• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

預り社員の雇い入れ条件について教えてください

当社の中国(上海)での非常に懇意な取引先社長(当社の業種だけではなく、他業界にも幅広く会社群を持ち展開している大金持ち)から、 同社長の子息(現在東京で日本語の語学学校で約1年勉強中。中国籍)を、4月から約1年間の目処で当社で預って欲しい。そして、普通の日本企業の会社風土・社内ルールの考え方、意思決定手順等も含め知らしめたいので、普通の新入社員と同様に当社の就業規則に則って仕事をやらせて欲しい。なお、謂わば研修受入依頼でもあるので給料はなくてもよい。 との話が当社社長宛にあり、当社は今後の取引も考慮し受け入れる方向で指示がありました。 このような場合の具体的な処遇などについて教えてください。 ・多少期間短縮、延長はあるかもしれないが1年前後の受入であり、  当社の戦力としてはカウントできないこと ・とはいえ、その間は一般社員と同様の業務を担当させる予定であること 等から、 身分:アルバイト 就業時間、休日、出張旅費他:当社の就業規則他の諸規程に従う 処遇:東京都の最低賃金(現在時給821円)を基準にした月給制(諸手当なし) 社会保険:なし を事務局としては考えていますが如何でしょうか? 社長からは、先方は給料はなくてもよい と言っているので、オールイン(残業料も含む)で 月10万円定額ではどうか? とも言われていますが、通常の採用ではないとはいえ、本人は労務提供する訳ですので最低賃金、残業料など最低の日本のルールは守らねばならないのではないか というのが我々の考えです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数253
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>別途契約を締結して妥当な範囲での「業務指導料とか研修費」を受け取る というのは問題な いでしょうか? これは日本では契約の自由で全く問題ありません。 実際教育研修の工数が発生するのですからその対価をもらうのは当然という考え方もできます。 実際大手企業でも研修目的で他社へ派遣してそのような費用を支払うことはあります。 問題は中国側です。 中国は外貨規制が非常に厳しく、外国送金はすべて当局の承認が必要です。 通常このような外国企業との契約も登記(政府の承認)があって、それに基づいて払うというようなイメージになると思われます。 もしそうしたい場合は先方に連絡してそのような契約で送金が可能かを確認することをお勧めします。 私のかつての印象ではサービス関係の送金は結構厳しかったとい記憶があります。今はもう少し自由になっているかも知れませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 研修に関する契約の当事者たる中国人(取引先の子息)は、企業に勤めているのではなくあくまでも個人であり、中国から送金するのではなく、本人がもっている日本国内での送金になる筈です。 このあたりもよく確認して対処することとします。 アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 深夜の最低賃金

    深夜の最低賃金は通常の(?)最低賃金の1.25倍になるのでしょうか? 例えば東京だと、 最低賃金821円なので、深夜の最低賃金は821*1.25=1026円になるのでしょうか? それから研修期間は最低賃金を下回ってもいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 就業規則が見れません

    当社では、就業規則が見れません。 社長にどうなっているのか尋ねたところ、「見たければいつでも出してやる」との事。そこで、じゃー見せてくれとお願いしてから、3ヵ月がたちました。まだ、見せてもらっていません。 また、先日当社を退職した者に聞いたところ、以前にも従業員から就業規則の閲覧の申し出があったらしく、その時は「ここまずいから削除しておいて」など、就業規則の訂正(偽造?)を頼まれたそうです。 きちんとした規則を知る方法はありますか? 当社は、残業が70時間程ありますが、月2万円の固定で、職場環境は劣悪な会社です。 就業規則の事にしろ、残業にしろ、一般の会社からはとても考えられない事かとは思いますが、現在こんな会社は珍しいのですか? それとも、中、小の経営の厳しいところでは、当たり前の事でしょうか? 皆様のご意見を聞かせて下さい。

  • 貴方が考える最低賃金とは

    沖縄県の最低賃金は時給624円です。フルタイムで月曜日から金曜日まで働いて、624円×8時間×20日=99840円です。 また東京都は時給821円です。これまた821円×8時間×20日=131360円です。 あなたが思う最低賃金額を教えてください。 はっきり言ってこんな最低賃金では誰かにパラサイトしないと生活できないと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

健康保険、厚生年金はいずれにしても人から労働の対償として報酬を受け取っていれば、加入となります。 雇用保険は「1週間の所定労働時間が20時間以上で、かつ、31日以上引き続いて雇用される見込みのある」者が被保険者となります。 ということで、社会保険は他の社員と同様に加入となります。 一時的ということが判っていてもこうしないといけないのは不満かもしれませんが、これはわが国の法律ですから止むを得ません。 その代わりその分本人にも頑張ってもらって会社へ貢献してもらえばよいと思います。 雇用契約の延長は本人の異議がない限りは問題ありません。それよりも本人が辞めたくなくなる方の心配をしたほうが良いでしょう。そのため1年の期限と延長条件は最初からはっきりさせておいたほうが良いと思います。 実際短期で来た中国人社員が、本国に帰りたくなくなるということは良く起こっているようですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指導ありがとうございます。 やはりルールはルールとして遵守すべきであること理解しました。 その上でのことですが、追加で教えてください。 今回の場合、とはいえ実態としては「実務研修」の側面が大ですので、給与・社会保険・税などはご指導いただいたように正しく処理する一方で、別途契約を締結して妥当な範囲での「業務指導料とか研修費」を受け取る というのは問題ないでしょうか? 謂わば両建てにすることになりますが・・・・。 当然、受け入れる限りは責任を持って指導するというのが大前提です。

