• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

惑星の公転の不思議

前々から疑問に思っている事があるのですが、 例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、 これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか? 地球と太陽は、引力で引き合って距離を保っていると思うのですが、 少しでも距離が変われば、加速的に引き合うか、遠心力で何処かにとばされるという事が起きそうなのですが、現実には何億年以上も 遠心力と引力のバランスを保ちながら、公転しています。 そんな惑星や月みたいな星が、太陽系だけでも20以上あると思います。 これってとても不思議です。 例えば人工衛星等は、制御が利かなくなった時点で短期間に、地球に落ちるか宇宙に飛び出す事なりますよね。 憶測でもいいです。ご意見等お聞かせ下さい。 宜しく御願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数1010
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • aster
  • ベストアンサー率70% (374/533)

  >例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、 >これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか? そのように感じられるのは自然なことで、驚異する心も重要です。しかし、天体力学的に言いますと、「凄くシビアなバランス」ではないのです。「非常に安定したバランス」なのです。 たとえ話だと、底が窪んでいるお盆のようなものを考えてください。十分に窪みが深いとします。このお盆にビー玉のような玉を入れます。最初、ビー玉はころころ転がっていますが、やがて、底の一番深い部分で止まります。 このような位置を、ポテンシャル的にもっとも低い位置と呼びます。ポテンシャルの井戸という表現もあります。この井戸の底から出ることが、例えば、地球が太陽の公転軌道から脱することを意味します。 しかし、そのためには、もの凄いエネルギーが必要になります。深い井戸から水を汲み出そうとすると、随分力がいるはずです。それと同じで、もの凄いエネルギーが地球に加わらないと、公転安定軌道というポテンシャルの井戸の底から地球は出てきません。 月が、地球の周りを公転していて、何十億年もたつのに落ちてこないというのも同じ原理です。月を地球の公転軌道から外すには、もの凄いエネルギーが必要です。地球と月のあいだの距離が、ゼロになった場合が、実は、地上にいるわたしたちの状況です。 わたしたちも、地球のまわりを公転しています。ただ、丁度、自転と同じ運動の公転なので、公転に思えないのです。地球はもの凄い速度で自転しています。そんな地球の上にいて、宇宙に吹き飛ばされないだろうかというおそれが出てきますが、大丈夫です。 地球の表面の自転=公転軌道から脱出するには、莫大なエネルギーが必要です。宇宙ロケットの発射を見られると分かりますが、大量の液化燃料をもの凄い速さで燃やして、その反動で、エネルギーを得ます。ロケットはせいぜい、数トンとか10トンというぐらいで、実際に、衛星軌道に出るのは、もっと軽くなります。 月が、地球の公転軌道から脱出しようとすると、月の質量はもの凄いですから、それに見合ったもの凄いエネルギーが必要になります。太陽のまわりの地球の公転も同じことです。 こういう風に公転運動は非常に安定しているのです。 ただし例外があります。太陽系の諸惑星が公転をし続けて行くとき、その配置で、少しづつ、特定の惑星に軌道を離れるエネルギーを与えて行き、やがて軌道から逸れるという可能性がありえるのです。また、特定の惑星配置になった時、こういうことに近いことが起こり、太陽系の公転の秩序に攪乱が生まれる可能性があります。 これについては、天体力学的な色々な手法で計算したり推定しても、極度に微小な誤差あるいは、計算上無視したファクターの影響で、何十億年間などの天体の運動がどうなるのか、正確に把握できないという事実があります(現在の安定が長期的には維持されないという可能性があるのです)。 しかし、こういうことが起こるとしても、何百万年とか何千万年という過程が必要になります。予兆があれば、現在観測で分かります。 それよりも、「衝突軌道交差」という問題があります。これは、小惑星と惑星の衝突ではなく、惑星同士が、軌道の少しづつのずれで、やがて正面衝突するのではないかという問題です。こちらも方も「ない」とは言えませんが、想像を絶する微小な確率だということでしょう。 第二に、別の恒星の接近や、別の太陽に匹敵するぐらいの質量天体の太陽系への異常接近という問題があります。例えば、現在約4光年の距離にある、アルファ・ケンタウリ星が、千天文単位ぐらいの所まで接近して通過すると、太陽系のシステムは、ばらばらに乱される可能性があります。 しかし、こういうことが起こる確率も、相当に小さなものです。 なお、人工衛星は、エネルギーは最初に与えたものが基本で、後は、慣性運動と言って、そのまま運動し続けるままにします。人工衛星の軌道は低いので、まだ大気がごく薄くあるので、大気との摩擦で、公転を維持している運動エネルギーが失われて行きます。 段々、人工衛星は、低い軌道に移って来るのです。そして高度が低くなると、大気密度はより大きくなりますから、摩擦はますます大きくなります。 衛星軌道の高度が、地表面よりも高く維持できなくなると、人工衛星は落下して来ます。ただし、「落下」というよりも、正確には、地面に対し斜めの方角から、地表面に突っ込んで衝突するのです。真上から落ちてくるのではありません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

