• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「○○が売っている。」は、正しい日本語ですか?

最近、テレビを見ていて、アナウンサーやレポーターが言っている言葉に疑問を感じています。 良く、旅番組や、ニュースで、「魚が売っている。」「パソコンが売っている。」のように、売られる対象のものが、主語になって、動詞の行動をしている(売っている)かのような表現を良く耳にします。 「魚が売っている。」の正しい日本語での言い方は、「魚が売られている。」か、「魚を売っている。」のどちらかになると私は思っています。 しかし、テレビでも使われているので「魚が売っている。」は、正しい日本語なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2604
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

本来、誤用というべき表現であるのは間違いないでしょう。 ただ、実際にはかなり広まっている用法であるのも確かです。 「○○が売っている」のような表現に違和感を覚える人でも、例えば、これの否定形で  「欲しかった本がどこにも売ってない」 だとか、疑問形で、  「その服、どこに売ってたの?」 などになると、余り違和感なく受け入れてしまう人は多いのではないでしょうか。 試しにgoogleでフレーズ検索してみると、  "どこにも売ってない" 約 4,470,000 件   "どこにも売っていない" 約 718,000 件  "どこでも売ってない" 約 411,000 件    "どこでも売っていない" 約 78,200 件  "どこにも売られてない" 約 188,000 件   "どこにも売られていない" 約 144,000 件  "どこでも売られてない" 約 10,400 件    "どこでも売られていない" 約 10,800 件 ご覧のとおり、本来誤用であるはずの「どこにも売ってない」「どこにも売っていない」が 圧倒的多数です。 ここで「どこにも」と「どこでも」を区別させてもらいましたが、これは「売っている」という表現が 「誤用」かどうかの一つの判断ポイントになるからです。 「~が~を売っている」あるいは「~が売られている」という本来正しい表現において、 売っている場所や店を示す格助詞は「に」ではなく「で」なのです。 例えば、「Aさんは○△書店で本を売っている」なら、Aさんは本屋の主人か店員さんですが、 「Aさんは○△書店に本を売っている」になると、Aさんは出版業者か何か、あるいは古本屋に 本を売りに来るお客さんになってしまいます。 先に疑問形の例文として挙げた「その服、どこに売ってたの?」も、「その服」は格助詞が ついていませんが、「その服を」という目的格が省略されたものと解釈するのは不可能です。 「その服」は主格と認識するしかないということです。 もちろん「~が売っている」という表現で場所を表すのに必ず「に」が使われるわけではなく 「で」も良く使われます。 ただ、場所を表すのに「で」ではなく「に」が使われることがあるということは、多くの人にとって、 「~が売っている場所」というのは「それを『売る』という行為が行われている場所」ではなく、 「『売っている』という状態が存在する場所」であることを表しています。 本来の「~を売っている」「~が売られている」という表現は、あくまで「売る」という行為が 進行中であるという意味の表現です。したがって、問題の商品に加え、それを売買する 売り手や買い手の存在も意識される表現になります。 それに対し、「~が売っている」という表現では、売り手や買い手をほとんど意識せずに 単に「購入可能な商品として存在する」という状態を表す表現なのだと思います。 それが格助詞「に」に表れているのでしょう。 以上より、私は「魚が売っている」は「魚を売っている」「魚が売られている」などとは表す ニュアンスが微妙に異なる表現であるように思います。 ぴったり置き換えられる表現がほかにないからこそ定着したのでしょう。 こういう表現を文法的に「間違い」であるとするのは簡単です。 もちろん、まだ話し言葉以外の文書などでは、極力避けられるべき表現であるのは 言うまでもありません。 ただ、実際に広く使われている以上、そのこと自体は表現の揺れとして受け入れて行く べきではないかと私は思います。 なお、この「~が売っている」以外でこれと似た用法としては、 「(店が)営業中である」「(映画などが)上演中である」「(テレビ番組が)放送中である」 などの意味で使われる「~がやっている」が挙げられるかと思います。 それ以外の例はちょっと思いつきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

