• 締切済み
  • 困ってます

60歳以降の月収とその分の厚生年金受給額について

私は60歳で定年を迎え、現在61歳1ヵ月の無職独身男性です。 厚生年金と国民年金を合わせた加入期間は現在約36年間です。 国民年金受給額を満額にしたいと思い現在任意加入しており、あと約4年間継続しようと思っております。 今から厚生年金のある会社に再就職し65歳まで勤務した場合、国民年金の任意加入はできなくなりますので、国民年金受給額は満額ではなく36年間加入相当額(約72万円/年)になると思います。 一方で、厚生年金は約4年間勤務した場合の標準報酬月額相当額が増えると思うのですが、それがいくら位なのかが全く分かりません。国民年金任意加入4年間に相当(受給額8万円弱/年)する厚生年金額は月収(税込・通勤手当込)で言えばいくら位になるのでしょうか?算出方法や計算式等も合わせて教えて頂ければうれしいです。 その額によっては、厚生年金が適用されない働き方の方が良いのかよく分かりません。 どうかよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3871
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.4
  • dondoko4
  • ベストアンサー率12% (1161/9670)

無職と言っても、無収入とは書いてありませんね。 ここでは詳細な情報を公開できないでしょうから、地元の社会保険事務所で相談してみたらどうですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 国民年金の40年間納付と60歳以降の厚生年金

    現在56歳です(3月末生まれで計算ください)。大学卒業後(22歳)会社に入りずっと厚生年金(必然的に国民年金2号加入者)に加入しています。 大学生は当時任意加入なので2年間国民年金には加入していません。 国民年金は60歳まで納めることになるので、加入期間は38年間になります。40年間納めていないので満額もらえない。 今勤めている会社は、62歳定年制なので、62歳までは、厚生年金に加入します。 国民年金 満額受給のため 国民年金には、40年間納めていない場合 60歳以降も任意加入で40年間まで保険が納められる制度があると聞きますが Q1.62歳まで厚生年金に加入していれば、60歳以降の期間国民年金任意加入と同様に国民年金2号加入者として納付期間に算入されるのですか。 Q2.算入されない場合、別途国民保険に任意加入し保険金を納付すれば40年間納付ができますか。それとも60歳以降も厚生年金加入者には40年間納付の方法はないのですか。 (損得とか厚生年金の加入期間長くなれば厚生年金増えるとかの問題は別にしての制度上の確認です)

  • 国民年金任意加入と厚生年金について

    先ほど質問した者です。 61歳の主人のことでご相談いたします。 サラリーマン、現在厚生年金加入、65歳までこの会社に勤務するつもりでしたが、先日勤務している会社が倒産の危機に陥ってしまい、近いうちに会社を閉めるだろうとのこと。 年金受給までのあと4年間は、なんとしても働きたいとは思っているのですが、 どのようにすることが一番良いのか悩んでいます。  (1)主人は国民年金の未加入期間が31か月間あり、例えば、失業保険を受けながらアルバイト(厚生年金未加入)をし、この機会に任意加入制度を利用して、とりあえず国民年金を満額受給できるようにする。  (2)すぐにでも厚生年金に加入できる会社に再就職する。 (1)と(2)ではどちらが正解でしょうか。 年金受給までに少しでも多く貯蓄したいと考えています。 ちなみに国民年金は、希望すれば70歳からでも受給できるのでしょうか。ご回答よろしくお願い致します

  • 厚生年金の受給額

    国民年金のみの加入期間は、老齢厚生年金の受給額に影響しますか? 例えば、 「25年間老齢厚生年金の保険料を納めているだけの場合」と、 「25年間老齢厚生年金の保険料を納めて、それとは別に国民年金のみ納めている期間が5年間あった場合」では、 老齢厚生年金のみの受給額だけで比較した場合、違いはありますか?

  • 回答No.3

>算出方法や計算式等 複雑です。簡単にいうと、 報酬比例部分の支給額=平均標準報酬月額×乗率×加入月数 ということですが、乗率は生年月日によって異なります。 8万円弱に相当するために、今後の標準報酬額を計算するには、今までの平均額、厚生年金加入実績、を知らねばなりません。 そして、現在の支給額を計算し、それに新たに8万円増額するには、今後年々勤務(加入月数)を決め、て逆算する必要があります。この場合、今までの平均額より安い報酬なら新平均額が下がります。しかし、加入月数が増えます。この上がり下がりを想定して推測するしかないでしょう。 計算は、ご自分でどうぞ。 一般論としていえるのは、 >厚生年金が適用されない働き方の方が良いのかよく分かりません。 これは絶対間違いです。厚生年金の適用されるということは、その間報酬があります。それを考えるとわかるでしょう。単に年金だけの損得を考えてはいけません。 働ける間は働きましょう。 なお、余計ながら#1さん答えは間違いです。 特別支給は報酬比例分が停止されます。定額部分(65歳以降に基礎年金になる)は60歳から貰えますが、生年月日によってはもらえません。また、もれえる生年月日でも、一定の額の給料(報酬月額)があれば停止されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

