• 締切済み
  • 困ってます

生命保険などの見直し

保険について質問です。 去年、子供が産まれたのを機に保険を見直そうかと思います。 FPにも相談予定ですが、みなさんの意見もお聞きしたいと思います。 ※現在 死亡保険 明治安田生命(団体定期保険) 補償額 700万円 月々 756円 医療保険 損保ジャパンひまわり生命 健康のお守り 保障額 入院で一日につき 5.000円 先進医療特約 (女性特約) •夫 2.300円 •妻 3.300円 ※加入及び変更予定 (変更) 死亡保険 明治安田生命(団体定期保険) 補償額 1.000~1.500万円 月々 ?円 (新規予定) 県民共済こども保険 •子供 1.000円 学資保険 ソニー生命 月々 9000円くらい あとは、収入保障保険に入ろうか悩んでいます。 もしものときの家族の生活費は遺族年金と幸い妻が働けるのもあるのでどうかな~と。 子供の学費は、死亡保険、学資保険でなんとかなるかと。 あとは、終身保険とかですかね。 ご意見お待ちしています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数279
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

 生命保険について子どもが生まれれば必要保障額の見直しは必要かと思います。  生命保険は質問者様がお亡くなりの場合に生活に支障をきたす人に保障額を残すというのが基本です。定期保険で考える場合、保障期間は子どもが独立するまでが妥当です。  必要な保障額を決める場合ですが、まず子どもが成人になるまでの生活費を考えます。子どもの生活費ですが総務省の家計調査から計算すると年36万円ほどになります。一方奥様の生活費は生活費の7割ほどが必要と考えられています。これは夫が使うお金が平均3割程度というところから来ていますが、実際に家計を調べてみて判断されればと思います。  次に子どもの学費ですが文部科学省の調査から公立小学校で年36万円、中学校で年50万円、高校で年52万円前後になります。私立であれば高くなります。ただ公立高校学費無料化、私立高校学費援助や奨学金制度などの利用を考えれば必要な保障額を低く見積もることも可能です。  子どもの医療費については小学校、中学校卒業まで無料または一部負担する自治体などがありますので確認してみてください。  あとは住宅費です。これは住居が持ち家なのか賃貸なのかで変わります。  持ち家であれば住宅ローンが完済、団体信用生命保険に加入していれば保険が弁済するのでローン返済は気にしなくてすみます(夫婦別々にローンを組んでる場合は別)。心配するのは5~10年程度の間隔で行うメンテナンス費用ぐらいです。  一方、賃貸の場合は家賃を計算する必要が出てきます。ただ質問者様が亡くなった場合でも、同じ場所に今の間取りで住む必要があるか検討してください。間取りを減らす、違う場所に住むなどして安い家賃のところを考えれば必要な保障額は減ります。  最後に収入分となる遺族年金や死亡退職金、奥様の収入を差し引いて必要保障額を算出します。  この必要保障額が生命保険の保障額を下回るようであれば、新たに保険加入・変更は必要ありません。ただおそらく足りないので保障額がそれほど高くならないなら定期保険の保障額を変更したほうが良いかと。収入保障保険ですが必要保障額が高くなるようであれば、保険料が有利になる可能性があります。これは実際に比較されたほうが良いと思います。  終身保険は貯蓄性が高い保険なので保障額の割に保険料は割高になります。また保険料は付加保険料(手数料)が引かれ、予定利率も現状高いわけではありませんので、効率がいい貯蓄方法とは言いにくいです。貯蓄は定期保険に加入しているのですから定期預金等でされれば良いかと。  医療保険ですが加入済みの医療保険に女性特約があるのが気になります。この特約は女性に多い病気への保障を手厚くするものですが、厚生労働省の患者調査を見る限り女性特有の子宮がん、貧血以外は特に女性に多いかというと疑問があります。それでも保険料が低ければ良いのですが、見ると30%程度上乗せされているようなので、妥当なのか再検討されたほうが良いかと思います。  県民共済こども保険は保険料の割に保障は手厚いので良い選択だと思います。ただ上記のように自治体の医療補助があったりするので、貯蓄との相談になるかなと。自前で医療費を調達できるならそれに越したことはないと思いますが。  学資保険ですが商品に構造上難点があります。  まずデフレ状況が続いているので考えていないひとが多いようですが、インフレになった場合、学資保険は返戻率が変わらないのでインフレ負けする可能性があります(一応配当金などでカバーされるようですが)。  また生活状況が変わり、お金が必要になり中途解約しようとすると元本割れなどのペナルティーがあり、保険料の支払いが滞れば失効になってしまいます。  個人的な考えですが低金利時代に流動性のリスクを犯してまで学資保険に加入するのはいかがなのかと思います。定期預金などで貯蓄したほうが自由度も比較的高く様々な状況に対応しやすいのではないでしょうか。  FPに相談されるのであればライフプラン表を作成するはずですのでよりイメージも湧いてくると思います。その際、質問する感覚で必要保障額の内容をご相談されたほうが、良い結果が出ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 主人の生命保険の見直し

