• ベストアンサー
  • 困ってます

ブラックホールは存在できるのでしょうか?

始めまして、 ネットや書籍(初心者でも解るレベル)にて、ブラックホールについて調べていますと良く以下のような説明が出てきます。 ブラックホールは体積0、質量無限大で無限に光さえ落ち続けるとありますが、無限に落ち続けるとは宇宙を2次元にたとえて、重いものほどその面が沈見込むイメージで、ブラックホールはその沈見込が無限に続いてるとイメージすればなんとなく解るのですが、体積0と言うのが良くわかりません。体積がゼロならそもそもこの宇宙に存在していない事になるような気がするのですが?。それでもブラックホールの回りに影響をあたえている以上やはりそこに存在しているのでしょうか?。 光は静止質量ゼロですが光が静止することは無いと思いますし周波数分のエネルギーがあるので質量もあるので重力に捕らえられるのもなんとなく解ります。 なぜ光(光子)は静止できないのですか?、素粒子は全て静止状態は取れないのでしょうか?それとも光子だけ特別なのでしょうか? 説明が下手で申し訳御座いませんが、よろしくお願いいたします。

  • FIX
  • お礼率37% (59/158)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数302
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

>2、裸の特異点と言う考え方があるのですね、とても参考になりました。これは特異点の大きさがシュバルツシルト半径と同じ状態と考えて宜しいのでしょうか? 違います。 事象の地平線に覆われていない為に外部から観測できる状態になっている特異点のことを裸の特異点と呼びます。 回転しているブラックホールでは特異点がリング状になりますが回転が強くなると地平線の外側に現れます。 現実の世界ではそれほど強い回転をするブラックホールは作ることが出来ないという立場もあります。 それが正しければ特異点を気にする必要はなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にご回答していただき誠に有難う御座います。 裸の特異点はご指摘のように自分の考えていた概念とは違うもののようです。もう少し勉強して見ます。 ご丁寧に回答頂き有難う御座いました。

関連するQ&A

  • ブラックホール

    ブラックホールの質量が大きくなると、脱出速度が光速以上必要になり、光でも抜け出せないとあります。 光(光子)は、質量ゼロですが、ブラックホールからの引力を受けるのでしょうか? ブラックホールが作る「場」の曲率無限大のため脱出できないのでしょうか? 御教示ください。

  • 光子に質量がないのなら

    光子に質量がないのなら、 ブラックホールに重力相互作用で吸収されるのは説明がつかないのではないですか? 今の理論では、 科学者たちはどうやって 「光がブラックホールから出てこない理由」を説明しているか教えて下さい。 又、ブラックホールから光が出て来れない時、 それは「光子」でしょうか「光量子」でしょうか? 又、 ブラックホール以外の、 重力が強い空間から光が飛び出してくる時、 それは「光子」とみなしていますか? 光量子でしょうか? 或いは区別が今の科学ではできませんか? 教えて下さい。 とにかく、 「ブラックホールは重力相互作用であるのに」 質量がない光子が出てこれない理由を、 今の科学が何と説明するか、お願いします。 この事を説明できれば、 「重力」と「電磁気力」の統一い向けて大きな成果だと思います。 なぜなら、 「ブラックホール」即ち重力と、 「光子」即ち電磁気力が、反応を起こしている様が観察できるからです。 ブラックホールが電荷を持っているのか、 光子が質量を持っているのか、どちらですか? 又、 光子はコヒーレントを起こして∞個の光子が重なり合って、 「特異点」になる事が可能な存在ですが、 「何故」光子がボース粒子として振る舞い、 「無限大の密度まで」重なり合えるのか、今の科学で説明できますか? 学会の解釈を教えて下さい。 最後に、 コヒーレント状態の高エネルギーレーザー2本~複数本を、 「重なり合わない程度の超至近距離」に近づけた場合、 どうなるか実験結果があったら教えて下さい。 もし接近するなら、それは「光が重力効果の源となる力を持っている事」の証明となります。 粒子が生成されれば、それだけでもう宇宙のビックバン以前の姿が明らかになったことになります。 よろしくお願いします。 P.S もし私が面白い事を言っていると思うのでしたら、 それを「盗む」という恥ずかしい行為で果すのではなく、 しっかりと私と共同研究をしたい、などの提言を行って下さい。 私は既に、宇宙の進化に関する考えを得ています。 「光は質量がないとされているのに、何故ブラックホールに吸い込まれるか」よろしくお願いします。 又、2つ以上のレーザー光が、 「何らかの引力」によって接近するというデータがあるか、ないか、 大急ぎで実験してみて下さい。 もし「接近する」というデータが出たなら、 光の量子的効果によって重力が発生するということの証拠になります。 よろしくお願いします。 今回は盗作は許しません。 以上です。

  • 存在論考えてみました。どうでしょうか?