  • 回答No.2

ゴメンナサイ。改めて自分の回答を読みとんでもない間違いをしていました。 定額部分は、基礎年金相当部分に反映するので20歳~60歳までの期間部分です。 報酬比例だけが加入していた期間すべてを計算します。 経過的加算額(平成20年度価格)  72万円(定額部分)-(79万2100円×432月/480月)=回答額が65歳からの基礎年金額に加算されます。 そういう意味では、報酬比例部分が増える+健康保険がつくの形の仕事の形か、アルバイトで年間130万円未満で、しかも正社員の3/4の労働時間で働くのがいいのかの選択となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

  • 回答No.1

昔、FP2級を取得したものです。 つい最近の法改正は不勉強なのでおおよその額と全体図と考えてください。 厚生年金は、 (1)報酬比例部分は、あなたの場合[生年月日は、昭和25年ですね]は60歳から支給されます。 報酬比例ですから、勤めてから辞めるまでの期間ですが、あまり昔だと極端に年収額が低くなりますので、現在の水準に近づける操作(再評価額)もして、全体の平均額を出します。 あとは、単純に計算式なんですが、平成15年4月以降はボーナス分も含めるようにしましたので、これまたちょっと複雑になります。 それから、以前の計算式で計算した方が金額が高くなる場合は、「従前額を保障する」と言う考え方ですので、年金機構が計算を間違わなければ大丈夫です。 (2)厚生年金には、「定額部分」と言うものがあります。 65歳からは<老齢基礎年金>が国民年金から支給されますが、特別支給として65歳になるまでは<老齢基礎年金>相当額が支給されます。[生年月日などにより支給開始年齢が違う] あなたの場合は、65歳からの満額支給なので、「定額部分」が増えることで<老齢基礎年金>相当額が増えます。 定額部分の計算  1,676円×加入月数(36年+4年=480月)×物価スライド(0.985)=79万2413円  つまり、4年間厚生年金に加入すれば、  1,676円×48月×物価スライド=約8万円弱  国民年金の満額は、約80万円÷40年≒2万円・・・つまり、国民年金は1年間(12月)加入すると 年金額が年間約2万円が増えるんです。 *あなたが厚生年金が加入できる職場で働くと、国民年金に相当する「定額部分」が増えると同時に、報酬比例部分も増えるんです。 報酬比例部分がどのくらい増えるかは、あくまで概算です。  {月平均+ボーナス合計÷12}×5.769/1000×加入月数×物価スライド=答え *ボーナスがあるかないかでだいぶ違いますね。 例えば、ボーナスなしで、通勤費も含めた給与が15万円で4年間働いた場合  15万円×5.769/1000×48月×物価スライド=約4万円が年間額として増える計算です。 社会保険が付いた方が健康保険の面からも年金からもいいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ていねいな回答ありがとうございます。 私は、厚生年金の「定額部分」と「老齢基礎年金」と「国民年金」の関係や違いがよく理解できておりません。それで御回答頂いた(2)項も難しくてよく理解できません。そこで厚かましいですが追加して質問させて頂きます。 「60歳までは厚生年金に加入していれば国民年金にも自動的に加入していることになるが、60歳以降は国民年金への加入は任意加入しか方法がなく、厚生年金に加入していても国民年金に加入していることにはならない。」という話を聞いたことがあるのですが、そうであれば国民年金加入期間は36年間でストップしてしまい、定額部分は増えないように思うのですが、そんなことはないのでしょうか? 申し訳ありませんがよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 厚生年金について

    今まで15年間、厚生年金に加入しています。 転職を考えているのですが、厚生年金に加入できないかもしれません。 国民年金に加入するので、将来、厚生年金と国民年金の合算の加入期間が25年以上あれば、国民年金の部分の年金は満額もらえると思うのですが、 厚生年金の加入期間が15年で終わってしまった場合、国民年金のプラス部分(うわずみの部分)の年金額はどうなってしまうのでしょうか? 0円になってしまうのでしょうか? もしくは何らかの計算式に基づいた金額の支給があるのでしょうか? もし、損をしてしまうのであれば、厚生年金に加入できる会社を探そうかと思っております。 長々とすみません。 よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金の受給資格について

    大学を卒業後に就職をしました。約7年間勤めて辞めました。その間はもちろん厚生年金に入っていました。その後、バイトなどのためにずっと国民年金だけの加入でした。しかし最近また新しく勤めるようになった会社では契約社員で社会保険に入るかどうかを聞かれました(厚生年金と健康保険について)健康保険は入るとして、厚生年金については少し分からないことがあるのでお尋ねします。 現在、40歳です。国民年金は今までも間違いなく払ってきたので25年以上払うことはほぼ間違いないと思いますが、厚生年金はもしかしたら又転職や解雇などで加入期間が25年間に満たない可能性もあります (13年~19年くらいの加入期間になってしまうなど)このような時はどうなるのですか? 国民年金分だけは満額もらえて厚生年金の分はもらえないのですか? それとも国民年金分は満額で厚生年金は減額でもらますか?まさか両方もらえないなんてことはないですよね? もし厚生年金分がもらえないなら、今までの7年間の支払い分とこれからの厚生年金支払い分は、捨ててしまうようなものになるのではないかと不安です。 教えてください。

