• ベストアンサー
  • 困ってます

2回目の異議申し立て。何級に該当するか

後遺障害申請しましたが非該当、異議申し立ても非該当でした。 2回目の異議申し立てをするために、通院していた整形外科と違う整形外科で 神経学的検査をし、レントゲン・MRI(3.0)を新たに撮りなおし、診断書を作成してもらいました。 (1)何級(非該当)に該当するか教えてください。 (2)『異議申し立ての主旨』を添削してください。 (3)異議申し立てをしても、反撃されるのは覚悟はしておりますが、 反撃される前に対応できる有効な文章などありましたらご伝授ください。 (4)送付先で比較的審査の甘い地域などありましたら教えてください。(均等しているのが道理ですが・・当方東京・埼玉にて審査済み) ●今までの非該当理由 初診時の他覚的症状は「所見なし」とされており 症状の裏付けになる神経学的異常所見に乏しい。 「後遺障害診断書には30分以上の使用で左腕がだるくなる、 左中指~小指のしびれ」とされており、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すものと 捕らえがたいから後遺障害には該当しない。 症状の緩解・憎悪の見込みの欄に「左上、下肢の症状は徐々に緩解する。」と記載されているから後遺障害には該当しない。 (※実際は症状の緩解・憎悪の見込みの欄に、そのほかの症状は残存する可能性ありと主治医が記載しています) ●病院A(主治医):病名 腰椎捻挫・左腕神経叢損傷・頚椎捻挫 現在、頚部、腰部のつっぱり間、左上、下肢の痺れが常時残存中である。 左上、左下肢共にMMT4レベルの筋力低下を認める。 左・ ジャクソンテスト 陽性 左・SLRテスト 軽度陽性 左・上肢腱反射 軽度低下 左・下肢の痺れ 左・前腕近位1/3でのチネルサイン常時陽性 左・下肢近位1/3でのチネルサイン陽性 (補足・・B病院で撮った画像を見てもらいましたが、画像所見では問題ないと言われたので診断書には画像所見は記載しておりません) ●病院B:病名 左坐骨神経痛・頚椎椎間板症 自覚症状:左でん部大腿足痛・頚部、左上肢痛 他覚所見:左第3~5指、左でん部~大腿・左足遠部にしびれ(知覚低下と知覚過敏)有り。 ジャクソンテスト (+) バレーサイン (+) SLR左側 80° FNST (-) 腱反射 上・下肢共軽度亢進 筋力 握力右30・左16kg 下肢IP~FHL 3/5 X線: 腰椎L5S軽度狭小化、腰椎後湾形成 MRI: 腰椎L2.3~L4.5椎間板変性軽度 ●異議申立の主旨 本件については 22年0月00日 に後遺障害等級について非該当の通知がなされております。 頚部・腰部・上下肢について現在も症状が残存している事が、新たな診断書二通・画像にて証明されております。 医師二名共に神経学異常所見を認め、レントゲン画像およびMRI画像で異常所見を認めました。 後遺障害診断書に『左上、下肢の症状は徐々に緩解すると考えられる。ほかの症状は残存する可能性あり』と記載されており、左上、下肢の症状は現在、症状固定時よりさらに症状が憎悪し、頚部・腰部は常時疼痛を残しております。 診断書の神経学異常所見でご判断いただけることと思います。 A整形外科の診断書の神経学異常所見内にも『現在、頚部、腰部のつっぱり間、左上、下肢の痺れが常時残存中である。』と診断されております。 画像異常所見では、既往歴にはない症状の発症の原因が今回の事故になり相当因果関係が成立します。 これらの神経学異常所見・画像所見にて、認定基準における「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」と判断することができます。    したがって、12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの「頭頂部、上肢、背部に残存する症状が神経学的検査所見、画像所見などの他覚的所見により医学的に証明できるもの」 上記が認定されるものと思科します。 以前、私は老人介護施設で重労働ではありますが頚部痛・腰部痛もなく仕事をこなしておりました。今回職場復帰するにあたり、事故での受傷箇所に常時疼痛を残している為 以前のように業務をこなすことが困難になり、デスクワークへの配置転換を余儀なくされました。 つまり本件事故受傷により、この様な症状が発現し、現在も改善することなく継続しているのです。 従って、本件の結果が非該当はどうしても了解することが出来ません。 今、一度のご再考をお願い申し上げるものです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tomoyo6
  • ベストアンサー率64% (35/54)

