• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

be of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より Did you enjoy the DVD I sent you last week? It's of the family trip we took to the Bahamas last week. ・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。 (質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1011
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。 ご質問1: <「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが> 1.ここはその用法ではありません。 2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。 例: of use=useful of importance=important 3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。 ご質問2: <私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。> この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。 1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。 2.この文は正しくは It's that of the family trip we took to the Bahamas last week. となります。 3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。 4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。 例: The climate of Tokyo is milder than that of Moscow. 「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」 このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。 5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。 例: That (=the DVD) of the family trip (直訳)「家族旅行についてのDVD」 →(意訳)「家族旅行の時のDVD」 6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと we took the family trip to the Bahamas last week. 「先週バハマに家族旅行に行った」 となります。 take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。 7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は (直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか? それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」 → (意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか? それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」 となります。 以上ご参考までに。 以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答いただき感謝に耐えません。とてもよく理解できました。特にitと省略されたthatが何を指すか、とても勉強になりました。ofの前の代名詞を省略する会話は使えそうです。関係代名詞の後置修飾を元の文章に戻して考える癖も自然に身につけたいものです。いつも分り易く丁寧に教えていただいていることに、心より感謝と尊敬を申し上げています。もう暫くよろしくお願い申し上げます。  PS:ニックネームの件、有難うございます。必要に迫られた時は、よろしくお願いいたします。今のニックネームはわが町の町名番地です。親しんでいますのでもう少し使ってみます。有難うございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#64345
noname#64345

If it's like "It's the family trip..... " then sounds strange.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。

  • 回答No.1

この場合では、 It's (the one) of the family trip~ ですね。繰り返しを避けるため、省略されていると認識すればすっきりするはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。良く理解できました。今後ともよろしくお願いいたします。敬具

関連するQ&A

  • should beの訳みてください

    1、Gogatsu I should be staying in Nagoya. 5月に名古屋に滞在するはずだよ。(予定だよ) 2、I knew you were top student you should be 100% happy. 私は知ってたよ、あなたがトップの生徒だって、あなたは100%喜ぶべきだよ。 3、I should be booking Gogatsu trip this week. 私は今週5月の旅行の為の予約を??? 1、しないといけない 2、するべきだね お願いします

  • be + being + 形容詞・名詞 ?

    NHKラジオ英会話講座より Cheers! When you think life is being unfair to you, just look around. You'll find that you're luckier than you thought. 乾杯!人生が自分にとって不公平だと思えるとき、周りを見回せばいい。自分が思ったより幸運だということがわかるよ。 (質問)life is being unfair to you,に限定してお尋ねします。 1)辞書に掲載されている「[be+being+形容詞・名詞]・・のようにふるまっている、・・のふりをしている」に該当しますか? 2)これは進行形ですか? [be動詞+being+過去分詞]以外に[be動詞+being]の進行形はありえませんか? 2-2)beingが進行形ならば、beingが本動詞となり第一文型となりますが如何でしょうか? 3)ではこのbeingは辞書に掲載されている、動名詞の「(・で)あること、(・に)いること」に該当しますか? 3-2)beingが名詞/形容詞であれば、第二文型と思われますが如何でしょうか? 苦手のbeingです。混乱しています。アドバイスをお願いします。以上

  • ifの名詞節

    Do you know if it will be fine tomorrow? は、名詞節の中は未来形です(問題集より)。 では、「今日晴れるかどうかあなたは知っていましたか」の場合は Did you know if it would be fine today? でしょうか?今日のことを言っているので Did you know if it is fine today? かなとも思いましたが、時制の一致の関係でやっぱり違いますよね? また、「あなたは昨日沖縄は晴れだったかどうか知っていますか」は Do you know if it was fine in Okinawa yesterday? で、合ってますか? 名詞節はその前の動詞の時制が過去だったら名詞節も過去にするけど、その前の動詞が現在の時制の場合は名詞節は過去にも現在にでも未来の時制にもなりうる、という理解、あってるのでしょうか? 自信ないので自信ある方、教えてください。よろしくお願いします。

  • ..we can be sure of.