    こんばんは。 万物の根源(アルケー)は 素粒子である。 ヒッグス機構では、宇宙の初期の状態においてはすべての素粒子は自由に動きまわることができ、質量を持たなかったが、低温状態となるにつれ、ヒッグス場に自発的対称性の破れが生じ、宇宙全体に真空期待値が生じた(真空に相転移が起きた)と考える。これによって、他のほとんどの素粒子がそれに当たって抵抗を受けることになった。これが素粒子の動きにくさ、すなわち質量となる。質量の大きさとは、真空期待値が生じたヒッグス場と物質との相互作用の強さであり、ヒッグス場というプールの中に物質が沈んでいるから質量を獲得できると見なすのである。光子はヒッグス場からの抵抗を受けないため相転移後の宇宙でも自由に動きまわることができ質量がゼロであると考える。(ウィキペディアより) 存在論:物質は質量を持つことにより存在する。 人間は五感と光子(粒子であり波である)によりその物質を認識し 脳に於いて再構築することにより物質の存在を確信するのである。人間が「我思うに我あり」と考える時 自己と認識した物質の因果関係を意識として確認して 人間もまた一つの個体として存在する。2012/09/13 Tefu_Tefu やっぱ 先に言ったもん勝ちでしょうか?^^ヒッグス粒子実証の記念として考えてみました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

ネットや通俗的な科学書で調べても、それ以上議論は進展しません。生半可な知識でブラックホールについて議論しても無意味だと思います。専門書の熟読をお薦めします。 ブラックホールについてだけ考えるならば、M理論等の量子重力論まで持ち出す必要はありません。ブラックホールは幾何学的には、事象の地平線であるSchwarzshild半径の球ですから、有限の体積を有します。Schwarzshild半径の外部にいる観測者にとっては内部まで知ることはできないのですから、それで十分です。体積ゼロまで考える必要はありません。 しかし、Schwarzshild半径は見かけの特異点です。Kruskal座標によって座標変換すれば内部解と外部解を接続することができます。そうすると、特異点はr=0の1点のみとなります。この特異点の性質を論ずることは今の物理学にはできません。M理論等の空想の理論はありますが、ブラックホールの解明までは程遠いという感が否めません。 >なぜ光(光子)は静止できないのですか?素粒子は全て静止状態は取れないのでしょうか? ことばの自己矛盾かも知れませんが、光子の静止質量はゼロだからです。光子に限らず、静止質量ゼロの素粒子は静止することができません。(量子論の不確定性原理はこの場合考慮していません。)静止質量がゼロの粒子が静止できず、なぜ、光速度で走ってしまうのかについては、厳密ではないですが、E^2-(cP)^2=(mc)^2で考えればイメージすることができます。ニュートリノも静止質量がゼロなら光速度になります。(ニュートリノが静止質量を有することを疑問視する人も多数いますから、ノーベル賞をもらえるかどうかは難しいですね。)ただ、はっきり言えることは重力子(存在するかどうかは別問題ですが)の静止質量はゼロでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ojisan7様、ご回答有難う御座います。 >ネットや通俗的な科学書で調べても、それ以上議論は進展しません。生半可な知識でブラックホールについて議論しても無意味だと思います。専門書の熟読をお薦めします。 私も皆さんのご意見を拝見させて頂きそのように思ったしだいです。 ただ自分なりに大まかなイメージが出来ないものかと思いご質問させて頂きました。しかし3次元までしか理解できない人間にはそれ以上の次元などほ扱うには数学が必要だとも思い知らされました。数学なら11次元でも数位が次元数11になるだけなので理解できるのだと思います。 >特異点はr=0の1点のみとなります。この特異点の性質を論ずることは今の物理学にはできません。M理論等の空想の理論はありますが、ブラックホールの解明までは程遠いという感が否めません。 r=0とはやはり半径がゼロ、計算上は体積ゼロになるのですか? 静止質量ゼロのものが静止できない件についてのアドバイス有難う御座います。今の私の知識ではE^2-(cP)^2=(mc)^2が理解できないのでまずこの公式を理解したいと思います。 重力子、グラビトンの事で宜しいかと思いますが存在は確認されていないとのことですが、私が知る限りの内容では重力子も高速度で伝わるとの解釈で降りましたが何故静止質量がゼロと予想されているのでしょうか?。 重力子が確認できないのは何故なのでしょうか?、力が物凄く弱いからなのでしょうか?、例えば地球の表面にネジが一個あり、これは地球全体とネジが引き合っている状態だと思います。しかし簡単に磁石で吊り上げられると言うことは重力より電磁気力の方が遥かに強い力だと言う事になりますね。 よろしくお願いいたします。

