• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

外壁通気胴縁の構造

添付写真のような屋根形状で、外壁を通気胴縁(縦)を使って施工した場合、屋根部分(外壁の一番上)の構造はどのようになっているのでしょうか?下の部分は水切りとの間に隙間をつくることで空気を取り込めると思いますが、温まった空気を上方からどのように排出しているのでしょうか。一番上のカバーの部分に多少隙間があるのか。それともこのような軒のない屋根形状では、通気ができないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2866
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

屋根のパラペット笠木自体が通気工法用であれば、通気しています。 通気工法以外の笠木であれば通気していないので、天井裏に換気孔が必要。 天井裏に換気孔が無ければ、通気工法とは言えませんからね。 図面確認する場合は、矩形図を見る事。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。「パラペット笠木」というのですね。検索したらいろいろ出てきましたので調べてみます。外壁側に雨水が垂れないように、内側に傾斜しているんですね。これで担当者に話が通じそうです。

関連するQ&A

  • 外壁通気工法について

    木造軸組(在来)工法で現在建築中で、そろそろ外壁をはる 予定です。 そこで質問なのですが、当方、外壁通気工法を採用しておりまして 外壁はガルスパン15の縦張り(縦に線がみえるように張ります) ですので、通気胴縁は横方向に取り付けてあります。 外壁の通気はとても重要だと思っておりますので、設計士へ 通気方法について説明を求めたところ、外壁通気と小屋裏換気は 連続させないほうがよいと言われました。 私がいろいろネットで調べた限りでは、外壁の内側を下から上に あがった空気は小屋裏へ排出され、小屋裏換気によって外へ排出 されるのが一般的かと思うのですが・・・どうなのでしょうか? 連続させない方法もあるのでしょうか?メリットは何なのでしょうか? ちなみに、屋根材もガルバリウムで、小屋裏換気は、軒裏の 有穴ボードで行なっています。 よろしくお願いします!

  • フラット35と外壁通気工法について

    初歩的な質問で申し訳ないのですが、 木造新築2階建てでフラット35の仕様にする場合の質問です。 胴縁を使って外壁通気工法をする場合、 水切りから軒天までの間に独立したバルコニーや 玄関ポーチ屋根があって通気をいったん遮断してしまう場合、 バルコニー下やポーチ屋根下に見切縁や有孔板が必要でしょうか? なければフラット35の融資が受けられない家になってしまうのでしょうか?

  • 通気胴縁の隙間について

    新築工事の最中なのですが、 現在、 外壁工事、サイディングを貼り終えたところで、 サイディングの事を調べている時に通気胴縁は隙間が3cmは必要であることを知りました。 意識していなかった為その部分の写真を撮っていないのですが、 無意識に撮った写真などを見てみても、 窓枠の上下について隙間はないように思いえますし、 自分の記憶でも隙間があったようには思えません。 サイディングを貼ったところですので、もう確認は出来ない状況です。 一気に不安になってしまいました。 これから、サイディングの上からタイルを貼るようになります。 タイルを選択したのは耐久性を思ってのことだったのに… 折角お金を出してタイル貼りにしても、 通気胴縁、隙間をシッカリと設けていないと、耐久性にも影響があるのではないか?と。 いかがなものでしょうか?将来的に… タイルを貼ってしまう前に、 やり直しをお願いする方が良いのでしょうか? 皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

小屋裏換気が無いようなので、一番上のカバーの下側に1cm程度の通気用の隙間が あるはずです、ベンツと呼ばれる黒い小さい孔が見えるかと思います 近寄って見なければ分からないと思います この写真ではここまでしか分かりません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。通気用のパラペット笠木というのもがあるようですね。検索したらいろいろ出てきましたので調べてみます。

  • 回答No.2

片流れの屋根の場合、添付写真の様な棟の金物(薄っぺらな感じ)では通気は?? 近頃、片流れの屋根でも可能になったのか、私は知りませんが。 拙宅は、大建式通気工法ですが、屋根形態は切り妻で、棟に専用の放熱金物(屋根面積に応じて長さを調整)を取付けています。 それでも夏季は、2階の室内気温は1階より3℃ばかり高くなります。冬季は1℃ばかり。 外壁の室内部分と内壁の壁の表面温度は、殆ど同一のように感じます。 御参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。いろんな通気工法があるようですね。やはり軒のある家にするべきだったかな。

関連するQ&A

  • 外壁通気工法の空気の入り口と出口について

    新築予定で外壁に窒業系サイディングを使用し通気工法を取ります。屋根も通気工法を取り(屋根断熱)、外壁の通気層と屋根の通気層が繋がるようにする予定です。 屋根形状は切妻屋根で、犬小屋のようなシンプルな外観になります。 外壁の通気に関して分からないことがあります。 土台の『水切り』が空気の入り口で、外壁の通気層を通り、屋根の通気層と繋がって換気棟で抜く(出口)となるのは分かるのですが、妻側の外壁の場合はどうなるのでしょうか? 妻側は屋根の通気層とは繋げることができないと思います。この場合空気の入り口は『水切り』として出口はどこになるのでしょうか? 妻側の外壁と屋根の境目はシーリング処理するため通気工法は取れないのでしょうか?

