• ベストアンサー
  • 困ってます

二次方程式(解の配置)

二次方程式の解が 共に正なら D>0 f(0)>0 軸>0 共に負なら D>0 f(0)>0 軸<0 正と負なら f(0)<0 テキストには解が正と負のときは、f(0)<0という これひとつだけで場合わけはOKとありました。 この意味がわかりません。 どうして、判別式や、軸の場合わけが必要でないのか わかりません。

noname#7970

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1622
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • ticky
  • ベストアンサー率36% (123/337)

これは、 f(x)=ax^2+bx+c で、 a>0(下に凸)の場合ですね。 簡単に考えてみます。 下に凸の二次方程式が、二つの解を持ち、その配置を考えます。 まず、y=f(x)=ax^2+bx+c のグラフを考えてください。 1.二つの解が、共に正のとき。 x>0(xが正)の部分で、二次方程式のグラフとx軸が交わります。 こうなるための条件は何かというと、 (1) グラフがx軸と交わる この条件は、判別式>0 (2) グラフが、右寄りにある。こうすれば、少なくとも解の片方は、x>0にある。 この条件は、軸>0。頂点のx座標>0と言い換えてもいい (3) もう一方の解も、x>0にある。 解の片方が、x=0にあるとき、原点(0,0)の下をグラフが通ると、もう片方の解は、x<0にあることになる。 もし、グラフが原点(0,0)の上を通ると、グラフは右寄りにある場合、解のもう片方も、x>0にある。 よってこの条件は、f(0)>0 2.二つの解が共に負のとき。 二つの解が共に正のときとの違いは、右寄りか左よりかの違いです。 (1) 判別式>0 (2) グラフが左寄りにあれば、少なくとも解の一方はx<0にあるので、 軸<0 (3) グラフが左寄りにあるとき、グラフが原点より上を通れば、ほう片方の解もx<0にある。 よってf(0)>0 3. 二つの解が、正と負に分かれている場合。 今考えているのは、下に凸のグラフです。 原点(0,0)の下を、グラフが通るとき、グラフはy<0の部分から、上に伸びていって、x>0と、x<0の部分の両方で、x軸と交わります。 この条件が、f(0)<0です。 右寄りか左寄りかは、関係ないので、軸の条件も必要ありません。 また、このとき、必ずx軸と交わっています。 判別式>0になっているので、判別式を計算する必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

a>0、f(0)>0のとき、判別式を用いるのは、f(0)>0であっても二次関数の底が x軸と交わらなくなってしまうこと(解なしとなること)を防ぐためなんですよね? だけど、f(0)が0以下のどんな値であっても、0以下という条件を満たしていれば 正と負の解を得られることができるので、判別式や軸の条件を示す必要がなくなるということですね?

関連するQ&A

  • 二次方程式の解について。

     二次方程式が実数の範囲で解を持つか、または複素数の範囲で解を持つかは、二次方程式の解の公式の「判別式」で判断することができますよね。  そこで、この判別式を使って、二次方程式の解が実根になる確率と虚根になる確率と、どっちが大きいのか考えてみました。  まず、簡単にするために二次方程式  ax^2+bx+c=0  の両辺をaでわって、新しくできる係数をp,qとします。そうしてできた二次方程式の判別式は  p^2-4q  となりますよね。この判別式が0に等しいとして、この式を変形していきます…  p^2-4q=0  4=p^2/q  つまり数直線で考えると、p^2/qが丁度4になったとき二次方程式は一つの解しか持たないことになります(重根でしたか?)。同様に考えると(-∞,4)の範囲で二次方程式は虚根を、(4,∞)の範囲で二次方程式は実根をもつはずです。  そう考えると、虚根を持つ範囲の方が4つ分広いので確率が高いとおもったのですが、どうなるのでしょうか?  それとも、私の考え方がどこか間違っていたのでしょうか?