関連するQ&A

  • 惑星、衛星の軌道について・・。

    太陽系の惑星は、太陽の周りを長い間、回っていますが、これは、単に、偶然に太陽系が 誕生する時に軌道に乗ったものが、惑星となっているのでしょうか? 地球を回る人工衛星は、かなり綿密な計算の上で軌道に乗せているのだと思うのですが、 偶然にも、太陽を回る軌道に惑星が乗る言う事は、奇跡に近いほど確率が小さいものなの でしょうか? 地球の衛星である月は、毎年、約4センチずつ地球から離れていると聞きましたが、 これは、単に、お互いの距離に見合う引力より、月の公転速度による遠心力の方が、 わずかに強い、と言う事でしょうか? ご回答ありがとう、よろしくお願いいたします。

  • 太陽の引力vs地球の遠心力

    地球が太陽の引力に吸い寄せられていかないのは、 地球が公転する時の遠心力のせいですか? もしそうなら、太陽の引力は、地球の公転する時の遠心力には勝てないということですか?

  • 潮汐力と公転の遠心力について

    No.2039のご質問と回答ですが、まったく納得がいかないので、改めてお教え下さい。 No.2039のリンク先の説明で納得しかかったのですが、何か引っかかるものがありました。 太陽の周りを回る惑星を外から見たとき、惑星がそのまままっすぐに進もうとするのに対して太陽の引力が向心力として働き、内向きの加速度となって円運動をする訳です。遠心力はどこにも出てきません。 それに対し、惑星上から見たときには、惑星は万有引力によって太陽と引き合おうとする力と円運動によって生じる遠心力とが釣り合って太陽との距離を保つということになります。すなわち、遠心力は回転座標系で初めて見えてくるわけです。地球と月との場合も同様です。遠心力を考えるには、地球と月を結ぶ座標で考えなければいけないと思うのです。 地球と月の場合には、原点として地球と月の共通重心をとり、地球の中心に延びる線を基準座標に取りますと、この座標は外から見て同じくひと月に1づつくるくると回っていることになります。このような回転座標系を取らないと引力と遠心力を釣り合わせることはできないはずです。そうすると、原点から外向きに遠心力が働くことになり、地点によらず遠心力は一定である、という答えにはなりません。 回転系を考えているのに、No.2039のリンク先のような並進する座標が回転運動する座標系を考える意味がわかりません。 つまり、 ・遠心力の定義を考えると、座標として地球と月を結ぶ線を考えるべきである。この座標から見ると、月の反対側で遠心力が大きくなる。(少なくともこのような座標を取ってはいけない理由がわかりません。) ・リンク先で説明されている力が働いていることはわかるが、その力は遠心力ではなく別の呼び方をすべきである。 と思うのです。 特にNo.2039で議論されておられた方、上の間違いをご指摘下さい。

その他の回答 (11)

