を向けていることからわかるように、月の自転周期と地球の回りをまわる公転周期が一致しているのはなぜなのでしょうか。 (3)地球が太陽の回りを回る公転軌道と月の公転軌道がほぼ同じ平面(傾きは約6度と非常に小さい)上にあるのはなぜなのでしょうか。 上記3点は偶然、そのようになったのでしょうか。それとも、力学的な制約から必然的にそのようになったのでしょうか。 どうぞ、よろしくお願いします!!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

実は「衛星」は未定義です. 2006年 IAU 決議の中で使われているにもかかわらず, です. そして, よく考えると「まわりを公転する」の意味も不明瞭だったりします. なので, 「共通重心の位置」で定義するか「重力的影響」で定義するか, はたまた「潮汐力」で定義するかによっていろいろな解釈が可能です. ちなみに恒星の伴星の命名は「伴星が恒星あるいは褐色矮星」なら B, C, ..., その他なら b, c, ... を使うはず>#3. なのでシリウスの伴星はシリウスB.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  2009.10.20 07:49

質問者からの補足

No.2の方の回答ですと、定義がはっきりあるように思えたのですが... 冥王星が惑星から外されて一時話題になったように、衛星の定義が変わって「月は地球の衛星ではない」なんてことになったりして。小惑星「月」とか。

  • 回答No.3
  • sosdada
  • ベストアンサー率33% (265/792)

「衛星」の定義は、人間が勝手につけたものです。 巨大な惑星の周りを回る小さな球体の星を「衛星」と名づけると納得する気もしますが、大小の差がどんなにあっても、大きな星は小さな星の重力の影響を受けているのだから、「相互作用によって近くにいるというように思う」が成立してしまいます。シリウスとシリウスの伴星(名前忘れた。βだっったっけ?)と同じと言えば同じでしょう。 それは結局、「伴星」と「衛星」の線引きを、どこでするのかという話になります。どんな小さい衛星でも、衛星があれば重力を持ち、惑星と共通の(振幅することもある)回転軸を持つのですから。 というわけで、学者の人の子。「まあ、この程度なら衛星だな。」です。 というか、人類がまず目にした「自分のいる星の周りを回る星」が月だったので、「こういうのを『衛星』と定義しよう」となったのです。昔のことなので、あなたのアプローチとは逆だったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  2009.10.20 07:41

質問者からの補足

昔は太陽の質量も距離も正確にはわかっていなかったので、言われるように地球の回りを回っているので衛星としたのでしょうか。

  • 回答No.2

地球と月の共通の重心が地球の内部にあるので、定義により月は地球の衛星に間違いありません。 もし月の質量がずっと大きく、月と地球の共通の重心が地球の内部ではなく、地球と月間のどこかということになると、衛星ではなく連星になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  2009.10.20 07:37

質問者からの補足

共通の重心が主惑星の内部にあるのが、衛星という定義は知りませんでした。そうなんですか。ただ、不釣り合いに大きいですよね。

  • 回答No.1
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

正しいですよ。 月と地球は兄弟星の関係で、完全な主従関係がある衛星とはちょっと違った存在です。 地球は太陽の周りを公転しているのではなく、月と地球の共重心が太陽の周りを公転しています。なので、地球も月もふらついています。 月がかなり特殊な天体ではないか。生命の発生には、潮の干満が必要なのではないか。ひょっとしたら、生命は、全宇宙の中で地球だけに許された偶然の産物ではないか。 という疑問は、割と昔からありますしね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  22:57

質問者からの補足

月は地球の回りを回っている衛星だという説には、以前から違うんじゃないのかなという疑問をもっていました。 地球と月の軌道を描いた図にも、間違っていると思えるものがかなり見受けられます。

関連するQ&A

  • 恒星と惑星と衛星のバランス。

    以前からおぼろ気には考えていましたが、『恒星(太陽)と惑星(地球)と衛星(月)』について、お聞きします。太陽系を例に挙げた場合、地球というのは、生物が連続して生存可能な区域内にあるそうです。おそらく地球と太陽の距離が近ければ、今のように春夏秋冬も無く、『住めるには住めるが、暑くて仕方が無い』と言った事や、逆に離れていれば、それこそ惑星中南極または北極のようなもので、寒くて表にも出られないと言った事になったかも知れません。また、太陽と月のバランスも素晴らしく、ほぼ同じ大きさに感じ、月食に感動し、日食にも感動出来ます。さて、当方は、今までこの月と太陽の距離というか?大きさというか?もし、他に同じように、連続生物生存可能領域内に惑星を持つ恒星が存在したとして、その惑星が衛星を付き従えていた場合、やはり、その惑星から見た、太陽のような恒星と、月のような惑星の、見た目の大きさは、地球のそれと、ほぼ似たようなものになるのでしょうか?仮に月が、もっと大きかったり、近くにあれば、衝突の危険もあるでしょうし、それより遠ければ、引力が働かず、離れて行ってしまう等はあり得る事なのでしょうか?偶然に偶然が重なった、宇宙の中でも、他に例がないほどの絶妙のバランスにより、起きた奇跡なのでしょうか?