レスが付かないので、参考意見を書きます。 私も、この質問は注意深く見ておきます。 さて、素人の私から見ると「非該当」か奇跡的に「14級」と思われます。 まず、異議申立は、決議に対しての異議ですから、 決議した内容を否定する必要があります。 >初診時の他覚的症状は「所見なし」とされており >症状の裏付けになる神経学的異常所見に乏しい。 と「決定」付けています。 これに対しての否定はなんでしょうか? 自賠責の判断は、事故当時「医者」が「所見無し」といっているのに なぜ、あとから所見が沸いてでてくるのか? と疑っているのです。 この当たりの説明を、初診の医者が診断書に書いてくれたら 効果有ると思います。 例)「初診時は所見無しであったが、当初より痛みを訴えており、 後のMRIよりL4-5の神経圧迫が痛みの原因だった」とかです。 次に >「後遺障害診断書には30分以上の使用で左腕がだるくなる、 >左中指~小指のしびれ」とされており、受傷部位にほとんど常時疼痛を残すものと >捕らえがたいから後遺障害には該当しない。 ですが、 「常時疼痛を残さない」 としています。 これに対しての反論は、どこでしょうか? >これらの神経学異常所見・画像所見にて、認定基準における >「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」と判断することができます。 が反論のように見えますが、 左中指~小指のしびれの話になっていませんよね。 つぎに >症状の緩解・憎悪の見込みの欄に「左上、下肢の症状は徐々に緩解する。」と >記載されているから後遺障害には該当しない。 これが、誤読なら誤読と書きましょう。 私には、「残存する可能性あり=残存しない可能性あり」といっているだけで 自賠責の判断が正しいように見えます。 以上、すこし厳しい意見を書きましたが、私自体この手のエキスパートでもなんでもありません。 参考程度に聞いて頂ければと思い回答しました。 繰り返しますが、自賠責の判断に対し論理的な反論が記載されていないので、 自賠責の決定を覆す「異議申立」は通らないというのが、 私の読みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えていただきありがとうございました。 基本的に自分の頭の中が整理仕切れていないことが最大の原因だと 思います。 自分では今回申請するためにこれでもやったほうかなと思うのですが 初診時(交通事故直後)画像の他にもきちんと神経学検査してもらうべきでしたね。 このような診察を受けてしまった事に今更ながら後悔しました。 ご指摘どおり論理的な反論をする方法がこれ以上思い浮かばないので 申請は撤回しようかと思います。 貴重なアドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 後遺障害認定非該当の異議申し立てについて

    後遺障害認定非該当の異議申し立てについて 頚椎捻挫で半年以上通院後、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、 被害者請求しましたが、画像に所見がなく非該当でした。 異議申し立てするに当たって、医師の新たな医証が必要と知り、 頚椎専門の病院に行き診察してもらいました。 XPやMRI等撮らず神経学の検査をいくつか行い以前通っていた病院で 症状固定時に撮った画像を分析して骨に異常は見られないと言われました。 新しい病院で1度来ただけということもあり診断書は書いてもらえませんでした。 以前通っていた病院に再び行き、診断書を書いてもらおうとも思いましたが、 医師は認定は難しいと思っており言い辛い状況です。 以前の画像と、異議申し立て書に記入するだけでは、 同じ結果が出るだけでしょうか? 以前の病院や他の病院へ行って診断書を書いてもらうか、 後遺障害は非該当のままで示談の話をするか迷っています。 示談の話ですが、慰謝料が自分の計算したものより安くなる可能性があるので、 紛センに話を持って行きたいと思っています。 保険会社に慰謝料の見積もりを依頼すると示談に話が進むと思うのですが、 どのタイミングで紛センに持ちかければいいのでしょうか。 どうかアドバイスください。 宜しくお願い致します。

