• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の見直しで悩んでいます。

夫婦31歳です。子供はいません。 現在加入の生命保険は◎本生命の夫婦別々のもので、主人の生命保険が月額13000円くらい、私のが7000円くらいです。 いろいろとガン特約などはしっかりついているので、それは特に心配はないのですが、主人の保険が65歳で支払満了後に亡くなった場合の死亡保障額が10万円なんです。。。私のは100万円なんです(保険の種類が違うからかもしれませんが) 他社の生命保険はまだ比較していないのですが、これから見直す場合、これはこのままにして支払満了の時に違う保険に切り替えた方がよいのか、それとも今別のものに切り替えた方がよいのか悩んでいます。 個人年金も入っていますが、さすがに65歳以上で死んだ時の保険金が少ないなぁと思って。。。 特約(ガンなど)が重視されていると、他社の保険でも同様なものなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数79
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • inahi
  • ベストアンサー率40% (176/439)

ご主人の保険は医療終身保険(がん入院)がベースの15年更新タイプのものかなと想像します。奥様の保険は終身保険がベースので違う種類でしょうね。保険証券に名称が書いてありますよね。 医療終身保険(がん入院)を重視した内容の保険に加入したから65歳以降の死亡保障が少ないんでしょう。もし死亡保障を重視するなら奥様と同じ商品に加入すれば「少ないかも・・・」と心配しないで良かったかもですね。 他の方も言われていますが、65歳以降にどのくらいの保障が必要か、ただ漠然と「少ない?」では奥様の100万円だって「これで十分か?」となってきませんか? 一般的に「葬式代で十分だ」とは言われたりしますが、ご主人が亡き後の奥様の収入はどうなるのか考えることも必要です。 自分の年金や貯蓄額によっては葬式代も保険で用意する必要も無い人もいるでしょうし、逆に葬式代+奥様の老後の生活費まで保険で用意した方が良い人もいます。 さて、「支払満了の時に違う保険に切り替えた方がよいのか、それとも今別のものに切り替えた方がよいのか」とのことですが。 具体的にいくらの死亡保障があったら良いかとお考えになったら、「後から」よりは「今から」準備したほうが良いですよ。 生命保険は身体にかける保険です。同じ内容の保険でも年齢が高くなれば単価は高くなり(高額の支払いになる)ますし、健康状態によっては加入そのものが出来なくなることだってあるからです。誰でも年を取れば何かしらの不調を抱えてたりするのが自然です。 今加入の保険を丸ごと切り替えることもアリですが、不足分を別に用意する選択肢もアリだと思います。65歳以降の死亡保障が気になるのなら「終身保険」のみ追加加入するとか。後はどの程度のお金を保険の支払いにまわせるかの予算ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございました。 No.6のinahiさんの欄に代表して投稿させていただきます。 掛け捨てで、もったいない気もしますがイザという時に必要な物ですよねー保険って・・・。 いろいろとわからないことばかりなのですが、もう少し検討してみようと思います。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

根本から必要保障と保険契約を見直しましょう。 終身1000万円+逓減定期又は華族収入+終身医療・日額1万円、が必要保障額です。 これから5,304,000円払って、生存したら10万円なんてばかげた契約は即刻解約、他社に加入すべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

>これから見直す場合、これはこのままにして支払満了の時に違う保険に切り替えた方がよいのか、それとも今別のものに切り替えた方がよいのか悩んでいます。 支払満了時になった場合、ご主人は65歳になっていらっしゃいます。 保険料は年齢によって算出されますから、その点はご注意下さい。 また見直すに際して、いまの保険にあるメリット・デメリットについてしっかり把握なさって下さい。 ご主人が加入なさった時の予定利率が良ければ、その分保険料は割安になっている場合もあります。 客観的にアドバイスしてもらえる方にご相談をして、あらゆる見地から判断なさって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#12813
noname#12813

普通、60歳を過ぎると生命保険の保障はそれくらいのものですよ。もっと保障を厚くしようとすると、掛け金が高くなりますしね。 ただ、ご主人の生命保険の保険金額を決めるには、まずご主人が亡くなった場合に奥様にいくらの遺族年金、寡婦年金が支給されるかを、調べてみてください。 それ以降はその年金と、貯蓄で生活していくわけですが、奥様の生計を維持するのに足りない部分を、生命保険で補うのです。 一般にお子さんがいらっしゃらない場合、保障もそんなに必要ないです。教育費などもかかりませんからね。 ただし!これは盲点なのですが、子供のいない場合、旦那さんが亡くなると旦那さんの遺産の、配偶者の相続分は1/2です。あとの1/2は旦那さんの両親、両親がいなければ兄弟に相続権があります。 よくあることですが、子供のいない夫婦で、夫が亡くなって、夫の残してくれた貯金で妻が生活費にしようとしたところ、銀行で貯金が下ろせないということがあります。 銀行は相続のために引き出しを差止めするのです。 あてにしていた貯金が、思ってもみなかった旦那の兄弟に半分持っていかれるというケースがよくありますね。 貯金だけでなく、土地や家や有価証券など、すべての財産が対象となります。 それを防ぐには旦那さんに遺言を書いてもらいます。 そういったことも含めて、万一のことがあった場合に、いくら必要なのかを計算してみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

