• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラックホールって何?

宇宙の事なんですがブラックホールって次元が変わるのですか?いったい正体は・・・

noname#153553

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数275
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • eld3399
  • ベストアンサー率4% (16/345)

超巨大リサイクル装置と考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホール

    宇宙にはブラックホールというものがありますよね。 そこで僕が質問したいのは、ブラックホールの中はどのようになっているのか、ブラックホールには終わりはあるのかです。

  • ブラックホールと次元

    ブラックホールのなかには6個の次元が折り畳まれてるそうですが どのような事ですか ? 素粒子の世界でも3個の次元があると ? 言われてたように記憶してますが 合わせると13個次元があるということですか ?

  • ブラックホールは、時間が止まっているそうですが、

    ブラックホールは、時間が止まっているそうですが、 ブラックホールが出来上がると同時に、時間が止まるのですか? だんだんとゆっくりになって、最後に止まるのだと思いますが、 時間が止まる、あるいは限りなく遅くなるとすれば、「ブラックホールができる」といった言い方は、「できつつある」としたほうが、矛盾がないかと感じます。 なぜなら、できる直前くらいの段階で、ほとんど時間が止まっている(それこそ天文学レベルに遅く流れる)状態とは、これ以上ないくらいの遅さであるので、その一歩先が「ブラックホールの完成」だとしても、そこにいくことができない、いえ、まだその途中の段階ではないでしょうか? つまり、止まるに1番近い「遅さ」とは、「宇宙が生まれてから現在までの時間」よりももっと遅く進んでいないと、「遅さ」がまだまだ足りないのでは? ああ、それとも時間なんて止まっていないのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

