解決済み

フローリングにホットカーペットを敷きたい

  • 困ってます
  • 質問No.662192
  • 閲覧数13526
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 96% (53/55)

そろそろ寒くなってきたのでホットカーペットを用意しようと思います。
昨年度はフロアクッションの上に直接ホットカーペットを敷いていました。
しかし現在住んでいるアパートは床がフローリングなのですが、
とても傷が入りやすく、また表面も見るからに安タイプなので
直接ホットカーペットを敷いて大丈夫かな?と心配しています。
こういった場合は何かシートを敷いた方がいいのでしょうか?
ホットカーペットカバーを新調しようと考えているのですが、
今まで使っていたカバーをシート代わりに下に敷いて
その上にホットカーペット本体を載せても大丈夫でしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

フローリングは、すなわち木で出来ていますから
温度変化が大きすぎると、そり返しやゆがみが
起きる可能性があります。
ですから、フローリングにホットカーペットの熱が
伝わらないように、厚手のカーペットを敷いたり
断熱材のようなものを敷いた方が良いと思います。
今までお使いだったホットカーペットカバーでは
厚みが少ないため、熱が伝わってしまう可能性があるので
利用するなら、それを敷いた上に更にもう一枚カバーを
かけるなどした方がよいと思います。
お礼コメント
saganoin

お礼率 96% (53/55)

上:新しいホットカーペットカバー
中2:ホットカーペット本体
中1:断熱材(?)
下:今までのホットカーペットカバー
という感じでサンドイッチにすると良いでしょうか。
反り返り&ゆがみ・・・退去のときにお金とられると困ります~。
しっかり対策をとりたいと思います。回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-09-23 16:09:43
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 45% (144/315)

建築やってます。
アパートですからかなり安い床材だと思います。
今の施工はほとんどが捨貼り(ベニア等で一度仕上げた上に施工する)しているでしょうから、そりやゆがみは影響ないと思いますが、クラックは発生します。

フローリング床材はベニアに紙程度の厚さの突板(化粧用のキレイな木)を貼っていますので、ほとんどが数年で割れてきます。その割れをクラックといいます。ひどいとストッキングが引っかかったりします。

このクラックだけを直す方法はありません。
ウチもよく依頼されて困っています。やはり貼り替えるしかないですヨ。不動産屋からの依頼の工事で賃借人負担というのもあります。気を付けてください。

やはり断熱材は絶対必要です。
あと、敷く前にワックスを塗っておきましょう。
お礼コメント
saganoin

お礼率 96% (53/55)

ひび割れ補修費負担は勘弁して欲しいです~
(長期間住まない方がいいのかも!?)
とりあえずホットカーペットを出すだけ出して、
スイッチ入れるのはホームセンターに買物に行ってからにしておきます。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-09-24 11:35:54
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (106/276)

床に傷がつきそうな心配、ごもっともですね。
我が家では、ホットカーペットの下に敷く
専用シートを使っています。
片面発泡、片面アルミコーティングになっていて、
床の保護というよりも、せっかくの熱が
床下に逃げないようにするためのものですが・・・
一石二鳥でいいかも!
ホームセンターなどで売っていると思いますよ。
ご参考まででした!
お礼コメント
saganoin

お礼率 96% (53/55)

専用シートが販売されているのですね!電気代の節約にも良さそうですね。
今度ホームセンターに行ったときに見てきます。
(いくらぐらいするのかな、安いといいな~)
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-09-23 16:05:17
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