私も最近保険の見直しをしました。 現在の保険証書をもう一度よく見直してみた方がよいかと思います。 現在13000円程度の保険料でも、5年後、10年後に保険料があがるようになっていませんか? 支払い期間は何歳までですか?保証は一生涯ですか? 保険料の払い込みは65歳までで終了するけど、保証は一生涯というものを選んだ方がいいと思います。 ガン保険も、よく読むと軽度のガンは特約をつけないと保証されないというものも多いです。 #2さんと同様ですが、死亡保障・医療保険・ガン保険をそれぞれ単品で加入がいいのではと思います。 見直すと月々の保険料は高くなるかもしれませんが、払い込み期間が65歳まで、保険料が上がらないなどで計算しなおすと現在より少ない保険料になることが多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • dod1972
  • ベストアンサー率43% (2842/6576)

>主人の保険が65歳で支払満了後に亡くなった場合の死亡保障額が10万円なんです という事は、終身もしくは長期の保障は、死亡保障10万円だけです。葬式代など、死後整理資金として、200万~300万は終身保障が欲しいところです。(ただし、葬式代はケチれば30万くらいで行けますし、貯蓄があれば葬式代を捻出できますので、この金額は状況に応じて変えてください。) >ガン特約などはしっかりついているので ?歳まで有効とかなってませんか? あと、◎本生命さんでしたら、15年(もしくは10年)ごとにお支払い金額が上がりませんか?一度、上がった後のお支払い額を計算してみるといいでしょう。なお、お子さまがいらっしゃらなかったら、どんな状況があったにせよ、1000万以上の死亡保障はムダです。(自営業で、職業上の保障で契約している場合を除く) N生命さんとかは、お子さまがいらっしゃる方ならまだしも、独身とか、お子さまがいない方には、合ってない保険です。(1000万以上の死亡保障を付けないと、契約してくれないでしょうから。) *現在の保険は解約して、がん保険、医療保険(1入院120日以上、日額5000~10000円)、死亡終身保険200万くらいを、ご予算に応じて、単品で分けて加入するのが、現時点で一番いいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 9ma
  • ベストアンサー率24% (193/800)

最近自分の保険の見直しをしました。 ご質問の、65歳以降の死亡保険金ですが、意外かもしれませんが、これは少なくてもよろしいのではないかと思います。なぜかというと、その段階では、残された家族への生活への保障が少なくて済むからです。少なくとも、40歳で亡くなった場合に比べて、格段と小さくて済みます。 退職金や、資産がある程度おありになる場合には、10万円でも良いと思います。ご心配の場合には、200-300万くらいまで増額する余地はあると思いますが、貯金で取っておく事もご検討ください。 むしろ、入院保険については、65歳以上で、必要となる場合が多いので、終身の入院保険にはいることをご検討してはどうでしょうか。今のうちでしたら、掛け金も安くて済みますね。 保険会社ごとの違いですが、特約とか、定期・終身の違い、などがありますが、財務的・経済的には、どれもほぼ同じものであると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生命保険の見直しで悩んでいます

    48歳主婦です。主人53歳、子供は、21歳(大学生)19歳(大学生)16歳(高校生)です。この年齢になってお恥ずかしいのですが、主人の生命保険を見直そうと色々資料など読んでも、混乱するばかりでなかなか結論がでません。よいアドバイスがあれば、よろしくお願い致します。 現在、加入中の保険は ・終身 3000万円(63歳払い済み)40000円/月 ・団体生命保険(掛け捨て)5000万円 20000円/月 ・共済組合の医療保障(掛け捨て)8000円/日 ・三井生命の介護保障付定期保険特約付終身保険  (これを平成12年11月からかけていますが、解約しようかと悩んでおります。)  内容は  主たる保険けいやく・・・・・1000000円(22年まで)  定期保険特約 ・・・・・・ 9000000円(22年まで)  介護生活保証特約・・・・・ 2000000円(22年まで)  災害入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  疾病入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  成人病特約   ・・・・・  5000円(22年まで)  ガン入院特約  ・・・・・  10000円(22年まで)  通院給付特約  ・・・・・  3000円/日(22年まで    死亡保障は65歳まで医療保障は80歳までで、22年から保険料は更新されて上がります。(65歳払い済み)   保険料は30275円/月です。 長々となりましたが、保険料がかなりの額になるので、 最後の分を解約して、もう少し負担の少ない医療保障のみの保険にできないかと思っております。今解約するのは、もったいないでしょうか?アドバイスがありましたらよろしくお願い致します。 