>ブラックホールって次元が変わるのですか? あまり難しく考えない事です。 藁は草の下に高木ぶーで解ける程度です。 シュヴァルツシルトの解、 r=2GM/C^2は、 脱出速度V^2=2GM/r →rV^2=2GM →r=2GM/v^2(V=C)で求める事が出来ます。 r=0と2つの解を持ちますが、 0ですと計算出来ません。 C以上の重力加速度は考えられません。 質量2GMは十分それ以上になりますが、V^2はC以上に増える事がありませんから、 特異点となります。 思いの他単純なのです。 一番大切なのは虚数解では無いと言う事です。 きっぱり、Cを超えれば次元を超えるでしょうが疑問です。 重力解も無限大となり計算出来ないのであり、 宇宙全体の質量エネルギー+エネルギー:ブラックホールの質量エネルギー で考えるとこれで次元を超えられるのか? は大いに疑問視されます。 時間軸はほぼ停止に近いですが、逆行していません。 反粒子は時間軸を逆行していると提唱する毛権威ある学者様もいらっしゃいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 ブラックホールとは何かと言う事を説明します。  物体を上に向けて放り投げると、重力の働きで、高度が高くなるに従って、上昇速度が遅くなっていき、やがては速度が0になり、その後地面に落ちてきます。  重力はその源(この場合は地球)から離れる程弱くなるため、放り投げられた物体の上昇速度は、地面の近くに物体がある間は早く減速し、上昇した高度が高くなるほど、同じ時間内に減速する度合いは小さくなります。  そのため、物体を放り投げる速度を速くしていくと、上昇する高度が高くなるほど重力が弱くなり、減速する度合いもどんどん小さくなっていき、ついには高度無限大まで上昇しても、上昇速度が0にならなくなります。  高度無限大まで上昇しても、上昇速度が0にならないと言う事は、つまりは永遠に落ちて来ないと言う事です。  この永遠に落ちて来ない様になるために必要な最低速度の事を「脱出速度」と言い、その値は地球の場合では1秒間に約11.2km進む速さになります。  重力はその源から離れる程弱くなるため、脱出速度もまた重の源から離れる程、遅くてもよい事になります。  又、永遠に落ちて来ない様になる事を指して、「重力を振り切る」という表現が使われる事もあります。  逆に言うと、その高度における脱出速度未満の速度しか持たない物体は、重力を振り切る事が出来ず、重力源から離れる事が出来なくなります。  重力はその源の質量(重さの事)が重いほど強くなります。  又、重力源の質量が同じでも、重力源に近いほど、重力は強くなります。  従って、重さの割に半径が小さい星ほど、その表面における重力は強くなります。  重力が極端に強ために、脱出速度が光の速度より大きくなる場合、その天体からは光が出て来なくなります。  アインシュタインの相対性理論によると、物体は光より速く動く事は出来ませんし、情報が光より早く伝達されることもありません。  つまり、その様な天体に「脱出速度が光の速度に等しくなる距離」より近づくと、光を含む何物であっても、2度と戻っては来れなくなります。  光さえ戻って来ないのですから、その天体を照明で照らしたり、レーダー電波を当てても、何も見えませんし、その他のいかなる手段を使っても、「脱出速度が光の速度に等しくなる距離」より内側の様子を知る事は出来ません。  光が出て来なくなり事により、真っ黒に見えるであろう事から、この様な脱出速度が光の速度に達した天体を、「ブラックホール」と呼びます。  又、回転していないブラックホールの場合における「脱出速度が光の速度に等しくなる距離」の事を、シュヴァルツシルト半径と呼びます。  どの様にして宇宙にブラックホールが誕生するのかと言いますと、恒星(太陽の様に、輝いている星の事)は質量が大きいため、自分の重力によって自らを圧縮しようとする力が働いています。  一方、内部で起きている核融合反応のエネルギーで、膨張しようとする力も働いています。  この2つの力がバランスしているため、恒星はその大きさを保っているのです。  恒星の内部で核融合反応が進むと、反応前の元素と比べて重い元素が作られますが、出来た重い元素は重力により恒星の中心に集まり、核(コア)を形成します。  恒星のは無限に大きい訳ではありませんから、更に核融合反応が進み続けると、核融合反応に使える燃料もいつかは枯渇して、恒星の一生にも終わりが来ます。  その場合の終わり方は、恒星の質量によって、いくつかのパターンに分かれます。  質量が太陽の8倍未満の恒星の場合、核が重くなるにつれて、核よりも外側にある層が膨張し始め、恒星の中心からより離れた(重力の弱い)所まで膨張した外層のガスは、恒星の重力を振り切って、宇宙空間に流れ出します。  そのため恒星は外層を失って核だけとなり、燃料となる外層のガスを失って、エネルギー源がないため、重力によって収縮します。  あるレベルまで収縮すると、エネルギーが無くとも、電子の縮退圧という一種の圧力が働き、それ以上収縮しなくなります。  縮退圧というのは量子力学的な概念で、電子のような物質を構成している素粒子は、複数の粒子が同じ状態にいることは出来ない事により、多数の電子を1点に圧縮しようとすると反発力が発生する現象です。  不正確な表現を承知で大雑把に言うと、原子核と原子の間は真空で何も無いスカスカの空間ですが、圧力を加えて原子を押し潰すと言う事は、電子を限られた空間に詰め込むと言う事です。  あるところまで詰め込むと、電子が存在可能な場所が電子で満杯となり、それ以上電子を詰め込む余地が無くなり、星を構成している物質は、それ以上圧力が上昇しても収縮しなくなります。  こうして出来た高密度(1cm角の立方体の重さが数百kg)の物質の事を縮退物質と言い、縮退物質で出来た星の事を「白色矮星」と言います。  白色矮星は、星の最後の姿の一種で、直径は地球と同じくらいですが、重さは太陽と同じくらいもあります。  質量が太陽の8倍以上の恒星の場合、電子の縮退圧でも圧力を支え切れなくなり、恒星の核は重力に負けて一気に収縮する、重力崩壊と言う現象を起こします。  電子の縮退物質が更に収縮すると、電子は原子核中の陽子に吸収されて中性子となり、恒星の核は元々原子核中に存在した中性子と合わせて、殆ど中性子だけで出来た物質となり、今度は中性子の縮退圧で、それ以上の収縮を止める様になります。  重力崩壊で一気に収縮した中心部には、恒星の外層の物質が落ちて来ますが、中性子の縮退圧で撥ね返されて、強力な衝撃波を生じます。  この衝撃波により、恒星の外層は吹き飛ばされ、後には1cm角の立方体の重さが10億t程度もある、中性子の縮退物質で出来た核が残ります。  この現象を「II型超新星爆発」と言い、残った中性子の縮退物質で出来た星を「中性子星」と言います。  中性子星の直径は10km程で、質量の下限値は太陽の1.44倍以上で、上限値ははっきりとは判っていないものの、太陽の約3倍前後と言われています。  更に重い恒星(はっきりとは判っていませんが、質量が太陽の30倍前後以上)の場合、中性子の縮退圧でも圧力を支え切れず、恒星はどこまでも重力崩壊を続けます。  星の半径が小さくなり続ければ、その表面における重力も強くなって行き、ついには「ブラックホール」となります。  恒星がブラックホールになる時には、爆発が起きて外層の物質の一部を吹き飛ばす場合もありますし、爆発しない場合もあります。  一部の漫画等では、ブラックホールが出来るといきなり周りの星や宇宙船を吸込み始めたりする場合がありますが、ブラックホールになったからと言って質量が増えたりはしませんので、恒星の半径よりも離れた場所では重力が急に強くなったりはしません。  巨大ブラックホールは、より小型のブラックホール同士が、衝突・合体を繰り返した事で大型化したブラックホールが、周囲の物質を吸い込む事で、更に巨大化したものと考えられています。  計算に拠りますと、シュヴァルツシルト半径はブラックホールの質量に比例して大きくなりますから、ブラックホールは大きなものになる程、その体積あたりの質量(密度)は小さくなります。  そのため、銀河系の中心にある、太陽の質量の370万倍もの質量を持つ巨大ブラックホールの場合には、平均密度は1cm角の立方体の重さが1.33kg程度という、白色矮星よりもずっと軽いものとなります。  この事から判るように、ブラックホールの元となった物体の質量によっては、理論的には、原子レベルで潰れる前に、ブラックホールとなる事はあり得ます。  尤も、ブラックホールとなった後でも、外側からは見えないブラックホールの内側で、重力崩壊は継続しますから、ブラックホールに飲み込まれた物質は、最終的には無限に小さなサイズにまで押し潰されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