  • 回答No.4
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

>その上で特異点だから体積ゼロ、質量無限大と扱っても良いものなのでしょうか? 一般相対性理論が正しいとすると特異点の発生は避けられません。 特異点があっても事象の地平線の中ならば観測できないのであってもかまわないという立場もあったのですが 場合によっては地平線で覆われていない「裸の特異点」が存在できることからこの立場は弱くなっています。 大部分の学者はきわめて小さい領域(プランクスケール)では一般相対性理論が正しくないものと考えています。 一般相対性理論は量子理論ではないので重力理論の量子化が必要と考えられています。 その候補としては「超弦理論」「ツイスター理論」などがあります。 下記の文献は参考になるでしょう。 http://www.h7.dion.ne.jp/~natsuume/japanese.html 「ブラックホールの謎に迫りつつある超弦理論」 「超弦理論はブラックホールの謎を解けるか?」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答有難う御座います。 tadys様の回答を読ませて頂きましてさらに疑問が出てきました。 1、大部分の学者はきわめて小さい領域(プランクスケール)では一般相対性理論が正しくないものと考えています。 この内容なのですが、例えばプランク長サイズの空間などを扱う際は一般相対性理論が適用出来ないと言う解釈で正しいでしょうか? そう致しますとマクロな世界とミクロな世界では理論が違うという事になると思うのですが、一般相対性理論はあくまで近似値でしかなく本来の正確な計算式は量子力学の方が正しいという事なのでしょうか?。 私なりにではありますがマクロな世界とミクロな世界で計算式が違ってくるのがどうしても理解できないのです。物理法則が同じでありながら違うとはやはり一般相対性理論が近似値でしかないとしか思えません。 2、裸の特異点と言う考え方があるのですね、とても参考になりました。これは特異点の大きさがシュバルツシルト半径と同じ状態と考えて宜しいのでしょうか? アドバイス頂けましたら宜しくお願いします。

  • 回答No.3
  • Scull
  • ベストアンサー率26% (248/951)

1.ブラックホールの体積は0ではありません。物理的には、脱出速度が光速以上になる「シュヴァルツシルト半径」で定義され、太陽程度の質量のブラックホールならおよそ「3km」。 ※ただし、太陽程度の質量のブラックホールは通常生まれないと考えられ、一般的に天然ブラックホールであれば太陽質量の3倍程度になり、その直径は18km前後になると計算されています。 2.前述の通り、ブラックホールの質量は「有限」で、最大の物でも太陽質量の500億倍と見積もられています(既に発見されている物では太陽質量の180億倍程度)。 おそらく、その説明を書かれた方は「ブラックホールを理解されておられない」のではないでしょうか。この宇宙に「無限の質量」なんて存在しませんのに(もしもそんな物があったら、そのシュヴァルツシルト半径は「無限」となり、宇宙全てがそのブラックホールの中になってしまいます。質量とシュヴァルツシルト半径には比例関係がありますので)・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答有難う御座います。 私が参考にした書籍などが素人向けの本なのでかなり簡略化しているのかも知れないのですが、かえってそれが意味不明になってる気がします。と言って難しい数式が出てきても解らないのも事実なのですが。 シュヴァルツシルト半径は確かに有限の大きさと書いてありました。しかしブラックホール本体?は、体積ゼロ、質量無限大となっています。私の解釈では体積ゼロなので計算上は質量無限大になるのかとも思い、無理やりイメージしますと体積ゼロの空間に質量があるのだから質量無限大と言う感じかとも思いましたが、やはり意味が解りませんでした。 シュヴァルツシルト半径内は私たちの知っている物理法則が適用できないとも書かれていたので、今の物理学では解らない、逆に言えば何でも有りの世界的に扱っているのかとも思いました。 宇宙は端の無い有限空間と私なりには理解しているのですが、そうであれば質量無限大はScull様の回答に有るようにありえないと思いましす。 私の書き方が悪かったのもあるのですが、ブラックホール内の特異点についてとした方が正しかったようです。 その上で特異点だから体積ゼロ、質量無限大と扱っても良いものなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 回答No.2