  • 生命保険の見直し。

    現在46歳のサラリーマンです。30歳から終身型生命保険に入っていて、死亡時3.500万+入院特約というものだったのですが、どうやらこの年まで生きながらえることができて、来年から、掛け金が倍以上になります。 ちょっと高くて払えない金額なので、見直ししようとしています。現在入っている生保会社(明治・安田)は、掛け金がすくないなら、老後特約に重点を置いた(長生きが前提)ものをすすめてきます。 たしかにこれから増えていくタイプにみえます。 ただ個人年金にも長く入っていますし、どちらかといえば、本当の死亡保険(死亡時の支払が高い保険+病気入特約)がいいと思っているのですが、私が保険に入ったバブル期ころ、と世の中様変わりしているようで、保険商品も、ドンと高い支払をするものはなくて、ちまちま、老後を少しでも余裕をもって生活する年金型の商品ばかりのようです。支払いも死亡時1000万というのが多くて、どうしようか途方にくれています。いろいろシュミレーションもしてるんですが・・・。どなたか死亡時金の高い組み合わせの保険商品でこれは、というのをご存じのかたいらっしゃいませんか?

  • 生命保険の見直し

    こんにちわ。現在加入している生命保険の見直しを考えています。内容は、 D生命の定期保険特約付・終身保険で、 契約日は昭和62年10月1日で払い込み期間は25年(65歳)。 主契約の終身保険S62 720万円、定期保険特約2280万円 傷害特約S58(本人・妻)500万円 災害入院特約S62(本人・妻)8000円 疾病特約S62(本人・妻)8000円 災害割増特約3000万円、主契約終了後の特約保険料は満了時に一括前納する事となっています。現在59歳(男)54歳(女)の夫婦です。 S62年に転換し、その時一時金を入れた為、主契約の保険料は安くなっています。 来年更新の通知が来ました。このままの内容で更新すると定期保険特約の保険料だけがアップします。 フアイナンシャルプランナーに相談したら、主契約と疾病特約だけ残して他は全部解約して、新たに外資系の入院保険を夫・妻別々に入ることを勧められました。新たに入る入院保険の保険料は高額ですが、入院1日目から日額1万円出て80歳まで保険料は変わらないそうです。 保険料を上げたくないので、このまま定期保険特約だけ減額して継続するか、プランナーの勧めに従うか迷っています。 良きアドバイスあればよろしくお願いします。

  • 生命保険の見直し!これでいいのかな?

    29才 既婚です。夫婦別々に保険に入ってたのですが 今 見直しを考えています。(主人30歳) (1)夫婦型医療保険 入院時主人1万円、 私8千円支給される保険で 毎月7000円です。 (2)同じく医療保険 入院時主人5000円 私3千円支給される夫婦型保険 毎月1700円です。 (3)生命保険 夫婦別で お互いに死亡時500万の保険 上記3つに入る予定です。 すべて10年満期で (1)は満期時に20万円返って来ます。 ちょっと内容が薄いかも?と思ってます。 アドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直し

    朝のTV「はなまる」でやっていましたが、以前から、生命保険の掛け金を減らしたいと、おもっています。ただ 主人は大手N生命、私は、郵便局で、結構若いときからはいっているので、今はいるのよりはずっと掛け金は安いと思います。一部だけを 削ることって できるのでしょうか。主人のほうは、医療特約の部分は10年ごとに 書き換えでそのたびに掛け金があがってしまいます。後数年で、2回目の書き換えです。私のほうは、死亡も医療特約も終身同じです。

  • 生命保険見直しに助言願います

    いま、失業中で、職が見つかる宛てがありません。 今後、保険料の支払いに窮することも考えられます。 保険の見直しを考えておりますが、助言ねがいます。 現在、44歳独身です。 1.生命保険 「終身保険(2000万)+定期保険(2000万)+災害・傷害特約(2000万)」+医療保険(死亡50万)があります。 払込終了(65歳)まで20年近くあります。 保険料=約30、000円。 2.癌保険 (1)普通の癌保険。保険料=約1、000円 (2)重大疾病治療特約付。保険料=約3、000円 3.個人年金 (1)払込期間15年、約15、000円 (2)払込期間10年、約10、000円 助言お願いします。