  • 回答No.1

「普通の日本企業の会社風土・社内ルールの考え方、意思決定手順等も含め知らしめたいので、普通の新入社員と同様に当社の就業規則に則って仕事をやらせて欲しい。」 これが目的ならば、アルバイトではなくて1年間の雇用期間を区切った期間限定社員で雇ったらいかがでしょうか。 当然最低賃金は守らなくてはいけませんし、残業代も支給しなければいけません。 その代わり、仕事への責任も同じように持たせ、中途の評価も正社員同様にしたらよいと思います。 アルバイトの身分や、残業なしの定額の待遇などは、結局本人に手伝いの意識以上は出ない恐れがあります。 目的が会社の経験を積むことであれば、仕事への責任や正当な対価の支払い等会社で通常必要な常識は経験できるように配慮したほうが良いと思います。 その代わり、給料に見合う仕事はしてもらうということを最初に厳しく要求したらよいでしょう。 最初から法律に反するような待遇は良くないと思いますよ。 それで本当にビジネスの常識が身に付いたら、親御さんからも感謝されるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速アドバイスいただきありがとうございます。 非常に参考になります。 補足して教えて欲しいのですが、 1年間の期間限定社員とした場合、 (1)社会保険は付保しない ということも可能でしょうか?(中国籍でもありあまり意味がない) (2)契約締結することになりますが、期間短縮・延長あり との条件を追加することは問題ないでしょうか?(実務習得の進捗状況などにより数ヶ月ずれる可能性あり)

質問者からの補足

早速アドバイスいただきありがとうございます。 非常に参考になります。 補足して教えて欲しいのですが、 1年間の期間限定社員とした場合、 (1)社会保険は付保しない ということも可能でしょうか?(中国籍でもありあまり意味がない) (2)契約締結することになりますが、期間短縮・延長あり との条件を追加することは問題ないでしょうか?(実務習得の進捗状況などにより数ヶ月ずれる可能性あり)

関連するQ&A

  • 就業規則の1部変更の記載の仕方について

    キャリアアップ助成金の賃金規程改定コースの助成金を取得するために 3年ほど前に賃金テーブルを作っていたのですが、毎年最低賃金も上がるし、煩雑になり賃金テーブルの改定ができないままでいます。 賃金テーブルを廃止し、事業主の判断で賃金改定場合、就業規則に、どこに、どのように記載したらよいか、教えていただきたいのですが。 因みに、当店は10人未満の小規模店のため、就業規則作成の義務はないので、監督署に提出はしていません。

  • 残業・深夜早朝は必要でしょうか?

    当社に勤務していた特定の職員が残業代他未払い賃金の精査を労監へ申請しに行きました。 当社は雇用時間を計算したもの2年分を提出し、現在返答を待っていますが、当社の計算では1月平均15時間ほどしか有りませんでした。 その残業及び深夜分の手当も就業規則上能率手当の中に含んで出しています。 総支給額は35~40万あるため、最低賃金割れはしていませんが、労監は「区分が明示されていないから支払い義務があると思われる」と言います。 そのため、社労士に相談したところ、過去の判例から、「手当に含んでも大丈夫と解釈できるのでは?」といわれました。 この場合どのような判断になるのでしょうか? また、支払い義務があると判断された場合、満額の支払いが必要なのでしょうか?

  • 従業員にとって有利な就業規則のある会社?

    時給1.000円の場合ですが 「就業規則で「所定労働時間を超えて労働させた場合は125%の時間外労働割増賃金を支払う」となっている場合は就業規則が優先されるので、所定労働時間を超えた時間(17時から18時までの1時間)についても1,250円の時間外労働割増賃金の支給が必要になる。 労働基準法は労働条件の最低の基準を示すもので、従業員にとって就業規則の方が有利な場合は就業規則が優先されるためである」 とはいうものの、この法定内残業時間について、所定労働時間を超えた分については、従業員にとっての就業規則が有利なように作られている会社は…皆無に近いですよね? やはり所定時間内は9時から17時、法定時間内の9時から18時までの1時間については残業代が課せられないところがほとんどなのでしょうか? もしそういうところで働いている、働いていた、話をきいた…というようなことがあれば教えてください。