    今月末に子供(第一子)が産まれます。 (主人39才・私36才) そこで保険を見直しているところなんですが・・ 調べれば調べるほど迷ってくるのでアドバイスを宜しくお願いします。 現在は明治安田生命で掛け捨て(10年)の生命保険にはいってます。 死亡保障は4,000万円 (終身100万・定期保険2,900万・特定疾病特約500万・総合障害特約500万) 医療部分に関しても普通?に保障されていると思います。 (入院1日1万円やがん特約など・・) 今は月17,000円掛け捨てですが、更新(来年)後は27,000円ほどに なります。(同じ内容の場合) しかも定期になるので、これから先の保険料が支払えるのか心配。 定期→終身に変えたほうがいいのでしょうか? 毎月3万弱ものお金を掛け捨てていいのか。 死亡保障4,000万も必要なのか。 アリコやアフラックなどの外資系も検討した方がいいのか。 (死亡保障が少ないけど掛け捨て金額が少ないので) もしくは生命保険と医療保険を別に検討したほうがいいのか。 子供ができて、これから20年は万が一の時にわが子のために・・ と思うと、今の契約内容がベストなのかなと思いつつ悩んでます。 (保険はあくまで保険なんで、できれば貯蓄にまわしたいのです) また学資保険も検討しているので、お勧めがあればあわせてアドバイス のほうも宜しくお願いします。

  • 生命保険の見直しについて 

    どなたか教えてください。 年齢40歳。女性。子供なし。配偶者なしです。 生涯独身のつもりでいます。 現在、生命保険に加入しております。 そろそろ、医療保険の部分の見直しをしたほうが良いのか?悩んでいます。 内容は以下です。 明治安田生命 終身保険。 加入:平成2年5月 保険期間:55歳払込済 現在の保険料 年払い:115,805円 80歳まで死亡時 1000万円 入院 5日以上 7000円 手術 20万円 リビングニーズ特約付き です。 今まで保険内容の見直しをしなかったのは、予定利率?というのでしょうか? 昔入った保険は、それが高いので、そのままにしておいたほうが特だと聞いたからです。 今まで何度もセールスレディーが来て、見直しを迫られました。 でも、持ってくるものは全て定期付き終身保険なので、なんだか成績のために営業されているみたいでイヤでした。 そのため、保険会社も変えようかな?とも考えてます。 病気になったとき、頼れる担当者がいないので不安なんです。 それから、さすがに保険内容の古さも感じています。 日帰り入院保険もついていないし、女性特約やら、三大疾病、ガン保険など今の保険は便利なものがたくさんありますし、保険会社も沢山あるので、何がよいか迷いながら今日まできてしまいました。 月の保険料が1000~2000円上がってもいいかな?とも思っています。 この保険を転換して、新しい保険(同じ会社の)に入るべきか?全く違う保険会社に入るべきか?全く違う保険会社に入るとしたら、どんなパターンがあるのか? 何か、アドバイスいただけませんか?お願いいたします。 私は、終身部分だけは残した方が良い気がしているんですけど、明治安田生命の所長さんには、昔加入して保険が特なんていうのはデタラメなんです。と言われたのが引っかかっています。 本当のところはどうなんでしょうか?