  • 交通事故 後遺障害 異議申し立てについて

    そして先日事前認定というのをするので保険会社に書類を提出したところ後遺障害の非該当になりました 理由としては 腰痛、右下肢重だるさ、疲労感、右下肢鈍痛等の症状については提出の画像上、腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書上軽運動等により徐々に改善、緩解していくと思われるとされていること等から将来においても回復が困難と見込まれる障害とは認めがたく、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します なお、胸腰推部の運動障害については提出の画像上腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書に記載された運動障害の原因となるものとは捉え難くその他の推体骨折党は認められないことから。自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します とのことでした 日常生活にも若干支障があるので全く納得いかないので異議申し立てしようと思っています そこで質問なのですが、 1 この場合どういう治療を受ければいいのか? 2 医師の診断書にどういう内容の事を書いてもらえばいいのか? 詳しい方どうかご教授願います

  • 後遺障害認定非該当の異議申し立ての方法・アドバイスについて

    医師に書いてもらった後遺障害診断書も添付し、被害者請求したのですが、非該当とされました。理由は、骨折等の器質的損傷は認められず、診断書上、神経学的異常は無いとされており、医学的所見に乏しい、リハビリ加療にて軽快してきているとしょけんされている、などと書かれています。 1.これでも、異議申し立てすれば、認定される可能性はありますか? 納得できないのはもちろんです。 2.異議申し立ては、異議申し立て書と、支払請求書以外に必要な書類はありますか?つけたほうが良い書類はありますか?治療が終わる際のレントゲンはとってないのですが、撮っても頚椎捻挫のため、異常は見られませんし、また同じ病院に行くのも迷惑がられそうです。 3.後遺障害認定、後遺障害診断書の記入が得意な、被害者のためをすごく思ってくれる病院があると聞いたのですが、私の場合、一度、後遺障害診断書を書いて提出しているので、他の病院でそのようなことをするのは無理ですか? 4.送った写真などもすべて結果とともに送り返されてきたのですが、異議申し立てをする場合、これらもすべて再度送るのですか? 以上、4点、どうか助けてください・・・。

  • そんなに難しいこと?

    主治医(整形外科)の書いた後遺障害診断書が心もとないため,専門医(神経内科)にて検査。診断書を後遺害診断書に添付と考えているのですが,最初に見た交通事故・損害補償のサイトで       絶対に「交通事故・後遺障害」を医師に言うべからず! の一文が強烈に印象付けられ,何だか妙に考えてしまって前に進めません。 別に新たな後遺障害診断書を希望しているわけではありません。 検査をして頂いて,検査の結果(画像所見・神経学的所見)を書いていただくだけのもので良いのですが。 医師に現状を話して検査を受ける・・・そんなに難しいことでしょうか?

  • 後遺症障害非該当後の異議申し立てについて

    外傷性頚肩腕症候群、外傷性頭痛にて後遺症の申請をしましたが非該当となりました。 非該当の理由としては、 提出の画像上明らかな外傷の異常所見は認められず。後遺症害診断書上、神経学的検査の異常所見の記載もなく、他覚的に神経系統の障害が証明されるものとは捉えられません。 また以前後遺症14級9号が認定されており、現在の症状が本件事故前の症状を上回るものとは認められないことから非該当とします。 とありました。 しかし、以前の事故で後遺症になったのは右側の頭痛・首・腕・手の痺れでした。 今回の事故は左側の同じような症状で、握力が右・左とも4という結果になっています。 今で右手の握力低下を左手でカバーしていたのに、この握力ではカバーなんてできません。 車の運転も出来なくなりましたし、家事もできることといったらわずかです。 教えていただきたいんですが、一度後遺症を認定されたら同じ等級で認定はされないのでしょうか? 異議申し立てを考えておりますが、該当に至る為に申し立てするポイントはありますか? こんな状態になって治療もやめることも出来ず、仕事も支障が出ています。 今から何十年この状態かと思うと辛いです。 今から妊娠・出産と出来るのかという心配もあります。 非該当だったけど、異議申し立てして該当になった方や 保険に詳しい方、宜しくお願いします。