  • 生命保険~高いのか?~

    こんにちは。夫の生命保険ですが、他社からは高いだけでは?と言われて気になってます。アドバイスお願いします。 <積みたて利率変動型終身保険 65歳まで払い込み> ●死亡保障1000万(終身) ●入院特約1日5千(終身) ●ガン入院1日1万5千(終身) ●疾病による払い込み免除(65歳まで) ●逓減定期保険1000万(25年の掛け捨て) ●家族収入保険月7万(私が75歳まで支払われます) ●疾病による払い込み免除(私が75歳まで支払われます) こんな感じで月の支払いが3万弱です。 私の保険は <積みたて利率変動型終身保険 払い込み60歳まで> ●死亡保障500万(終身) ●傷害特約750万(70歳まで) ●入院1日5千(終身) ●ガン1日1万5千(終身) 月の支払が約1万です。 2人ともリビングニーズ特約と葬式代として、すぐに300万まで先払い可能です。また、死亡受取額を支払が困難になった場合減らして払込期間を短縮する事も可能だそうです。 2人で4万という金額は、皆様が入っている保険よりどう考えても高いと思います。…が、保障内容も違うので一概にも言えないかも、と思いつつやっぱり気になります。 一応FPに作成してもらいましたが、その会社の人間ですから何とも言えないですよね。

  • 生命保険の見直しをしています

    今、生命保険の見直しをしています。 私は今年結婚した専業主婦です。夫はサラリーマン。 今、夫は生命保険に入っていません。会社のグループ保険くらいです。私は独身の時になんとなく入った終身保険に入っています。今生命保険の見直しをしていて、夫にはなにか定期付終身保険又は定期付養老保険?とかいろいろ考えています。医療保険のほうも入ろうと検討中です。 私の終身保険は 平成5年契約ニッセイ50歳払い込み満了。月払9758円 死亡保険金1000万円 特約・新災害入院特約5000円/日   ・新入院医療特約5000円/日   ・通院特約   3000円/日です。 この保険を死亡保険金500万円に減額しようとも考えたのですが、たいして月払金は変わらなかったのでやめようとも考えています。 私の考えではとりあえず私に関しては医療保険に重点をおき、死亡保険金はなし又は100万から500万円あればうれしい。夫に関しては子供が大きくなるにつれて金額が少なくなり、最終的に終身を500万円くらいでと思っています。でも定期付終身保険は60歳になったら定期保険はなしになって、いままで払い込んでいた分が損ということになるみたいだし。養老保険?もあるらしいですが詳しいことはわかりません。どうかどなたかよいアドバイスください。お願いします。

  • 某生命保険に入ろうと思いますが?

    某生命保険の入ろうとした45歳の事務系の会社員です。B型肝炎ウィルス保持者でHB抗原プラスです。この場合ガンになっても一時金の保険金は出ないと言われました。入院費は出るみたいですが・・・。他社の生命保険はどうなんでしょうか?

  • 生命保険の見直しについて

    昨年の結婚を機に,生命保険の見直しを考えています。13年前に23歳で生命保険に加入し,あまり考えずにいままで来てしまいました。ようやく重い腰を上げたところです。どうぞよろしくお願いします。 36歳男性(会社員) 契約は1993年(23歳) 定期特約付終身保険です 主契約保険料払込期間満了年 H35(2023) 53歳 主契約保険期間満了年 終身 (定期保険)特約等満了年 H25(2013) 43歳 現在の合計保険料 10833円 更新後の合計保険料 16942円 43歳~ 52歳 終身保険(主契約) 120万円 保険期間:終身 53歳払込 保険料1141円/月 定期保険特約 2880万円 保険期間:43歳 保険料8035円/月 (43歳更新後13478円/月:43~52歳) 新災害入院特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料345円/月(5日目から) 新入院医療特約 日額 5000円 保険期間:43歳 保険料1030円/月(5日目から) 通院特約 日額 3000円 保険期間:43歳 保険料282円/月(5日以上の場合) ※これにプラスして,3大疾病特約(1263円/月で300万円:10年ごと更新)に加入しています。 現在,子どもはおらず共働きです。子どもができたら,妻はしばらく仕事を辞める予定です。 考えているのは,終身保険が120万円と低く,特約分の支払いが今後大きくなってくることでの経済的負担増。43歳で更新しても,53歳までは健康的には大丈夫かなあという気持ちがあり,定期分の支払いが無駄になってしまうのでは?と。 医療保険も,5日目からしか出ないため,メリットも小さい気がしています。 生命保険会社からは,「生きる力EX(12392円/月:ただし5年前の試算)」というのを勧められていますが,いかがでしょうか? 現在の保険を継続するか,別の保険にするか迷っています。その方法も,解約か転換か・・・ 難しいですね保険って。 なかなか的を得ない質問で申し訳ありませんが,よろしくお願いします。