No.1さんがおっしゃるように星のひとつには違いありません。 どうして、できるかというと太陽系の太陽がありますね。その太陽より数百倍の太陽があったとします。その太陽は核融合で光と熱そのたもろもろを放出しています。 あるとき、核融合によってできた重い原子が重力によって中心部に集まってきます。それでもまだ核融合は続いています。さらに重い原子のため重力が大きくなってさらに重水素→ヘリュムの核融合反応が重い原子でも起きるようになります。さらに各癒合と重力傾斜が強くなると、太陽の中心部(重力の中心点)に向かって落ち込んでしまいます。つまり高層ビルをとんでもなく高くし続けると重みで潰れてしまいますね。これが宇宙空間で原子レベルで起きてしまいます。 こうなったら、光でさえ抜け出ることの出来ない高重力の星の誕生です。これがブラックホールです。ブラックホールの中心部ではシュワルツシルドの特異点といものがあると言われており、この点から別の時空間につながっているのではないかと推察されています。ですからSFなどでワープ関連になるとブラックホールが出てくるのです。 またアインシュタインには抵触しますが、ブラックホールに落ち込んだ物質は光速か光速以上に加速されるともいわれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#154769

簡単に言うなら、お星さまの一つです。 星は全て重力と圧力を持ってますよね。地球も月も太陽も。 だからこうして形を保っていられます。 しかし中には、凄く強力な重力を持つお星さまもあります。 重力と圧力のバランスが保っているから、形を保つことが出来ます。 ですから強力すぎる重力を持つと、 重力崩壊を起こしてしまい、お星さまは形を保つことが出来ずに どんどんどんどん縮んで行ってしまいます。 そして最終的に、ただ一点の膨大な重力を持つお星さまになります。 それがブラックホールです。 ホール、といっても「穴」ではないんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホール

    宇宙でブラックホールに吸い込まれたらどうなる?