  • 生命保険の中途解約

    夫(30歳)の生命保険について相談があります 現在、平成6年2月1日に明治生命の「生存給付金定期保険」に 加入しています。(年払い 9878円) 主契約 死亡保険 250万円     定期保険特約 750万円 合計  死亡保険 1000万円 上記の保険を解約してオリックス生命保険 (ダイレクト定期保険)に変更を考えています 死亡保障 3000万円(年払い58650円) ちなみに夫は30歳検診で高血圧、肝機能、脂質で 治療を要しないが、日常生活に注意すると友に経過観測を要すると 診断されました。 質問1.来年2月1日で現在加入の明治安田生命の満期が     きます。そのときに、変更したほうがよいのでしょうか? 質問2.近々、オリックス生命に変更した場合、明治安田生命の     年間払いの保険料の未経過分は返金されるのでしょうか? 質問3.健康診断で、治療を要しないが、日常生活に注意して     経過観測をみると診断された場合、3000万円の     生命保険には加入しにくいものなのでしょうか??

  • 回答No.1

保険とは、万一のときの保障です。 となれば、まずは、いくらの保障が必要か、ということを 計算しなければなりません。 必要保障額が決まれば、次に、どのような保険にするか、 とうことを検討します。 先に、保険を検討するのは、順序が逆です。 では、どのようにして必要保障額を計算するのか? 基本的には、キャッシュフロー表を作成します。 「キャッシュフロー表 家計」で検索すれば、ヒットします。 要するに、未来の家計簿、予算表です。 これをEXCLEなどの表計算ソフトで作成します。 キャッシュフロー表ができたら、シミュレーションをします。 夫様の収入を遺族年金にして、 住宅ローンがあれば、ゼロにして、 死亡退職金、葬儀代などを計算に入れます。 生活費から夫様の分を引きます。 などなどの操作をすれば、万一のときのシミュレーションとなります。 このときのマイナスが必要保障額です。 必要保障額を確保する方法の一つが、生命保険です。 また、夫様が亡くなってから、奥様が働いて収入を得るという方が少なく ありませんが、奥様が働けるという保障はどこにあるのでしょうか? 奥様が働けないという状況になったらどうするつもりなのでしょうか? 夫様が死亡した時の保障に、別のリスクを抱え込むべきではありません。 別のリスクが現実のものとなったとき、それは生活の破綻を意味します。 次に、医療保険ですが、 何の為に医療保険が必要なのでしょうか? 健康保険には、高額療養費制度があり、ある月の医療費の自己負担には、 上限が決まっています。 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm このように考えると、なぜ、女性疾病の特約が必要なのでしょうか? ある月の医療費の上限が、8万円だとしたら、 肺炎でも、子宮筋腫でも、上限は同じです。 にもかかわらず、医療保険では、 肺炎ならば1日5千円、子宮筋腫ならば1日1万円が必要と言う 理由は何なのでしょうか? などなど、何が必要か、ということをまず、決めてください。 必要なものが決まったら、それを提供してくれる商品(保険)を 選んでください。 4人家族で乗る車として、大型バスを買うことはありません。 それは、目に見えるからです。 しかし、保険は、目に見えません。 だから、大型バスを買っても、何の違和感もないのです。 保険は目に見えないものだからこそ、まず、ニーズをはっきりと させることが重要です。 どなたかと相談するならば、保険よりも先に、質問者様に 必要な保障は何か、ニーズは何か、ということをしっかりと 相談してくれる人が信用できます。 すべてが決まってから、保険を選べば良いのです。 そうすれば、どんな保険を選んでも、ニーズを満たしていることに なります。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分からなくて困っています。生命保険の見直し!