FIXさん、こんにちわ。 3次元でものをみようとしているから混乱するのですよ。 超ひも理論というものがあって、この世界は最大で11次元でできているらしいです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%BC%A6%E7%90%86%E8%AB%96 ある学者さんによれば暗黒物質の世界であり、霊魂の存在する世界とか いっているらしいです。霊魂なんて出てきた日にゃ、わたしにはチンプ ンカンプンです。全貌解明には後100年以上かかるんじゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

いろいろ疑問をもたれているようですが、これに答えるのに、 普通の言語を使うことがいろいろとさらに疑問を増やしている ような気がします。 たとえば「そこに存在している」と書いていますが、 そことはどういう意味だと考えておられるのでしょう? 「そこ」の意味が正確にわかれば、「そこの体積」という意味も 正確にわかって、、、と順番にわかっていくと最後には 全部わかるのではないかと思いますが、 それらを普通の直感的な意味にとるとよくわからなくなるのでは ないかと思います。それは普通の言葉で説明することの限界です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるの

    ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう? おとめ座銀河団M87銀河の中心にあるブラックホールの撮影に成功した。 ブラックホールは100年前の理論物理学者のアインシュタインが一般相対性理論で宇宙には何でも天体を吸い込む天体が存在すると予想した天体。 質量があるものの周りは空間が歪むというもの。今回撮影に成功したブラックホールは太陽の65億倍の質量がある。 通常は大きい質量がある天体はエネルギー放出量が多くて自分自身の天体を維持出来ずに自然消滅してしまう。一般的な天体は太陽の数百倍の質量までが限界とされている。 なので今回撮影出来た太陽の65億倍のブラックホールが維持出来ているのは今の天文学でも分かっていない。 ブラックホールは銀河の中心に生まれることが分かっていて、いま銀河は1000億個の存在が把握されていて、太陽の数百万倍から数百億倍のブラックホールの存在が分かっている。 ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう?

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホールの中はどうなってるの?

    小学生の子供に質問されて答えられませんでした。 小学2年の子供がわかるように説明していただけますでしょうか? 質量や密度とか言ってもわからなそうですが 宇宙に興味があるらしく、彼女は真剣な子です。 ブラックホールと言う穴があると思っているようです。 (私の上司のお嬢さんです。上司もブラックホールを 単なる黒い穴だと思ってます。) どうしたら高密度のブラックホールの「状態」をわかってもらえるでしょうか? 私には子供がいないので、小さい子供にうまく説明できません。 又は子供向けに説明しているサイトがあれば教えてください。

  • ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。

    ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。 今回撮影に成功したブラックホールはブラックホールに吸い込まれ掛けている光を撮影して作り出された黒い穴をブラックホールと言った。 アインシュタインの一般相対性理論は大きな質量が集中するとブラックホールが生まれると予測した。 重たい質量の恒星が寿命を尽きて爆発すると中心の核が押し潰されて収縮が抑えられなくなって、周りの光さえも引き込むブラックホールとなる。 ブラックホールに吸い込まれると時間が遅くなり、物体は引き伸ばされて最終的に素粒子レベルまで分解されて跡形も無くなってしまう。 一般相対性理論によると止まっているより動いているものの方が時間の進みが遅くなるので、ブラックホールの周りを周回して地球に戻ってくると過去に戻れる。地球にいるのは未来人。 タイムマシンは未来に行くより過去に行く方が先に実現出来る。 しかも過去に戻るとその過去の世界に留まり続けることが出来る。 UFOは未来より過去の方が行きやすい。 けどブラックホールホールの周囲を周回して過去に行ったとして過去に到達したUFOがその過去の時空に留まり続けられていないのが不思議。 多分、UFOはブラックホールを利用して過去に来てないと思う。

  • ビッグバンとブラックホール

    ずっと疑問に思っていたことです。 ビッグバンとは、無限小の大きさの空間に宇宙の全質量が詰まっている「特異点」が爆発し(=大きさがどんどん広がり)、今の宇宙ができたと理解しています。 一方、「特異点」があるブラックホールとは、密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)と理解しています。 ということは、ビッグバン自体が「密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)」なので、爆発的に広がれないと思うのですが。 何で、ビッグバンの特異点は爆発的に広がることができて、ブラックホールの特異点は広がれないのでしょうか?

