• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

of+抽象名詞のについて

Enabling individuals to lead lives of dignity and purpose are of equal importance. 訳;個人が威厳と目的のある生活を送ることができるようにすることは同様に重要だ 何ですが of importance=important(形容詞)でequal(形容詞)も形容詞だから Enabling individuals to lead lives of dignity and purpose are important equal.となりますが (主語+be動詞+形容詞+形容詞)という並びは文法的に正しいのでしょうか? またof+抽象名詞に形容詞を入れる時は必ずof+形容詞+抽象名詞になるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数676
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5904)

#2.です。 >すいませんが疑問に思ったんですが 『of + 形容詞 + 抽象名詞 = 副詞 + 形容詞』とありますが これはどの文でも成り立つんでしょうか? この文の時だけじゃないですよね? もちろんこの文の時だけではありませんが、この書き換えが常に成り立つとは考えない方がよいと思います。おそらく口調の関係等で理屈は通っても言わないと言うのがあるのだと思います。 The book is of great importance to me. = The book is very important to me. (The book is greatly important to me. とはあまりしないと思います。) また、The book is of importance to me. もあまり言わない様に思います。素直に、The book is important to me. で済む訳です。 This book is of no importance (value / use) to me. = This book is unimportant (valueless / useless) to me. の様に no の副詞形は(?)等と悩まずに、接頭辞や接尾辞で済ましてしまいます。 <of + 抽象名詞 = 形容詞相当語句> ぐらいの理解でよいと思います。それよりもこの規則によく似た規則で、<with, in + 抽象名詞 = 副詞相当語句>と言うのがあります。 He did it with ease [care, patience] = He did it easily [carefully, patiently]. 彼はそれをやすやすと(注意深く、我慢強く)やった。 She told the story in earnest.= She told the story earnestly. 彼女はその話を本気で話した。 <チャート式基礎からの英語 改訂版 高橋潔編> こちらの規則を少し覚える方が得です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にありがとうございます 分かりました

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5904)

of + 抽象名詞 = 形容詞 of importance = important この抽象名詞の部分に修飾語句を置く場合、名詞を修飾するのは形容詞で普通は名詞の前において修飾します。そして、「of + 抽象名詞」の部分が「形容詞」にかわる時は、「抽象名詞」を修飾していた「形容詞」は「副詞」にかわります。よって、 of + 形容詞 + 抽象名詞 = 副詞 + 形容詞 of equal importance = equally important の様になります。それで、 Enabling individuals to lead lives of dignity and purpose are of equal importance. = Enabling individuals to lead lives of dignity and purpose are equally important. の様になり、「主語+be動詞+副詞+形容詞」と言う並びになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます すいませんが疑問に思ったんですが 『of + 形容詞 + 抽象名詞 = 副詞 + 形容詞』とありますが これはどの文でも成り立つんでしょうか? この文の時だけじゃないですよね?

  • 回答No.1
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2384)

equally important equalはimportantを修飾していますから、importantが形容詞形の時は自分は副詞になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

equalが副詞になるんですね  回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • of + 抽象名詞 = 形容詞的働き

    「of + 抽象名詞」で形容詞的働きをすると習いましたが、そもそも何でそんな言い方をするのですか? 例えば、普通に important と言えるものを、何でわざわざ of importance と言う必要があるのですか? それぞれニュアンス的にどう違うんですか?

  • 「of + 抽象名詞」で形容詞化するわけは?

    先日お尋ねした時に、ふと疑問に思った事があります。形容詞があるのにわざわざ「of + 抽象名詞」を使って形容詞の働きをする用法を取るのか判りません。 The scissors are/were of great use. ならば The scissors are/were great useful. でいいはずです。 be of beauty=be beautiful, be of importance=be important,等ofを使う必要性を感じません。何かofを使うと表現の違いが有るのではと感じています。どなたか判りやすい説明をいただきたくお願い申し上げます。  以上

  • most of the+名詞とmost+名詞の違いについて教えてくださ

    most of the+名詞とmost+名詞の違いについて教えてください。前者はmostが名詞、後者は形容詞ということはわかるのですが、例えばmost of the (形容詞) booksとmost (形容詞) booksはどのように使い分けるといいのでしょうか。

  • [be of great use...]について?