  • お月さん、いくつがいいですか?

    太陽系では、水星や金星のように衛星がない惑星もあれば、木星のように60以上もある惑星もありますね。 そんな中で、私たちの地球にはお月さんが一つしかありませんが、同じケースは地球以外には冥王星しかないようです。 そこでお聞きしたいのですが、みなさんは一体地球に何個のお月さん(衛星)があるのがお好みですか?  (尚、天体力学的な地球への影響についてのよしあしはナシということで) 因みに、もしご希望があれば、どんなお月さんがいいかもお聞かせ下さい。

  • 月と太陽の遠近について。

    月と太陽が地球から月を見ると、見かけ上、月は太陽とほぼ同じ大きさに見えます。 これは、「近くのものは大きく見えて、遠くのものは小さく見える」という遠近法によります。 ここまでは分かりますが、「太陽の大きさが月のおよそ400倍あり、地球から太陽までの距離も400倍あるため」という説明が分かりません。 何故、大きさの比と距離の比が一致すると同じ大きさに見えるといえるのでしょうか?

  • 日食について

    太陽と地球の距離は、月と地球の距離の400倍と言われます。 太陽の直径は月の直径の400倍と言われます。 それで美しい皆既日食が起こると言われます。 この倍率が一致している背景には、重力などの宇宙の摂理があるのでしょうか。 それとも単なる偶然なのでしょうか。 教えてください。 もし偶然であれば、他の惑星や衛星の事例を教えてください。 よろしお願いします。

  • 月が無くなった後の地球

    趣味で小説を書いておりまして教えていただきたい事が有るのですが、 突然、月がパッと消失してしまった場合に地球と太陽の距離は変わってしまうのでしょうか? もし変わってしまう場合には公転周期がどのようになるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 月と地球はなぜ衝突しないか

    昔から不思議に思っていましたが、地球と月の間には引力が働いていて、そして月が地球の周りを公転する遠心力と釣り合っているので等間隔を保っていますよね。そこで、どうして、そのバランスが壊れることがないのでしょうか?また、どうして 2つの天体に引力が働いた時に、衝突を避けて軽い天体が重い天体の周りを公転するのでしょうか?

  • 地球と月はなぜぶつからないの?

    地球と月は一定の距離をおいて公転していますよね。 引力と遠心力が釣り合っている、というような説明だったように思うのですが、こんなことってありえますか? なんとなく、安定状態ではないような気がするのですが。 磁石とかの引力ってちょっとでも近づけばどんどん引き寄せられてくっついちゃいますが、天体はそうならないのでしょうか? 身近で何か例があれば理解しやすいので教えていただきたいです。

  • 地球は太陽の周りを回っていますが・・・

    太陽は、何かの星の周りを回っているのでしょうか? 単純に、月は地球の衛星、地球は太陽の衛星(と言えますよね・・・?)、では太陽は? という意味です。 「太陽はどっかの星の衛星だ」「何を軸にどれくらいの周期で公転している」etc・・・というのはわかっているのでしょうか? それとも、衛星とか公転とか、そういう概念はないのでしょうか? とりあえず、恒星である太陽も日々移動している、ということはわかっていますが・・・

  • 地球から月が離れていっている!?

    昨日のとあるテレビ番組で、地球が月から離れていっているという話しを聞いたのですが、もしそんなことが有り得るなら、太陽から、太陽の惑星達も離れていってるという可能性も有るのでしょうか? また、地球も地軸がぶれるという話しも聞いたのですが、地球の地軸が少しぶれたせいで、地球温暖化が引き起こされている、なんてことも有り得るのでしょうか。 ご回答お待ちしております。

  • スーパー・アース」と衛星「月」について質問です。

    「スーパー・アース」という地球型惑星の衛星と地球の衛星、「月」について質問です。 「スーパー・アース」とは、太陽系外惑星のうち地球の数倍程度の質量を持ち、かつ主成分が岩石や金属などの固体成分と推定された惑星のことですが、ここで以下の質問です。 1.観測された「スーパー・アース」の中で、質量と重量、大きさが一番大きい「スーパー・アース」はあるのでしょうか? 2.「スーパー・アース」は、地球よりも重力が強いそうですが、ふと思ったのですが、地球には「月」という衛星がある。 では、地球の重力よりも強い重力を持つ「スーパー・アース」では、「月」といった衛星は回れにくいのでしょうか? 3.地球の周辺に回っている衛星「月」は、ジャイアントインパクト説、つまりは岩石惑星同士の衝突で出来たという説があるが、ここで質問です。 では「スーパー・アース」のような、地球よりも大きい岩石惑星だと、ジャイアントインパクト説、つまりは大きな岩石惑星同士の衝突が起きずに、小さな小惑星が集まってできた惑星になると、「月」といった衛星は生まれないのでしょうか?