長文での回答ありがとうございます。 >「○○が売っている」のような表現に違和感を覚える人でも、例えば、これの否定形で  「欲しかった本がどこにも売ってない」 だとか、疑問形で、  「その服、どこに売ってたの?」 などになると、余り違和感なく受け入れてしまう人は多いのではないでしょうか。←確かにそうかも・・・??? >単に「購入可能な商品として存在する」という状態を表す表現なのだと思います。 以上より、私は「魚が売っている」は「魚を売っている」「魚が売られている」などとは表すニュアンスが微妙に異なる表現であるように思います。 ぴったり置き換えられる表現がほかにないからこそ定着したのでしょう。 こういう表現を文法的に「間違い」であるとするのは簡単です。もちろん、まだ話し言葉以外の文書などでは、極力避けられるべき表現であるのは言うまでもありません。ただ、実際に広く使われている以上、そのこと自体は表現の揺れとして受け入れて行くべきではないかと私は思います。←単に「購入可能な商品として存在する」「ニュアンスが違う」・・・少し、理解できるような気がします。変化しているんですね。 話し言葉と文書では、言い方が変わってしまうんですね。それは、それで困ると思われますが・・・でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。 ここまで浸透しているんですね。すごい。

関連するQ&A

  • 「魚が売っている」は正しい日本語だと思います。

    これは、http://okwave.jp/qa/q6884530.html を受けた質問、と言うより、意見です。 議論に参加できなかったので、新しく質問形式としてthreadを立てました。 「魚が売る」は変です。しかし、「魚が売っている」は正しい。これが私の意見です。 「売っている」を普通に他動詞と見て、「魚」をその目的語と見るから、変だ、と言う発想になるのですが、これはあまりにも英語的な見方だと思います。 文型的には主語のように見えて、実際には主語になっていない「が」というものが存在します。例えば、述語として、形容詞、或いは、形容詞相当語句が来る場合、「が」が主語にならない場合があります。 ・水が飲みたい ・平家の由来が聞きたいほどに(ロドリゲス大文典) また、述語が、話し手が直接関与しない事態を説明するとき、その事態の元になったものを示すときにも、主語にならない「が」を使うことができます。 「可能」はその一つです。 ・ここで水が飲める(「水」は、飲めるの目的語ですが、「が」が使えます。) 「可能」以外でも、話し手が直接関与しない事態が述語になれば、「が」を使うことができます。 ・急に予定が変更した(「広辞苑」の例文) ・油が切らしてある。(「広辞苑」の例文。) 特にこの2番目の、「油が切らしてある」は、「魚が売っている」と全く同じ構造を持っています。英語風に見れば、「切らす」は、「油」の目的語じゃないか?となってしまいますが、これは正しい日本語なのです。 「売っている」も、単に「売る」の進行形ではなく、この場合、話し手が直接関与しない事態・状態を示す動詞だと考えられます。故に、 ・魚が売っている は、間違った日本語ではない、以上が私の意見です。 (参考:広辞苑・岩波古語辞典)

  • あまり出演がない俳優さんについて

    テレビを見ていると日々たくさんの役者さん・タレントが出演していますが、 たとえば、たまに旅番組のレポーターなどをやっている程度の俳優・タレントさんは、それだけで生活していけるほどの収入があるのでしょうか? それともテレビ以外で舞台などをやっている可能性もあるのでしょうか? 具体的に名前を言うと、(今思いついた人です) 木之元亮さん、パンチ佐藤さん などです。 余計なお世話な質問かもしれませんが、ご存じの方よろしくお願いします。

  • NHKの世界遺産などの旅番組は、何故、現地の放送局の番組を買わないのか

    NHKの世界遺産などの旅番組は、何故、現地の放送局の番組を買わないのか。 いつも見ていて思うのだが、ドラマは韓国等からどんどん買うのに、 旅番組は、何故現地の放送局の番組を買わないのか。 職員が行ってみたいので、経費にお構い無しに行っているとしか思えないのだが・・・。 今、NHKのエコ大紀行でベネズエラのギアナ高地の放送している。 エンゼルホールを見に行く旅で、田代アナウンサーが行っている。 アナウンサーの説明はほとんど無く、有っても“綺麗”“すごい”ばかり 質問余りしないがしても、日本で調べれば解るものばかり。 以前もNHKで、この滝の放送が有った。 南米のこんな僻地へ何度も行く必要が解らない。 皆さんは見ていてどう思いますか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#210617

>テレビでも使われているので「魚が売っている。」は、正しい日本語なのでしょうか? 実際、画面に魚が何かを客に売っている様子が映し出されてたとしたら、正しいでしょうね。 でも、有り得ませんよね。そんなこと。 >「魚が売っている。」の正しい日本語での言い方は、「魚が売られている。」か、「魚を売っている。」のどちらかになると私は思っています。 正しいと思います。 ここの質問でも、「"モノ"が売ってる」という表現を多く眼にして、私はいらだちます。 話し言葉では、まぁ、許容できます(言いたいことはわかるから)が、話し言葉どおりに書いてそれをおかしいと感じない(読み返してみれば違和感があるだろうに)ことが信じられません。 どんだけ頭を使わないんだよ、と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうです。魚が客に売っていたんですよ・・・”何かを”・・・なんて映像ありえないですよね。笑えます。 他の方の回答を見ていて思ったのですが、話言葉と、文書は違うようですね。 話し言葉の勢いで、こうなっちゃうみたいですね。 そのうち、定着しちゃうんだろうな。でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。ここまで浸透しているんですね。すごい。

