• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:等価交換頼まれて済ませましたが。。。)

等価交換で不動産取引をした場合、税金に注意が必要ですか?

このQ&Aのポイント
  • 不動産を購入して間もない時に不動産業者から等価交換を依頼されました。交換にはお金はかからず、負担もないと言われたので同意しました。しかし、最近税務署から譲渡所得の確定申告をするように言われました。特例の条件に該当しないため、税金の支払いを求められる可能性があります。
  • 等価交換で動いた土地はお互いに10坪ずつです。税金の額について心配しています。
  • 等価交換の特例の条件に該当しないため、税金の支払いが必要な場合があります。具体的な金額について知りたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 0621p
  • ベストアンサー率32% (852/2623)
回答No.1

間抜けな不動産屋ですね。しかし不動産の交換に関する税金については知らない不動産屋も多いのも事実です。 さて、交換の特例に該当しない場合は譲渡所得税の対象になるわけですが、不動産の譲渡所得税とは、買った値段より高く売れた場合にその差額に対してかかります。わかりやすく言うと、1000万で買ったものを1500万で売った場合は差額の500万について税金がかかりますが、1000万で買ったものを1000万で売った場合は利益が出てないので税金はかかりません。 その交換について価格をいくらとしていたのか?によりますが、まあおそらくそこまで決めてないと思いますが。その場合はそのあたりの相場の値段と考えて良いわけです。購入して1年以内との事ですから、相場が上がってる事もないですよね?つまり、交換の特例に該当せず譲渡所得税の対象になるとしても、買った値段くらいで交換したので利益はない、という事にすれば税金はかかりません。 今は税務署からお尋ねが来ている段階ですよね。税金はかからないので申告に必要がない場合はその旨を書いて出す書類があると思いますが、上記のように書いてだすか、税務署で相談してみてください。

2-81-1
質問者

お礼

早々の回答ありがとうございます。 お金の授受がなかった場合税金はかからないということですね。ありがとうございました

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 土地の等価交換についての質問です。

    ある理由でAさんの土地とわたしの土地を等価交換契約し登記の移転もしました。等価交換なので現金の授受は一切ありません。今年に入って、 1.譲渡税の請求 2.普段は来ない確定申告用紙の送付 がありました。(1.は、理由は何にせよ譲渡が成立しているので払う必要があるのかなあと思ってます。) 土地の権利が行き来しただけで、お金の移動は一切ないのですが、何か確定申告しなくてはいけないのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 土地の等価交換について

    はじめまして、平成28年6月に農地と農地を等価交換しました。 条件等も問題なく交換特例が使えるとおもいます。 交換後すぐに同一用途で使用をはじめていましたが、急に今年の後半あたりに 子供が自宅を建築することに決まりそうです。 今年の確定申告で交換特例の申請をするつもりですが、交換して約1年過ぎで 交換した土地の半分を宅地に転用する事になります。残りの半分は農地のまま使用を続けますが、交換特例は有効でしょうか? 農地で使うつもりでしたので、農地転用も3条でだしていますし、井戸も作って同一用途で使用していましたが、1年位で一部用途変更してはダメでしょうか? また、用途変更はいつ位なら変更しても大丈夫でしょうか?

  • 土地の等価交換のトラブル

     私が等価交換前所有していた土地(市街化区域)と等価交換前相手が所有していた土地(調整区域)を現在等価交換で交換してしまいました。交換した土地の面積はほぼ同じ大きさです。個人同士による等価交換で、交換後約3年が過ぎています。近所のよく知っている、建築士の資格も持っている人なので信用してしまいました。  交換前、相手の土地(調整区域)だと知らずに交換してしまいました。契約書も、私の土地と相手の土地を平成17年○月○日までに交換するとの内容しか明記されていません。  調整区域だと知ったのは、数日前のことです。知りえた時の翌日、交換した相手に調整区域だから市街化みたいに家が建たないとの事を伝えたら、既存宅地だから建つので証明書を市役所に取りに行きなさいと言われました。その足で市役所に向かい私がよくよく調べると平成13年以降は法律が改正されて建てる事は難しいとの事です。(市街化区域の条件では不可能)当時交換の話が出たときに、相手から「家がちゃんと建つので大丈夫ですよ。」と言われ、鵜呑みにしてしまった次第です。  先日現在の登記簿謄本を取ってきて見たら、もともと私が所有していた(市街化区域)の土地は相手が所有していますが、第三者が共有名義で登記されています。  ここで、高い確率で土地が戻ってこないのは分かるのですが、私の中で騙されたとの思いが強く残っています。  このまま泣き寝入りになってしまうのでしょうか?出来れば多少なりともよい方法で差額のお金等を相手に請求できるものでしょうか? どなたか分かる方居られましたら、ご教授の程よろしくお願い申し上げます。

