• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

接続助詞

  • 質問No.6920986
  • 閲覧数144
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 44% (11/25)

問題で「春が来れば、山の雪も解けるだろう。」ってのがあるんです。

で、その中の来ればの「ば」は接続助詞って分かるんですけど春がの「が」が違う理由が分かりません。


なので、その理由を教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (4/8)

答えは「が」は格助詞です

接続助詞とは、活用語に付き、上の語(句)を下に続ける働きをするものです

一方、格助詞は、体言(名詞)及び活用語の連体形に付き、その語と下の語の関係を示します

ですから、問題文の「来れば」はカ変動詞「来る」の仮定形に接続しており、「春が」は名詞「春」に接続して主語を表しています
お礼コメント
drop384

お礼率 44% (11/25)

春が体言となるので「が」は格助詞になるんですねっ!

これで違いが自分の中で理解できました!どうもありがとうございます。
投稿日時:2011/08/04 16:03
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