  • 社員を派遣するにあたっての疑問

    特定労働者派遣で社員を派遣することになるのですが、当社の就業規則で実労働時間(7.6H)よりも派遣先での実労働時間(8H)が長いため、 差異の出ている時間分をどうしたらいいものか疑問に感じています。 派遣先の8時間は法定内労働時間ではありますが、当社では超過になりますので、割増せずに通常の時間単価で時間外賃金を支払うべきなのでしょうか。 どなたか、ご教示お願いします。

  • 就業規則に記載されている最低賃金について

    アドバイスお願いします。 私の会社は、基本給と職能給に分かれています。 基本給、職能給共に、最低賃金(税込み)が就業規則に記載されています。 職能給に関しては、職能ランクで最低額、平均額、上限額があります。 ※職能ランクは能力、経験などを考慮して決まり、何年勤続しているからと言って、ランクが上がるわけではありません。 私は4月に職能ランクが上がりました。 しかし職能給は、就業規則に記載してある最低額より下回っています。 これについて労働組合を通して会社に説明を求めたいと思っています。 ・就業規則に記載してある、職能給最低額をもらえることが可能ですか? ・最低額をもらえるとして、もらえなかった月(6月からもらえた場合)4,5月分の差額を請求することは可能ですか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 残業代は請求しないと貰えないのですか?

     当社では課長(労働基準法でいう管理監督者ではありません)以上になると非組合員になると同時に早出や残業をしても時間外手当はつきません。上司に聞くと、そういえばオレも貰っていないなあ、というだけです。就業規則では課長以上の賃金について、時間外手当を支払わないとは書いていません。総務担当重役か社長に聞けばいいのですがそんな勇気はありませんし、将来の出世に影響が出ないとも限らないので怖くて言えません。  皆様の会社ではどうですか、教えて下さい。

  • 割増賃金の条件について

    就業規則、賃金規定、労働基準法の質問です。 時間外労働の規定で… 「割増賃金は、予め本人が上司に許可をもらって残業した場合、または上司の命令において残業した場合に限り支給する」といった条文は有効でしょうか? また、そういった条文があったとして、許可なく本人が勝手に残業した場合でも、労働基準法上は割増賃金の対象になるのでしょうか? それが翌日やっても問題なかった(翌日やるべき)仕事でもでしょうか? 回答を宜しくお願いいたします。

  • 就業規則について

    就業規則について教えて下さい。 当社は、近々、A社に統合されます。(吸収合併とは違います。)A社は当社と同様に親会社の100%子会社ですが、就業規則の内容は当社とはかなり異なります。更に、A社には親会社の一部門も合流し、この部門の社員は親会社から出向する形になります。親会社の就業規則は、A社と似ていますが同一ではありません。本来であれば、会社が統合される前に、就業規則も統一できればよいのでしょうが、A社と当社の労働条件(賃金・退職金含む)がかなり異なるため、時間的な制約もあって統一できません。つまり、会社が統合されると、A社は3種類(A社・当社・親会社からの出向者部門)の就業規則が存在することになります。しかしながら、会社としては何らかの形でひとつにまとめた就業規則が必要です。(届出も必要ですし。)この様な場合、強引なやり方ではありますが、従来のそれぞれの(3つの)就業規則をまとめてしまう、つまり、「第一部 旧A社社員に適用、第二部 旧当社社員に適用、第三部 親会社からの出向者に適用」という形にすることは認められるのでしょうか。いずれは統一するにせよ、過渡期においてはこの形にするしかないような気がするのですが・・・・・。 どなたか、お知恵を拝借いただけませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 正社員を派遣する場合の賃金・就業規則

    初めまして。会社を経営しているのですが色々とわからない事がありましてご質問させて頂きます。 今度正社員を派遣する事となったのですが 弊社は従業員が10名以内の会社ですので就業規則を作っていません。 しかし派遣なので派遣先から就業規則の提出を求められると思うのですがその場合提出義務はあるのでしょうか? また提出義務がある場合、作成しようと思っているのですが 現在弊社は残業代なしの固定給という形をとっているので その場合、法律的に引っかかってしまうのでしょうか? 法的にひっかかるのであれば、その社員だけに残業代を支払うということになってしまうと、また色々と別の問題が発生しそうですので、 何か良い方法はないでしょうか? 現在考えている案1として・・ 「賃金は、別途定める賃金規程によるものとする」という形として 提出する方法はどうかと検討していますが・・ しかし派遣先でその部分を確認する必要が発生するのでしょうか? 案2として・・ 年俸制の就業規則を作成して提出しようとも考えています。 しかし派遣する場合は違法となってしまうのでしょうか? 派遣先でチェックが入ったら派遣できない?? 以上何卒ご教授の程よろしくお願いいたします。

  • アルバイトの研修期間

    あるコンビニで友達が働き始めたんですけど、研修期間だからって給料が2000円しかもらえなかったそうです。 実働は16時間で、時給は700円です。 研修期間だからといって、県の最低賃金を下回るのは許されるんでしょうか? ちなみに雇用契約書ではなく、就業規約には明示されてた様です。 それと、就業規則なら罰則を前提にしたものも大丈夫なのでしょうか? わかる方教えてください。 お願いします。