• 締切済み
  • すぐに回答を!

複素関数について

自分は大学で複素関数を習っています。 コーシーの積分の定理でわからないことがあります。 Cの範囲が0~2πのときは∳f(z)=0となるのはわかるのですが、Cの範囲が0~πになったり、 0~π/2になったりするとまったくわかりません。 こういったときはどうやって積分の値を出せばよいのでしょうか? 例などもあるとうれしいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数41
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

>Cの範囲が0~2πのときは∳f(z)=0となるのはわかるのですが なぜ分かるのですか? Cが1つの正則な領域に含まれていなければ、つまりC内に正則でない特異点が含まれている場合は=0がゼロとは限りませんよ。 >Cの範囲が0~πになったり、 0~π/2になったりするとまったくわかりません。 こういったときはどうやって積分の値を出せばよいのでしょうか? 参考URLの「コーシーの積分定理」の(特に定理などの)所をよく読んで見てください。 正則領域内では積分路はどうとっても構わないですね。角度で範囲を指定していませんね。 あくまでも積分経路Cの形状(単一閉路)については正則領域内ではどのように変形させて形状をどのように変形させても構わない、つまり積分しやすいようにCの形状を作ってやっても積分に影響がないということです。多くの場合積分路は積分のしやすさから、円弧(円の一部)、直線・線分(特に実軸や虚軸に沿った経路)に分割して、全体として単一閉路を作ります。この際、直線・線分部分の経路が積分のしやすさから実軸または虚軸に沿った(平行な)経路にとられるために、円弧が全円(0~2π)、半円(0~π)、4半分円(0~π/2)になることが多いだけです。円弧部分の積分路の中心角の範囲は積分閉路Cの全体形状をどう取るかで決まってきます。円弧経路は半径を固定して中心角θだけの積分にできますので、実軸・虚軸に沿った(軸上の、または軸に近接した平行直線上の)経路積分とあわせて多用されますね。 ■複素積分は「コーシーの積分定理」、「コーシーの積分公式」、「留数定理」の3つが全てです。これらを1セットで使いこなせるるようにしてください。 例題はネット上に沢山ありますので自身で検索してください。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/コーシーの積分定理

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 複素関数の問題です。

    複素関数の問題です。 複素関数の問題で分からない問題があって困っています。 【問題】 F(z)=u(x,y)+iv(x,y), z=x+iy において u(x,y)=a, v(x,y)=b で表される曲線をxy平面上に描いたとき、それらの交点においてF´(z)≠0であれば、その交点における各曲線に対する接戦が互いに直交することをコーシー・リーマンの関係式を用いて示せ。ただしF´(z)はF(z)の導関数であり、関数u(x,y)の点(x,y)での微分は、 du=(∂u/∂x)dx+(∂u/∂y)dy で与えられる。 わかる方がいれば、どうか教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 複素関数、f(z)=(z-(1/z))^7 について、以下の各問に答え

    複素関数、f(z)=(z-(1/z))^7 について、以下の各問に答えよ (1)二項展開を用いて,F(z)の周りでローラン展開を求めよ。 (2)原点を中心とし半径1の反時計回りの円をcとする。この時複素積分∫c f(z)dzの値を求めよ (3)問(2)の変換結果z=e^(iθ),0<=θ<=2π を用いることにより定積分∫[0,2π]sin^8 θdθの値を求めよ。 ------------------------------------------------------ (1)は普通に二項定理を使えば解けましたが、後の(2),(3)が分かりません。 すみませんが、出来る限り詳しく解き方、考え方を教えてください。

  • 複素関数の問題です

    複素関数の問題です。 次の問題が解けなくて困っています。どなたか解説できる方宜しくお願いします。 f(z)は,|z|≦1の領域で正則な複素関数とする. (1) nを自然数とするとき,∫[0→2π]f(e^iθ)cos(nθ)dθ={π/(n!)}f^(n)(0)が成り立つことを示せ. (e^iθ=zで置換) (2) mを自然数とするとき,∫[0→2π]f(e^iθ)cos^(2m)θdθ={π/2^(2m-1)}Σ[k=0,m]C(2m,k){f^(2m-2k)(0)}/{(2m-2k)!}が成り立つことを示せ.ただし,f^(0)(0)=f(0)とする. (3) ∫[0→2π]cos(2mθ)cos^(2m)θdθ=π/2^(2m-1)を示せ. (zの領域に注意)