  • 屋根通気工法について

    新築予定です。 屋根断熱で通気工法を採用します。垂木間充填断熱ではなく、ネオマフォームの全面張り(外張り)で2重垂木(2重野路板)で45ミリの通気層を確保。通気層を通る空気は換気棟から抜ける仕組みです。 外壁は外張りではなく充填断熱ですが、窒業系サイディング採用で同じく通気工法を取ります。 先日施工会社より収まりの図面をもらったのですが、その図面では外壁の通気層を上がってきた空気が屋根通気層に繋がって換気棟で抜ける仕組みになっていました。壁通気層は16ミリです。 気になったのは軒天に換気(給気)口が付いていないことです。 軒天から空気を取り込んで棟で抜いた方が、屋根の通気層がより生きると個人的には思っています。 (1)屋根の通気は軒天から空気を取り込む必要はなく、外壁通気層を上がってきた空気を通すだけで十分なのか? (2)外壁の通気は屋根の通気層と連結させた方が良いのか? もしくは壁の通気層の出口はサイディングと軒天の繋ぎ目の通気見切りとし、屋根は屋根で軒天給気口から空気を取り込んで棟で抜くよう、外壁と屋根で完全に通気を分けた方が良いのか? 以上2点、どうすれば一番良いのかアドバイスお願いします。

  • 一戸建ての外壁通気を確認する方法ってありますか?

    新築一戸建てが間もなく完成するものです。 外壁換気が本当にされているのか、またはどこかで空気が遮断されているのか気になっています。 木造在来軸組工法で外壁はサイディング、屋根は化粧スレート葺き、基本的は片流れです。 天井断熱であり、屋根断熱ではありません。長期優良住宅やフラット35ではありません。工務店からは「外壁通気工法で棟換気と軒換気がある」との説明を受けています。サイディングの一番下には指が入るかどうかくらいの空気の開口部が全周にわたってあり、軒裏に換気金物(細長い80cmくらい?3カ所)。片流れのてっぺんにも換気金物(屋根の先端の上に金物、細長い80cmくらい?2カ所、空気がU字型にでていくらしいです)があります。そこまではよいのですが(空気の出口が多少狭い?としても)、気温30°の日中にサイディングの一番下に手をかざしても空気の流れが全く感じられません。実は胴縁や屋根の下地の頃は多忙であまり見に来なかったので、ちゃんと通気スペースがあるのか不安になりました。工務店側の説明としては「軒桁や母屋や断熱材が屋根に近い所も通気スペースは設けてある。夏の暑いときでも空気の流れは分からないときはある」とのことでした。 そもそも外壁通気は、気温30°の日中でも気流はたいしたことないのでしょうか? それともなにか建築に不備があるのでしょうか? ネットを見てもあまりたいしたことは書いていなくて 線香を当ててみれば分かるとあったので(放火犯と間違われないように)やってみましたが 空気が吸い込まれる気配がありません。 完成検査ももうすぐなのですが、通気されている/されてないをはっきりさせる良い方法があるでしょうか? 完成検査のときに小屋裏を良く見る(実は小屋裏点検口がなかったので急遽開けてもらうことになっています)といっても素人には自信がありません、完了検査立ち会い業者に有料で立ち会ってもらうのがよいのでしょうか? 詳しい方、お助けください! よろしくお願いします。

  • 胴縁について教えて下さい。

    現在、住宅を計画しているのですが、木造の知識が乏しい為、若輩者ですが、ご指導宜しくお願い致します。 【内容】 外壁に面する屋内側の壁についてなのですが、今考えているのが、18mm程度の胴縁の上にPB12.5+仕上(クロス貼)なんですが、この場合の胴縁は必ず必要なのでしょうか。胴縁なしで直接柱にPBを張るとどういった不具合が生じるのでしょうか。 ちなみに、内部の間仕切り壁には胴縁を設けていません。 他にもお聞きした事がたくさんあるのですが、まず胴縁について教えて頂けないでしょうか。 私は、胴縁はそもそも仕上材の割れを防ぐ為や通気の為のものと認識しております。