  • 回答No.12

さらにおまけ。 「ケプラーの法則」というのがあって、公転している物体(天体)は、楕円軌道をえがいて、公転速度は、楕円の中心と結んでできる扇形の面積が等しくなるように、遠いところでは遅く、近いところでは速くなっている。 「完全に円」というのはシビアなバランスだと思います(投げたコインが裏も表も出ずフチでたつようなもの)が、速度が速くなったり遅くなったりしながら距離を変えながら運動しているのは、じつは安定した運動といえるでしょう。 (自転車をこけないで乗るのに、「傾かない」ことはシビアな要求ですが、右や左に傾きなおしながら乗っていれば安定します)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この場をお借りしまして。皆さんにお礼申し上げます。 宇宙には、私の想像する以上に大きな力があり、それらが 一見微妙にバランスしているように見えて、実は当たり前のバランスを 保っている事が、皆さんの回答で理解できたような気がします。 貴重な時間を割いてお返事いただけた事には、本当に感謝しています。 どうも有り難う御座いました。

  • 回答No.11
  • aster
  • ベストアンサー率70% (374/533)

  先の No.8 の回答で、地上にいる人は、地球のまわりを「公転している」と書きましたが、正確でないので訂正します。「公転」というのは、天体の引力と遠心力が釣り合って「自由落下」状態になっている惑星または衛星などの回転運動のことです。 実は、地表すれすれの衛星軌道というものもあります。現実には、このような軌道を持つ人工衛星等は、山に衝突するとか、その前に、空気との大きな摩擦で高温になり、また摩擦でエネルギーを失って落下してしまいますが。 地球の引力を脱出する最低限のエネルギーが必要で、普通、これを「速度」で表現し、「第一宇宙速度」と言い、これは秒速7.9kmほどです。秒速7.9kmで地球のまわりを回転すると、これが地表すれすれの軌道になります。 もう一つ、地球の引力から完全に脱するエネルギーというのがあります。これも速度で表現し、「第二宇宙速度」と言います。これは、秒速11.2kmです。エネルギーで比較すると、第二は第一の二倍になっています。速度では、√(2) 倍になっているのです。 色々な地球の衛星は、人工でない月も含め、この秒速7.9kmと11.2kmのあいだにあります(これは、その軌道に達するために必要なエネルギーで、衛星の公転速度ではありません)。 (なお、太陽の重力から脱出するには、秒速617.7kmという、桁違いの脱出速度、従ってエネルギーが必要になります)。 人工衛星のように軽いものだと、少しのエネルギーを加えると、高い軌道に昇り、少しのエネルギーを摩擦や衝突などで失うと低い軌道に降下します。しかし、月のような大きな質量を持つ天体だと、その軌道を少しでも変えようとすると莫大なエネルギーが必要になります。 太陽と地球、太陽と他の惑星の関係の場合、もっと質量が大きいわけで、これらの惑星の軌道を変えようとすると、想像を絶した大きなエネルギーが必要になり、きわめて安定性が高いのです。 (逆に、太陽ぐらいの質量の天体が、太陽系近くに来ると、その重力のエネルギーが、これまた想像を絶する莫大なものになるため、太陽系の惑星軌道の安定さえ、壊されるのです)。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.10

おまけついで。 8の回答で、地上にいる人間が地球の周りを「公転」している状態とありますが、 「落ちつづけている状態」が公転であって、「おちてしまった」状態は公転とは言いません。地面から力を受けて地球にめりこまないだけ。「公転」しているならケプラーの法則でうごいていなければならない。 「落下」というのは「放物線を描いて落ちる」ことですので、「直線」をさしません。 ニュートンがリンゴに実が落ちるのを見て、「地球は自転しているんだから、斜めにおちてもいいじゃないか?」という疑問をもって、慣性の法則と、加速度運動と、微積分と、そういうものをひらめいたとか・・・・。(どこまで事実の伝説かしらないけど)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

おまけ。 短時間で落ちてくる人工衛星は、 「制御して」落としています。どこにおちてくるかわからないより、人のいない場所をねらって、制御エンジンで軌道から落ちるようにしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.7
noname#108554