  • 二次方程式の判別式

    二次方程式の判別式b^2-4acなのですが、 この判別式はax^2+bx+c=0で、a=0の時は使ってはいけない理由を知りたいです。 成り立たない場合として、 a=0,b=0の時、c=定数という直線グラフで、c=0でない限り「実解なし」なのに(判別式)=0となる場合。 a=0,b>0,c≠0の時、直線グラフはx軸を貫くはずなのに(判別式)<0となる場合。 が思いつくのですが・・・。 「判別式は二次方程式の解の公式の一部だ」というのは結果であって、定義でないように思えるのですが・・・

  • 二次方程式の判別式について

    以前、数学の授業で判別式D=b^2-4acを使って、二次方程式の実数解の有無を調べることを習いました。 質問なのですが、なぜ判別式D=b^2-4acを使うとその二次方程式の実数解の有無が分かるのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • ticky
  • ベストアンサー率36% (123/337)

>a>0、f(0)>0のとき、判別式を用いるのは、f(0)>0であっても二次関数の底がx軸と交わらなくなってしまうこと(解なしとなること)を防ぐためなんですよね? >だけど、f(0)が0以下のどんな値であっても、0以下という条件を満たしていれば正と負の解を得られることができるので、判別式や軸の条件を示す必要がなくなるということですね? いずれも、そのとおりです。 もし、a<0だったとしても、同じように考ればよいです。 (上下が逆になっているので、f(0)についての条件が逆になるだけです) では、がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • ticky
  • ベストアンサー率36% (123/337)

>a>0、f(0)>0のとき、判別式を用いるのは、f(0)>0であっても二次関数の底がx軸と交わらなくなってしまうこと(解なしとなること)を防ぐためなんですよね? >だけど、f(0)が0以下のどんな値であっても、0以下という条件を満たしていれば正と負の解を得られることができるので、判別式や軸の条件を示す必要がなくなるということですね? いずれも、そのとおりです。 数学の問題(数学以外でも、物理などに当てはまりますが)では、どの条件で、どこまで絞っているかということが、結構重要です。 必要のない条件について計算するのは、悪くはないけれど、入試では大きなロスになります。 (ただ、実際には必要のない条件でも計算してしまうことが多いし、無駄をするよりも、正確であることの方が重要なので、計算が速くできると得します。) では、がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 皆さんの回答を参考に実際にグラフを描くことで わかるようになりました。

  • 回答No.5

JEANS-Pさん、こんにちは。 まず、 y=f(x)=ax^2+bx+c=a(x-α)(x-β) とすると、 >二次方程式の解が 共に正なら D>0 f(0)>0 軸>0 ということは、 α>0,β>0ならばf(0)>0となっている、ということは 図を描いてみれば、x^2の係数は正であることは明らかです。下に凸のグラフになっていますから。 なので、この問題では y=f(x)=ax^2+bx+cとおくと、a>0の条件下で考えていることになります。 (a<0だったら、α>0,β>0のときもα<0,β<0のときも、 f(0)<0という条件に変わります) >テキストには解が正と負のときは、f(0)<0という これひとつだけで場合わけはOKとありました。 この意味がわかりません。 どうして、判別式や、軸の場合わけが必要でないのか 実際確かめてみればいいと思います。 2実解を持つので D=b^2-4ac>0のはずですね。・・・(1) 図を描いてみれば、軸は正か負かは、決定できません。 しかし、x=0のときのyの値は、負になっていることが図から分かると思いますので f(0)=c<0 という条件が出てきます。 実は、(1)はc<0ならばいえちゃうんですね。 D=b^2-4acにおいてb^2≧0,c<0なら-c>0ですがa>0ですから 4ac>0 したがってb^2-4ac>0      ↑  ↑     0以上 正 からいえますね。 なので、結局のところf(0)<0という条件で、すべてカバーできちゃうというわけです。 ご参考になればうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 ようやくわかってきました。 a>0のとき、f(0)<0ならば正と負の解を得られるグラフとなりますね。 ただし、f(0)>0ならば、解なしとなることがでてくるので、そこで判別式を用いることが 必要なんですね。 グラフをいろんなパターンで書いてたらそれとなくわかってきました。

  • 回答No.4
noname#5537

#3 での daisangenn さんのご指摘に関してです。 #2 で私が書いたのは, 「f(0)<0 ⇒ 2次方程式の解が2つありそれが正と負一つずつである」 の証明でした。 x^2 の係数(a) が正という条件が無ければ,この命題が「偽」となることはご指摘のとおりです。 従いまして,#2 の冒頭で a > 0 という条件をつけさせていただきました。 おそらく JEANS-P さんがご覧のテキストもそのような前提になっていると思います。ご確認ください。 「2次方程式の解が2つありそれが正と負一つずつである ⇒ f(0)<0」 についても,x^2 の係数(a)が正という条件が無ければ「偽」です。 反例は,  f(x) = - x^2 + 4 a > 0 という条件があれば, αβ < 0 から c/a < 0 となって,c < 0 すなわち f(0) < 0 が得られます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 私が持ってるテキストにはa>0という条件は載ってませんでした。 a<0であるなら、正と負の組み合わせの解をもつとき、 f(0)>0となるから a>0という条件をつけないといけないなんですよね? 皆さんのご回答を読んで、だんだん色んなことがわかってきました。