    前置詞につぃての質問です。 The scissors are/were of great use. (質問1)[of]のコアイメージは「切っても切れない関係を表す」とか「所属」「分離」を表すとかいわれています。 [great use]の「切っても切れない関係」は何でしょうか? 「be of use..]と丸暗記でなく、前置詞のコアイメージを理解しようと勤めています。よきアドバイスをお願いいたします。 (質問2)「of + 抽象名詞」で「形容詞の働きをして性質を示す」と辞書にあります。useのほかにどのような抽象名詞が良く使われますか?出来るだけたくさん教えていただけませんか? よろしくお願い申し上げます。  以上

  • techniques of use

    a person regards mathematics as a series of techniques of use. これはof+抽象名詞=形容詞 ですよね?usefulになると思うんですが、そしたら一語の形容詞は前の名詞を修飾できなくないですか?

  • of 名詞 =形容詞 について

    of 名詞 = 形容詞 になることは理解しているのですが、 下記のような二文を見つけ、疑問に思いました。 1)  His reading is of wide range   彼は読書範囲が広い 2)  His reading is of a wide range.    彼の読書は広範囲にわたる。 どちらも of 名詞 を形容詞として使っており 意味もほとんど同じだと思うのですが、2)の方は、 a wide range と「a」 がついています。 両者の微妙な意味の違いとしたら    1)は 「広い」の意味を名詞にした    2)は 「a」がつくことで「広範囲」という名詞になった という理解でよろしいのでしょうか? どうかよろしくお願いします。

  • all the 名詞について

    お願いします。   all the 名詞 という句の形で、ある本にこれは all (of) the 名詞の of が消えたものと書いてありました。これは納得できたのですが、この2つのものを見て、あまり2つに関連性はないのですが、以下のような疑問が出てきました。   1, all the 名詞 の場合、all は形容詞であるとジーニアスに書いてあったのですが、一般的に、形容詞は定冠詞を飛び越えないルールがあったと思うので、all は形容詞でなく副詞ではないかと思ったのですがどうでしょうか。 2、all of the 名詞 について、名詞の前に the がつくのは、 部分 of the 全体 というルール(左のものは塾で習いました)に基づいているのでしょうか。 長々と申し訳ありませんが、どなたかお願いします。

  • 名詞か、形容詞か

    少し変な質問かもしれませんが、ご容赦下さい。 仕事上の書類(メモ書き程度)の中で、 「この状況は非常に difficulty である」と書く人がいました。 「difficult である」の方が普通ではないか?と私は思ったのですが、聞いてみると、 『「形容詞」+「である」ではおかしい。「名詞」+「である」が正しい。difficult の名詞形は difficulty である。』 という理由だそうです。 また、少し前の流行歌で、この街に住む人は「皆、ハッピネス!」というのがありました。私はずーっと「皆、ハッピーです」と歌っていると思っていましたが、実は happiness だったようです。これも上のdifficultyと同じような使われ方と思います。 difficulty は difficult の名詞形、happiness は happy の名詞形と言えますが、それぞれ「困難さ」や「幸福」という抽象名詞ですので、状況=困難さ、人=幸福とイコールで結ぶことはできないと思います。 ですから私としては「difficultである」とか「happyです」と形容詞を使う方が自然だと思います。 そもそも、日本語の中でこんな形で英語を使うのがおかしい、という議論はさておいて、このようなときは名詞を使うべきでしょうか、形容詞を使う方が良いのでしょうか、どちらが良いのか、お教え下さい。

  • be of + 名詞について?

    NHKラジオ英会話講座より Did you enjoy the DVD I sent you last week? It's of the family trip we took to the Bahamas last week. ・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。 (質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

  • 名詞って?困っています

     小学六年生の子供がいます。     最近、国語の授業にて名詞・形容詞・動詞などの分類について教わっているようなのですが、「名詞」でつまずいています。    いろいろ工夫して説明は尽くすのですが、名詞の概念が分かり辛いらしく...特に抽象名詞の概念が把握できないようです。  小学生に分かりやすく説明するにはどのように話せばよいのでしょうか?