確かにある意味、奇跡です。 フランス革命期の数学者のラプラス(ラグランジュ?)によりある程度の太陽系の安定性は示されています(確か)が、 数十億年単位では話が別です。 実際、最近の研究では、太陽系はカオティックな系であることがしめされつつあります。 つまり、ニュートン力学に完全に従う系であるにもかかわらず、惑星の位置や速度の誤差が、時間の指数関数的に増大するらしいです。 ま、神に感謝ってとこですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.6

昨年やってたNHKスペシャル「宇宙」で恒星とその周りを回る惑星の公転についてやってましたよ。その中では巨大惑星(太陽系でいえば木星のような…)の質量がその他の惑星の公転にも大きく影響し、何億年かの間にはバランスがとれなくなって弾き出されたりする事もあるというような内容だったと思います。 >例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、 >これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか? 私たちは運がよかっただけではないでしょうか。たまたま距離とかそれぞれの惑星の質量がバランスとれているだけなのではないでしょうか?木星クラスの惑星がもう何個かあったら、太陽系もものすごくダイナミックでしょうね。地球の公転軌道は安定せず、ものすごく暑い年があったり反対にものすごく寒いとか…。でも、もしそういうところだったら生命が生まれず、plussun さんのように考える文明人もいないかもしれませんネ。 専門外なので自信なしです…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.5
  • ranx
  • ベストアンサー率24% (357/1463)

メインの質問に対する答えは他の方々にまかせて、 > 人工衛星等は、制御が利かなくなった時点で短期間に、地球に落ちるか宇宙に飛び出す事なりますよね。 違います。地球を周回するのに必要な速度を失った時点で地球に落下します。そもそも人工衛星は、通常は 惰性だけで飛んでいるのであって、たまに姿勢制御などを行うだけなのです。制御を失ったまま飛びつづけて いる人工衛星なんて数え切れないほどあります。(「ひまわり」もそうじゃなかったっけ)宇宙に飛び出す ためには、人工衛星として飛びつづけるのをはるかに越えるエネルギーが必要ですから、そのようなエネルギー を得ることがない限り、宇宙に飛び出したりしたりしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.4

「遠心力」、というのは「みかけの力」ですからね。 遠心力、というのがあって、それとつりあった重力でつりあっているわけではない。 動いてなければまっすぐ落ちる物体が、速度をつけて投げれば「放物線」を描いて落ちる、速度を上げるとだんだん遠くまで届く。地球は丸いから、秒速約7kmで地球を一周する。速度をあげるとだんだん「長円」になっていく。ということを、ニュートンが「落ちるリンゴ」をみて思いついたとかいう伝説になっています。  人工衛星の「飛行」高度は、「スペースシャトル」で約200km。「ミール」でも約500kmぐらいだったとおもいます。地球の半径6400kmからみれば、「みかんの皮」みたいなところを飛んでいる訳ですから、制御が利かなくなれば抵抗で落ちるのはしかたありません。(静止衛星は3700kmぐらいでかなり遠いから、「初代ひまわり」みたいに故障しても落ちない)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.3
noname#1976

求心力よりも遠心力が勝ってしまった天体はとっくのとうに太陽系から離れて行ってしまっています。残っているのが惑星や他の周期的に訪れる彗星などなのです。 言ってみれば『落ちる』ということも『落ちない』で軌道を周回することも同じことなんです。 地上でボールを地面に対して平行の方向、つまり水平に投げたとすると放物線を描いてそのボールはいつか地面に落ちますが、地球や他の惑星も同じように太陽に向かって落ち続けていると考えてもいいのです。ただしボールの場合は平らな地面がありますが、地球を含む惑星は太陽からの距離が遠いので落ちていってもそこに太陽がなく、更に落ち続けようとしてもそこに太陽がなく…ということを繰り返しているのです。 ただ、人工衛星が永久に地球を周回できずに地球に落ちてしまうのは大気の抵抗のせいです。 どの惑星や彗星も楕円軌道ですが、最初にどの方向に力が加わったかによって、ハレー彗星のように極端な長楕円の軌道を描く天体もあれば、地球のように真円に近い楕円軌道を描いている天体もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