  • 回答No.3

(1)2次方程式の解が2つありそれが正と負一つずつである⇒f(0)<0…真 ですが、 (2)f(0)<0⇒2次方程式の解が2つありそれが正と負一つずつである…偽 です。 まず、(2)の判例を挙げます。実際にグラフを書くと分かると思います。 f(x)=-x^2-4 次に(1)が真である理由は・・・#2のyoppiさんの説明で大体大丈夫だと思いますが一箇所だけ訂正しておきます。 >> f(0) = c >>ですから,f(0) < 0 ならば,c < 0 です。 >> >>このとき,a > 0, c < 0 より, >> D = b^2 - 4 a c > 0 >>が成り立ちます。 まず、c<0になるのはいいと思います。次ですが、 班別式D=b^2-4ac となり、解が二つあるという条件から D>0 またc<0,bは実数(ですよね。つまり虚数ではない)より、 a>0になる。 あとは、yoppiさんが書いてあるとおりだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をありがとうございます。 >D = b^2 - 4 a c > 0 が成り立ちます。 これは異なる2解をもつということを示すことまではわかるのですが、 お答えくださった反例が何を示しているのかよくわからないのです。 グラフを実際に書いてみても正と負の解がありますよね・・・ 判別式を用いての具体例ではよくわからなかったのですが、 皆さんのご回答を読み、もう一度考えてみることで、 だんだんグラフの意味や、わからなかったことがわかってきました。

  • 回答No.2
noname#5537

 f(x) = a x^2 + b x + c とします。a, b, c は任意の実数。 ただし,a > 0 という条件をつけておきます。  f(0) = c ですから,f(0) < 0 ならば,c < 0 です。 このとき,a > 0, c < 0 より,  D = b^2 - 4 a c > 0 が成り立ちます。 よって,方程式 f(x) = 0 には異なる 2 つの実数解が存在します。 これらの解を α, β としておきましょう。 すると,解と係数の関係から,  α β = c/a が得られます。a > 0, c < 0 ですから,  α β < 0 となって,結局 α と β は異符号となります。 以上のように, f(0) < 0 であることさえ言えば, f(x) = 0 が異なる2つの実数解を持ち,それらが異符号であることが言えてしまうのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

説明の簡単化のため、全ての場合は列挙しません。 ・解が正と負のとき   →曲線がX=0より左と右で各々1箇所X軸(Y=0)と交わる   X^2 の係数が正[負]ならば曲線は下[上]に凸ということである   したがって、「f(0)<0」というテキストの記述は、X^2 の係数が正のときのみに言える事であって、厳密には誤りです。 通常は y = f(x) = x^2 + bx + c = 0 の形(=x^2 の係数が1)の場合に限ってテキストのような説明が適用されます。 ・その他の場合 (1)解が重解(=解が1種類)のとき、     D=0     曲線はX軸に接する     X^2 の係数が正[負]ならば下[上]に凸の曲線     f(任意のX)≧0 ,[ f(任意のX)≦0 ] (2)解が実数でないとき     D<0     曲線はX軸に接触しない     X^2 の係数が正[負]ならば下[上]に凸の曲線     f(任意のX)>0 ,[ f(任意のX)<0 ] 等々...。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答をありがとうございます。 皆さんのご回答も一緒にもう一度考えてみますね。

質問者からの補足

x^2の係数が1のとき、なぜ判別式や軸の位置を省略できるのですか? f(0)<0の図の意味はわかりますが、省略できる理由がわかりません。 x^2の係数が1以外のときは判別式や軸の位置を示すことが必要となるということでしょうか?

関連するQ&A

  • 二次方程式の解の配置について

    aを実数の定数として、異なる二つの実数解をもつ二次方程式x^2+ax+2a^2-8=0がある (1)x=0が一つの解で、他の解が負のときaの値を求めよ (2)少なくとも1つの解が正ならば、なにか<a<なにかである (1)はできたのですが、(2)が分かりません…解答お願いします

  • 実数係数の二次方程式の解の条件?