    夫の生命保険について悩んでおります。 33歳 子一人 現在明治安田生命のライフアカウントL.A.に入っています。 いろいろな特約をつけて、毎月12,100円支払しています。 保険屋さんで見直ししてもらったところ、更新型のため支払がその都度増えるので、すぐに変えたほうが良いといわれました。 保険に関して無知なため、更新型が支払が増えるものとは知りませんでした。 というか、更新型だったということも把握してませんでした・・・。 提案された内容は下記のとおりです。 ソニー生命 葬儀代として ⇒ 積立利率変動型終身保険 夫が亡くなったときの教育代として ⇒ 逓減定期保険特約I型 三井住友海上あいおい生命保険 障害者となったときの生活費用 ⇒ 無解約返戻金型総合収入保障保険 学資保険として ⇒ 積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型) オリックス生命 入院代として ⇒ 医療保険CUREキュア(60日型)七大生活習慣病入院給付得則適用 もしくは    ⇒ ひまわり生命の健康のお守り 富士生命 がん保険 ⇒ 無解約返戻金型がん療養保険(10)〈無配当〉終身タイプ 以上あわせると、現在より支払い総額が多くなるのですが、更新のたびに支払が増えることに比べたら安く済みそうです。 保険屋さんの言うとおりにしたら良いのか、他にも良いものがあれば教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

  • 生命保険の適正額について

    生命保険の適正額について妻と大げんかとなってしまいました。 皆さんの客観的なご意見をお聞かせください。 現在38才年収約700万、小学校2年の子供1名、妻は専業主婦の3人家族です(地方都市在住)。 従来子供の学資保険が1,200万、会社独自の死亡保険が800万、民間の定期保険3,000万をかけていました。なお、私が死亡した場合、国民年金だけでなく厚生年金の遺族年金も支給されます。 最近3,400万の家を購入し、団体信用生命保険に加入しました。ローン支払いで生活が厳しくなったことと、団体信用生命保険分の上乗せがあるので、民間の定期保険3,000万を1,000万に減額することを妻に相談しましたが納得してもらえず大げんかとなってしまいました。 子供は1人のみで保険に加入した当初よりだいぶ大きくなっていますし十分な補償額だと思うのですが、将来子供が私立大学に行く場合の費用や、私が死んで妻が働いても月に10万円も稼げないこと、家があっても住み続けるので現金は少なくなること等を理由に猛反対されています。 私の感覚としては、私が万が一死亡して大学をあきらめさせるのはかわいそうかと思いますが、私立大学まで保証する感覚には理解できません。妻曰く、私の感覚は普通ではない、冷酷な人だと罵られてしまいました。 客観的に見て私は冷酷なのでしょうか?妻の言うように、定期保険の変更をすべきではないのでしょうか?ご意見をお聞かせください。

  • 生命保険の見直し

    昨年2月に子供が生まれ、生命保険をFPに見直してもらい、新しく加入したのですが、雑誌などで他の方の補償額などみていると我が家や低い割りに保険料は高い気がするのですが、どなたかアドバイスをいただきたく質問しました。保険の事、全くわからないので、言われるがままに加入してしまったのですが。。。 よろしくお願いします。                    夫27歳      妻30歳                  (加入時26歳)    (29歳) 職業                 二級建築士      看護師                   (会社勤務)       終身保険(60歳払済)  死亡保障 1000万円         15,700円/月     15890円/月       医療保険 (60歳払済終身保障)    120日入院日額5000円  死亡保障 50万円          3145円/月      3405円/月 ちなみに・・ 子供の学資保険  18歳満期額200万円          8260円/月 合計3人分で46400円/月 払っています。     私が看護婦なので旦那が亡くなっても遺族年金とパートで十分足りる死亡保障と言う事で1000万円で十分だろう、また私が死亡した場合、私の収入がなくなる事、私がなくなっても遺族年金が夫にはでないので、私の死亡保障も1000万円ほどにしておかないと夫が大変だろうということで二人とも同じ保障額にしているのですが、それにしては月額って高くはないのでしょうか? ずっと看護婦として働くつもりだったのですが、この先子供が二人目、三人目となった時、育児に専念したいと言う気持ちも出てきて、毎月払っていくのが難しくなるのでは・・・と思い検討してみたいと思いました。   この保障に対して月額は妥当なのでしょうか?また保障額は本当に足りているのでしょうか?