  • 回答No.5
noname#137863

おっしゃる通り正しい日本語とは言えません。 なぜそんな言い方になったのか推理してみました。 日本語の会話ではしばしば格助詞が省略されます。昔の文語でも省略が多いです。 「魚が売っている」は変な日本語ですが「おっ、魚売ってるよ」ですと間違いだとは言えません。 「おっ、魚売ってるよ」は「おっ、魚屋が魚を売っているよ」の文から、「魚屋が」という主語と「魚を」の「を」を省略したものでしょう。 あるいは「おっ、魚が売られているよ」という受身の文章のしかつめらしさを嫌って「おっ、魚売ってるよ」にしたのかも知れません。 いずれにしても、実際の会話では「おっ、魚屋が魚を売っているよ」や受身の言い方は文法上は正しくても、その場に適した言い方ではありません。 「おっ、魚売ってるよ」の方がいいですね。「魚」と「売る」がわかればいいのです。余計な主語や目的語の格助詞、受身態などややこしいものがない方がわかり易いのです。 ところがテレビのアナウンサーは「魚が売っている」と言いました。 「あっ、魚売っています」ならばいいのに、わざわざ「が」を入れました。 入社時の研修で「てにおは」など助詞の使用について、厳しくしつけられたのが響いていて、助詞の省略用法が乱暴な言い方だと思ったのか、どうかわかりませんが、「が」を入れちゃったんですね。 文法上の主語とかは別にして、言いたいことは「魚」と「売っている」なのです。 それでつい「魚が」と格助詞をつけて主語にしちゃったのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり、おかしいですよね。 話言葉と、文書は違うようですね。 話し言葉の勢いで、こうなっちゃうみたいですね。 そのうち、定着しちゃうんだろうな。でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。ここまで浸透しているんですね。すごい。

  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

No.2の回答者ですが、念のために申し上げておきますが、 「魚が売っている。」は、文法破りで、誤った日本語です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2回の回答ありがとうございます。 やはり、おかしい日本語ということで、安心しました。 でも、既に、変化してしまっているようですね。 yahoo!翻訳に「魚が売っている。」と入れてみたら、笑えました。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率47% (14674/31182)

>>しかし、テレビでも使われているので「魚が売っている。」は、正しい日本語なのでしょうか? 僕は間違いだと思います。     ×「魚が売っている」は、○「魚が売ってある」の前半分と○「魚を売っている」の後半分をくっつけてできた、混交文だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やっぱり、おかしいですよね。 他の方の回答を見ていて思ったのですが、話言葉と、文書は違うようですね。 話し言葉の勢いで、こうなっちゃうみたいですね。 そのうち、定着しちゃうんだろうな。でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。ここまで浸透しているんですね。すごい。

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 活気のある店頭の様子を即座に描写するとき、 「売られている」 というリズムにかけた言い方では、聞き手がげんなりします。 「魚が」「パソコンが」と言ったところで、「魚を」「パソコンを」と言い直すのも、いまいち。 で、結局そのまま突っ走り、 「魚が売っています」「パソコンが売っています」 となっちゃうわけです。 話し言葉では時折、文法破りの文が登場するものです。 もちろん、原稿が「魚が売っている」、「パソコンが売っている」になっていたとしたら問題ですが、話すときの勢いということで、まあ許容範囲だと私は思います。 「売っている」だけじゃないですよ。 テレビのニュースなどで、街頭インタビューはもちろん、解説者、コメンテーターの話の声がテロップとともに流れるとき、話の文法誤りをテロップで訂正している例は、1日に1回は見かけます。 評論家や学者どうしの討論でも、文法破りの話し方を聞くことが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 話言葉と、文書は違うようですね。 話し言葉の勢いで、こうなっちゃうみたいですね。 そのうち、定着しちゃうんだろうな。でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。ここまで浸透しているんですね。すごい。