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • ブラックホールの成長と蒸発について

    ブラックホールの事象の地平面を超えた物は決して脱出することはできません。 ブラックホールはホーキング放射により質量を失い(外部から何か吸い込み続けない限り)有限時間で蒸発すると言われています。 ですがこの性質においていくつか疑問点があります。 まだまだ仮設の多い段階の分野ですので「一般的にこう考えられる」「こういう仮説がある」などでかまいません。また複数の意見もOKです。 問題を単純化するため電荷と回転を持たないシュヴァルツシルト・ブラックホールとして考えます。 空間が重力によってゆがむと十分に離れた系からみると時間が遅くなるよう観測され、ブラックホールに落下する物質は接近に従い時間の流れが遅れ、事象の地平面に到達すると同時に永久に停止すると考えられます。 では離れた系からブラックホールに物質が吸い込まれ質量が増加する瞬間を観測することができるのでしょうか?また、これではブラックホールが質量増加によって成長することは可能なのでしょうか?(事象の地平面のごく近くに質量が接近した時点でさらに空間の歪みが強くなり成長する? 粒子の位置は確率に依存するため確率的に中に入ってしまう?) また、ホーキング放射によって十分にブラックホールが小さくなったとき、どのタイミングでブラックホールが消滅(事象の地平面が消滅)するのでしょうか? 素粒子に大きさはなく0次元の点、または振動する弦とする意見もあるのでブラックホールの最小サイズはどうなるのでしょうか。 素粒子の振動幅で消滅? プランク長未満になった時点で空間上の意味を失い消滅?しかしこの場合あまった質量はどこへ?(プランク長サイズのブラックホール=プランク質量 プランク質量はわりとでかい) そもそもこのサイズではミクロなスケールなのでブラックホールの位置や存在が確率に依存する? 中途半端な知識による質問で読みにくいですがご意見おまちしております。

  • クォークもミューもタウも電子より重いのに、どうしてニュートリノだけは軽いのですか?

    コレで、 電子より軽い粒子は、ゲージ粒子とニュートリノだけという事が分かりました。 コレは、標準理論でも予測されていましたか? 又、「ゲージ理論では全ての素粒子の質量はゼロとなっていたのに」何故、素粒子に質量が与えられたのでしょうか? 光子は何故ヒッグス粒子の影響を受けなかったのでしょうか。 ヒッグス粒子は、素粒子なのでしょうか?複合粒子なのでしょうか? 今の定義をお聞かせてください。 そして、究極の質問です。 「何故、トップクォークの質量は、ボトム・チャーム・ストレンジの3つを足して、ピッタリになる量なのでしょうか?」 私には、今のヒッグス粒子の考え方は、根本的に間違っている気がしている様な気がしてしまいます・・・>< ヒッグス粒子が質量を与えるプロセスも、しっかり説明できる方、いらっしゃいますか?物理学の教授等でもいいので、お答えできる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。 最後に、ヒッグス粒子は、 「他の素粒子と全く性質の違う粒子」であると考えられていると理解してよろしいのでしょうか? (私は、全ての素粒子は元は全く同じ素粒子(=超光子)で、単に光子が「光子の兄弟であるヒッグスと」反応し、色々な素粒子が出来ているだけだと考えています。・・・それはあたかも、「素粒子」が、「原子」や「地球」「恒星」「ブラックホール」「中性子☆」等を作る様に。) 色々教えてくださったら、 数学を学び終わった後2年以内に超大統一理論を解いてお返しします。 色々教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • ヒッグス機構と絶対座標

    素粒子が質量を獲得するメカニズムとしてヒッグス機構があります。もともと質量ゼロの素粒子がヒッグス場との相互作用で動きにくくなるというのが質量を獲得するというメカニズムであると説明されています。でもこれだと宇宙に絶対座標が存在することになって相対論と矛盾してしまうように思えるのですが。またフランク・ウィルチェックの「物質のすべては光」で書かれている「グリッド」という考え方も同様に絶対座標が存在し、エーテルの考え方に戻ったようで相対論との矛盾を感じます。 どう考えればよいのか、どなたか教えてください。

  • ブラックホールに落ちる粒子についてと特異点について。

    ブラックホールとは光すら脱出できない星の最期の果てですよね? またアインシュタインの特殊相対性理論によると、ある粒子を光速まで加速するには無限大のエネルギーが要るとのこと。つまり実在は確認されていませんが、タキオン等最初から超光速で飛んでいる粒子を除けば、真空中の光速度を越えることはできないということですよね? だとしたら、事象の地平線を越えて落ちてゆく粒子は重力に加速されて光速度を越えたことにならないのでしょうか?私はどこを誤解しているのでしょう? また、ブラックホールの最深部の特異点とは数学的な点(つまり大きさを持たない)なのでしょうか?ということは事象の地平線を越えて落ちていく物質はすべてなくなるということ??それとも数学的な点ではなくて、例えば無限小の体積を有するということなのでしょうか?それとも数学的な点=大きさを持たないという前提が間違っているのでしょうか? いろいろ質問しました。欲張りですみません。