  • ブラックホールの形は

    ブラックホールの写真が初めて公開されましたが、宇宙が3次元ならブラックホールは球体ですか? 写真で見るだけなら紙に映し出された2D ですが、宇宙空間が3次元である以上ブラックホールにも奥行きがあるはずですよね。そう考えるとブラックホールは球体の形だとしか考えられないのですが。如何ですか??

  • ブラックホールって本当にあるの?。

     あるといわれているブラックホールですが、本当にあるんでしょうか?。  実際に望遠鏡で捕らえたんでしょうか?。  そもそも、なぜあらゆる物を吸い込むんでしょうか?。    はあー・・・、想像するだけで宇宙の摩訶不思議さに身震いが・・・・

  • ブラックホール 電磁波

    1.ブラックホールから電磁波は、抜け出すことができるのでしょうか? ・光は重力で抜け出せないと聞きました。 ・電磁波は抜け出せるのか。 ・ http://okwave.jp/qa/q3515311.htmlでは、抜け出せると。 2.1の回答がYESであれば、ブラックホールにカメラを放り込み、その撮影データを電磁波で飛ばし受診すれば、宇宙の終わりが見えるのでしょうか? ・ブラックホールの表面のように、重力が究極に強い場所では、そこでは一瞬の間でも、他の宇宙では永遠に近い時間が流れる http://www.kids.isas.jaxa.jp/faq/star/st02/000173.html ・宇宙は終わるのに、宇宙の一部であるブラックホールは終わらないのか?疑問にありますが。 よろしくお願いします。どちらか一方でも構いません。

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホール

    ブラックホールの向こうには、一体なにが存在しているのでしょうか??宇宙に終わりはあるのでしょうか?…バカっぽい質問ですみません;^_^A

  • ブラックホール

    よくブラックホールの事は耳にしますが、多分ホワイトホールもありますね、じゃぁ、それ以外に[.....]ホールと言われる物には何かあるんでしょうか? 「マンホールやシティホール、ビアホール、オゾンホールはあるよ」、は×です、つまり[宇宙に関するホール]です!!

  • ブラックホールの中はどうなってるの?

    小学生の子供に質問されて答えられませんでした。 小学2年の子供がわかるように説明していただけますでしょうか? 質量や密度とか言ってもわからなそうですが 宇宙に興味があるらしく、彼女は真剣な子です。 ブラックホールと言う穴があると思っているようです。 (私の上司のお嬢さんです。上司もブラックホールを 単なる黒い穴だと思ってます。) どうしたら高密度のブラックホールの「状態」をわかってもらえるでしょうか? 私には子供がいないので、小さい子供にうまく説明できません。 又は子供向けに説明しているサイトがあれば教えてください。

  • ブラックホールを研究する理由

    今、宇宙物理学でブラックホールの研究が話題となっていますが、ブラックホールを調べる事でどのような期待がされるのですか? なぜブラックホールを研究する必要があるんですか?

  • ブラックホールから「出てる」んですかね?

    2011年8月25日の朝日新聞14版によると、国際宇宙ステーションの「きぼう」と米国の衛星が観測した事実として、「X線の発生源が、ブラックホールがあるとされる銀河の中心だった(後略)」と報じられました。 これは本当ですか、嘘ですか? 愚拙はこの年になるまで、ブラックホールからは電磁波さえも出てくることができないと理解しておったのですが、天下の朝日新聞が「X線がブラックホールから出てくると」仰る。 ブラックホール(シュバルツシルト半径)からは何も「出られない」のでしょうか? ブラックホール(シュバルツシルト半径)からX線が「出られる」のでしょうか? 最近の宇宙物理学での解釈をご教示いただれば幸いです。