    NHKラジオ英会話講座より Mr Martin, There are very few things in life that we can be sure of. マーチンさん、人生においてはっきっりしてるこっとて殆どありません。 (質問) (1)[...we can be sure of.]のof は「・・について、関して」と考えていいですか? (2)of+(抽象)名詞=形容詞に分類されますか? (3)ofに関して、同類の易しい例文を幾つか教えていただけませんか? (4)thatは関係代名詞の目的格ですね? sure of (life)ということですね?  これからは、同じような質問を繰り返すと思いますが、お許しください。よろしくお願いいたします。以上

  • 「be動詞+after+名詞」の使い方?

    NHKラジオ英会話講座より ........, Some horseshoes are luckier than others. Lots of people are after ones like this. 他の蹄鉄より幸運をもたらすものもあるし。 こういうのを求めている人はたくさんいるかしら。   質問:Lots of people are after ones like this.でお尋ねします。 (1)afterの使い方がよく判りません。直訳すると、「多くの人がこのような物(蹄鉄)の後にしたがっている」となりますが、間違いですか? (2)afterは前置詞なので補語にはなりませんね。では「after ones like this.」は名詞句ですか?それとも、形容詞句ですか? (3)「主語+BE動詞+after+名詞」の、このような類似例を幾つか教えてくださいませんか?   以上

  • It looked like something out of the 1970s.

    NHKラジオ英会話講座より Did you meet Hank at the party last night? Could you believe the yellowish suit he had on? It looked like something out of the 1970s. (・・・。何か1970年代の服みたい立った。) (質問)It looked like something out of the 1970s.でお尋ねします。 (1)out ofをofにすると間違いですか?out ofとofのフィーリングの違いを教えて下さいませんか? またこれに類するout ofの参考例を幾つか紹介いただけると幸甚です。 以上

  • out of mybox, out of ..訳

    アメリカの記事で Nine Things Never to Say to Your Boss というのがありまして、 その中に、”But I emailed you about that last week.” (前略) Bosses hate the "out of my outbox, out of my mind" attitude. (後略) という文がありました。 「上司は『送信トレイから出ていったものは、自分の心にないという態度』を嫌う」と なんとなく意味は分かるのですが、うまい日本語訳ができません。 この箇所ですが、上記より自然で日本語らしい訳文はできないでしょうか? できる方、ぜひ回答をお願いしまいます。 一応、その前後関係のためにその項目全文を貼ります。 5. “But I emailed you about that last week.” Alerting your boss to a problem via email doesn't absolve you of all responsibility for it. Bosses hate the "out of my outbox, out of my mind" attitude. Keep tabs on all critical issues you know about -- and keep checking in until you hear a firm "You don't need to worry about that anymore."

  • 不定冠詞[a]についての疑問

    NHKラジオ英会話より It was my first trip to the U.S.,and I had a little difficulty with the hotel shower bath. 初めてのアメリカへの旅行で、ホテルのシャワーつきのお風呂で大変な思いをしたんだ。 (質問1)[a litte]は物質名詞の量の表し方で習いますが、[difficulty]は物質名詞ではないように思いますが、このような使い方があるのでしょうか? (質問2)[take a look][take a close]のようなlook,closeは普通名詞、集合名詞とは違うと思うのですが、不定冠詞[a]をとっています。今まで数えられる名詞ばかりに馴染んできたので奇妙に思えます。アドバイスをお願いします。 質問が上手くまとめられませんが、理解できる範囲で 教えて頂ければ嬉しいのですが、よろしくお願いいたします。 以上

  • "there is to be ~"

    こんにちは。 "Harry potter and the prisoner of Azkaban [UK版]"のP142の第一文に関して質問です。 「To everyone's delight except Harry's, there was to be another Hogsmeade trip on the very last weekend of term.」 上記の文で、"there was to be another Hogsmeade trip"とあるのですが、"there was another Hogsmeade trip "との違いはなんでしょうか?単に"there was another Hogsmeade trip "では駄目なのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • [could be]について教えて下さい。

    NHKラジオ英会話講座より。 It's all the more surprising to me that you could be so coldhearted about the budding family of robins nesting on the porch. 玄関に巣を作って家族になろうとしているコマドリに対して、あなたがとても冷たくするなんて、私には驚きだわ。 (質問) [could be]は訳文の中には見当たりません。「あなたは冷たい」と断定するのでなく、「あなたはひょっとして冷たいのでは・・」と遠まわしに表現したのでしょうか?いろいろ考えていますが、自信がありません。幾つかの同類の例文と併せて、ご説明いただければ、ありがたいです。よろしくお願いいたします。 以上