  • 厚生年金について

    現在61才、定年退職者で厚生年金受給申請前です。 以前年金機構からはがきが届き「あなたの年金加入期間合計は479ヶ月」 となっていました。 国民年金では480ヶ月加入者は満額支給されるとのことですが 厚生年金では480ヶ月加入だと支給額に差はあるのでしようか。 もしあるなら、これからあと1ヶ月分払い込みをして480ヶ月にできるのでしょうか。 以上よろしくお願いします。

  • 厚生年金受給額

    年金についてあっちこっちのサイトを見てみると、現状では、 厚生年金受給額 月額約15万 国民年金受給額 月額約5万 というデータが出てきます。この厚生年金の受給額約15万には、国民年金分も含まれているのでしょうか?それともこの約15万プラス国民年金分の5万(計約20万)になるのでしょうか? どなたかご回答宜しくお願い致します。

  • 障害年金受給者の厚生年金

    障害基礎年金を受給している場合、国民年金の支払いは免除されてます(というか重複受給はできない)が、その受給者が厚生年金に加入している場合、厚生年金に含まれる国民年金部分は掛け捨てになっているということでしょうか? そうだとしたら何らかの救済措置はありますか? こういったことに詳しくありません。 ご回答よろしくお願いします。

  • 【厚生年金】4年だけかかってました この分は将来いくらもらえるの?

    個人事業を始めたので 国民年金になりました 4年間会社に勤めていましたので厚生年金も 4年間だけですが入っていたことになります 将来設計のために自分がもらえる金額を考えていかないといけないと 考えているのですが4年間という期間の分だけでは 将来にもらえる年金はいくらになるのでしょうか?

  • 遺族厚生年金と老齢厚生年金

    会社員だった主人が亡くなり遺族厚生年金を受給します。 私(42歳)も20年厚生年金に加入してましたが、2年前退職し主人の扶養に入ってました。 主人が亡くなったので、国民年金に加入しましたが、今後私が働くとしたらどちらの年金がお得でしょうか。 私の老齢厚生年金は遺族厚生年金より少ないようです。 フルに働き厚生年金に加入するか、パートで調整しながら国民年金に加入かで迷っています。 加入年は厚生年金20年、国民年金1年、扶養1年、現在国民年金です。

  • 国民年金から厚生年金にかわったら

    国民年金を払っているのですが、社会保険に加入し、厚生年金になり、支払い続け、受給の際には、国民年金を払っていた期間+厚生年金を払った期間分の年金が受給されるという理解で正しいでしょうか? あと、社会保険に加入し、厚生年金を払いながらも、国民年金分もいくらか同時に支払うという話をどこかで聞いた事があるのですが、本当なのでしょうか?

  • 60歳からの厚生年金と基礎年金の増額

    QNo.3563637 と同じような質問です。この答えを読んでも良く分かりません。 3月に60歳になり6月から部分年金がもらえます。在職ですが給与とあわせて28万円以下ですので年金の減額はありません。国民年金はこの2月で430ヶ月くらい(すべて2号)かけています。(満額まで50ヶ月くらい不足) 上記の回答で、これから払う厚生年金は「経過的加算」として、老齢厚生年金として支払われるそうですが、結果として、基礎年金と同じ金額(1年勤務で年2万円弱)がこの「経過的加算」で64歳から支払われるのでしょうか? つまり、厚生年金が今後掛けた部分が増えるのは当たり前ですが、あと50ヶ月勤務すると基礎年金相当額も名前こそ違うものの、合計して満額792.100円もらえるのでしょうか?

  • 厚生年金は25年納めないと、一銭も受給できない?

    年金の受給について教えてください。 私の年金加入状況は、 ・会社員時代の厚生年金が236か月 ・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月 です。 このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。 先日、70歳すぎの某企業の社長に、 「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。 この論でいくと、今まで236か月納めつづけてきた厚生年金は、厚生年金単独として25年(300か月)納めないと高齢者になってから一銭も受給できない、ということになります。 そうでしたっけ? 混乱しています。 自分の解釈では、 年金は2階建て構造で、1階の国民年金、2階の厚生年金で、厚生年金を納めている=自ずと国民年金を納めていることになる。よって、国民年金はまずもらえる。 で、厚生年金は300か月とは関係なく、納めた分の比率でもらえる(国民年金にプラスして)、と理解していました。 今後は、フリーターのまま、あるいは社会制度が完備した企業での契約社員やパートでの雇用の両方が考えられます。 この社長の言うことが本当なら、フリーターのままでいるのは損に思います。 厚生年金の受給について、どうぞご教示をよろしくお願い致します。