  • 交通事故の後遺症認定非該当の異議申し立てに関しての質問です。

    交通事故の後遺症認定非該当の異議申し立てに関しての質問です。 人身事故にあい右手首を骨折し、骨折に関しては完治しましたが、指にしびれの後遺症が残りました。 ○右手の3指に常時しびれを感じている。 ○握力は左手の7割程に落ちました。 ○右手でボタンを掛けられない。 ○紙の束から一枚紙を取る時になかなか取れない。 ○箸で細かいものを掴んだりが困難。 といったかんじです。 後遺症診断書を出したら 「症状については、提出の右手関節部XP画像上、右橈骨遠位端骨折は判然とせず、後遺障害診断書上においても、自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しいことに加え、その他症状経過や治療状況等も踏まえた結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉えがたいことから、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断」 という結果で非該当でした。 後遺症診断書を医師に再度書いてもらい異議申し立てをしようとも考えていますが、上記のような後遺症で後遺障害等級 の14級の症状(例)にある、「局部に神経症状を残すもの」に認定される可能性は低いでしょうか? 後遺症診断書作成や行政書士や弁護士の相談の費用もかかるので、該当が難しいようでしたら諦めようとも思っています。 もしお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 後遺障害異議申し立てに必要な事を知りたいのですが。

    宜しくお願いします。 昨年走行中に側道から飛び出してきた車に追突して、受傷後一年が経過しております。 当時の症状は肩に強い痛みと可動域制限、腕には痺れ・指先の機能障害・握力低下等です。 その時の医師の診断は腕神経根損傷 神経は1日1mmのスピードで自然治癒するので待ちましょう!でした。 症状はあまり回復しないまま半年が過ぎて、保険屋に言われるがまま 後遺症診断書用紙を主治医に提出。 当方,保険についての知識も皆無に等しく検査はそれ程行われること無く簡単に診断書作成をされて、保険会社に提出しました。 その結果、後遺障害認定は非該当。 肩に痛み・可動域制限、腕には痺れ・機能障害等が今も残存して辛いのに何故? 正直認定結果は信じられませんでした! やはり後遺症診断書の記載内容に問題があったのかも? 納得出来ずにネット等で調べて異議の申し立てが可能だと知り、相手方の保険会社には異議の申し立てをする事を伝えました。 当初の医師に神経損傷に詳しい病院を紹介してもらい、そこでMRIや他覚的検査を詳しく受けました。 筋電図・サーモグラフィー等を受けて神経学的に必要な検査の結果、異常があり明らかに腕神経断裂が認められる! MRI画像では、今回の症状の原因か判らないが肩に少し異常が見られると医師に言われました。 この診断から後遺障害は認められる可能性はありますでしょうか? 又、今後はどの様な事が必要でしょうか? 皆様の知恵をお貸し下さい。