  • 生命保険の見直し、アドバイスお願いいたします。

    保険についてよく分からないまま加入していましたが、家計の見直しとともに保険も見直したいと思っております。 アドバイスをどうかよろしくお願いいたします。 <主人>42歳・会社員・退職金なし ★明治安田生命・終身保険・払込期間65歳 月13000円 定期保険特約 3000万 特定疾病保障定期保険特約 200万 入院特約365日型 10000円 入院初期給付特約 20000円 新退院給付特約 50000円 総合傷害保障特約 3000円 手術保障特約 200万 傷害特約 1000万 (それぞれ10年払込10年保障満了) 月13000円支払い アカウント積立から3361円取り崩し 計16361円内容 <私>40歳・主婦 ★郵便局の普通養老保険 月24600円支払い 平成37年に満期 1千万 (うち特約4400円) (退職金がないので、老後資金に。) ☆全労済(総合タイプ) 月1800円支払い 掛け捨て http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/type_sougou.php <子供>8歳 ☆郵便局の学資保険 月11100円支払い 18歳満了・200万円コース (うち特約380円) <子供>5歳 ☆コープ共済 月1210円支払い 掛け捨て (病気事故入院・日額6000円、長期入院36万円、事故通院・日額2000円、手術給付金5~20万あり、 病気死亡100万、事故死亡50万、事故後遺障害14~350万、賠償責任1億円) で、家計における月々の保険料が51710円になります。 ★の2つはおつきあいで解約ができないので、内容の見直し。 ☆については解約変更も含めて検討をしていきたいです。 今までいわれるがままで内容をよく知らずにいたので、不十分は足し、不要なものは外していきたいです。 どうかよろしくお願い申し上げます。

  • 生命保険見直しについて

    生命保険見直しについて 主人(39歳)の生命保険の見直しをしています。 家族は私(33歳専業主婦)と子供(0歳)の3人家族です。 再来年あたりにもう1人子供を考えています。 ほけんの窓口で相談にのってもらっているのですが、現在加入の明治安田の保険を継続するべきか、新規に入り直すべきか悩んでいます、みなさんのご意見をお聞かせ下さい。 今勧められているのが、 【ソニー生命】 ・家族収入保険 年金月額15万円 保険期間65歳 払込期間65歳 ・総合医療保険<120型> 5000円/日 ・入院初期給付特約     5000円/日 ・先進医療特約       1000万円 保険期間終身 払込期間65歳 保険料 120849円/年 (健康診断の結果が芳しくないので、審査の結果によっては何割増しかになる可能性大) 他の保険会社のプランをみてもらいたかったのですが、健康状態からみてソニーさん以外はたぶん難しいでしょうとのことで、ソニー生命さんのみプランをもらいました。 その他、ガン保険も考えていますが、大腸ポリープ(良性)があり、切除しないとガン保険には入れないと言われたので、切除が終わってから加入するつもりです。 現在加入中なのが 【明治安田生命】 ライフアカウントLA ・新・生活サポート特約終身型 140万円/年(最低10年保障) ・傷害状態による特別終身特約 500万円 ・がん治療保障定期保険特約  100万円  初回診断時150万円 再発診断時100万円  再発防止の為 10万円/年 ・新・介護保障定期保険特約  200万円 ・傷害特約          500万円 ・がん特約I型        5000円/日 ・入院特約120日型    10000円/日 ・入院初期給付特約     20000円 ・傷害通院損傷特約      1000円 ・新・手術特約       10000円 普通死亡時 2000万円 災害死亡時 2500万円 保険料 199500円/年 (現在加入分も、告知時の健康診断の結果が良くなかったので月額3000円位保険料が割り増しになっており、入院特約120・入院初期給付特約・手術特約は6割しか出ない条件付きになっています) 条件付きとはいえ、保障の内容はフル装備で安心なのですが10年更新型なので、7年後に保険料があがることが心配です。 保険料の削減と健康状態がずいぶんと改善されたので終身タイプの医療保険に入り直せたらと考えて無料相談に行ったのですが、今回も割増や条件がつきそうなので、見直し自体を見送るべきか悩んでいます。 ほけんの窓口の方に、来年や再来年に見直すとして、その時に別の病気や告知内容が増えていたら、加入自体ができなくなる可能性もありますよと言われ、ビビっています。 条件がつかなければソニーさんに入るのも有りでしょうか? 明治安田の保障内容を見直して継続するべきでしょうか? 私の考えとしては、新・生活サポートと傷害通院損傷特約と入院初期給付特約を無くして保険料を抑えて継続もいいかなと思っているのですがどうでしょうか?(月額で7000円位保険料を抑えられます。) 主人の誕生日が11月初めなので、焦っています!! 良ければご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