  • 回答No.2
  • wolv
  • ベストアンサー率37% (376/1001)

シビアなようですが,それほどでもないです. エネルギー保存の法則があるので基本的には永久に回りつづけます. 例えば,今突然地球の太陽に対する速度が落ちたとすると,今までの軌道よりもやや太陽に近づいていきます.しかし,太陽に近づくと同時に速度が上がるので,一周したときにはまたもとの位置まで戻ってきます.図1の軌道が図2のようになるだけです.(「(」と「)」は軌道の一部分のつもりです.足りないところは心眼で見てください) (   日  )  図1 (   日 )   図2 軌道が正円しか許されないなら,確かにシビアですが, 彗星のように細長い楕円でも,ちゃんと一周しますよ. 人工衛星が落ちるのは,軌道が地球に近く,大気の影響を受けるからだと思います.(やや自信なし)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き感謝いたします。 どうも有り難う御座いました

関連するQ&A

  • 太陽系惑星の公転について

    太陽系惑星の公転について 一般に知られている太陽系の模型といっていいのでしょうか、太陽の周りを回る惑星は、基本的には同一平面の同心円上を回っているように思います 同心円である(楕円でも)のは、ケプラーの面積速度一定の法則でよかったでしょうか、これで納得出来ます 一方、同一平面上で回っているのはまったく別の話なのでしょうが、これにはなにか理由があるのでしょうか 別に地球の公転している平面に対して火星の公転する平面が垂直であってもよいのではないか、さらに言えば多くの惑星が同一平面上に公転しているのは理由があるのかな、ということです 天文学は詳しくないのですが、少し気になったので質問させていただいた次第です 知っている方がいらっしゃいましたら教えてくださいm(_ _)m

  • 放浪してる惑星や恒星って有るのでしょうか?

    星は銀河の中をぐるぐる回っていて、銀河と銀河の間には何もない そんな印象が有るのですが、 銀河の遠心力から放り出されて銀河の外に行ってる惑星や恒星や太陽系そのものなんて有るのでしょうか? それと別に、 中心の太陽が寿命を迎えて公転軌道の中心が無くなって銀河の中をさ迷い初めてしまった惑星とか恒星(木星型惑星が恒星化してれば・・?) なんてあるんでしょうか? (惑星は光ってないから見えないと言いますし、ありえるかありえないか位で構わないです。) よろしくお願いします。

  • 太陽系の惑星

    太陽系の惑星は常に人工衛星によって監視されてるんですか?

  • 地球や他の天体の自転、公転は何によって動かしているか。

    地球や他の天体の自転、公転は何によって動かしているか。 素朴な疑問ですが地球や月その他惑星の自転や恒星の周りを回転させる元は何なのでしょう。 公転に関していえば、中心となる恒星の引力と地球を含む惑星の公転による遠心力により、釣り合いが保たれていることは解りますが公転を起こすエネルギーとはどこから来るものでしょうか。 さらに自転に関してはなぜ回転する必要があるのかまた回転力を起こさせるエネルギーの元とは何なのでしょうか疑問です。

  • 自転と公転

    月は自転をしながら、地球の周りを公転してますよね?それぞれの周期はほぼ同じで、したがって月は常に同じ面を地球に向けています。ここで、疑問に思ったことがあります。いつだったか、惑星と衛星の関係に限らず、恒星と惑星の関係にしても、それぞれの星の距離が近いと自転と公転の周期がほとんど同じになり、常に同じ面を向けて公転することになるということを聞きました。どうして星同士の距離が近くなると、自転と公転の周期が同じになるんですか?