  • 回答No.1
noname#142536

そんな言葉使われてますかね?、、、、、と思って数回その言葉を口に出してみたらあまり違和感がなく、というか実は私も日常的に使っていそうだと実感しました。マズイですね、、、。まぁ、日本語としては正しくなさそうですが、意味はわかりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり、使ってますか・・・ 他の方の回答を見ていて思ったのですが、話言葉と、文書は違うようですね。 話し言葉の勢いで、こうなっちゃうみたいですね。 そのうち、定着しちゃうんだろうな。でも、外国人に日本語教える時に困るでしょうね。The fish sell something.??? Yahoo翻訳で試しに、「魚が売っている。」と入れてみました。 結果、”A fish is sold.”と日本語の意味?(間違った意味)と英語が一致しました。ここまで浸透しているんですね。すごい。

関連するQ&A

  • 魚の珍味

    魚貝類で変わった部位や珍味を食べたいのですが、、、探してもなかなか見つかりません TVの旅番組などでたまに見かけるのですがご存知でしたら教えて下さい

  • グルメ番組や旅番組が多いけど、、

    テレビですが、グルメ番組や旅番組が多いですが、まるで面白くありません。 もちろんチャンネルを変えるか、テレビを消します。 ただ、ふとしたタイミングで、休憩したいときなどに、テレビでちょうど良い番組がやっていれば助かるのに、と思います。 旅番組も結局、食べ物がどう美味いとかの話が多いので、グルメ番組と同じように、面白くありません。 どこの店で、どんなメニューがあり、それがどの程度美味いか、 そんなことにちっとも興味がわかないのですが、、私は変でしょうか? どんな番組を作るのかの、すべての基準は、視聴率なのでしょうが、 これらは、数字を取るのでしょうか? キャストやロケチームが、行きたいだけなのでしょうか? それとも、私が思っている以上に、多くの人は、そのような番組を面白く観ているのでしょうか?

  • ~をプレゼント差し上げます!?

    先日、地元のラジオ局のアナウンサーが、「~をプレゼント差し上げます!」と言ったのを耳にしました。変な使い方だなぁ、と思ったので、その番組のホームページで質問した所、「関東ではこのような言い方をするんですよ。プレゼントには動詞の用法もあるって知らなかったのかな?」という返事がきました。「プレゼント」に動詞の用法があることはわかりますが、これはその「丁寧版」ということなのでしょうか?それなら「~をプレゼント致します」で良いような気がします。このような言い方が、関東では一般的なのでしょうか?もし、お暇な方がいらっしゃったら、お教え願えると幸いです。

  • 田原俊彦や近藤真彦の収入源

    最近、テレビで全く姿を見ないこのおふたりですが、生活費はどうしているのでしょう? 演歌歌手の皆さんのように、地方で営業しているという話も聞かないし、作詞作曲しているわけでもないし、先輩のおりも政夫さんのように旅番組のレポーターをしているわけでもない。 マッチはラジオのレギュラーがあるようであうが、それだけで家族を養える収入があるとも思えない。 トシちゃんなんて、結構いい家に住んでいるはずだし、子供ももう大きいでしょうに、教育費とかどうしているんだろう・・・。 余計なおせっかいですが、何か知ってたら教えてください。

  • ワイドショーについて

    ワイドショーについてです。 色々なコーナーにおいて、それぞれレポーターやアナウンサーが自分の担当のコーナーを発表し、それが終わると 司会者が「ありがとうございました」と言っているのをよく見かけます。そんなお礼は放送中にやらないで、裏でやってくれと私は思うのですが変でしょうか?特に、番組中にアナウンサーがニュースを読むと司会者やコメンテーター全員が「ありがとうございました」と深々とおじぎをしている場面は非常に違和感があります。こちらまで「ニュース読んで貰っちゃってすいません…」みたいな卑屈な気分になります。アナウンサーがニュースを読むのは当たり前のことですのでお礼を言うのは変だと思います。友人などにこの話をすると「???」となるのが不思議でなりません。ご意見ください。

  • 「ら」抜き言葉

    最近(といっても結構たつけど)ら抜き言葉が目立ってきてますよね。そこらへんにいる高校生などがよく使っていますよね。またはテレビに出るタレントやお笑い芸人も良く使っています。まだここまでは許せる。 しか~し!最近ではニュースのアナウンサーや、番組のナレーターまで使っているではないか!私はこれは許せないことだと思う。アナウンサーなど(アナウンサーたる者)が「ら」抜き言葉を使っていいんですか?別の言い方をすると、アナウンサーまでもが使っているのだから、ら抜き言葉はどんどん広まってしまうではないですか。もうら抜き言葉は文法的に認められてしまったんですか? 皆さんはこの事態をどうに考えますか?意見を聞かせてください。

  • 「・・・・・だそう。」で切るのは正しい表現ですか?