  • 生命保険更新時の見直しについて

    生命保険の更新時期がきます。 「死亡保障額を減らして、入院や病気時の補償を少し上げたい。 保険料は今と同じか下回るくらいにしたい」旨を伝えた後、担当者から提案をいただきました。 <現保険内容> 第一生命 生存給付金定期付終身保険(S62)コーラス (ステップ払込み方式 月支払い 10500円、10年後更新時保険料 12500円) ・死亡高度障害補償 2000万円 ・入院時補償 各5000円、手術給付金有 <おすすめプラン> 5年ごと配当付終身保険 順風人生 (月支払い 12800円、10年後更新時保険料 19500円、払込み満了 60歳) ・死亡高度障害補償 2000万円(シールド(特定疾病補償)特約定期 300万円、スーパーリライ(障害補償特約)100万円、定期保険特約 1480万円、終身保険(主契約)120万円) ・入院時補償 5000円 ・入院一時給付特約 5万円 ・手術時 20万円前後 収入が低く今後支払い能力に不安があり、子供がいないため死亡保障も極力減らし(葬式代くらいあれば十分)たいと、再度伝えたものの、 「コンピューターにエラーが生じてしまうので不可能。とりあえずはこの金額で更新をして、1年くらい経てば減らすのは可能。」 という返答でした。 死亡保障よりは老後補償を考えたいのですが・・・。 アドバイスを宜しく御願い致します。

  • 生命保険・・・教えて下さい。

    結婚して2年になります。 夫31歳・妻32歳。 子供はいません。 夫が会社で、24歳から加入している生命保険があるの ですが、担当の方が1年の間にころころと変わり、 そのたびに新しい保険を勧められるのですが、 毎回説明がバラバラで良く分かりません・・。 (私の勉強不足もありますが・・) 契約日   平成9年 保険種類  特定疾病保障定期特約        定期保険特約つき5年ごと利差配当付・終身保険 払込期間  60歳 月 払   12、927円                ・毎月 団体月払特約付              ・定期保険特約満了後  1、480円 災害死亡  4500万円 非災害死亡 4000万円 死亡(終身) 120万円 特定疾病保障期間中の悪性新生物など 1000万円 特約: 定期保険特約(15年)     2880万円     特定疾病保障定期特約(15年) 1000万円     傷害特約(15年)       500万円 今、加入している保険はこのような感じなのですが、 現在の私達に必要な保険なのでしょうか・・・? もう少し月払いが安いプランにするか(毎月厳しくなってきました・・)、 もしくは、解約して他の保険にしようか、迷っています (担当者がころころ変わるのも不安です・・) アドバイスどうぞよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直しで悩んでいます