  • 縦張りサイディングの胴縁施工に関して

    友人が新築をしています。外壁はガルバニウムサイディング縦張り、横胴縁施工です。横胴縁は壁面の端から端まで空きはなく、縦方向の通気は取れていません。問題はありませんでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

  • 分電板のうらの断熱、通気胴縁の施工

    我が家を新築後、入居したのですが、かずかずの施工不備、手抜き工事があり現在、他に家をかりて我が家を大改修工事です そこで質問なのですが、我が家の分電板は外気に面する壁にあるのですが本来、外気面する壁には断熱材が入ると思うのですが、我が家の分電板の裏には断熱材が入っていませんでした。この場合断熱材をいれたほうがよいのでしょうか?(電気屋が言うには通常、外気に接する壁にはつけないのだが建築士の指示により外気に接する壁につけたとのことでした。取り付け位置は、脱衣所です。この場合、断熱欠損による表面結露、また湿気による内部結露が心配です)分電板はすべての配線を取り付けてあるため取り外すことも場所をかえることも不可能とのことでした。断熱を入れる場合は近くの天井がはいであるのでそこからつめることは可能なのですが、防湿面の施工は無理です あと我が家は外壁の通気胴縁が横張りなのですが適切に隙間が開いておらず、実際はサイディングを取り付ける金物の厚さの5mm程度でしか通風ができていません(正しくは1800mm以内に胴縁同士の隙間を30mm程度あけ厚さ15mm以上の風の通り道を確保するはずですが、この30mmの隙間がありません)このような施工で適切な通風、排熱確保できるのでしょうか?また、結露等心配ないのでしょうか(当方鹿児島のため夏場の逆転結露も心配です)教えてください。胴縁の施工をやり直したほうがよいのでしょうか?現在外壁のサイディングはすべて取り付けてあります。 長い文章になりましたがどなたか教えてください

  • 充填断熱外壁通気工法の空気流入口

    タイトルの表現が正しいかどうか分かりませんが、 室内側から、構造合板、断熱材、防水シート、通気層、外壁の順に施工した場合、外壁で土台まで覆ってしまうと空気の入り口が無くなってしまい通気層の流れが出来ないのではとふと疑問に思いました。土台部分は露出させるのでしょうか、或いは土台部分だけヤクモノを巡らして空気の通る隙間を空けるのでしょうか。詳しい方、教えてください。

  • 屋根の通気

    新築で外壁通気層と屋根通気層を取ります。 外壁の通気層と屋根の通気層は繋がっており、換気棟から排気します。 この際、屋根の通気に関して、軒先にも給気口を取った方が良いのでしょうか? それとも軒先には給気口を取らず、外壁下部の水切りの給気口だけで十分なのでしょうか?

  • ルーフバルコニーの上端(笠木)からは外壁通気できない?

    在来木造で一戸建てを新築しており、充填断熱、窯業系サイディング(外壁通気工法)を採用しています。 一般的な外壁であれば、基礎の水切りから入った外気が上昇し、屋根の軒天から抜けていくように通気しますが、1Fの上をルーフバルコニーにして、1Fのサイディングをそのままバルコニーの手すりとして立ち上げた場合には一般的にどのように外壁通気させているのでしょうか? 工事をお願いしている工務店の現場監督さんに確認するとバルコニーの上端に笠木(手すり)を設置しコーキングをするため、基礎水切りからは通気しているが上端では出口が無いといわれてしまいました。 現場監督さんのほうでも、良い方法があるか探してくれるということですが、一般的にどのように処理されるのか、また、そのような目的に利用できる便利な笠木などありましたら教えてほしいです。 笠木から通気する以外にも良い方法などあればアドバイスお願いいたします。 よろしくお願いいたします。

  • 外断熱の胴縁材の張り方(取り付け方)について

    雑誌の付録に付いていたDVDで外断熱材を張っているシーンがありました。 断熱材を隙間無く壁下地合板の上に並べてそれを胴縁を縦にして抑えるようにしてビスネジ止めしていました。断熱材は50mmほどの厚さでした。そしてこの同縁の上に外壁材を留めていました。 このビスネジだけで支えられている胴縁の上に外壁材を留める工法だとこのビスだけが胴縁材と重い外壁材をそれも(断熱材の部分を)浮かせて支えている状態になり、年が経るに連れて重みでビスネジがたわみ、断熱材に亀裂が生じ其処に暖気漏れが生じ結露が発生するのでは思いました。 断熱材と同じ厚さの角材を断熱材の間に横配置し柱に釘付けし、その角材の上に胴縁材を縦に止めれば重い外壁材も十分支えられ、上記のような問題も発生せず、より適切な工法ではと思うのですが如何でしょうか。

専門家に質問してみよう