  • 恒星と惑星と衛星のバランス。

    以前からおぼろ気には考えていましたが、『恒星(太陽)と惑星(地球)と衛星(月)』について、お聞きします。太陽系を例に挙げた場合、地球というのは、生物が連続して生存可能な区域内にあるそうです。おそらく地球と太陽の距離が近ければ、今のように春夏秋冬も無く、『住めるには住めるが、暑くて仕方が無い』と言った事や、逆に離れていれば、それこそ惑星中南極または北極のようなもので、寒くて表にも出られないと言った事になったかも知れません。また、太陽と月のバランスも素晴らしく、ほぼ同じ大きさに感じ、月食に感動し、日食にも感動出来ます。さて、当方は、今までこの月と太陽の距離というか?大きさというか?もし、他に同じように、連続生物生存可能領域内に惑星を持つ恒星が存在したとして、その惑星が衛星を付き従えていた場合、やはり、その惑星から見た、太陽のような恒星と、月のような惑星の、見た目の大きさは、地球のそれと、ほぼ似たようなものになるのでしょうか?仮に月が、もっと大きかったり、近くにあれば、衝突の危険もあるでしょうし、それより遠ければ、引力が働かず、離れて行ってしまう等はあり得る事なのでしょうか?偶然に偶然が重なった、宇宙の中でも、他に例がないほどの絶妙のバランスにより、起きた奇跡なのでしょうか?

  • 地球が公転をしているのはどのような力が働いているからですか?

    地球が公転をしているのはどのような仕組みになっているんでしょうか? 遠心力が働いているのは聞いたことがあるんですが、それだけでは太陽に近づいていってしまうような気がするんですが、その他の力は働いているんでしょうか? また、地球が公転運動を始めたきっかけは何なんでしょうか?

  • 地球はなぜ太陽に落ちないのか?

    地球に限りませんが、惑星というのは恒星の引力と 公転による遠心力が均衡して、恒星と一定の距離を 保っているのだと理解しております。 しかし、どうしてそう都合よく、重力と遠心力が中和する 地点に地球(惑星)が存在するのでしょう? たとえば、「引力に負けるあたりの物質は太陽にとっくに 飲み込まれ、引力が弱いあたりの物質はどっかに飛んでいき、 たまたまバランスのとれたあたりの物質がそれぞれの重力による 引力でくっついて惑星になった」と考えるべきなのでしょうか? とすると、なぜ地球や惑星は公転しているのでしょう?太陽から 飛び出した物質であるならば、太陽から垂直方向に運動エネルギーを もっているはずで、公転の原動力にはならなかったような 気がするのですが……。 それと、惑星は自転していますね。これはなぜでしょうか。 それから、地球の最後は、たぶん太陽に飲み込まれるものと 思いますが、それは太陽が白色矮星になるから……というような 理由を聞いた記憶があります。それまでは、地球は今の軌道を たいしてブレもせず、自転・公転を続けるのでしょうか。 宇宙空間だから空気抵抗がないのはわかりますが、地球は 潮の満干などがあり、若干ではありますが、自転へのブレーキが かかっているような気もしますし、星間物質によるわずかな 公転へのブレーキもあるような気がします。これらによって いずれ地球はだんだん動きが鈍り、その結果太陽に落ち込む ような気もするのですが、どうでしょうか。 最後に。 私たちの体は、地球の物質の一部です。最後に地球が太陽に 飲み込まれるのであれば、私たちの体を構成している物質は、 その時点でどんなものを構成しているかは別として、最終的に 光となるのでしょうか。 私たちの最後は光になる。 もしもそうだったらいいなあ……などと思ってこの文章を書いています。 幼稚な質問で恐縮ですが、どなたかお答えいただけたら幸いです。

  • 星、恒星、惑星について。

    お聞きします。夜空に光る星ですが、同じ太陽系の星ですと。惑星、衛星に拘らず太陽(恒星)の光が当たり、反射するなら地球からでも見えると思いますが、例えば 隣の〇〇系の星といったものは、恒星しか見る事が出来ないのでしょうか?それともすべて反射で見えているのでしょうか?

  • 太陽系の惑星たちと引力の強さ

    太陽系の惑星たちと引力の強さ 太陽系の惑星たちは、みな引力があるのでしょうか?また、太陽系の中で引力が強いのはどの惑星でしょうか?