  • 土地の等価交換について

    図を参照のうえ、質問をお読み願います。 宅地Aの所有者Aから宅地Bの所有者B(私)に次のような相談を受けました。 ・開発目的地(開発業者所有)の開発許可を得るために二重線部分を既存私道に組み込み、私道を拡幅する必要がある ・宅地Bの一部(交換候補B)の提供も不可欠である ・買収予定地は相当額で開発業者から買ってもらう ・見返りとして宅地Aの残り部分(交換候補A)をBに提供する ・これは土地の等価交換であり税金は繰り延べされる B(私)が応じない限り買収予定地は開発業者に買ってもらえないようです。私も出費なしの無税で交換候補Aが取得できれば悪くない話に思えます。 果たしてAの言うとおり等価交換として認められるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 相続開始後の等価交換と小規模宅地等の適用の可否

    母の死亡により、子が、母と同居していた家屋とその土地を、相続により取得しました。 ただ、その地区が、民間の再開発事業の対象地区(高層マンションの建設)に 含まれており、申告期限前に、再開発業者と等価交換による売買契約を締結し、 建設後に当該マンションの1室を譲り受けて居住する事となりました。 マンション建設までの期間は、近くのアパートに仮住まいをしている状態です。 そこで伺いたいのが、相続により取得した当該土地は、小規模宅地等の特例 (特定居住用宅地等として)を受けることができるのか?ということです。 再開発事業のスケジュール上、申告期限まで等価交換の契約を待てない状態であり、 また、建築後は引き続きそこに住むことになるので、適用できる余地はないかと 考え、調べたのですが、よくわかりません。 宜しくお願いします。

  • 等価交換で取得した土地の売買

    20年以上前に等価交換で取得した土地で駐車場を経営しています。近隣の方からその土地の購入の話がありました、等価交換の土地を売ったときは多額の税金が掛かると聞きましたが本当でしょうか? もし本当であれば、いくら位でしょうか、計算表などがあれば教えてください。

  • 固定資産の等価交換について

    こちら、やんばるでは就職先もなく、収入は0 それでも、税金は課されます 沖縄良いとこで、固定資産の評価はどんどん上がる。 評価額が上がったからとて、不動産業をしているわけではないので、収入にはならない。 就職先の多い中部東海地方の土地と私の土地を交換しようかと模索しているところです。 そこで、教えていただきたいのですが 1、等価交換でも税金はかかるのでしょうか? 2、その際の不動産業者への手数料はだいたい、いくら位が相場でょうか? でも、沖縄の土地を手放したら、二度と沖縄で土地を手に入れることは不可能 かと思うので、悩んでいるところでもあります。

  • 等価交換で得た土地の取得費について

    今年中に土地の売却を予定しており税金を払う時の取得費についてご相談させて下さい。 祖父の代からの土地で取得費は解らないので、5%しか認められませんよね。ところが土地の一部(70坪中約16坪)は、今年1月に隣の親類と等価交換した土地が含まれています。(理由は、市の道路拡張事業により親類の土地の一部が買収されたため新たに家を建て直す際自分の一部の土地と交換をしないといけなくなったためです。) 等価の内容は、自分の土地は22坪×50万=1100万で親類は16坪×70万=1120万です。(今回の売却は60万/坪で予定しています。) この1100万は取得費として認められるのでしょうか。 (税務署で聞く前に、こちらで皆さんのご意見を聞いてからと思い ご相談させて頂きました。)

  • 底地と土地の等価交換時の評価額について

    以下教えていただけましたら幸いでございます。 土地の底地と借地権を等価交換する場合、以下の条件を 満たしていれば譲渡にかかる税金はゼロだと思いますが、 (1)全く同じ額で交換をする契約をする (2)金銭の受け渡しも無い (3)「固定資産の交換の特例」の要件6つに全て当てはまる 上記は以下の国税庁のサイトで調べて知りました。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3505.htm https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3502.htm (1)の全く同じ額(=土地の評価額)を決めるのはどのように すればいいのでしょうか?そもそも底地と借地権の評価額は 違いますよね? 同じだとした場合「固定資産税の評価額」と 「国税庁が出している路線価」どちらを使うのが一般的でしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 土地の等価交換に就いて

    家族4人(父、母、妹、自分)で複数の土地を共有していますが、父も高齢になり相続対策を考えています。自分が済んでいる土地の20%が妹の保有となっていますが、妹の住んでいる土地には自分の権利はありません。少なくとも自分が住んでいる土地は自分名義に変えたいのですが、a)妹が保有する自分が住んでいる土地の20%とb)4人共有の別の土地(借地になっている)の自分保有分、との等価交換は可能でしょうか?同じ質問を言い方を変えてしますが、このホームズ君のHPでは、交換の条件として土地の用途が同じとなっていましたが、私用地と借地或いは賃貸用アパートが建っている土地とでも交換は可能でしょうか?

このQ&Aのポイント
  • 日本製のSWANS(スワンズ)のサングラスのUV性能が20点中13点で最下位となっています。
  • 他のアウトドアブランドや中国メーカーのサングラスは20点中20点が多いため、なぜUVカット率99%のSWANSが低い評価になるのか疑問です。
  • メーカーのUVカット率99%が嘘ではないかという疑惑もあります。評価基準や評価方法についても知りたいです。
回答を見る