    最近テレビなどでのナレーションで、「・・・・・だそう。」という表現をよく耳にするのが気になっています。 本来は「・・・・・だそうです。」とすべきではないかと思っていたのですが、「です。」を取ってしまうと正しい日本語に聞こえないのですが、どうなのでしょうか?

  • なぜお笑い芸人ばかりになってしまったのか?

    30代前半男性です。 最近のお笑い芸人が嫌いです。司会もコメンテーターもふざけてて見る気がしません。 お笑い芸人がいるとチャンネルを変えるので最近見る番組はニュースやスポーツ中継、旅番組位です。 本当に楽しみという番組がありません。 昔は「100人に聞きました」「クイズ面白ゼミナール」「アメリカ横断ウルトラクイズ」などのクイズ番組 「ドラゴンボール」「世界名作劇場」などのアニメ 「ベストテン」「夜のヒットスタジオ」などの音楽番組など お笑い芸人がいなくても家族で一緒に見て、毎週楽しみにしていた番組がいっぱいありました。 今テレビをつけるとお笑い芸人が絡んでいる番組が大半を占めています。 なぜこんなに変わってしまったんだろうと思う毎日です。

  • 述語としての「形容詞+です」は正しい日本語か?

    長年に渡る疑問です。 昔(40年位前),学生の頃,ある先生が,  「彼女は美しいです。」は日本語として間違っている。  この間違いは英語教育の影響である。 と仰っておりました。つまり,  She is a student.  を日本語に訳すと「彼女は学生です。」に引きずられて  She is beautiful.  を「彼女は美しいです。」と訳すのが原因だ,というのです。 英語は必ず動詞が述語になるので,上記の文では主語Sheのあとに動詞isが続き, この場合のis(be動詞)は不完全自動詞なので,形容詞beautifulが補語で続きます。 日本語では,形容詞や形容動詞が述語になれるので,本来は,  彼女は美しい。  で完全な文になります。「です」は不要なのです。 ですから,当時の先生が仰っていた通り,「彼女は美しいです。」は日本語としては 正しくないと思われます。 しかし,数年前,大学で日本語を教えている先生に尋ねる機会があり, このことを尋ねたところ,「彼女は美しいです。」は標準の日本語である,と仰いました。 そのときは時間がなく,詳しく説明していただけなかったのですが,「標準」ならば, 本来は「非標準」であったが,使用が多いために,いつからか認められるようになり, 現在では「標準」の日本語,と考えられるようになったのか, それとも,元々「標準」言い換えると「正しい」日本語だったのか,どちらでしょうか? 同様の表現で,  「○○さんは,いますか?」「いいえ,いないです。」  や  「××は,ありますか?」「いいえ,ないです。」  などもよく耳にしますが, これらなどは,私は抵抗があります。でも,「標準」ですか? 「標準」なら,昔からですか?それとも,割と最近になってからですか? この例の場合,「いません」や「ありません」が「正しい」日本語に思えます。 「いない」や「ない」ではぶっきらぼうな印象を与えそうで, 「です」をつけて丁寧な表現にしようとした,のだろうと想像しますが, やはり「正しい」とは思えません。 逆に,「いた」「あった」場合,「はい,います」「はい,あります」といいますが, 「はい,いるです」や「はい,あるです」とはいいませんよね。 「いないです」「ないです」が「標準」あるいは「正しい」日本語なら。 「いるです」「あるです」も「標準」あるいは「正しい」日本語でなければ おかしいと思うのですが…。 日本語を研究している方の目に留まったら,お答えいただけると幸いです。 まじめな疑問なので,まじめな回答をよろしくお願いいたします。

  • 「お食べください」という日本語。

    テレビでタレントやレポーターが「お食べください。」と言っているのを、よく耳にします。 時には、アナウンサーも言っています。 「食べる」に「お」を付けることで、丁寧な言葉としているようですが、違うと思います。 先日もレポーターが「頂いて下さい。」とグルメ番組でタレントさんに食事を勧めていましたが、これも違うと思うのです。 実際は「おあがりください。」が正しいのではと思うのですが。 それで質問です。 「お食べください」× 「おあがりください」○ 「頂いてください」× 「おあがりください」○ これで間違いないでしょうか? さらに質問ですが自分の家族に対して、 親・義両親 「お食べください」×「頂いてください」× 「おあがりください」○ 「食べないのですか?」× 「おあがりにならないのですか?」○ 「食べなかったんですね。」× 「おあがりにならなかったんですね。」○ だと思いますが間違いないでしょうか? だとすると、この言葉遣いで考えると、夫に対してはどのようになりますか? 自分の子供には、どう言うのですか? 教えて下さい。お願いします。