    48歳主婦です。主人53歳、子供は、21歳(大学生)19歳(大学生)16歳(高校生)です。この年齢になってお恥ずかしいのですが、主人の生命保険を見直そうと色々資料など読んでも、混乱するばかりでなかなか結論がでません。よいアドバイスがあれば、よろしくお願い致します。 現在、加入中の保険は ・終身 3000万円(63歳払い済み)40000円/月 ・団体生命保険(掛け捨て)5000万円 20000円/月 ・共済組合の医療保障(掛け捨て)8000円/日 ・三井生命の介護保障付定期保険特約付終身保険  (これを平成12年11月からかけていますが、解約しようかと悩んでおります。)  内容は  主たる保険けいやく・・・・・1000000円(22年まで)  定期保険特約 ・・・・・・ 9000000円(22年まで)  介護生活保証特約・・・・・ 2000000円(22年まで)  災害入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  疾病入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  成人病特約   ・・・・・  5000円(22年まで)  ガン入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  通院給付特約  ・・・・・  3000円/日(22年まで    死亡保障は65歳まで医療保障は80歳までで、22年から保険料は更新されて上がります。(65歳払い済み)   保険料は30275円/月です。 長々となりましたが、保険料がかなりの額になるので、 最後の分を解約して、もう少し負担の少ない医療保障のみの保険にできないかと思っております。今解約するのは、もったいないでしょうか?アドバイスがありましたらよろしくお願い致します。 

  • 生命保険見直しで悩みまくっています…

    37歳の会社員です(既婚、子供二人、妻は専業主婦) 持ち家購入を機に保険の見直しを考えています。(平成11年加入)勧められるがままに訳も分からず加入し、私も保険のことは全く分からない素人ですので、どなた か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵をお借しください。 現在、検討しているのは、 ・補償額を下げて月々の保険料を下げる。 ・解約して掛け捨てタイプに加入する。(損保ジャパン等) といったところです。 契約の内容は以下の通りです。 保険種類:定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・ 終身保険 契約:平成11年 保険期間:終身 保険料払込期間:65歳払込 保険料:月払い16954円 死亡保険金:1500000円 定期保険特約(15年):43500000円  うち転換部分:3864800円 特定疾病保障定期特約(15年):5000000円 障害特約(15年):5000000円 災害入院特約(15年):5000円 疾病入院特約(15年):5000円 成人病入特約(15年):5000円 がん入院特約(15年):10000円 通院特約(15年):3000円 リビングニーズ特約付加 以上、宜しくお願いいたします。

  • 余分に入りすぎている生命保険の見直しについて

    生命保険に入りすぎているので、の見直しをしようと思っています。アドバイスをお願いします。 夫 34歳(会社員) 私 34歳 (会社員)(仕事はやめる可能性があります) 子供 1歳 (2-3年以内にもう一人出産希望) 現在夫の生命保険が多額なので、見直しをしようとしています。 契約内容は 第一生命 定期保険特約付終身保険 約1万円/月(1994年契約 死亡保険100万、定期保険特約(10年満期)2400万、その他入院等の特約付き)特定疾病保障定期保険 約3600円/月(保険金額1000万円) プルデンシャル 修正払込方式5-10終身保険(1995年契約 死亡保険2500万円 入院特約付)支払額は5年目まで約1万6千円、5-10年目 約26000円/月、11-32年目約3万3千円/月、それ以降 約3万円/月)60歳までの払込保険料は1700万、解約返戻金は770万です。 県民共済 2000円/月(死亡保障400万等) そのほか、把握していないのですが、アメリカンファミリーのガン保険にもはいっています。 ちなみに私は県民共済(死亡保障400万)のみです。 また住宅ローンがあるので、そのための保険(団信というのでしたでしょうか)にもはいっています。 以上のような現状です。 知り合いに勧められるままに加入していましたが、死亡保障を2000万から2500万程度、入院特約を5000円/日、程度あればいいのかしら?と思い始め、第一生命かプルデンシャルのどちらかをやめるか、それぞれを減額するか、もしくは別のものに入りなおすか、、どの方法がいいのか迷っています。 アドバイスをよろしくお願いします。