  • 複素関数の問題なのですが

    複素関数の問題なのですが 閲覧ありがとうございます。 大学の試験範囲なのですが、教科書に途中式が書いておらず解けないのです。 8^(1/6)をすべて求めよ。 答えは±√2、±(±1+√3i)/√2 となっています。 回答お待ちしてますm(_ _)m

  • 複素関数について解説している分かりやすいサイト教えてください。

    複素関数について解説している分かりやすいサイト教えてください。 複素積分の問題を解けるようにならなければいけないんですが、複素関数について全くわかりません。 どこか短期間で問題が解けるようになる、分かりやすく簡潔に書かれているサイトまたはpdfを教えてください。 もう日が無いので、とりあえず定理の証明の理解などより複素積分を解けるようになることを優先したいです。 急ぎなので複素積分の問題さえ解けるようになればぶっちゃけ公式丸暗記でいいです。 なので例題があって、それについて詳しく解説してくれているとありがたいです。 Googleにて複素関数について検索し、かなりのサイトに目を通してみたのですが、途中からごちゃごちゃになって来、なかなか理解で出来ず複素積分までたどり着けません。 ちなみに、色々なサイトを見て、一番分かりやすく最後まで理解できたのはこのpdfです。 これは短時間で読め、理解もしやすかったのでよかったのですが、この人が書いているのはここまでで次は違う分野の解説に入ってしまっていて困ってます。 ttp://www.u.dendai.ac.jp/~kuni/physics_exercise.pdf

  • 複素関数論についての質問

    現在、複素関数にかんしての勉強をしているのですが 3つほど質問があります。 まず、複素関数を利用して解ける定積分というのは積分範囲が∞~-∞のものに限るのでしょうか? 教科書では、∫[∞~-∞](1/(x^2 + a^2) dx a>0 の計算をする問題で、特異点がaiと-aiの2つあるにも拘わらず +aiの周りでしか周回積分していないのですが なぜなのでしょうか? 出てくる特異点全ての周りで回す必要はないのでしょうか? 特異点が2つある場合で1つだけ回す場合と2つ回す場合は実空間でいうとどういうことをしていることに対応するのでしょうか? 何卒よろしくお願い致します。

  • 複素関数の問題

    複素関数の問題 次の複素関数の問題ですが,この関数の特異点が分からずに困っています? f(z) = 2 / ( λz^2 + 2μiz - λ ) ただし   z  :複素数 λ・μ:実定数でμ>λ>0です 追加で,この複素関数の特異点も教えていただけると幸いです f(z) = z^-c / ( 1+z ) ただし、0<c<1 です これの特異点は-1でいいのでしょうか? 以上、よろしくお願い致します

  • 複素関数の問題です。

    複素関数の問題です。 f(z)=z/(1+z^2)として、 f(z)の{z:0<|z-i|<2}におけるローラン展開を求めよ、という問題がありました。 この{z:0<|z-i|<2}というところがよくわからなくて困っています。 普通、ローラン展開するときは z=ある値 における、という表記が使われることがおおいと思いますが、これはいったい z=いくつで展開すればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 複素関数の微分不可能性について!

    閲覧ありがとうございます。 複素関数f(z)=Re zについて、どこでも微分不可能なことを示せ。 という問題なのですが、教科書に答えが載っておらずわかりません。 コーシーの方程式はまだ習っていないので、別の方法で解きたいのですが… どなたか、解答していただけるとありがたいです! よろしくお願いします。

  • 複素関数の微分について

    かなり乱暴な質問だと思いますが、回答をよろしくお願いします。 複素関数f(z)がz。において微分可能であることを示すときに 「zがあらゆる方向からz。に近づいてきても ((f(z)-f(z。))/(z-z。)がある値に近づく」 というくだりがよくわかりません。 2変数関数の偏微分みたいに、方向によって値が違っていても いいような気がしますが、複素関数では同じになるのでしょうか? それとも同じになる時に限って微分可能と定義付けるのでしょうか?