  • 神経学所見など異議申し立てをしたい等級14級は納得できない

    たびたび利用させて頂いております。 後遺症等級の件ですが腰の障害で自賠責損害調査事務所の事前調査では 「局部に神経症状を残すもの」として、別表第二第14級10号と判断しますとの結果でした。診断書で「ドクターは画像上で特に問題なし」との事なので神経学的な所見での証明を行い異議申し立てを行おうと思っています。詳細は下記の通りです。 ・自賠責診断書 傷病名⇒ 腰椎挫傷 右坐骨神経痛 自覚症状⇒ 腰痛 右下肢痛 歩行・立位障害 他覚症状および検査結果⇒腰椎可動制限、MMT3程度の筋力低下、右SCRテスト陽性、右下肢全体に異常知覚、 運動障害⇒前屈20 後屈0 運動範囲20 左回施10 右回施2 左側屈10 右側屈10  荷重機能障害(常時コルセットの必要性)⇒有 ・労災診断書(参考までに労災の面談では14級はあまりにも低すぎるとの見解でした) 傷病名⇒腰椎挫傷 ⇒右坐骨神経痛 障害の部位⇒腰椎 主訴⇒自覚症状 1)腰痛 2)右下腰痛(右側??)3)歩行障害 障害の状態及びXP等の所見⇒ 1)左下腰異常知覚 2)体幹、下腰痛による立位歩行困難 3)右下筋力低下 画像所見は腰椎に有立(?)な所見を認めず。 障害残存の理由⇒腰椎関節の軟分組織障害が原因と思われる。 胸腰部 前屈20 後屈0 運動範囲20 左回施10 右回施20 運動範囲30 左側屈10 右側屈10 運動範囲20 それに対して自賠責損害調査事務所の事前調査では(腰痛の訴えについては、提出の腰部画像上、軽度の変性は認められますが、本件事故による骨折等の明らかな器質的損傷所見は認められず、また、提出の医証からも症状に結びりく有意な神経学的所見に乏しいものと言わぎるを得ません。しかしながら、事故直後から一貫して上記症状を訴え、中断することなく治療を継続していること等を勘案すれば、上記症状については、本件の事故に起因する症状として医学的に説明することが可能であると提えられ、症状の程度としては、「局部に神経症状を残すもの」として、別表第二第14級10号と判断します。 なお胸腰椎部の運動障害とのことについては、同部に本件事故による骨折等の明らかな器質的損傷所見は認めらないことから、自賠責保険の後退障害には該当しません)との内容です。 異議申し立てをするにあたって上記内容から考えれば後、何を証明し又診断書内の神経学的な所見は障害を証明するには何故、貧しいのか、他に神経学的な証明 検査があるのか等、とにかく夜は痛みで寝れない、下半身もほとんど前後に曲がらない、杖があってもほとんど歩けない状態で14級は納得できません。せめて12級認定を希望しています。異議申立てにあたっての方法 アドバイス又、14級が妥当かどうか等を教えてください。

  • 頚椎椎間板症による可動域制限が後遺障害で認められるのか?

    後遺障害の申請をしたのですが、非該当になってしまいました。 そのことで質問させていただきたいと思います。 事故は高速道路で停車中に、わき見運転の車に追突されました。 (車は全損になり、こちらの過失は0です。) その後、頚椎捻挫と診断され6ヵ月半保存治療を行いましたが、 頚から肩の痛みと可動域の制限がまだ残っています。 後遺障害診断書を書いてもらったとき、「可動域制限有り」 「筋圧痛有り」「深部腱反射正常」「手指シビレ無し」 というように他覚的所見の欄を書いていただきました。 そのため神経学的異常がなく、可動域の記載もないため、 後遺障害に該当するほどの症状ではないというような理由で 非該当になりました。 そのため異議申し立てをしようと思い、大学病院にいったところ 頚椎椎間板症だと診断されました。 それで疑問におっもたことがあります。 スパーリングテストなどの神経学的検査はやってもらうとしても、 頚椎椎間板症で可動域の測定は等級にかかわってくるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 交通事故 後遺障害 異議申し立てについて

    頸椎捻挫にて症状固定となり、後遺障害認定申請を行ったところ、非該当の通知がきてしまいました。 自覚症状は頸部痛み、肩こり、頭痛、目眩、両上肢の痺れ、吐き気、両手の知覚障害、両手の握力低下です。 後遺障害診断書には以下の記載をしてもらいました。 ジャクソンテスト陽性 上肢~手の筋力低下が著明 握力 右10キロ 左3キロ 前腕周囲系 右23,5cm 左22,5cm 明らかな画像上の圧迫所見なし このようなかんじです。 自賠責からの非該当の理由は ・画像上、以上所見が認められないこと ・自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しいことに加え、その他症状経過、治療状況等も勘案した結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とはとらえがたいこと 以上の2つが主なものです。 自分としては14級が妥当だと思っていたので異議申し立てを行おうとしているところなのですが、「他覚的所見」として特に左腕の筋萎縮について新たな医証を追加して、日常生活の支障を説明したものも加えたうえで自賠責に異議申し立てしようとおもっています。 そこで質問なのですが、 「右 23.5cm 左22,5cm」という左右で1cmの差の筋萎縮は有効な他覚所見として認められるものなのでしょうか??