    実数係数の二次方程式  ax^2+bx+c=0 (a≠0) において、二つの解をα、βとし、判別式をDとするとき、 (I)「二つの解が共に正」⇔「D≧0, 2解の和>0, 2解の積>0」 (II)「二つの解が共に負」⇔「D≧0, 2解の和<0, 2解の積>0」 (III)「一つの解が正、他の解が負」⇔「2解の積<0」 とあるのですが、 どうして(I)(II)の場合にはD≧0が必要で、(III)の場合にはD≧0は必要ないんですか?

  • xの二次方程式

    xの二次方程式 x^2&#65293;2ax+4=0の解が次の条件を満たすようなaの値の範囲を求める。 1. 2つの解がともに1より大 2. 1つの解が1より大で、他の解が1より小 皆さんならどう解きますか? f(x)=x^2-2ax+4 (x-a)-a^2+4=0 1. f(x)=0の判別式D≧0 D/4=a^2-4≧0 a≦-2,2≦a &#8226;f(1)>0 1-2a+4>0 a<5/2 &#8226;軸が1より大きい f(x)=(x-a)^2-a^2+4 軸 x=a a>1 以上より、2≦a<5/2 2. f(1)<0となればいい a>5/2

  • 二次方程式

    k>1のとき、 次の二次方程式の実数解の個数を求めよ。 1) x^2+2x+k=0 2)x^2-(k+1)x+1=0 判別式がどういう条件の時で 求めるんですか? 解き方教えてください!

  • 二次方程式 数学

    二次方程式3x^2-4kx+5k-3=0 が重解を持つとき、定数kの値を求めよ。 この問題の答えは 式 b^2-4ac を使って 答えが k= 3/4 , k= 3 なのですが、 これに判別式で解いたら別の解が出てしまいました。。。 この問題に判別式は使わないのですか? だとしたらそれは なぜなのですか?? よろしくお願いします

  • 二次方程式の判別式について

    こんばんは 二次方程式の判別式について質問です。 ax^2+bx+c=0の判別式(b^2-4ac)について b^2-4ac>0ならその式の実数の解は二つある。 b^2-4ac=0ならただ一つの解 b^2-4ac<0なら実数の解は無い。 こういうことのようですが、この判別式は単に解の数ではなく、数直線上の二 点の距離、二つの実数の差を表しているのでしょうか。 判別式を使って出た数字にはどんな意味があるのでしょう。

  • 二次方程式の解の個数と判別式との関係。。。

     またまたお世話になります(>_<)!!実習生です。  実は、「二次方程式の解の個数と判別式」の部分の授業をまかされたのですが、授業運びをどうしようか悩んでいます。。解が2つ、1つ、0個の3通りの二次方程式を解かせ、どうしてこのような違いがでるのでしょう??という感じにしようかとも思ったのですが、それだと、生徒は解の個数の違いが、判別式の符号に関係しているということを気付きにくいような気がするんです(>0<)  どうにか、生徒にそこの部分に気付かせたいのですが、うまい導き方ってありますかねぇ…?? どなたかお願いいたします(>_<)★☆

  • 二次方程式の解は

    今 夏休みの宿題の、数学のレポートとして 二次方程式の解について調べようとしているんですが細かく調べられません。 Sridharacharyaが発明した(?)とか 色々ヒットするんですが、中3なので意味が分からないことも多かったり、なぜ解が必要だったのか などわかりません。 なので 二次方程式の解について何故必要だったのか、どうしてあの解で解くことが出来るのか教えてくれませんか?

  • 解から二次方程式を求める問題

    よろしくお願いします。  &#65293;2/3<X<3の二次方程式を求めよという問題なのですが  -2/3< X                0< X&#65293;2/3    0< 3X-2 ・・・(1)        X < 3  X-3 < 0 ・・・(2)      (1)は正、(2)は負で方程式の符号は負、 (3X-2)(X-3)<0 3X^2-7X+6<0 までは理解できるのですが最後に両辺にー1をかけて       符号を逆にする意味合いがわかりません。      どなたかご教授ください。よろしくお願いします。     

  • 二つの二次方程式の共通の解

    aを実数とし、2つのxの二次方程式 x^2+(2-3a)x+2a^2-3a+1=0・・・(1) 2x^2+-2ax-a+1=0・・・(2) (1)と(2)が共通の解xを一つだけ持つとき、aと共通の解xの組みを求めよ 上記のような問題で、(1)=(2)として、判別式を適用させてバツをもらいました。 (1)=(2)として、判別式を適用させる方法がなぜいけないのかを教えてください。